墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全163件

「伝説のコミックついに映画化」?? 原作は…

投稿日:2007/01/17 レビュアー:かんぬき

「伝説のコミックついに映画化!」 しかしコミックの原作は小説では…。その上、映画のノベライズが出版されている様子!! ああもうわけが分かりません。元祖原作者・酒見賢一氏の立場はどうなんでしょう。
コミック4巻まではほぼ忠実に小説ベースの展開です。映画はその4巻までの内容に沿っているようです。だったら原作は…
どちらも面白いです。映画も楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

い・ま・い・ち!

投稿日:2007/09/29 レビュアー:ていくす

原作は読んでませんが、公開時には結構期待してました。

でもなー、やっぱありがちなんだよな。
アジアの「大河ロマン」系映画によくある、「映像美」「迫力」といった作り手の変に「職人的な」意識が鼻に付くんだよなー。
年配の方が好みそうな映画ですね、これは。
(グリーンディスティニー、HERO、最近やってた反町のジンギスカン、天と地なんかに共通してる感覚!)

映画公開時のふれこみからすると、ストーリーにしても戦術にしても、もっと技巧的に、そして意外性を出してほしかった気がする。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんなに面白かったのに映画館の観客はまばらだったのです。ネタバレ

投稿日:2007/09/28 レビュアー:雑種犬ラック

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作を知らない人には凄く敷居が高いような気がします。こんなとこまで墨守なんですね。映画館はガラガラでした。

原作を知ってる方は何の問題もないですが知らない人はイントロダクションを読むだけでは借りるかどうかの判断は難しいと思います。

そんな時はジャケ写を見てください。「10万の敵にたった1人で挑む」・・・なんかカッコよくないですか?しかもアンディラウが!!
これだけでだいぶ借りてみようかなと思う人もいるはずです。

孤独と戦うアンディラウというのは凄く絵になります。アンディラウがとても輝いています。ここまでアンディラウが輝いていたのはインファナルアフェア以来だと僕は思っています。

その他の見所は戦闘シーンは中国得意の人海戦術でなかなかの大パノラマで展開してくれます。
あとは両軍の頭脳同士の駆け引き、とても楽しめます。趙軍も負けてないですね、最後の最後まで楽しめました。

原作には無かった恋愛要素やラストシーンなど若干の脚色は当然ありますが許せる範囲内だと思います。原作ファンも初めての方も楽しめる作品に仕上がっていると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画と内閣は適材適所でないと…

投稿日:2007/08/27 レビュアー:タクシードライバー

中国・韓国・日本の協力作ということなっているが、最大のカギを握る監督は香港のジェイコブ・C・L・チャン(DISCASさんの標記ではゴードン・チャン)。 で、率直に言うとこの人は活劇の演出があまり得意ではないようで、「男」を描く力もイマイチとみた。確かにCG+人海戦術を駆使した砦の攻防シーンはそれなりに大画面に映えるものであるが、ただ呆然と眺めているだけでハラハラドキドキの要素が希薄。砦の攻防といえばシネマスコープが大きな売り物だった時代の西部劇から、最近の「ロード・オブ・ザ・リング」に至るまでハリウッドの得意技の一つであり、もうほとんどのアイデアは出尽くしている。それこそ革離じゃないが、よほどの策士でなければ単に「迫力のある絵」だけではこのジャンルはもちまへん。
この監督さんは大半を占める合戦シーンは仕切るだけでいっぱいいっぱいという感じで、むしろ終盤の、主人公が幽閉されたヒロインを探しまわるというデリケートなシーンの方に持ち味がありそうだ。

アンディ・ラウは「LOVERS」の時より若返ったよう。あの時は顔がアップになると金城武クンと比べてかなりオヤジ臭がきつそうだった^^; チャン監督にもう少し「男」を描ける力があればよかったんだけどなあ。



このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

中国人らしい、らしくないネタバレ

投稿日:2007/08/26 レビュアー:ロートルマニア

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 梁王とその取り巻きの身勝手極まる自己保身や、生き残ったものが勝利者という巷将軍の台詞が物語るように、支那民族の精神構造は日本人のそれとは全く違います。
 馬による引き裂き刑、自分を批判した者が二度と発言できないように声帯を抜く、陣を引き払う際に人質を残らず串刺しにしてさらし者にするなど、人間の体を毀損することに喜びを感じているような偏執性や、少女をも平気で惨殺する残虐性は、支那人特有の資質です。
 別の映画ですが、王妃(西太后)が王の寵愛を受けた娘に嫉妬して、その両手両足を切断したあげく、すぐに死なないような処置を施して酒の大瓶に漬け込み、王に献上したなんて話もあったくらい、とにかく支那民族のやることは常軌を逸しています。
 レビューの中で非難の的になっている梁王の行動〜己の身の安泰を図るためには恩人を平気で裏切り、ありもしない罪を捏造してなすりつけ、人の死をへらへら笑いながら眺める〜なども、現在の中国共産党がやっているチベットや新彊ウィグル自治区での虐殺と人権侵害行為、南京問題や慰安婦問題で世界中にでたらめな偽史を吹聴し続けていることを考えたら、すべて梁王の行動の延長であり、自分たちの血生臭く背信にまみれた歴史を鑑とした自然な行為です。(蛇足ながら、ディズニーの「ムーラン」に出てくる慈悲深くウィットに富んだ皇帝など、アメリカ人特有の脳天気な勘違い。あの時代だったらムーランはあっという間に後宮に召し出されておりますよ)
 むしろ、巷将軍や子団などの、言い訳も反論もせず、潔く運命を受け入れる姿には、日本人ならではの矜持と美意識が感じられ、逆に違和感が残りました。
 日本人の原作(もっと古い元ネタは明らかに七人の侍の勘兵衛〜「良い城には必ず弱点がある。そこに敵を集める」の台詞まである)を換骨奪還して、精神の気高さや平和を尊ぶ美点は昔から自分たち支那民族のものだったと、北京オリンピックを控えて世界にアピールしたかったのかと、勘ぐりたくもなります。なんせ、中国では共産党の許可なしに映画は作れないのですから。
 結論。中国を相手にした合作映画は、安易に関わると政治的に利用されるだけなので、よほど褌を締めてかかる必要があります。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる