ミルコのひかり

ミルコのひかりの画像・ジャケット写真

ミルコのひかり / ルカ・カプリオッティ

全体の平均評価点:(5点満点)

20

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ミルコのひかり」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「輝ける青春」を手掛けるなどイタリア映画界の第一線で活躍するサウンドデザイナー、ミルコ・メンカッチの実体験を基に描く感動ストーリー。不慮の事故で失明し、心を閉ざしてしまった少年が、一台のテープレコーダーとの出会いによって新しい世界への扉を開き、自由と希望を獲得していく姿をドラマティックに綴る。1971年、イタリア・トスカーナ。10歳になるミルコは、ある日銃を暴発させてしまい、両目の視力を失う。当時のイタリアでは、視覚障害者は特殊学校へ入ることが強制させており、ミルコも全寮制の盲学校へ送られる。周囲に心を閉ざすミルコだったが、偶然見つけたテープレコーダーが彼に新たな喜びをもたらしてくれた。

「ミルコのひかり」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: イタリア
原題: ROSSO COME IL CIELO

「ミルコのひかり」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全20件

教育って難しい

投稿日:2009/11/12 レビュアー:オリーヴ

何がその子の才能を伸ばして、何が芽をつむことになるのか…。

親や教育に携わる人は、特別変な人を除いては、基本的にその子のためを思って接しています。なのに、すべてがうまくいくとは限りません。才能が開花するのは稀なことです。(もちろん、才能ばかりが大切ではありません。じゃ、何だろ?生きていくということかな)

実話が元になっているだけに、「もし、ミルコがジュリオ神父に出会っていなかったとしたら…」と想像して、ひとり怖くなっていました。

教育することで、教育されているんだわ…。

んー、強いて言うなら、Keyワードは、“出会い”かな。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

自分らしく生きること。

投稿日:2009/05/13 レビュアー:mokoさん

どんな境遇に遭っても、希望を見いだし自分の思うままに素直に生きることのすばらしさを教えてくれる映画です。
ミルコには類い希な才能があったのですね。
「青色ってどんな色?」って聞かれたときに答えるミルコの言葉は想像力豊かですばらしいなと思いました。
そんなミルコの魅力がいろいろな人に影響を与え、変化をもたらしたんでしょう。
いい映画です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

前向きな映画

投稿日:2012/04/19 レビュアー:BEEFジャーキー

目の見えない少年が主人公。
てっきり、かわいそうに思ったりするのかと……
ちっとも、そんな事、思わなかった。

実に、生き生きとした少年達。
ふざけたり、笑い合ったり、何かに一生懸命だったり……。

悲しい暗い映画ではなく、前向きで活気ある映画だった。

*****
特に、いろんな音を録音していく様子に楽しめた。

あの音が、こんな音に聞こえるんや〜
へぇ〜〜みたいな…(笑)
きっと、映画の中の子供達と同じ感覚。
ワクワクしながら、楽しめました♪

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

素敵な作品

投稿日:2010/08/15 レビュアー:stella

日本で公開された頃から気になっていて、やっとDVDを借りて観ることが出来ました。素敵な作品でした!今まで観たイタリア映画の作品の中で一番好きかもしれません。

主人公や周りの子供たちの演じ方がとても上手で自然体でした。またこの作品に使われている音楽も素晴らしかったです。今度購入しようと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

素直に感動

投稿日:2009/05/30 レビュアー:空とぶアヒル

これはよかった。

ミルコたちの純粋な心が自然と伝わってくるし、大切ななにかを思い出させてくれます。ミルコたちが作り出す音に本物の命が宿っていると感じたとき、心のそこからじわじわと感動がひろがっていきました。なにかありえないような特別なことをするのではなく、自然の流れの中で湧き上がってくる感動はとても心地よいものでした。

この物語のキーはなんといっても『音』ですが、その大事な音を表現している最中にBGMがかぶってくるのが残念。あとは、中盤ちょっとなかだるみっぽい感じになるのがなければもっとよかったのに。

よい作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全20件

ミルコのひかり

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:20件

教育って難しい

投稿日

2009/11/12

レビュアー

オリーヴ

何がその子の才能を伸ばして、何が芽をつむことになるのか…。

親や教育に携わる人は、特別変な人を除いては、基本的にその子のためを思って接しています。なのに、すべてがうまくいくとは限りません。才能が開花するのは稀なことです。(もちろん、才能ばかりが大切ではありません。じゃ、何だろ?生きていくということかな)

実話が元になっているだけに、「もし、ミルコがジュリオ神父に出会っていなかったとしたら…」と想像して、ひとり怖くなっていました。

教育することで、教育されているんだわ…。

んー、強いて言うなら、Keyワードは、“出会い”かな。

自分らしく生きること。

投稿日

2009/05/13

レビュアー

mokoさん

どんな境遇に遭っても、希望を見いだし自分の思うままに素直に生きることのすばらしさを教えてくれる映画です。
ミルコには類い希な才能があったのですね。
「青色ってどんな色?」って聞かれたときに答えるミルコの言葉は想像力豊かですばらしいなと思いました。
そんなミルコの魅力がいろいろな人に影響を与え、変化をもたらしたんでしょう。
いい映画です。

前向きな映画

投稿日

2012/04/19

レビュアー

BEEFジャーキー

目の見えない少年が主人公。
てっきり、かわいそうに思ったりするのかと……
ちっとも、そんな事、思わなかった。

実に、生き生きとした少年達。
ふざけたり、笑い合ったり、何かに一生懸命だったり……。

悲しい暗い映画ではなく、前向きで活気ある映画だった。

*****
特に、いろんな音を録音していく様子に楽しめた。

あの音が、こんな音に聞こえるんや〜
へぇ〜〜みたいな…(笑)
きっと、映画の中の子供達と同じ感覚。
ワクワクしながら、楽しめました♪

素敵な作品

投稿日

2010/08/15

レビュアー

stella

日本で公開された頃から気になっていて、やっとDVDを借りて観ることが出来ました。素敵な作品でした!今まで観たイタリア映画の作品の中で一番好きかもしれません。

主人公や周りの子供たちの演じ方がとても上手で自然体でした。またこの作品に使われている音楽も素晴らしかったです。今度購入しようと思います。

素直に感動

投稿日

2009/05/30

レビュアー

空とぶアヒル

これはよかった。

ミルコたちの純粋な心が自然と伝わってくるし、大切ななにかを思い出させてくれます。ミルコたちが作り出す音に本物の命が宿っていると感じたとき、心のそこからじわじわと感動がひろがっていきました。なにかありえないような特別なことをするのではなく、自然の流れの中で湧き上がってくる感動はとても心地よいものでした。

この物語のキーはなんといっても『音』ですが、その大事な音を表現している最中にBGMがかぶってくるのが残念。あとは、中盤ちょっとなかだるみっぽい感じになるのがなければもっとよかったのに。

よい作品だと思います。

16〜 20件 / 全20件