たみおのしあわせ

たみおのしあわせの画像・ジャケット写真

たみおのしあわせ / オダギリジョ-

全体の平均評価点:(5点満点)

104

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「たみおのしあわせ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ようやく結婚が決まった引きこもり気味の息子とその父親を主人公に、不器用で冴えない父子が繰り広げるお見合いから結婚までの紆余曲折の日々をシニカルかつ淡々と綴る人生コメディ。出演はオダギリジョー、麻生久美子、原田芳雄。監督は、俳優としても活躍する劇作家、演出家の岩松了。母親を亡くして以来、父・伸男と2人暮らしの民男。これまで伸男が薦めるお見合いをことごとく断ってきた民男だったが、ついに理想の相手とめぐり逢う。おまけに、容姿端麗で清楚なその女性・瞳のほうも、意外にもこの縁談に前向きで、民男は驚きつつも喜び一杯に。懸案だった民男の結婚が決まり、これで伸男も一安心かと思われたが…。

「たみおのしあわせ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本

「たみおのしあわせ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ふぞろいの林檎たち

夢二

魚河岸ものがたり

新選組!スペシャル DVD−BOX

ユーザーレビュー:104件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全104件

どう解釈すれば・・・

投稿日:2009/04/20 レビュアー:ruiko

最後に「えー、コレで終わり?!?!?」って呆然。
だって、意味がわからないよ。
ここまでは結構おもしろかったし、
お父さんと逃げ出すシーンだって大笑いしちゃったけど、
最後がわからない。
レビューを読んだら何かわかるかと思って開いたけど、
みんな消化不良みたいじゃないですか。
こんなにみんながわからない映画は良くないと思う。
ちゃんとわかるように作ってほしいです。
もしくは、「つづく」って書いてください。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

最高 ネタバレ

投稿日:2009/03/25 レビュアー:くまのり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最初はたみおに良い人が見つかってやっと幸せになれると思っていたのにあの女の人の本性(お父さんにネクタイ渡したり)がだんだん見えてきてがっかりした。大竹しのぶと麻生久美子がいかにも女のずるさをあらわしている。結局たみおの親子は純粋で真実の愛を求めて、勇気を持って、最終的には逃げ出したのだと思う。それがあの二人の求めた「幸せ」なのだ。
最近見た映画で最高のラストだった。大好きな映画になりました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだろう?

投稿日:2009/03/20 レビュアー:さそり

最後のシーンは卒業?お父さんとそういう関係?何がなんだか分かりません。ラストシーンは夢?幻?それとも母親の許に行ってしまったの?しあわせは人それぞれ、何が言いたいのか分かりませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだかなぁ ネタバレ

投稿日:2009/03/12 レビュアー:ハンナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

期待が大きかったせいか、こんなんでまとめちゃうの!?と思う内容でした。特に終盤が。
最近観た邦画が満足いく作品ばかりだったこともあって、がっかりでした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

たみおのしあわせってなんだよ!

投稿日:2009/03/12 レビュアー:ピッピ

とむっちゃラストに叫びたくなる。
出てくる男性陣のヘタれっぷりはけっこうすき。

幸せのカタチは人それぞれってよく言うけど、この人たちの幸せのカタチは相当いびつ。笑
でも結局人間こんなもんかもって妙に納得。

すっごい妙なモヤモヤが脳内に充満するので、頭の中が込み合ってる時、妙にイライラしてる時に観るとパンクしてブチギレたくなる可能性あり。笑
しかもその妙なモヤモヤは中々消えさらず、心の中にくすぶりつづける。

岩松監督、素晴らしい才能は認めるからもうこういうモヤモヤ映画はつくんないでください。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全104件

たみおのしあわせ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:104件

どう解釈すれば・・・

投稿日

2009/04/20

レビュアー

ruiko

最後に「えー、コレで終わり?!?!?」って呆然。
だって、意味がわからないよ。
ここまでは結構おもしろかったし、
お父さんと逃げ出すシーンだって大笑いしちゃったけど、
最後がわからない。
レビューを読んだら何かわかるかと思って開いたけど、
みんな消化不良みたいじゃないですか。
こんなにみんながわからない映画は良くないと思う。
ちゃんとわかるように作ってほしいです。
もしくは、「つづく」って書いてください。

最高

投稿日

2009/03/25

レビュアー

くまのり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最初はたみおに良い人が見つかってやっと幸せになれると思っていたのにあの女の人の本性(お父さんにネクタイ渡したり)がだんだん見えてきてがっかりした。大竹しのぶと麻生久美子がいかにも女のずるさをあらわしている。結局たみおの親子は純粋で真実の愛を求めて、勇気を持って、最終的には逃げ出したのだと思う。それがあの二人の求めた「幸せ」なのだ。
最近見た映画で最高のラストだった。大好きな映画になりました。

なんだろう?

投稿日

2009/03/20

レビュアー

さそり

最後のシーンは卒業?お父さんとそういう関係?何がなんだか分かりません。ラストシーンは夢?幻?それとも母親の許に行ってしまったの?しあわせは人それぞれ、何が言いたいのか分かりませんでした。

なんだかなぁ

投稿日

2009/03/12

レビュアー

ハンナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

期待が大きかったせいか、こんなんでまとめちゃうの!?と思う内容でした。特に終盤が。
最近観た邦画が満足いく作品ばかりだったこともあって、がっかりでした。

たみおのしあわせってなんだよ!

投稿日

2009/03/12

レビュアー

ピッピ

とむっちゃラストに叫びたくなる。
出てくる男性陣のヘタれっぷりはけっこうすき。

幸せのカタチは人それぞれってよく言うけど、この人たちの幸せのカタチは相当いびつ。笑
でも結局人間こんなもんかもって妙に納得。

すっごい妙なモヤモヤが脳内に充満するので、頭の中が込み合ってる時、妙にイライラしてる時に観るとパンクしてブチギレたくなる可能性あり。笑
しかもその妙なモヤモヤは中々消えさらず、心の中にくすぶりつづける。

岩松監督、素晴らしい才能は認めるからもうこういうモヤモヤ映画はつくんないでください。

16〜 20件 / 全104件