トップガンの画像・ジャケット写真

トップガン / トム・クルーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

125

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「トップガン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

カリフォルニア州ミラマー海軍航空基地。そこにF-14トムキャットを操る世界最高のパイロットたちを養成する訓練学校、通称“トップガン”がある。若きパイロットのマーヴェリックもパートナーのグースとともにこのトップガン入りを果たし、自信と野望を膨らませる。日々繰り返される厳しい訓練も、マーヴェリックはグースとの絶妙なコンビネーションで次々と課題をクリアしていく。しかしライバルのアイスマンは、彼の型破りな操縦を無謀と指摘する。その一方で、マーヴェリックは新任の女性教官チャーリーに心奪われていく。

「トップガン」 の作品情報

作品情報

製作年:

1986年

製作国:

アメリカ

原題:

TOP GUN

受賞記録:

1986年 アカデミー賞 主題歌賞
1986年 ゴールデン・グローブ 歌曲賞

「トップガン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

サンダー・ハート

アイズ ワイド シャット

マグノリアの花たち

ソング・トゥ・ソング

ユーザーレビュー:125件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全125件

完見度:最後まで

投稿日:2004/02/05 レビュアー:aiai

いまとなってはレトロ系ですが、デンジャーゾーンという言葉が慣用句のように使われだしたのもこの作品からでしたね。素人考えですけど、トムキャットって戦闘機、海軍で使われていて遠隔ミサイル搭載して、あんまりドッグファイト向きじゃないんじゃないですかね?
なんて、ことよりも美女教官とアウトローの恋愛ってかっこいい。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

空中戦

投稿日:2003/01/05 レビュアー:Jason

ジェット戦闘機による空中戦映画の火付け役となったこのタイトル。何度見てもカッコイイの一言です。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

若く美しいトムを堪能

投稿日:2022/05/26 レビュアー:飛べない魔女

新作『トップガン、マーベリック』を見るための復習で再見しました。
3回ぐらいは見ているはずなのに、ほぼ話は忘れていました。
単純明快なストーリーなのにねぇ(笑)

1986年、トム・クルーズの出世作。
24歳のピチピチのトムを堪能できます。
戦闘シーンは迫力満点で、ハラハラしますね。
でも、今見るとストーリーは案外平凡で、こんなもんだっけ?という感じになりました。
空軍パイロット募集のプロパガンダ的作品と書かれている方がいましたが
確かに彼らはかっこいいので、憧れちゃう人も出てきそうです。
空軍パイロットのトップ中のトップだけがこう呼ばれます。
『トップ・ガン』と。
パイロットとしては優秀なので一目置かれていますが
問題行動が多くやんちゃなのが玉にきずなマーベリックことピート。
それは空軍のエリートだった亡き父への思いで無茶をするとのことですが
なんかその理由が私にはどうもしっくりきませんでした。
それでもいろいろなことを克服し成長したマーベリックの姿には
最後はやっぱり感動しちゃうんですよね。バックに流れる曲もいいし!

ヒロインのケリー・マクギリスは80年代の象徴のような女性で
かっこいいのですが、美人ではないのが残念。
メグ・ライアンもちょい役で出ていますが、あれ?かわいくない。。って思いました。
当時は可愛いと思って見たはずなのに。。。
夢中になって見た映画も、年を重ねた後に見ると、いろいろ印象が変わるものだということを
実感した次第です。


このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

青春最煌煌

投稿日:2021/03/30 レビュアー:ビンス

トム・クルーズの大出世作
何度観ても
「80年代」を物凄く感じられ
色褪せない作品なんだ
時代を越えていく作品なんだ
と思わせてくれます。
80年代には青春が似合う
90年代の青春とも
00年代の青春とも違う
80年代の青春は擦れてない
青春が一番輝いている時代に
思えてなりません。
そしてこの作品は
そんな青春が詰め合わせになった
素晴らしい贈り物です。
友情と挫折
仲間の死
栄光
恋愛
たまらないです。
まだまだ研ぎ澄まされてないトム・クルーズ
その輝きの甘さもまた
青春の未熟さと重なって
ドンピシャで刺さってきます。
眉毛がつながってるのも青春だ!(笑)
若さだ!(笑)
そんな青春を盛り上げる曲もまた
とびっきりでたまりません。
あまりにも有名な
ケニー・ロギンスとベルリンの曲は
その最たるもので
物語を盛り上げることこの上なし
個人的にはベルリンの「愛は吐息のように」が
流れるシーンは
この作品のクライマックスです。
ケリー・マクギリスとの恋愛パートは
とてもいいです。
そんなふたりのシーンでもそうなのですが
この作品のもうひとつの主役は
「空」だと思います。
とにかく空がきれいです。
空の色が素晴らしすぎます。
青空も
夕暮れも
マジックアワーの極上の色彩も
どれもこれもが印象的です。
が、疑問も。
戦闘シーンは青空だけど
艦や地上に降り立ったり飛び立つ前は
夕暮れっぽい色
気にしないほうがいいのでしょうか(笑)
ま、今となっては
そのシーンのベストな色合いの空を選んでいる
と好意的に解釈しています。

戦闘シーンは
詳しくないので理解度は低いですが
その緊迫感は
今観ても伝わってきました。

人生で最も大好きな女優
メグ・ライアンが
サブキャストで少しだけ出演しています。
最初に観た時は
その輝きを見つけることが出来ず
後に再鑑賞して
何で気づかなかったんだ!
この時からとびっきりじゃん!と
自分を責めたことを思い出しました。

ヴァル・キルマーも
彼のベストといってもいいぐらいカッコイイですね。
グリーン先生になる前の
アンソニ・エドワーズもいい役で出演
まだ髪があります。
ティ・ロビンスもチラっと出演
まだまだブレイク前ですね。

トム・クルーズにはティアドロップが似合う

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

懐かしい

投稿日:2018/09/03 レビュアー:oyoyo

映画館で3回観ました。
当時、航空自衛隊の隊員だったので、共感もありました。
音楽もいい。
オープニングからかっこいいテンション上がる曲、映像で、惹き込まれます。

マーベリックが着ていた「MA-1」も流行りましたね。
外出時、いつも着てました。
(自衛隊でも仕事中、似たような上着着てた(笑)

戦闘機の空中戦はド迫力!
同時期に出た「アイアンイーグル」と比べても、スピード感、カメラアングル等が
全然違う。

もうすぐ続編の公開、楽しみだ。

95点 

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全125件

トップガン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:125件

完見度:最後まで

投稿日

2004/02/05

レビュアー

aiai

いまとなってはレトロ系ですが、デンジャーゾーンという言葉が慣用句のように使われだしたのもこの作品からでしたね。素人考えですけど、トムキャットって戦闘機、海軍で使われていて遠隔ミサイル搭載して、あんまりドッグファイト向きじゃないんじゃないですかね?
なんて、ことよりも美女教官とアウトローの恋愛ってかっこいい。

空中戦

投稿日

2003/01/05

レビュアー

Jason

ジェット戦闘機による空中戦映画の火付け役となったこのタイトル。何度見てもカッコイイの一言です。

若く美しいトムを堪能

投稿日

2022/05/26

レビュアー

飛べない魔女

新作『トップガン、マーベリック』を見るための復習で再見しました。
3回ぐらいは見ているはずなのに、ほぼ話は忘れていました。
単純明快なストーリーなのにねぇ(笑)

1986年、トム・クルーズの出世作。
24歳のピチピチのトムを堪能できます。
戦闘シーンは迫力満点で、ハラハラしますね。
でも、今見るとストーリーは案外平凡で、こんなもんだっけ?という感じになりました。
空軍パイロット募集のプロパガンダ的作品と書かれている方がいましたが
確かに彼らはかっこいいので、憧れちゃう人も出てきそうです。
空軍パイロットのトップ中のトップだけがこう呼ばれます。
『トップ・ガン』と。
パイロットとしては優秀なので一目置かれていますが
問題行動が多くやんちゃなのが玉にきずなマーベリックことピート。
それは空軍のエリートだった亡き父への思いで無茶をするとのことですが
なんかその理由が私にはどうもしっくりきませんでした。
それでもいろいろなことを克服し成長したマーベリックの姿には
最後はやっぱり感動しちゃうんですよね。バックに流れる曲もいいし!

