ターミネーター4

ターミネーター4の画像・ジャケット写真

ターミネーター4 / クリスチャン・ベール
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

181

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ターミネーター4」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

世界的大ヒットシリーズの4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。人類滅亡を目論む機械軍(スカイネット)が引き起こした核戦争“審判の日”以後の荒廃した世界を舞台に、追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演は「ダークナイト」のクリスチャン・ベイル。2018年。スカイネットが引き起こした“審判の日”をかろうじて生き延びた人間たちは抵抗軍を組織し、大人になったジョン・コナーもその一員としてスカイネット率いる機械軍との死闘に身を投じていた。そんなある日、ジョンはマーカス・ライトと名乗る謎の男と出会うが…。<BR>劇場版(約115分)、ディレクターズ・カット版(約117分)

「ターミネーター4」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: TERMINATOR SALVATION

「ターミネーター4」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

バッドタイム

ミオとミラミス 勇者の剣

レ・ミゼラブル

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ユーザーレビュー:181件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全181件

どこまでひっぱる?スカイネットとの戦い・・ ネタバレ

投稿日:2010/03/16 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やっぱりターミネーターは1と2に限るな・・というのが見ての印象。
1は、面白さ、ドキドキ感、ターミネーターの執念がすざましく、どんなホラー映画も負けないくらい戦慄した。
2は1に劣らない秀作で、1での悪役を味方にしてしまったという意表をついたシナリオには終始ワクワク、そしてラストにホロリだった。
3は・・うーん、これが全く覚えていない!つまらなかった印象だけが記憶に残っていてストーリーがどんなだったかさっぱり記憶にないときた。

そして4、ジョン・コナーが主役というよりも、むしろ主役はマーカスではないだろうか?ていうか、マーカスでしょ!
マシーンたちはほとんどトランスフォーマー化してものすごい事になっている。
でも不可解なのは、カイル・リースを囮にしてジョン・コナーをおびき出す作戦にマーカスは果たして必要だったのだろうか?
いずれにしても、マシーン化されても心まではマシーンには変えられなかった、それほどまでに人間とは尊厳のあるものなのだ・・ってことを語りたかったのだろう。

とは言うものの、エンタメ映画としては決して不出来ではないと思う。
ターミネーター1、2を前提としてしまうと、なんだかなぁ・・なのである。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

もうターミネーターじゃない

投稿日:2010/02/28 レビュアー:ゆき

ターミネーター1と2が好きなファンには、
この映画は受け付けられません。

ターミネーターっぽいトランスフォーマーみたいな
ただのアクション映画って感じです。

音楽も雰囲気も駄目。
ジェームス・キャメロンが作り出したターミネーターの世界観が、
皆無でした。

唯一良かったのは、
ラジカセからガンズの曲が流れていたところです。

わざわざターミネーターって名前つけないで、
別タイトルでやれば良いのに。。。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

3作目よりは

投稿日:2009/12/06 レビュアー:にも

マシですが、1作目・2作目ほどの強い印象はありません。
やたら母親の残したメッセージに縛られているジョン・コナーってのもねぇ・・・
なんだか霊媒にすがってる指導者みたいで、ちょっと。
さらに、首だけシュワルツェネガーってのは、ほぼコメディでしたね。
とはいえ映像・アクションは凄いし、緊張感のある展開なので、
気楽に観てみる分には良いのでは。

それにしても、あれだけのものを作れ、時空を越えて転送させる技術もありながら、
毎回毎回、素っ裸で転送するってのは、なにかの罰ゲームみたいですね。
服着たまま転送したらよいのに・・・

