LOFT ロフトの画像・ジャケット写真

LOFT ロフト / 中谷美紀

全体の平均評価点: (5点満点)

82

LOFT ロフト /黒沢清

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「LOFT ロフト」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

 「アカルイミライ」「ドッペルゲンガー」の黒沢清監督が、ミイラをモチーフに描くサスペンス・ホラー。スランプ中の女性作家が、新天地で思いがけず1000年前の女性のミイラと遭遇、次第にミイラをめぐる謎に取り憑かれていく恐怖を描く。主演は中谷美紀、共演に豊川悦司。将来を嘱望されている女性作家・春名礼子はスランプに陥り、担当編集者・木島の勧めで、東京郊外の緑に囲まれた洋館に引っ越しをする。やがて彼女は、大学教授の吉岡が向かいの建物にミイラ化した1000年前の女性を極秘に保管していることを知るのだったが…。

「LOFT ロフト」 の作品情報

作品情報

製作年:

2005年

製作国:

日本

原題:

LOFT

「LOFT ロフト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜

R246 STORY 須藤元気監督作品 「ありふれた帰省」

tokyo.sora.

死国

あなたには帰る家がある −ディレクターズカット版−

ユーザーレビュー:82件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全82件

B 正統派ホラー

投稿日:2012/01/08 レビュアー:かづしげ

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

死人が口をきくんじゃないッ ネタバレ

投稿日:2008/10/11 レビュアー:夜子

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原稿に向かうとチェーンスモーカーになり、時おり激しく咳き込みつつも喫煙を止めない、止められない。そうやって緩やかに死に向かいつつも、いつもどこかで道連れを探している新進の芥川賞作家礼子。孤独で生活感のない彼女の周囲にいるのは担当編集者の木島だけだが、ただ機械的に執筆を促すばかり。
時おり襲う咳の発作に身をよじり苦しむ玲子が吐くのは大量の泥。それも現実なのか幻想なのか。
締め切りが差し迫る頃、そんな彼女が転地を言い出すと木島が山間の古い木造の洋館を紹介する。

その頃から礼子の脳裏をひとつの光景がよぎる。深い樹々に囲まれた恐ろしくまた美しい絵画のような沼。そして霧に覆われた湖。

一方、ミイラに執り憑かれた男が見つめているのは童女のような顔立ちながら、魔性の潜む隣人亜矢だった。その女はある日、男と諍いをし殺されるが、吉岡が触れようとするとそれはのろのろと起き上がり、こう言った。

あなた、アタシを救いに来たの?
じゃあ救ってよ。救ってよアタシを。 ほら、早く。

2人の運命は今、交わろうとしている。その山間の古びた洋館で。

安達のシーンは繰り返し見てしまった。身長が倍もあろうかというトヨエツがたたらを踏むほど気迫で押すシーンは思わず、いよッ!祐実ちゃん!と掛け声したいほど。起き出すシーンは微エロにして妖艶。主人公の中谷に肉感が無い分、同じく細くてさらにちっちゃいのにこの圧倒的な肉感はなんなんだろう。

中谷美紀の礼子とトヨエツの吉岡だけがまるで切り取られたように幻想の中を浮遊する。
その傍らで、西島秀俊の木島は、美貌と知性を兼ね備え自分にだけ服従する女性作家を世に送り出す編集者という妄想に取り憑かれ緩やかに狂っている。
またトヨエツの同僚学者の大杉漣もミイラ公開イベントの開催に余念がないリアルの側だが、1000年前のミイラが上がったその日から金縛りに悩んでいるという。
最近ようやく陽の目を見た連ドラ「相棒」で薫ちゃんの嫁さん役鈴木砂羽も女編集者として登場するリアルの側の登場人物で、泥の役割や殺人事件などという極めて明解なキーワードを与えてくれる。

写り込みと亡霊、暴風の中の穴掘りはお約束。今回楽しんだのはその周辺。
まず洋館の近くにある焼却炉。数メーターはあろうかというデカイ鉄板に廃棄物を載せて、がごんと返すとまず箱状の奈落に落ち、それを大型のプレス部分がその奥にある燃焼部分に押し運び燃やされる。燃焼部分は常に高温で、廃品は運ばれてる途中、近い部分から次第に燃え始める。
こんな焼却炉、子供が落ちらたひとたまりもないわけだけど、それが何の囲いや屋根もなく野ざらしで、礼子はゴミ袋を下げ、つっかけ履きでとことこ出かけてはゴミとともに様々なモノを燃やし続ける。

