Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタの画像・ジャケット写真
Vフォー・ヴェンデッタ / ナタリー・ポートマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

244

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の葛藤と成長を描く。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかしVは、たった一人で独裁政権に反旗を翻すテロリストだった…。

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: イギリス/ドイツ
原題: V FOR VENDETTA

「Vフォー・ヴェンデッタ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Vフォー・ヴェンデッタの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DLR82919 2006年09月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 0人 1人

【Blu-ray】Vフォー・ヴェンデッタ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 WBRY11701*B 2009年07月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:244件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全244件

チークがかわいい。

投稿日:2006/07/30 レビュアー:KEE

うわ〜!!
これは驚くべき面白さ!

こんな話だったとは!!
最後は感動すらしたよ。
長いけど、全然長さを感じさせない感じ。

”V"がめちゃめちゃかっこいい!
最初は、なんだあのマスク??しかも何だこの演説口調は??と思ってしまったが、段々あのパッツン前髪も、チークも可愛く思える。
Hugo Weaving、マトリックスのときはエージェントスミスだったが、今度もこんな役。
しかもうわさでは途中降板したらしいが、仮面をつけているためわからなかったとか。


構図もプロットもかなり冴えています。
さすが、マトリックスチーム。見事にかっこいいです。

ナタリー・ポートマン、坊主頭も似合ってます。

Rupert Graves、イギリス美青年ブームのとき好きだったが、久々に見た。
今までずっとTVに出てたのね。あまり変わってなくてよかった。

しかし、必見です。



このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

クリーミーでビター

投稿日:2007/02/14 レビュアー:まるZONBI

麗しいシルクとビロードと剣と哲学の世界を背負い、時代に逆行するテロリスト”V”の飄々とした存在感を見てください!といったところ。そしてシェイクスピアじみた苦悩と、妄執に囚われて逃れられない男の復讐劇をごらんあれ!統制社会といいながら独裁国家化を推進する権力者と、それに群がるハイエナたち。そこに一度、二度、と揺さぶりをかける”V”は、国家に溜まった腐れを払拭すつ為の風を起こす、ドミノ倒しの一投目だったのでしょう。自分で書いたシナリオに満足し、自ら幕を引く”V”・・・その瞬間をジッと待っていましたワタシは。

花火はいい。倒壊する時計台もみごと。ナイフを振り回すアクションはよどみない流れのようでマトリクス。仮面軍団も軍隊も収まるところにビシイッとはまっています。女性とのからみも、ストイックかつ残酷で容赦がない。ふっふっ・・そうでなくちゃ。そして荘厳なBGMは、何かの終焉をドラマティックに昇華させます。みごと。

いらないのは、昼メロのようなイマワの際の愛の告白。
うううむ・・香りたつスゥイーティーな瞬間は
どうにもこうにもソリに合わなくて・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

感動した

投稿日:2007/01/02 レビュアー:だっさん

 すごく良かった。
 最初はただのアクション映画と思っていて、アクション映画にしては長いなあ、と思ってたけど、全然長く感じませんでした。アクションと言うよりも、Vの生い立ち、独裁政権の成り立ちを暴いていくサスペンス?映画みたいでした。そして、一人の女性がVのおかげで、本当に正しいことは何かを見つけていくところや、独裁国家において、人々がどうやって立ち上がるか、どんなひどいことを国家が行い、そこにどんなドラマがあるのかが、見ることができた映画でした。少し都合の良すぎるところも有りますが、最近これほど感動した映画はありませんでしたので、私の評価は4.5くらいでしょうか。
 Vはかっこいいんですが、あのお面がイマイチです。もう一つ、あの11月5日は本当に何かあった歴史的な日なのでしょうか。私は不勉強で、良くわかりませんでした。もし、実際になんかの事件があって、それを知っていたら、もっと感動できたような気がします。

 ところで、この映画にはスーパーナチュラルの第1話が入っていました。ワーナーさんもえげつない宣伝しますな。ホラー好きの私は、全部見たくなってしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この二人の関係は・・・ネタバレ

投稿日:2006/11/29 レビュアー:スターダスト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本作品では明らかにされていないが、気になるのはV(ヒューゴ・ウィーヴィング)とゴードン(スティーヴン・フライ)の関係だ。数々の類似性が示されている。

同一人物ではないかと最初は考えたが、それを否定するような映画的事実もある(例えば、腕の火傷など)。ここで気になってくるのはゴードンの隠し部屋にあった写真である。

この二人には何か繋がりがあり、同志関係となって計画を練ってきたのではないか。この二人の関係を見極めるためにも、もう一度見直してみたい。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

復讐を 理念に変えて 革命だ! 良かったです。

投稿日:2006/09/09 レビュアー:Yの3乗

ヴェンデッタとは「血の復讐」の意味。
主人公「V」をつき動かしていたには「血の復讐」だったはず、それが「独裁からの解放」の理念に変わった時・・・

理念は復讐より崇高なのか・・・も考えさせてくれた作品でした。

あの「スターウォーズ」の王女パドメ役のナタリー・ポートマンが色々がんばっていましたね。かわいそう・・

主人公「V」の正体は?何故彼はこのようなことをするのか?を軸に最後までぐいぐい引っ張ってくれました。

A級リーグ3・5星以上を付けたいですね。お勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全244件

Vフォー・ヴェンデッタ