ヒロインのケリー・マクギリスは80年代の象徴のような女性で
かっこいいのですが、美人ではないのが残念。
メグ・ライアンもちょい役で出ていますが、あれ?かわいくない。。って思いました。
当時は可愛いと思って見たはずなのに。。。
夢中になって見た映画も、年を重ねた後に見ると、いろいろ印象が変わるものだということを
実感した次第です。


青春最煌煌

投稿日

2021/03/30

レビュアー

ビンス

トム・クルーズの大出世作
何度観ても
「80年代」を物凄く感じられ
色褪せない作品なんだ
時代を越えていく作品なんだ
と思わせてくれます。
80年代には青春が似合う
90年代の青春とも
00年代の青春とも違う
80年代の青春は擦れてない
青春が一番輝いている時代に
思えてなりません。
そしてこの作品は
そんな青春が詰め合わせになった
素晴らしい贈り物です。
友情と挫折
仲間の死
栄光
恋愛
たまらないです。
まだまだ研ぎ澄まされてないトム・クルーズ
その輝きの甘さもまた
青春の未熟さと重なって
ドンピシャで刺さってきます。
眉毛がつながってるのも青春だ!(笑)
若さだ!(笑)
そんな青春を盛り上げる曲もまた
とびっきりでたまりません。
あまりにも有名な
ケニー・ロギンスとベルリンの曲は
その最たるもので
物語を盛り上げることこの上なし
個人的にはベルリンの「愛は吐息のように」が
流れるシーンは
この作品のクライマックスです。
ケリー・マクギリスとの恋愛パートは
とてもいいです。
そんなふたりのシーンでもそうなのですが
この作品のもうひとつの主役は
「空」だと思います。
とにかく空がきれいです。
空の色が素晴らしすぎます。
青空も
夕暮れも
マジックアワーの極上の色彩も
どれもこれもが印象的です。
が、疑問も。
戦闘シーンは青空だけど
艦や地上に降り立ったり飛び立つ前は
夕暮れっぽい色
気にしないほうがいいのでしょうか(笑)
ま、今となっては
そのシーンのベストな色合いの空を選んでいる
と好意的に解釈しています。

戦闘シーンは
詳しくないので理解度は低いですが
その緊迫感は
今観ても伝わってきました。

人生で最も大好きな女優
メグ・ライアンが
サブキャストで少しだけ出演しています。
最初に観た時は
その輝きを見つけることが出来ず
後に再鑑賞して
何で気づかなかったんだ!
この時からとびっきりじゃん!と
自分を責めたことを思い出しました。

ヴァル・キルマーも
彼のベストといってもいいぐらいカッコイイですね。
グリーン先生になる前の
アンソニ・エドワーズもいい役で出演
まだ髪があります。
ティ・ロビンスもチラっと出演
まだまだブレイク前ですね。

トム・クルーズにはティアドロップが似合う

懐かしい

投稿日

2018/09/03

レビュアー

oyoyo

映画館で3回観ました。
当時、航空自衛隊の隊員だったので、共感もありました。
音楽もいい。
オープニングからかっこいいテンション上がる曲、映像で、惹き込まれます。

マーベリックが着ていた「MA-1」も流行りましたね。
外出時、いつも着てました。
(自衛隊でも仕事中、似たような上着着てた(笑)

戦闘機の空中戦はド迫力!
同時期に出た「アイアンイーグル」と比べても、スピード感、カメラアングル等が
全然違う。

もうすぐ続編の公開、楽しみだ。

95点 

16〜 20件 / 全125件