インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクの画像・ジャケット写真
インクレディブル・ハルク / エドワード・ノートン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「インクレディブル・ハルク」 の解説・あらすじ・ストーリー

米マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。実験中の事故で緑色の巨人“ハルク”に変身する体質となってしまった科学者ブルース。以来、軍の追跡を逃れ、また愛する恋人ベティとも別れてブラジルで隠遁生活を送っていた。だが、ある出来事がきっかけで、ついに彼の居場所が軍に知れてしまい…。

「インクレディブル・ハルク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE INCREDIBLE HULK

「インクレディブル・ハルク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクレディブル・ハルクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日 英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD48133 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 8人 13人

【Blu-ray】インクレディブル・ハルク(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR48133*B 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
47枚 8人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全126件

バトルは控えめに。

投稿日:2009/02/02 レビュアー:カプチーノ

前半は、アメコミものというよりも悲しみを抱えながら逃亡する主人公を追ったアクションものに人間ドラマの要素をふりかけた感じ。
舞台がブラジルの知らない都市で、この設定もよかった。
テンポよく快調に進み、このまま行くと「ボーン・アルティメイタム」に並ぶアクション映画の傑作かと思っていましたが、マーベル・コミック原作ゆえの弱点がラストに出てしまいました。
それは、長く続くバトル。
アクション映画でも、ホラー映画でもないラヴ・コメディの「魔法にかけられて」もそうでしたが、傑作になるかと思って観ていた作品が、バトルが始まって、ぶち壊し。せっかくの作品の質を低下させてしまっています。
なぜ怪物とのバトルをいつもいつも取り入れるのでしょう。アメリカ人は戦うことがよほど好きなのか、と呆れ返るぐらいに最後はバトルで決着をつけようとする。
それも工夫されていればまだしも、今回も戦闘シーンは、うるさいだけで、観ていて疲れる。それもやたらと長い。
戦闘に時間や予算を使わずに、もっと他の展開を考えて欲しい。
ストーリィをもっと練ったものにすれば、この作品は秀作になっていたと思います。
続編がありそうです。
意味深なラストもあり、にやにや。観てのお楽しみ。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ソニーの商魂たくましさネタバレ

投稿日:2009/07/22 レビュアー:みみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 エドワード・ノートンとティム・ロスに『トランスポーター』のルイ・レテリエ監督。映画好きの心をくすぐるこのキャスティングにつられて観賞。まさにソニーの思う壺です。。
 っていうか、まだアン・リー痛恨の『ハルク』からほとぼりも冷めやらぬうちに、こうやって敢えてキャスト・スタッフを一新して作るんだから、何ともチャレンジング。余程目新しい何かがあるんだろうって、勝手に期待してしまいました。

 結果。うーん…特に何もありませんでした。まあ強いて言うなら“対決”という構図?もう途中から怪獣映画のような様相。。でもそれも別に目新しくはないわけで。
 あと、やっぱりエリック・バナはハルク顔だったんですね。(名前もバナだし。)エドワード・ノートンだと変身前と変身後でかなり違和感が。。
 日本では、織田裕二さんがハルク顔ですね。今回のハルクを観ながら、「あ、似てる」と思ってしまいました(ファンの方ごめんなさい)。どうでもいいですけど。

 そういえば一つだけ目新しいシーンがありました。ロバート・ダウニー・Jrが出てきたラストシーン。何これ、コラボ?『アイアンマン』にも誰か出てるんでしょうか?
 まさかここまで堂々と自社作品を宣伝されるとは思いませんでしたけど。商魂たくましいわ。恐るべし、ソニー。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりハルクが1番好き!

投稿日:2009/04/08 レビュアー:R32

アメコミも色々あるけど、やっぱりハルクが1番いい!

普通の人なんだけど、異常に興奮すると緑色の筋肉ムキムキマンになって大暴れ♪

近代的な武器とか一切登場せず、筋肉のみで勝負!

なにも考えず単純に見れて、凄く面白い。

「もし自分がハルクになれたら」なんてこともたまに考えたり。

普通の映画と違って、毎回ストーリーを繋げる必要ないし。

コミックの1作のように、毎回違っても全然いける。

単純に楽しめるから好きなのかな〜

今、見終わったばかりですけど次回作を楽しみにしています!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

再映画化っていうから見たのに・・

投稿日:2009/04/07 レビュアー:なおくん

続きもん?^^;
前のハルク見てないから解んないんだよね〜
まあ前のハルクも、あまり興味無かったから見てないんやけど。

う〜ん・・この主人公よく解らん!
人間から見たら敵なの?
変身してる時って意識あるの?
元々なんで変身出来るようになったのさ?
パワーや頑丈さの他に何か出来るの??

はてなが一杯^^;
こんな感じで映画見るもんじゃありませんw
俺みたいな見方すると面白さ半減するよw

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今回は「跳び」ません^^(あんまり)ネタバレ

投稿日:2009/03/05 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前回の緑のオッサンがピョンピョンと跳ぶ様が余程「癇」に触ったのか前の話は全く無かった事かの様に演出されています。
一応、ブラジルのジャングルに隠れていると言う設定だけが生きている様ですがキャラの名前以外接点は無いに等しいですね。
二作目だと思って見ると「あれ?」と思う方も多いと思いますが、こちらの方が原作と雰囲気は近い感も有ります。
物語の序盤から「スターク社」の文字が踊り、ファンは「え?」と思う筈です。
そう、スタークと言えばトニースターク「アイアンマン」のオッサンが率いる兵器開発販売専門の大企業です。
彼がいつ登場するのかは、この映画のお楽しみの一つなので言及はしません。
マーベルユニバースの住人は「アヴェンジャーズ」と言う混成ヒーローチームで繋がっているのです。
このチームにはファンタスティック4やスパイダーマンも参加している場合が有ります。
大ヒットしたアイアンマンにも「如何にも」アヴェンジャーズを映画化します!と言った件も出て来るので、この作品を観た後にアイアンマンの鑑賞をお薦めします。
さて、本編は流れは「ホボ」前回の展開と同一なので全く目新しさは有りません。
しかし、エドワードノートンを初め個性派の「出来る」演者を揃えているので「ハルク」と言う強力な力を秘める「病」に立ち向かう普通の男と、それを救おうと懸命になる恋人の一風変わったラブスーリーとしての展開を魅せてくれます。
私は前作よりも、こちらの雰囲気の方が好きですね。
ストレスがたまって「何かをぶっ壊したい!」と感じた時の擬似シミレーターとしてお薦めです。
今回も間違い探しの様に「原作者」のスタン・リー登場場面有り^^。
もう、この系統では御馴染みなのでウォーリーを探せ!的な楽しみになりつつ有りますね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全126件

インクレディブル・ハルク