トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールドの画像・ジャケット写真
トゥモロー・ワールド / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

298

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「トゥモロー・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類の未来を左右する一人の少女を巡る攻防に巻き込まれた主人公の運命をスリリングに描く。人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因がわからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に引き渡すために必要な“通行証”を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…

「トゥモロー・ワールド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: CHILDREN OF MEN
受賞記録: 2006年 ヴェネチア国際映画祭 技術功績賞
2006年 LA批評家協会賞 撮影賞

「トゥモロー・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トゥモロー・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 吹き替え用 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBT70017 2007年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
68枚 2人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:298件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全298件

超グレーな世界

投稿日:2007/04/05 レビュアー:ゆかっくま

18年間子供が生まれない。
子供の生まれない世界に未来はない。。。

この映画では異常な位にペットが出てくるけど、
それは子供がいない世界で子供の代わりになってるんでしょうか?
映像はずぅぅっとグレーな世界で、時代と逆行してる気がした。
未来の話なのに、過去を見てるような。。。
震災や水災のような自然災害よりも人による人災の方が恐ろしい。
グレーな映像はそれがよく出せてたと思います。

赤ちゃんを見る時の、みんなの顔。
やっぱり赤ん坊はみんなを笑顔にするんですね★
そのシーンだけは、幸せな気分になれました


このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人類が緩やかな死に向かう終末的雰囲気が秀逸ネタバレ

投稿日:2007/04/02 レビュアー:ハット

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私はすごく面白かったなあ、この映画。
エンターテイメント性やドラマ性は薄いので、観客をとにかく面白がらせるといった遊園地やマンガのような要素はほぼ皆無。かなり淡々とした感じです。遊園地のように楽しませてくれなきゃヤダ、という人にはかなり不満が出る映画でしょうね。
でも、人類が緩やかな死に向かう世界の終末的雰囲気がすごく引き込まれた。そして、そうした絶望の中で生まれた1人の赤ちゃんが、終盤でまるでメシアのように人々に希望を与えるシーンは良かったですね。兵士が思わず戦闘を止めて赤ちゃんに道を空けるシーンは見入ってしまいました。
運命と信念のせめぎ合いの話も良かった。なかなか味のある映画だと思いますよ。ちなみに、少子化がテーマの映画じゃないですからね。もっと宗教的です。
それにしても、邦題はセンスないなあ。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マイケル・ケイン、素晴らしい!!

投稿日:2007/03/25 レビュアー:KEE

これは思ったのと違った。

重い。

深く考えさせられる映画なんだろうね。
少子化とか環境問題とかいろいろあるので、近未来おそらくこういうことになるんだろうな、とは思う。

スゴイ大作だったのね。

あまり難しいことはよくわからないけど、非常に興味深い映画です。

Clive Owen は、相変わらず素晴らしい。

で、私がスゴイと思ったのは、 Michael Caine。
このひと、オスカーとってから益々凄くなってくる。
うまい!!!
どの映画をみても全然違う感じ。

この映画で鍵となる人物がKEEという少女。

私と同じ名前なので、映画で「KEE」と名前が出るたび反応してしまった。
演じる Claire-Hope Ashitey。とてもカワイイ。

最近私の中でダントツナンバーワンの「キンキーブーツ」でドラッグクイーン、ローラを演じた Chiwetel Ejiofor がでてます。
あのときは最高にセクシーと思ったが、ここでは全然違った。

驚いたシーンもうひとつ。

車の中で、セオとジュリアンが、ピンポン玉をつかって口でキャッチボールするシーン。
スゴイ技だと思いました。思わずコマ送りでみてしまった。

しかし、近未来、こんな風になっちゃうころは私は何歳くらいなのかな。

いい映画ですよ。重いけど。人間が考えて何とかしなければいけないという意識を持つことが大事だと思いました。


このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

"過去"と"未来"の両方に握手をする使命を持って人間は生まれる

投稿日:2010/01/14 レビュアー:KASPAR

イマイチ世間の評判が悪くて見逃してたアルフォンソ・キュアロン監督作品、『トゥモローワールド』っす!

おいおい・・・素晴らしすぎるやん!!!

頽廃系近未来の閉塞感がにじみ出てる世界観は抜群やし、絶望の中から希望を探すストーリーも定番やけど重厚で素晴らしい・・・ほんで、特に素晴らしいのが呼吸が出来なくなるほどに魅入ってしまうこの映像!!!

久しぶりに震えたっすね・・・いや、自宅で観て震えたのは初めてかも・・・

2009年度にDVDで223本観たんすけど、個人的にそのなかで2位っすね!(1位は断トツで『画家と庭師とカンパーニュ 』っすけどね♪)

□■□■□■□■□

えーっと・・・まずは、この世界観の素晴らしさについてゆーときます♪

"現代に既に存在する問題への警鐘"としての近未来SF作品っつーのは、ファンタジーではあるんやけど"こんな世界があったらええなぁ♪"的な夢物語としてのファンタジーでは意味がなくて、"あれ?これは現代の話か?"って思うほど"今"を意識させるリアルな世界観が必要になってくるんやけど・・・この作品の近未来社会の描き方は非常に素晴らしくて、"今現実に存在してても不思議ではない"と思えるレベルの世界観を作り出すことに成功してるっつーてもええんやないやろか?

この作品の場合、ストーリー自体は決してリアリティがあるもんではないんやけど、そのストーリーの受け皿である世界観の完璧さで破綻せずに成立させてるっつーのが素晴らしすぎるっすね(°∀°)b

ただまぁ、"頽廃的で閉塞感の漂う近未来"をあまりにもリアルに作り上げたが為に、観てるこっちも主人公と同じように"陰"になってまうんで、そこは好みは分かれるかもしれんけど(;^_^A

□■□■□■□■□

えー他にもイロイロ、無駄をそぎ落としたストーリー展開や、ワンエピソードでの人物描写の上手さとか俳優の演技の素晴らしさっつーところも書こうと思ってたんすけど、このまま続けたらとんでもなく長くなってしまうんで一気にすっ飛ばして映像の凄さについて書きます((φ(・д・。)

爆発(テロ)シーンや、拉致シーン、襲撃シーンなどもむちゃくちゃ素晴らしいんやけど、当然ココで取り上げるのは、クライマックスの8分間のワンカットワンシーンについて♪

この作品の評判が良くなかったこともあって、コノシーンが有名なことも全く知らずに観たんやけど、このシーンが始まるまでに既に画面にクギヅケになってもーてたんで・・・いやもう、この8分間は、自分でも分かるほど動悸が激しくなってもーて、呼吸も苦しくなってまうし・・・主人公と一緒にこの世界の中にどっぷりと浸かりながらも、もう一人の自分は"凄すぎる!!!なんていう映像や!!!ワンカットかよ!!!いつまで続くんや!!!"って心の中で叫び続けてもーてた(((((((ノ・д・)ノ

今までも色んな作品で映像の凄さを書いてきた(例えば、アバターとか、2012とか、落下の王国とか・・・)けど、個人的にはそういう作品とは全く別物の"衝撃の映像"やったっすねー♪

っつーのもこの映像(ワンシーン)は、この映画を構築するにあたっての前半からの積み重ねがあっての凄さであって、このシーンの直後のあるシーンに大きく落差をつけて観客を感動させる(テーマを明確に理解させる)ためへの必然からくる映像であるものっつーのが、途轍もなく素晴らしいんすよねー♪

最新の映像技術による映画全体が美しい映画や、アーティスティックな美しい映像を積み重ねる映画のように、フィルムの1コマだけを切り取っても美しさがわかる映画も当然素晴らしい映画やけど、この映画のように1コマだけを切り取っても全く良さも凄さもわからなくて、映画全体を通して観ることで初めてきらびやかに輝き始める映像っつーのもやっぱり素晴らしい映画なんすよね〜(しかもこの映画の場合、実は技術的にも凄い)

・・・なんかよくわからん文章やけど・・・まぁええかぁ〜(´艸`)

□■□■□■□■□

えー、とにかく素晴らしいです!万人受けする自信は無いけどオススメいたします(°∀°)b

残酷な描写や不条理な展開もある近未来SFなんで、好みは分かれるタイプの作品とは思うんすけど、"衝撃"を受けることは間違いない作品やと思います♪

悪いほうの"衝撃"を受けたらすみません。。。っと、いちおー先に謝っておこう(;^_^A

※「ハリーポッターとアズカバンの囚人」と「天国の口、終わりの楽園」を撮ったアルフォンソ・キュアロン監督というのが驚かされるっすねー!その才能に惚れました!

個人的満足度 88点!!! オススメ度は75点♪

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★★★★ 命とは何と聖なるものかネタバレ

投稿日:2007/05/14 レビュアー:ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最初のカフェでの爆発シーン。あれがスイッチとなって、まるで自分も2027年にタイムスリップして、その場にポトンと落とされたような感覚の2時間だった。私はセオの同伴者となって、キーの赤ん坊を守るために戦い、無事に船に送り届けた。そんな充足感が体を満たしたのです。なぜ人類は子供が産まれなくなったの?ヒューマン・プロジェクトって一体何の団体なの?そのような説明は不要です。だって、まさに今私は2027年のその場にいるのですもの。

私がセオの同伴者になれたのは、臨場感あふれるカメラワークの賜。特にセオと共に戦火をくぐり抜けたあの長い長い時間はまるで息もできぬほどの高揚感だった。このシーン、リハーサルはどうしたのだろうか?あれだけの長い時間を1カットで撮影するというのは、製作スタッフの技術力と熱意がないと到底無理でしょう。

そして明暗のコントラストが効いた緑がかった映像は、近未来が示す「ハイテク」なイメージを一掃している。コンピュータの発達がもたらすハイテク設備などのメタリックな描写は、目の前の出来事を「他人事」のように感じさせてしまう欠点がある。しかし本作では、隔離された移民たちの泣き叫ぶ様子や収容所の無秩序な描写が繰り返され、キーのお腹に芽生えた命の「神性」がクローズアップされる。ラスト、静かな戦場に響く赤ん坊の泣き声がなんと厳かに聞こえたことか。

管理社会になっている、ロボットに支配されている、宇宙に住んでいる…etc。どんな未来予測よりも「子供が産まれない」というのは絶望的であり、かつ生々しい。そして、本作で私が何より評価したいのは、子供が産まれることの神秘性を宗教の手を借りずに見せきったこと。赤ん坊を抱えたキーが兵士の間を通り抜けるシーンは背筋がぞくぞくしました。必見です。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全298件

トゥモロー・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる