呪怨 パンデミック

呪怨 パンデミックの画像・ジャケット写真

呪怨 パンデミック / アンバー・タンブリン

全体の平均評価点:(5点満点)

59

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

旧作

ジャンル :

「呪怨 パンデミック」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

清水崇監督が引き続き手掛けた、ジャパニーズホラー『呪怨』のハリウッドリメイク版第2弾。東京のインターナショナルスクールに通う少女たちが、幽霊屋敷と噂される一軒家に潜入。彼女らの面白半分の悪ふざけは、家に宿った怨念を呼び覚ましてしまう。

「呪怨 パンデミック」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ

原題:

THE GRUDGE 2

「呪怨 パンデミック」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ballers/ボーラーズ <シーズン3>

クルーエル・インテンションズ

性感都市 セックス&ビューティーズ

ザ・リング

ユーザーレビュー:59件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全59件

繁盛

投稿日:2008/12/22 レビュアー:ビンス

引き続きハリウッド版は観易いです。
おどろおどろしさが抑え目。
とり憑かれて怨霊になった女子高生たちのメイクがとてもゾンビチック。アメリカン向けってことでしょうね。
テレビ版・劇場版・ハリウッド版と作られるにしたがって、カヨコの呪怨パワーもパワーアップ。
当初は「暖簾のない名店」のような感じで時々屋敷に迷い込、人々に恐怖を味あわせていましたが、現在は事業拡大。
遂にはアメリカ進出もして、関係のない周りの人々にも「召し上がれ」とばかりに恐怖を、絶望を、そして死を振舞ってます。
それでも基本的な従業員数は変わらず2名と1匹なので、休みナシのフル回転。幽霊は病気も時間もなんにもない♪・・・退屈が一番の敵だと思われるので、今の状況は願ったり叶ったりなのではないでしょうか。
そして何時の世も、面白半分に恐いもの観たさで「暖簾のない名店」を訪れる人間はいるものです。そいつらがいるかぎり、カヨコは退屈しないですむのです。

恐さはほとんどありませんが、やはり音が不快です。
イヤ〜な音を鳴らしながらカヨコは今日も退屈と戦うのです。
子供の幽霊、ずっと同じ子なのかな?
ギューンと背が伸びたりしないか心配です。

しかし、なんであの屋敷に入ろうとするんだろう・・・って単純かつ最大の疑問がこのシリーズを観るといつも頭に浮かびます。

今回はカヤコが何故あないに凄まじい呪怨パワーを身に付けたかが判明します。

前置きがなく5分足らずで、恐怖がスタートするのが不気味です。
溜めもなければ、もったいぶるような展開もなし。
出し惜しみナシで最初から全力できます。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

なぜか笑えた

投稿日:2008/08/24 レビュアー:七転八起。

凝った作りをしてるなーと思ったのも束の間。
怖がらせようとしているのは分かるんだけど、
そんな映像が笑えるのは何でだろう?
私がこのシリーズを見過ぎたのかな(笑)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

まだ続くの? ネタバレ

投稿日:2008/05/27 レビュアー:キャラメルラテ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これはこれでいいのかな…と思うような「呪怨」でした。

日本版・ハリウッド版含めたある種の解決編っぽい作りで、
日本版を見てて、何となくわかったようなわからなかったような箇所が、「ああ、そういうことだったのね」と自分なりに納得したり。要は説明くさいってことでもあります。

でもスプラッタ系ではないホラーって、映画でも、本でも、語りでもそうだけど、これこれこういう理由で怖いことが起こってるんですよと説明されてしまうと、一気に恐さ半減しませんか?
そういうのって私だけ?
特に呪怨は理不尽な恐さがポイントのひとつだった気がするので、ホラー映画に解決編は不要だと感じました。
まあ、その辺がアメリカ人と日本人のメンタリティの違いなんでしょうけど。

唯一「これはたまらん」と思ったのは
たとえ海外に逃げてもちゃんと追いかけて来ちゃうのねっていうところ。
今まで漠然と海外へ逃げれば大丈夫なんじゃないの?と思っていたのですが、そうじゃないところが怖かったです。

あと他のレビュアーさんが書いてましたが、この海外版呪怨ってまだ続くんでしょうか?
もういいって気がしますが…

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

フライパン殺人事件

投稿日:2008/05/18 レビュアー:クロネコ

それはそれ、これはこれという意識で観賞するのが正解。
元祖邦画&ビデオ版は全部見ましたが、本作品はその中で文句を言う夫を妻がフライパンで殴り殺すというちょっとだけのシーンをクローズアップさせたもの。
賛否両論ありますが、これはこれと思って観たら腹も立ちません。
ただやはりカヤコ&トシオはパワーダウン。つーか、もはやマンネリ。代わり映えのない呪い方に、ハリウッド版用の新たな恐怖を生み出さないとちょっと飽きるかもしれないですね。
いやー、それにしてもカヤコのオカンが英語堪能なのにはべっくらこいた。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

おぞましき、カヤコの誕生の秘密??どこが・・・!!

投稿日:2008/04/23 レビュアー:tomoko

今回は、わけの分からん外人が沢山「カヤコ」の餌食になるんだけど、俳優達が「アンビリーバボー」レベルでなぜか笑えた!!
 
