博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

273

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 4人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:273件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全273件

いまさら、「この映画かよ」と思うべからずwネタバレ

投稿日:2007/12/18 レビュアー:ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何故、こんなに評判が良い映画を先送りにしていたかと言えば、

私の「寺尾聰嫌い」に因るところが大きい。

彼は全く演技をしなくなってしまっていた。

「ナチュラル」な演技を「リアリティー」のそれであると勘違いしていると私は思っていた。過去型にしたのは今回の映画の中では実にしっかりと必要な演技をしているからだ。

監督の小泉さんが執拗に演技指導したに違いない。それが功を奏している。
だから過去型にしたのだ。

話は80分しか記憶の維持が出来ない数学者と(寺尾聰)その家政婦(深津絵理)、その息子(吉岡秀隆・・・子役がいるのですが名前を調べる気もないぐらいヘタです。吉岡君に似ているというだけで出演しています)の人間模様だ。

博士は義理の姉(浅岡ルリ子)と過去に過ちを犯している。
それは肉体関係なのか、精神的な恋愛感情なのか・・・もちろん
後者の方が罪深いと思うのだが・・・そんな過去を背負った人々のふれあい、絆が画かれている。

冒頭にも触れたが、寺尾聰が実に良い芝居をしている。
涙は出なかったが、余りにも素晴らしいので2005年ものの、
シャトーラリーを(ボルドー地方のビンテージワイン)飲んでしまったw

監督も素晴らしいが、キャメラマンの上田正治さんも素晴らしい。黒澤組だった事もうなずける。

orthodoxなカメラワークだが、そんじょそこらの若手には出来ない。拍手ものだ!

原作が人間模様を深く書き込んでいることもこの作品の重大要素であることは言うまでもない。

寺尾聰がこの演技を続けてくれることを切に願うものである。
深津絵理は「ハル」以来、パットしない女優に成り下がってしまっていたが、今回は才能を遺憾なく発揮している。
吉岡秀隆は「北の国から」「男は辛いよ」から何にも変わってない。「3丁目の夕日」では素晴らしい演技をしているので、「リアリティー」を追求して欲しい。「自然な演技」に誰も金を払おうなんて思いやしない。
必見98点ご家族でどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キャッチボールが・・・ネタバレ

投稿日:2006/09/17 レビュアー:スターダスト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主要な登場人物たちが美しい風景を眺める場面。何度も挿入されています。それぞれ哀しさや苦しみを孤独に耐え忍び、風景を通して静寂な自己の心の世界を見つめていると感じさせます。

彼らは日常を重ねるごとに擬似家族として絆が深まっていき、それぞれの喪失感を乗り越えていく。ラスト・シーンの海辺のキャッチボールが鮮明に映るのは、彼らのあふれ出る喜びがこちらにも伝わってくるからであろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

わざわざ探したのかな。

投稿日:2006/09/02 レビュアー:hinahinahina

√の子役が微妙に吉岡秀隆に似ていたような・・・。
記憶が80分しか持たなくても博士と家政婦親子の関係は、他人なのにそうと思えないイイ関係でした。
あと、浅丘ルリ子が絶妙にいい味出してたと思います。(細くて眼が大きいのが怖いけどね。)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

さわやかな風が吹くネタバレ

投稿日:2006/08/11 レビュアー:KEE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最近、この記憶喪失ものっていうのが本当に多い。
80分しか記憶がもたない博士。

「メメント」から始まって、記憶ものを散々みてきたけど、「50回目のファーストキス」に一番近いのかな。
周りがとっても暖かい。
でも、博士は「僕の記憶は80分しかもたない!!!」というメモを洋服に貼っている、というところが大きく違うかな。

博士の一言一言が深く美しい。
こんな風に考えられたら、なるほど数学を美しいものととらえることが出来る。

ルートが賢く優しい。
この齋藤隆成 くんが本当によい。
とっても素敵な母と息子。
「博士を悲しませることは絶対にしない」とふたりで約束して、博士の毎日を楽しいものに変えていく。
こんな素敵な息子がほしい!と思った。
シングル・マザーの家政婦を深津絵里が好演。

寺尾聰 は、もう、言うことないです。
大人になったルートが数学教師になった吉岡秀隆。
こんな先生の授業を私もうけたい!

浅岡ルリ子、一体いくつなんだろう。。。この地味な映画の中でひとりだけ凄かった。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ネタバレ

投稿日:2006/07/12 レビュアー:ぴぐぽぐ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作と違って、成長したルートが、高校の数学教師となって、生徒に語る形ですすむ、愛と笑いと哀しさにあふれたお話です。
こんな先生がいたら、だれも数学ギライにならないでしょうね。

特別な事件らしい事件は何も起こらないけれども、じわっと感動します。
良いです。心のささくれてるときに見ると癒されるかも。

博士の住む離れのインテリア、たたずまいが素敵だった。
どこの景色なのか、素晴らしい桜、滝、山並み。

ただ、未亡人が子供を失ったというエピソードは、なんか生生しくて、なくても良かったのではと思いました。
それから、浅丘ルリ子の、ものすごい濃いメイクと爪にはどうしても最後まで違和感がありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全273件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる