デトロイト・メタル・シティ

デトロイト・メタル・シティの画像・ジャケット写真
デトロイト・メタル・シティ / 松山ケンイチ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

277

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「デトロイト・メタル・シティ」 の解説・あらすじ・ストーリー

若杉公徳の人気ギャグマンガを「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で映画化した痛快音楽コメディ。ポップソング好きの心優しき青年が、対極のデスメタルバンドとして売れてしまい苦悩する姿をコミカルに描く。共演に加藤ローサ、松雪泰子。監督は「お父さんのバックドロップ」の李闘士男。オシャレな渋谷系ミュージシャンを夢見て上京した純情青年、根岸崇一。ところが事務所の豪腕女社長は彼を悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ(DMC)”の“ヨハネ・クラウザーII世”としてデビューさせる。ポップソングが好きな憧れの女性・相川さんにバレないよう必死の根岸だったが、DMCは瞬く間に人気バンドとなってしまい…。

「デトロイト・メタル・シティ」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「デトロイト・メタル・シティ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

デトロイト・メタル・シティの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV19010R 2009年02月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
99枚 7人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:277件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全277件

序盤は面白かったけど・・・

投稿日:2011/03/06 レビュアー:エコエコアザラク

途中で飽きてしまい、ながら見状態に・・・・

松山ケンイチ、松雪泰子のぶっ飛んだ演技は確かに面白いです。しかし、慣れてくるとだんだん鬱陶しくなってしまいました(笑
クラウザー2世と純情青年・根岸君の二重キャラの繰り返しが、頻繁すぎるような気がします。ここで笑いを誘うシーンだと思いますが、何度も見せられると飽きが・・・

原作は未読なので、比較はできません。でも原作はもっと過激な内容らしいので、もう少しコメディ色を抑えたほうが、私のようなオバサンは楽しめたかもしれませんね。どうも最近、コテコテのコメディやファンタジー系の映画は苦手です。

孤高の忍、天才探偵、ヘビメタ・・・色んなキャラを見事に演じていて、松山ケンイチが凄い役者なのは事実です。でもどちらかというと、シリアスなキャラの方が私は好みです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

笑った〜ネタバレ

投稿日:2009/05/29 レビュアー:ykk1976

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

日本映画ってすごいなと本当に思います。
アニメはまだ見てないけど、きっとアニメがいいから、
こんなにおもろい映画ができると思いました。

それにしても、松山ケンイチさんの演技力って、若手ではピカイチじゃないですか!
すばらしいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

KISSはヘビメタだったネタバレ

投稿日:2009/02/14 レビュアー:勝王

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 映画館で見たときの感想です。ジキルとハイドの音楽版。音楽って、分かりやすいですね。カメレオン俳優といわれる松山ケンイチの持ち味がよく出ていてとても楽しめました。特に、渋谷系ポップくんを演じている松山ケンイチが良かったです。本人も楽しそうに、オーバーアクトをしております。母と息子の物語なんかにせずに、もっと笑いを追求して欲しいというちょっとした不満はありますが、それでも昨年の邦画の中でベスト10に入る出来ではないでしょうか。ファックを連発するヘビメタはちっともいいと思いませんが、ギター対決の場面なんかはかなり笑えました。
 ところでKISSって、欧米ではヘビメタ扱いなんですね。初めて知りました。高校のころ、流行ってましたけど、単なるロックだと思ってました。日本ではヘビメタというジャンルにKISSは入っていない気がします。現実には絶対にあり得ない松雪泰子の女社長のキャラなんかも、面白かったです。
 TOHOシネマ(シネコン)では、上映前に鑑賞マナーを呼びかけるアニメが、ふだんの「鷹の爪団」から、DMC上映時だけ、DMCバージョンに変わっていて、それが結構面白くて、何だか特した気分になりました。DVD出すんだったら、あのDMCバージョンも収録して欲しいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

我が家でバカウケ!!

投稿日:2009/01/29 レビュアー:ジャスミンティー

珍しく、邦画なのに劇場で観た作品です!!
4歳と7歳の子どもを連れて
ただただ、マッシュルームヘアーの松山くんを観たさに
劇場へと走りました。

劇場での前宣伝から楽しみにしていましたが
これほど子どもたちの心をわしづかみにした邦画作品は
もしかして『デスノート』以来かも…。

漫画の方は、全く知らない(?)わが一家でしたが
松山ケンイチくん扮するクラウザーU世の魅力(&純情青年
の2面性)にコロリとやられちゃいました。

子どもを含め、
危ない(?)女社長役の松雪泰子の演技に終始圧倒され
また
癒しキャラ(?)根岸(松山ケンイチ)君の母親役を演じた
宮崎良子、根岸くんが憧れる女性を演じた加藤ローサも
すべて、つぼに入ってしまいました。。。

最近、邦画が素晴らしい!!
これって、胸張って言わせてもらいますが
我が家の永久保存版作品です。(笑)

ぜひ、お試しください。
老若男女、笑える作品です。

★★★★☆

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

役者はがんばったが脚本がクソネタバレ

投稿日:2010/02/08 レビュアー:chue

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

松山ケンイチは素晴らしかった。松雪泰子もがんばっていた。


でも、脚本で台無し。

DMCの面白さは、根岸が決して誰にも苦悩を理解されないところにある。だから、クラウザーさんが派手に暴れれば暴れるほど、その苦悩とのギャップが際立つことになる。大げさに言えば、人が誰でも持っている実際の自分とありたい自分のギャップをデフォルメすることで、DMCの世界は成り立っている。

ところが、この脚本では母に正体を悟られながらラストシーンに向かってしまう。「夢のために」クラウザーさんに戻るのだが、クラウザーさんが根岸の夢につながるはずがないため、説得力を一気に失ってしまった。何でもかんでも「夢」って言っておけば客が喜ぶとでも思っているのだろうか。馬鹿か。

これでは役者がかわいそうだ。松山も松雪もジーン・シモンズも浮かばれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全277件

デトロイト・メタル・シティ

月額課金で借りる

都度課金で借りる