あとあれはなんという仕組みなのかな?湖から何かを引き上げるための滑車の仕組み。それは焼却炉とは真逆で、過去や木箱や禁忌などなどさまざまなものを引き上げて曝し上げ続ける。

造形がすごくがんばってて、1000年前の身分高貴だったはずのミイラの面立ちもよかったし、骨盤から逆折れした死体もよかった。どれも埋められてから、沈められてから、空気に触れてからの時間経過が判るくらい肌感もよく表現されてたと思う。
考古学者が掘り出す仕草がどんな時でも発掘っぽいのは可笑しかった。

「降霊」ではまってから機会があれば見ている黒沢監督だけど、根幹はもしかして単純でそれを故意にものすごぉく解かり難くすることで、本当はまったく別なところに目を凝らしてもらいたいんじゃないかと思えたりもする。そんな監督作をいつもあーでもないこーでもないと考えてくれる観客は本当に親切だなぁとつくづく思う。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ミイラの横恋慕 ネタバレ

投稿日:2008/07/21 レビュアー:ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

では、ないでしょうか。または『帰して頂戴よ生贄 by 沼』でもいいかな。家の奥さんは『恐怖の科学者・ミイラの実験』説を唱えてました。
結局のところ正解は不明。まあ、どうでもいいや面白かったから。

ストーリー的には破綻度が、前に観た「ドッペルゲンガー」より進行してますね。まあその破綻は、粗というか映像の空気感を追及するために意図的にやってるのでしょうが、過剰演出ともいえるのでしょうか。しかしこの雰囲気には堪能させられます。
安達祐実の現れては消える、チョットだけよが段々あからさまになる描写はしっかりしたホラー(窓ガラスの手の痕の細かい細工には驚嘆)を示します。何か一癖ありそうな西島秀俊が、いきなり正体を現す様と顛末には、2転3転するミステリーの謎解きの楽しさを物語に付与します。そして中核を成すのは、泥を吐く中谷美紀とミイラの虜の豊川悦司とそのミイラの、三角関係の恋愛ストーリー。あのいきなりの嵐の中に響き渡るBGMで盛り上がる2人の抱擁シーンは、絶対邦画では観られない、恋愛感情の露出だとびっくりしました。
そして愛し合う2人は、邪魔者を始末し永遠の愛を誓おうとした矢先・・・と、いうお話なのだと思い込むことにしました。

またも本作でも示そうとしたホラーと他分野との融合、それはジャンルとしての舞台設定の拝借ではなく、溶け合い混じり合せようとする試みで、それによって生まれる重層感は、少し恋愛ムードが勝ち過ぎだったかもしれません。

先達の皆様の仰る映像テクニック云々は、知識の無い私にはよく分かりませんが、本作の底辺で蠢く何かが伝える面白さや新しさが、言われていることなのかと感じました。
中谷美紀の二の腕にも感嘆の、★3.3個。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

うーーーーーむ…………… ネタバレ

投稿日:2007/08/14 レビュアー:カイジュウ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うーーーーーむ……………
黒沢清監督の描くホラー(特に心霊的な表現)は好きで、この作品も擁護したいんだけど、どうも………
何が言いたいのか、さっぱり分からない。はたしてストーリーはあるのか?スタッフロールが唐突に流れてきた時には、思わず「何だこれ」とつぶやいていたよ。

まず画面暗すぎ。見逃したくないんで、半分くらいは暗い画面との格闘だった。特に停電?(電気が消えるシーン)長すぎてDVD壊れたかと思うほど。暗闇で目を凝らしてる最中に絶叫したりするもんだから、かなりのけぞったよ…

設定も、下手すりゃシュールなコメディになりかねない。真面目な顔して「ミイラ預かって下さい」だもんね。
「何だそれ!」「預かるんかい!」と突っ込み入れまくり。やれやれ。

