007/カジノロワイヤル

007/カジノロワイヤルの画像・ジャケット写真
007/カジノロワイヤル / ダニエル・クレイグ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

357

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「007/カジノロワイヤル」 の解説・あらすじ・ストーリー

代目ボンド、ダニエル・クレイグ主演による人気スパイアクションシリーズ第21弾。暗殺の仕事を二度成功させて“00”の地位に昇格したボンドは、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている死の商人、ル・シッフルの存在を突き止めるが…。

「007/カジノロワイヤル」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: CASINO ROYALE

「007/カジノロワイヤル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

007/カジノ・ロワイヤルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD43508 2007年05月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
131枚 2人 3人

【Blu-ray】007 カジノ・ロワイヤル(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR43508*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
26枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:357件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全357件

お勧めできます。ネタバレ

投稿日:2007/04/27 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シリーズ21作目にして原点を描いた、まだ誰も知らなかった若き日のジェームズ・ボンド。元諜報員という経歴を持つ原作者、イアン・フレミングが初めてボンドを登場させた『カジノ・ロワイヤル』を元に、『クラッシュ』でヒットを飛ばしたポール・ハギスが脚本を担当。そして『バーティカル・リミット』などで臨場感のある映画を撮ったマーティン・キャンベルが監督を担当。

今回ボンド役に抜擢されたのは、イギリス人俳優のダニエル・クレイグ。もうちょっといってるのかなと思ったけど、まだ38歳なのね。
ボンドガールとなるヴェスパーには、フランス人女優のエヴァ・グリーン。何ともエキゾチックなお顔立ちです。私個人としては、そんなに秀でて美しいとは思えなかったんですけどね(;^ω^)
敵となるル・シッフルには、デンマーク俳優のマッツ・ミケルセン。悪そうなお顔をしてました。ル・シッフルって、ルシフェル(悪魔)をもじったのかしら?

このカジノの任務になるのは、結構後の方なんです。しかし、序盤から臨場感たっぷりの捕り物帳を繰り広げ、アクションシーンもてんこ盛り。後半の方では、私が気になってた車の横転シーンがあるんですが、ボンドカーが七回転半のギネス記録との事です。
初代ボンドカーは、見事なクラッシュぶりを見せてくれました。それでも運転席のボンドは死にませんから(笑)

私はそんなにこのシリーズは見てませんが、ボンドと言えば「女たらし」で「特殊武器を手品のように出し」「スマートに仕事をこなす」「もはや人間離れした」人物・・と言うイメージでしたが、ボンドの原点と言うだけあって、かなり粗野で野蛮な男になってました。
当然アッサリ失敗したり、「この傲慢男!」と女に罵られたり、まだ出来上がる前の荒いボンドでした。
とは言え、人間離れしたタフさは変わりありませんが。

ちょっとビックリしたのが、ボンドの拷問シーンです。私はこの作品で、そんなシーンが出てくるとは思ってませんでしたから、ちょっと痛々しかったです。男性なら、なお更痛く映ると思いますよ。

2時間20分ほどの作品で、内容も詰まっているので見てる側も結構疲れます。バハマ、イタリア、ヴェニス、プラハ・・と、海外をまたに架けたロケにもお金をかけており、景色を見ているだけでも癒されそうです。

私的に残念だったのは、敵であるル・シッフルがそんなに大した敵に見えなかった事、それとあまりにもラストがアッサリし過ぎた事でしょうか。
でも、かなり見応え十分な作品ではありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新しいファンも獲得したシリーズリセット作。

投稿日:2012/09/08 レビュアー:ゆういちろう

007シリーズは、第一作の『ドクター・ノオ』や名作と言われる『ロシアより愛をこめて』など一部をレンタル、あとはTVの洋画劇場などでやってるのを何となく観てきた程度のヌルーい関わり方です。
そのくらいの人間にとっては、シリーズをリセットしたとも言える本作は、とても面白かった。

007が源流のひとつであろうジェイソン・ボーンシリーズに逆インスパイアされて、今度は本家が痛みを感じるリアルなアクションに再生したような感じ。こういう影響の与え方って、両シリーズにとっても、映画ファンにとっても幸福ですね。

何はともあれ、本作の魅力はダニエル・クレイグに尽きるでしょう。ギリギリの気品と、それ以上の野性味を感じるボンドが、ほんとに格好いい。『トゥームレイダー』や『ロード・トゥ・パーディション』の頃はパッとしなかったのになぁ。ある程度キャリアを積んできた俳優でも、たった一作で立ち位置がガラリと変わるってあるんですねー。
歴代に比べて、ちょっと身長が低い気はしますが、秘密兵器よりも肉弾戦メインみたいなボンドには、これくらいソリッドな方が似合ってるとも思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダニエル、ええではないか!!

