1リットルの涙

1リットルの涙の画像・ジャケット写真

1リットルの涙 / 大西麻恵

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「1リットルの涙」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

木藤亜也は中学3年のある日、通学途中に転んで下あごを強打してしまう。不自然な転倒の仕方を気に掛ける医者の勧めで、母の潮香は設備のある病院で亜也の検査をすることに。その結果、亜也が“脊髄小脳変性症”という病気であることが判明する。担当の山本紘子医師によると、それは原因不明の難病で、現代の医療では治療法がない不治の病であり、悪くなっても決して良くはならないという。それでも亜也は、目指していた進学校の県立豊橋東高校にみごと合格、高校生となる。山本医師の勧めで日記を付け始めた亜也だったが、病状は日に日に進行していた…。

「1リットルの涙」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: 日本

「1リットルの涙」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 田中貴大山本文太
原作: 木藤亜也木藤潮香
撮影: 中村隆信
音楽: RIKU

関連作品

関連作品

嵐の勇者たち

ザ・中学教師

ファイナル・ジャッジメント

地方記者・立花陽介

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全35件

感動の一作でした

投稿日:2006/10/17 レビュアー:puripuri

こういう病気があることも始めて知りましたし
それに打ち勝つべく必死に生きる人や支える人たちが居る事に感動しました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1リットルの涙

投稿日:2006/09/01 レビュアー:SHINPEI

【映画ご意見番評価】7段階評価 0:見るに耐えない、1:最悪、2:やや不満、3:普通、4:やや満足、5:「えがったー!」、6:「もう一回見てみたい!・・・この映画の評価は『3』

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

よく生きたと思う、よく支えたと思う

投稿日:2006/04/21 レビュアー:らてらるろっと

当たり前ではあるが当たり前ではない。こんな生殺しにされるような病気が存在するなんて、辛くてたまらない。他人でもこれほど辛いと思うのだから、亜也さんも家族の方もどれだけ泣いただろう・・・テレビドラマを見て、かなり演出された内容だと思ったが、号泣して見ていた。その後でこの作品の事を知り、レンタルしました。こちらの方がとてもさばさばと作られており、心がまた泣きました。亜也さんが淋しくなって公衆電話にカードを差し込むものの、ボタンを押せないシーンがたまらなかった。人はなぜこんな苦しみを受けるのだろう・・・なぜあんな病気が在るのだろう・・・

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

生きてるって素敵!!

投稿日:2006/02/20 レビュアー:ミッチー

TVの方も少し観たけど、この映画のヒロインの女の子の演技がかなり上手い!!ストーリーも感動しました。。。病気になっても前向きに生きていこうと頑張っていた亜也の姿を観てると、自分も頑張らないとなって気持ちになりました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

強さ

投稿日:2010/06/09 レビュアー:KIKI

心の強さを感じました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全35件

1リットルの涙

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

感動の一作でした

投稿日

2006/10/17

レビュアー

puripuri

こういう病気があることも始めて知りましたし
それに打ち勝つべく必死に生きる人や支える人たちが居る事に感動しました。

1リットルの涙

投稿日

2006/09/01

レビュアー

SHINPEI

【映画ご意見番評価】7段階評価 0:見るに耐えない、1:最悪、2:やや不満、3:普通、4:やや満足、5:「えがったー!」、6:「もう一回見てみたい!・・・この映画の評価は『3』

よく生きたと思う、よく支えたと思う

投稿日

2006/04/21

レビュアー

らてらるろっと

当たり前ではあるが当たり前ではない。こんな生殺しにされるような病気が存在するなんて、辛くてたまらない。他人でもこれほど辛いと思うのだから、亜也さんも家族の方もどれだけ泣いただろう・・・テレビドラマを見て、かなり演出された内容だと思ったが、号泣して見ていた。その後でこの作品の事を知り、レンタルしました。こちらの方がとてもさばさばと作られており、心がまた泣きました。亜也さんが淋しくなって公衆電話にカードを差し込むものの、ボタンを押せないシーンがたまらなかった。人はなぜこんな苦しみを受けるのだろう・・・なぜあんな病気が在るのだろう・・・

生きてるって素敵!!

投稿日

2006/02/20

レビュアー

ミッチー

TVの方も少し観たけど、この映画のヒロインの女の子の演技がかなり上手い!!ストーリーも感動しました。。。病気になっても前向きに生きていこうと頑張っていた亜也の姿を観てると、自分も頑張らないとなって気持ちになりました。

強さ

投稿日

2010/06/09

レビュアー

KIKI

心の強さを感じました。

16〜 20件 / 全35件