ただ、途中途中に(ホラーとして)秀逸なカットがあるんですよね。擦りガラスの向こうの中谷美紀は人間と分かっていても怖い。ラストのイナバウアーとか。そこに価値を見出さない限り、トンでもない駄作と評価されてもいたしかたない作品でしょう。
恋愛要素いらないから、身の毛もよだつホラーを作って欲しいもんです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

主題は永遠という名の恐怖。 ネタバレ

投稿日:2007/07/29 レビュアー:tomio

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

女性作家・春名礼子
大学教授の吉岡
語られる愛や紙の上の作り事は所詮
幻の様に消え去る一瞬のメロドラマ。
人を殺め、人が死に、死人の怨念だけが
永遠 と呼べる唯一の存在である。

黒沢清、裏切りを有難う。 

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全82件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:82件

B 正統派ホラー

投稿日

2012/01/08

レビュアー

かづしげ

死人が口をきくんじゃないッ

投稿日

2008/10/11

レビュアー

夜子

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原稿に向かうとチェーンスモーカーになり、時おり激しく咳き込みつつも喫煙を止めない、止められない。そうやって緩やかに死に向かいつつも、いつもどこかで道連れを探している新進の芥川賞作家礼子。孤独で生活感のない彼女の周囲にいるのは担当編集者の木島だけだが、ただ機械的に執筆を促すばかり。
時おり襲う咳の発作に身をよじり苦しむ玲子が吐くのは大量の泥。それも現実なのか幻想なのか。
締め切りが差し迫る頃、そんな彼女が転地を言い出すと木島が山間の古い木造の洋館を紹介する。

その頃から礼子の脳裏をひとつの光景がよぎる。深い樹々に囲まれた恐ろしくまた美しい絵画のような沼。そして霧に覆われた湖。

一方、ミイラに執り憑かれた男が見つめているのは童女のような顔立ちながら、魔性の潜む隣人亜矢だった。その女はある日、男と諍いをし殺されるが、吉岡が触れようとするとそれはのろのろと起き上がり、こう言った。

あなた、アタシを救いに来たの?
じゃあ救ってよ。救ってよアタシを。 ほら、早く。

2人の運命は今、交わろうとしている。その山間の古びた洋館で。

安達のシーンは繰り返し見てしまった。身長が倍もあろうかというトヨエツがたたらを踏むほど気迫で押すシーンは思わず、いよッ!祐実ちゃん!と掛け声したいほど。起き出すシーンは微エロにして妖艶。主人公の中谷に肉感が無い分、同じく細くてさらにちっちゃいのにこの圧倒的な肉感はなんなんだろう。

中谷美紀の礼子とトヨエツの吉岡だけがまるで切り取られたように幻想の中を浮遊する。
その傍らで、西島秀俊の木島は、美貌と知性を兼ね備え自分にだけ服従する女性作家を世に送り出す編集者という妄想に取り憑かれ緩やかに狂っている。
またトヨエツの同僚学者の大杉漣もミイラ公開イベントの開催に余念がないリアルの側だが、1000年前のミイラが上がったその日から金縛りに悩んでいるという。
最近ようやく陽の目を見た連ドラ「相棒」で薫ちゃんの嫁さん役鈴木砂羽も女編集者として登場するリアルの側の登場人物で、泥の役割や殺人事件などという極めて明解なキーワードを与えてくれる。

写り込みと亡霊、暴風の中の穴掘りはお約束。今回楽しんだのはその周辺。
まず洋館の近くにある焼却炉。数メーターはあろうかというデカイ鉄板に廃棄物を載せて、がごんと返すとまず箱状の奈落に落ち、それを大型のプレス部分がその奥にある燃焼部分に押し運び燃やされる。燃焼部分は常に高温で、廃品は運ばれてる途中、近い部分から次第に燃え始める。
こんな焼却炉、子供が落ちらたひとたまりもないわけだけど、それが何の囲いや屋根もなく野ざらしで、礼子はゴミ袋を下げ、つっかけ履きでとことこ出かけてはゴミとともに様々なモノを燃やし続ける。

あとあれはなんという仕組みなのかな?湖から何かを引き上げるための滑車の仕組み。それは焼却炉とは真逆で、過去や木箱や禁忌などなどさまざまなものを引き上げて曝し上げ続ける。