投稿日:2010/07/25 レビュアー:ykk1976

ジェームズ・ボンドのこれまでのイメージといえば、
それまで5人もの俳優が演じてはいるけれど、
どうしてもショーン・コネリーやわたしたちの世代といえば、
ピアーズ・プロスナンに代表する
女性の腰を砕くような甘いマスク。

今回のボンドは、怜悧で精悍、しかもやや硬質な印象もする
金髪、碧眼。動きも敏捷で、冷たい感じも女心をくすぐります。
しかも、まだ女性に対して真摯な感じ。
エヴァ・グリーンもとても美しいです。

若きボンドの割には、年齢が・・・という向きもあるけど、
今までのない新しいボンドというのが、彼が登場しただけで
感じてそれが映画の魅力を増しています。

ラストシーンが、とても好きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

痛そう!!ネタバレ

投稿日:2007/06/12 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

00(ダブルオー)のライセンスを取ってすぐの、ジェームズ・ボンドのお話。
(新米の割には、老けてる印象だけど)
前半は、ヤマカシ並みに走るわ、飛ぶわの爆弾男を追って、ボンドも走る、走る!
爆弾男の身体能力は人間離れしている。
何てったって、鉄骨の柱もスルスルと登り、僅かの隙間も一瞬ですり抜け、スパイダーマン並みの身軽さだ。
それを追うボンド。必死で走り、鉄骨に身体を打ちつけ、見ているこちらが「痛ッ・・・!!」と言ってしまう程。
何とも人間臭い、必死なボンドだ。
後半はカジノでのポーカー場面。
ルールも専門用語も分からないし、どちらの手がいいのかも分からない。
しかし、ポーカーフェイスというように、その表情を読み取ろうとする駆け引きは面白い。
それにしても、今回の新米ボンドは、怪我が多い。かなりの血を流したんじゃない?
シャワー室で「手についた血が取れないの」という彼女の指を、ボンドが口に含み、血をとってやるシーンは、とてもエロチック。
また、毒を盛られて死にそうになり、自分でAEDを使う羽目に!
拷問シーンでは、相手が何故か椅子の座面をくり抜くので???と思っていたら、あんな事をするなんて!!
最後にMが「誰も信じられない?」とボンドに聞くシーンがある。
味方と思っていた男にも、恋した女(スパイも辞めようとしたのにね)からも裏切られ、こうしてボンドは、非情な007になっていくんだな!と思った。
従来の007のようなキザな部分はなかったけど、まだ擦れてない初心なボンドだった。


このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりオースティン・パワーズの方が好き。

投稿日:2007/05/30 レビュアー:パープルローズ

三谷幸喜が朝日新聞に連載中のエッセーに書いていましたが、007シリーズの大ファンである三谷氏、007を全くみたことのない奥さん(小林聡美ですよね)に何本かえりすぐって見せたところ、奥さんがひと言「007ってオースティン・パワーズに似てるね!」。

私も007に関しては小林聡美みたいな人です。もちろんオースティン・パワーズが007をパクってるってことは知っています。しかし、007といえばピアス・ブロスナンの最近のものを2,3本見ただけという私には、特に強い思いいれもありません。特に前作の「ダイ・アナザー・デー」は、「本気でこんなことを真面目にやっているのか?」といいたくなるような作品でした。

さて、新生ボンド第1弾となるこの作品、「ダイ・アナザー・デー」みたいに「それはないやろ〜?」みたいなこともなくて、そこそこ楽しめました。
ダニエル・クレイグは当初「ボンドが務まるのか?」とかなり叩かれてましたが、なかなかかっこよかったですね。(顔以外は。私、あの顔は苦手です。)
ポーカーのルールを知らないので、カジノの部分がわかりにくく、ちょっと長かったのが難点か。

でも、私はやっぱりオースティン・パワーズの方が好きだな。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全357件

007/カジノロワイヤル