内容は今までの総集編みたいで、怖さは全くありません!カヤコの母親も登場しますが、すぐに殺されて全く意味ないです!

外人さんの家族が何組か犠牲になるんだけど、旦那の頭にベーコンの煮えたぎった油を「ジャ〜」そしてそのフライパンで顔面強打!!
そこが一番笑えた・・・・。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全59件

呪怨 パンデミック

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:59件

繁盛

投稿日

2008/12/22

レビュアー

ビンス

引き続きハリウッド版は観易いです。
おどろおどろしさが抑え目。
とり憑かれて怨霊になった女子高生たちのメイクがとてもゾンビチック。アメリカン向けってことでしょうね。
テレビ版・劇場版・ハリウッド版と作られるにしたがって、カヨコの呪怨パワーもパワーアップ。
当初は「暖簾のない名店」のような感じで時々屋敷に迷い込、人々に恐怖を味あわせていましたが、現在は事業拡大。
遂にはアメリカ進出もして、関係のない周りの人々にも「召し上がれ」とばかりに恐怖を、絶望を、そして死を振舞ってます。
それでも基本的な従業員数は変わらず2名と1匹なので、休みナシのフル回転。幽霊は病気も時間もなんにもない♪・・・退屈が一番の敵だと思われるので、今の状況は願ったり叶ったりなのではないでしょうか。
そして何時の世も、面白半分に恐いもの観たさで「暖簾のない名店」を訪れる人間はいるものです。そいつらがいるかぎり、カヨコは退屈しないですむのです。

恐さはほとんどありませんが、やはり音が不快です。
イヤ〜な音を鳴らしながらカヨコは今日も退屈と戦うのです。
子供の幽霊、ずっと同じ子なのかな?
ギューンと背が伸びたりしないか心配です。

しかし、なんであの屋敷に入ろうとするんだろう・・・って単純かつ最大の疑問がこのシリーズを観るといつも頭に浮かびます。

今回はカヤコが何故あないに凄まじい呪怨パワーを身に付けたかが判明します。

前置きがなく5分足らずで、恐怖がスタートするのが不気味です。
溜めもなければ、もったいぶるような展開もなし。
出し惜しみナシで最初から全力できます。

なぜか笑えた

投稿日

2008/08/24

レビュアー

七転八起。

凝った作りをしてるなーと思ったのも束の間。
怖がらせようとしているのは分かるんだけど、
そんな映像が笑えるのは何でだろう?
私がこのシリーズを見過ぎたのかな(笑)

まだ続くの?

投稿日

2008/05/27

レビュアー

キャラメルラテ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これはこれでいいのかな…と思うような「呪怨」でした。

日本版・ハリウッド版含めたある種の解決編っぽい作りで、
日本版を見てて、何となくわかったようなわからなかったような箇所が、「ああ、そういうことだったのね」と自分なりに納得したり。要は説明くさいってことでもあります。

でもスプラッタ系ではないホラーって、映画でも、本でも、語りでもそうだけど、これこれこういう理由で怖いことが起こってるんですよと説明されてしまうと、一気に恐さ半減しませんか?
そういうのって私だけ?
特に呪怨は理不尽な恐さがポイントのひとつだった気がするので、ホラー映画に解決編は不要だと感じました。
まあ、その辺がアメリカ人と日本人のメンタリティの違いなんでしょうけど。

唯一「これはたまらん」と思ったのは
たとえ海外に逃げてもちゃんと追いかけて来ちゃうのねっていうところ。
今まで漠然と海外へ逃げれば大丈夫なんじゃないの?と思っていたのですが、そうじゃないところが怖かったです。

あと他のレビュアーさんが書いてましたが、この海外版呪怨ってまだ続くんでしょうか?
もういいって気がしますが…

フライパン殺人事件

投稿日

2008/05/18

レビュアー

クロネコ

それはそれ、これはこれという意識で観賞するのが正解。
元祖邦画&ビデオ版は全部見ましたが、本作品はその中で文句を言う夫を妻がフライパンで殴り殺すというちょっとだけのシーンをクローズアップさせたもの。
賛否両論ありますが、これはこれと思って観たら腹も立ちません。
ただやはりカヤコ&トシオはパワーダウン。つーか、もはやマンネリ。代わり映えのない呪い方に、ハリウッド版用の新たな恐怖を生み出さないとちょっと飽きるかもしれないですね。
いやー、それにしてもカヤコのオカンが英語堪能なのにはべっくらこいた。

おぞましき、カヤコの誕生の秘密??どこが・・・!!

投稿日

2008/04/23

レビュアー

tomoko

今回は、わけの分からん外人が沢山「カヤコ」の餌食になるんだけど、俳優達が「アンビリーバボー」レベルでなぜか笑えた!!
 
内容は今までの総集編みたいで、怖さは全くありません!カヤコの母親も登場しますが、すぐに殺されて全く意味ないです!

外人さんの家族が何組か犠牲になるんだけど、旦那の頭にベーコンの煮えたぎった油を「ジャ〜」そしてそのフライパンで顔面強打!!
そこが一番笑えた・・・・。

16〜 20件 / 全59件

同シリーズ作品を借りる