造形がすごくがんばってて、1000年前の身分高貴だったはずのミイラの面立ちもよかったし、骨盤から逆折れした死体もよかった。どれも埋められてから、沈められてから、空気に触れてからの時間経過が判るくらい肌感もよく表現されてたと思う。
考古学者が掘り出す仕草がどんな時でも発掘っぽいのは可笑しかった。

「降霊」ではまってから機会があれば見ている黒沢監督だけど、根幹はもしかして単純でそれを故意にものすごぉく解かり難くすることで、本当はまったく別なところに目を凝らしてもらいたいんじゃないかと思えたりもする。そんな監督作をいつもあーでもないこーでもないと考えてくれる観客は本当に親切だなぁとつくづく思う。

ミイラの横恋慕

投稿日

2008/07/21

レビュアー

ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

では、ないでしょうか。または『帰して頂戴よ生贄 by 沼』でもいいかな。家の奥さんは『恐怖の科学者・ミイラの実験』説を唱えてました。
結局のところ正解は不明。まあ、どうでもいいや面白かったから。

ストーリー的には破綻度が、前に観た「ドッペルゲンガー」より進行してますね。まあその破綻は、粗というか映像の空気感を追及するために意図的にやってるのでしょうが、過剰演出ともいえるのでしょうか。しかしこの雰囲気には堪能させられます。
安達祐実の現れては消える、チョットだけよが段々あからさまになる描写はしっかりしたホラー(窓ガラスの手の痕の細かい細工には驚嘆)を示します。何か一癖ありそうな西島秀俊が、いきなり正体を現す様と顛末には、2転3転するミステリーの謎解きの楽しさを物語に付与します。そして中核を成すのは、泥を吐く中谷美紀とミイラの虜の豊川悦司とそのミイラの、三角関係の恋愛ストーリー。あのいきなりの嵐の中に響き渡るBGMで盛り上がる2人の抱擁シーンは、絶対邦画では観られない、恋愛感情の露出だとびっくりしました。
そして愛し合う2人は、邪魔者を始末し永遠の愛を誓おうとした矢先・・・と、いうお話なのだと思い込むことにしました。

またも本作でも示そうとしたホラーと他分野との融合、それはジャンルとしての舞台設定の拝借ではなく、溶け合い混じり合せようとする試みで、それによって生まれる重層感は、少し恋愛ムードが勝ち過ぎだったかもしれません。

先達の皆様の仰る映像テクニック云々は、知識の無い私にはよく分かりませんが、本作の底辺で蠢く何かが伝える面白さや新しさが、言われていることなのかと感じました。
中谷美紀の二の腕にも感嘆の、★3.3個。

うーーーーーむ……………

投稿日

2007/08/14

レビュアー

カイジュウ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うーーーーーむ……………
黒沢清監督の描くホラー(特に心霊的な表現)は好きで、この作品も擁護したいんだけど、どうも………
何が言いたいのか、さっぱり分からない。はたしてストーリーはあるのか?スタッフロールが唐突に流れてきた時には、思わず「何だこれ」とつぶやいていたよ。

まず画面暗すぎ。見逃したくないんで、半分くらいは暗い画面との格闘だった。特に停電?(電気が消えるシーン)長すぎてDVD壊れたかと思うほど。暗闇で目を凝らしてる最中に絶叫したりするもんだから、かなりのけぞったよ…

設定も、下手すりゃシュールなコメディになりかねない。真面目な顔して「ミイラ預かって下さい」だもんね。
「何だそれ!」「預かるんかい!」と突っ込み入れまくり。やれやれ。

ただ、途中途中に(ホラーとして)秀逸なカットがあるんですよね。擦りガラスの向こうの中谷美紀は人間と分かっていても怖い。ラストのイナバウアーとか。そこに価値を見出さない限り、トンでもない駄作と評価されてもいたしかたない作品でしょう。
恋愛要素いらないから、身の毛もよだつホラーを作って欲しいもんです。

主題は永遠という名の恐怖。

投稿日

2007/07/29

レビュアー

tomio

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

女性作家・春名礼子
大学教授の吉岡
語られる愛や紙の上の作り事は所詮
幻の様に消え去る一瞬のメロドラマ。
人を殺め、人が死に、死人の怨念だけが
永遠 と呼べる唯一の存在である。

黒沢清、裏切りを有難う。 

16〜 20件 / 全82件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

LOFT ロフト