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

引き揚げられしモノ…汝の名は「シ」^^ ネタバレ

投稿日:2009/11/20 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

厳密に言うと「4」と言う系列表記は間違いで2か3と言うのが正しい表示なのかも知れません。
なので「 TERMINATOR SALVATION」と言う原題のまま公開した方が物語の混同を招く事はなかった様に思います。
基本的な設定はオリジンと2の世界観を引き継いでおり、これらの作品から「サルベージ」して来た内容と映像、演出を小気味良く織り交ぜ、キャラクターの役割と性格の置換を上手に行って新しくて「古い」物語を構築しています。
一応、これまでのシリーズを知っていた方が「粗探し」的な楽しみも出来ますが全く知らなくても中弛み無くエンディングまで牽引する力を持った佳作SFアクションだと思います。
登場人物の行動と目的が明白で紆余曲折なんて無いに等しいのですが、そのオカゲでアクションに集中する事が出来ます。
実力は有るのに線が細く記憶に残り難かったクリスチャン・ベイルも、いつの間にかカリスマ的とも言える「圧倒的」な主役のオーラをまとって五人目のジョン・コナーを演じています。
この作品が確実にオリジンと繋がっている証明は後半で明確にされています。
原初のコナーの顔を覚えて置くと本作を見た時に楽しさが倍増するでしょう。
巨大ロボまで登場させて今までの作品の世界観を打ち壊すのか?監督マックG?!。
と思ったのですが実はこのメカ群に関しても我々は「既に見ていた」と言う設定になっており違和感無く物語を進行させてしまう力技を見せてくれます。
私的には同監督のコミック的で楽しめたチャーリーズエンジェルと同じく「パロディ」で有ると言ってしまえば、それまでですが単純明快に人を楽しませる娯楽作として及第点だと思います。
人は「ハート」で繋がっている。
この言葉は現在の隣人を信用出来ない社会環境への警告とも取れますね。
当初から噂になっていた「人」は「パロディ映画」に相応しくキチンとオリジンの髪型で登場します(焼けてませんよ^^)。
有る意味CGが有ればアクション俳優なんて必要ないのか?(ヴァルキルマーはバットマンの撮影でこの扱いに憤慨して話の内容を改ざんさせてしまいましたね)と言う懸念さえ湧いて来ますね。
肩肘張らずに楽しめる新生(?)ターミネーター。
内容の是非はともかく面白い事は確かだと思います。
ただ、一つだけ気になる事が有ります。
残念ながら原音を聞きそびれてしまいましたが、物語の前半で捉えられたマーカスに対してコナーが「母を殺した」と言う台詞を言い放っています。
実はこの台詞が「正」となってしまうと3のサラは病死したと言う図式が消失してしまいます。
つまりTV版設定でサラがガンに対して恐怖心を抱いていたと言う流れも死んでしまうのです。
「え、こんな『軽い』作品の為に他の二本を潰すの?」
と思っていると後半で
「母を執拗に追い詰めた」
と言う台詞に変わってしまいます?。
どっちが正しいんだ?。
こう言うタイムパラドクスを扱った話では「一言」が全ての設定を引っ繰り返す意味を持つ事を十二分に考慮して和訳して欲しいものです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

めまぐるしいですな〜 ネタバレ

投稿日:2009/11/09 レビュアー:ぴぐぽぐ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

役者が3に比べて本当に良くなった!!
3はひどかった。今見直しても、どうしてあれがこれに!?と言いたくなる、なんどでも言わずにおれなかったです。
今回は本当にいい配役ですね!

それにしても、もう、次から次へのアクションシーンには、もう神経がついていけません。
少しは寝る暇もほしいです。
見ていて疲れました。
もちろん面白いのですが、特別な何かがあるかといえばそれほど・・・

ただ、ターミネーター誕生の話ということで、最初にあの人が出てきて、きっと重要な役なんだろうけど、何者?
と思ってたのが、だんだんに・・・そこは、やっぱり「おお〜っ」と思いましたよ。ちょっと感動。

終わって映画館を出た後は頭がくらくらしました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全181件

ターミネーター4

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:181件

どこまでひっぱる?スカイネットとの戦い・・

投稿日

2010/03/16

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やっぱりターミネーターは1と2に限るな・・というのが見ての印象。
1は、面白さ、ドキドキ感、ターミネーターの執念がすざましく、どんなホラー映画も負けないくらい戦慄した。
2は1に劣らない秀作で、1での悪役を味方にしてしまったという意表をついたシナリオには終始ワクワク、そしてラストにホロリだった。
3は・・うーん、これが全く覚えていない!つまらなかった印象だけが記憶に残っていてストーリーがどんなだったかさっぱり記憶にないときた。

そして4、ジョン・コナーが主役というよりも、むしろ主役はマーカスではないだろうか?ていうか、マーカスでしょ!
マシーンたちはほとんどトランスフォーマー化してものすごい事になっている。
でも不可解なのは、カイル・リースを囮にしてジョン・コナーをおびき出す作戦にマーカスは果たして必要だったのだろうか?
いずれにしても、マシーン化されても心まではマシーンには変えられなかった、それほどまでに人間とは尊厳のあるものなのだ・・ってことを語りたかったのだろう。

とは言うものの、エンタメ映画としては決して不出来ではないと思う。
ターミネーター1、2を前提としてしまうと、なんだかなぁ・・なのである。

もうターミネーターじゃない

投稿日

2010/02/28

レビュアー

ゆき

ターミネーター1と2が好きなファンには、
この映画は受け付けられません。

ターミネーターっぽいトランスフォーマーみたいな
ただのアクション映画って感じです。

音楽も雰囲気も駄目。
ジェームス・キャメロンが作り出したターミネーターの世界観が、
皆無でした。

唯一良かったのは、
ラジカセからガンズの曲が流れていたところです。

わざわざターミネーターって名前つけないで、
別タイトルでやれば良いのに。。。

3作目よりは

投稿日

2009/12/06

レビュアー

にも

マシですが、1作目・2作目ほどの強い印象はありません。
やたら母親の残したメッセージに縛られているジョン・コナーってのもねぇ・・・
なんだか霊媒にすがってる指導者みたいで、ちょっと。
さらに、首だけシュワルツェネガーってのは、ほぼコメディでしたね。
とはいえ映像・アクションは凄いし、緊張感のある展開なので、
気楽に観てみる分には良いのでは。

それにしても、あれだけのものを作れ、時空を越えて転送させる技術もありながら、
毎回毎回、素っ裸で転送するってのは、なにかの罰ゲームみたいですね。
服着たまま転送したらよいのに・・・

引き揚げられしモノ…汝の名は「シ」^^

投稿日

2009/11/20

レビュアー

アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

厳密に言うと「4」と言う系列表記は間違いで2か3と言うのが正しい表示なのかも知れません。
なので「 TERMINATOR SALVATION」と言う原題のまま公開した方が物語の混同を招く事はなかった様に思います。
基本的な設定はオリジンと2の世界観を引き継いでおり、これらの作品から「サルベージ」して来た内容と映像、演出を小気味良く織り交ぜ、キャラクターの役割と性格の置換を上手に行って新しくて「古い」物語を構築しています。
一応、これまでのシリーズを知っていた方が「粗探し」的な楽しみも出来ますが全く知らなくても中弛み無くエンディングまで牽引する力を持った佳作SFアクションだと思います。
登場人物の行動と目的が明白で紆余曲折なんて無いに等しいのですが、そのオカゲでアクションに集中する事が出来ます。
実力は有るのに線が細く記憶に残り難かったクリスチャン・ベイルも、いつの間にかカリスマ的とも言える「圧倒的」な主役のオーラをまとって五人目のジョン・コナーを演じています。
この作品が確実にオリジンと繋がっている証明は後半で明確にされています。
原初のコナーの顔を覚えて置くと本作を見た時に楽しさが倍増するでしょう。
巨大ロボまで登場させて今までの作品の世界観を打ち壊すのか?監督マックG?!。
と思ったのですが実はこのメカ群に関しても我々は「既に見ていた」と言う設定になっており違和感無く物語を進行させてしまう力技を見せてくれます。
私的には同監督のコミック的で楽しめたチャーリーズエンジェルと同じく「パロディ」で有ると言ってしまえば、それまでですが単純明快に人を楽しませる娯楽作として及第点だと思います。
人は「ハート」で繋がっている。
この言葉は現在の隣人を信用出来ない社会環境への警告とも取れますね。
当初から噂になっていた「人」は「パロディ映画」に相応しくキチンとオリジンの髪型で登場します(焼けてませんよ^^)。
有る意味CGが有ればアクション俳優なんて必要ないのか?(ヴァルキルマーはバットマンの撮影でこの扱いに憤慨して話の内容を改ざんさせてしまいましたね)と言う懸念さえ湧いて来ますね。
肩肘張らずに楽しめる新生(?)ターミネーター。
内容の是非はともかく面白い事は確かだと思います。
ただ、一つだけ気になる事が有ります。
残念ながら原音を聞きそびれてしまいましたが、物語の前半で捉えられたマーカスに対してコナーが「母を殺した」と言う台詞を言い放っています。
実はこの台詞が「正」となってしまうと3のサラは病死したと言う図式が消失してしまいます。
つまりTV版設定でサラがガンに対して恐怖心を抱いていたと言う流れも死んでしまうのです。
「え、こんな『軽い』作品の為に他の二本を潰すの?」
と思っていると後半で
「母を執拗に追い詰めた」
と言う台詞に変わってしまいます?。
どっちが正しいんだ?。
こう言うタイムパラドクスを扱った話では「一言」が全ての設定を引っ繰り返す意味を持つ事を十二分に考慮して和訳して欲しいものです。

めまぐるしいですな〜

投稿日

2009/11/09

レビュアー

ぴぐぽぐ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

役者が3に比べて本当に良くなった!!
3はひどかった。今見直しても、どうしてあれがこれに!?と言いたくなる、なんどでも言わずにおれなかったです。
今回は本当にいい配役ですね!

それにしても、もう、次から次へのアクションシーンには、もう神経がついていけません。
少しは寝る暇もほしいです。
見ていて疲れました。
もちろん面白いのですが、特別な何かがあるかといえばそれほど・・・

ただ、ターミネーター誕生の話ということで、最初にあの人が出てきて、きっと重要な役なんだろうけど、何者?
と思ってたのが、だんだんに・・・そこは、やっぱり「おお〜っ」と思いましたよ。ちょっと感動。

終わって映画館を出た後は頭がくらくらしました。

16〜 20件 / 全181件

同シリーズ作品を借りる