ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全203件

お試しアレ 字幕なしバージョン

投稿日:2004/12/22 レビュアー:レビュアー名未設定

この映画ってのは本来ならば英語を話す外人さんが日本語を話せないことを前提に、一切の字幕無しの状態で観賞するのがベストなんだそう。だからこそ観客はビル・マーレイやスカーレット・ヨハンソンと共に劇中世界を疑似体験できるというわけ。・・・ってことはだよ、日本人が字幕と日本語セリフで全ての会話を知った上で観ているってのは、なんだか少しズレてないか?

だから?逆疑似体験やってみた。日本人の私が一切の字幕を出さずに観る。CM撮影シーンのギクシャクしたやり取りもなんだか判り易いという不思議感覚。意思疎通のはかれないもどかしさを完全に第三者・傍観者としてのスタンスで観れる。外人からすれば、日本語も街のノイズも同じ音にきこえるんじゃないかと。

さて観終わって我思うに、、、同じ日本語を喋る世界にいながらも 「ここって自分の住んでいる世界とは違う」 という違和感を感じることってなかったか? そうだな、田舎から都会に出て行って最初に夜の街なんか一人で歩いた時なんか似ているといえば似ているような気がするよ。

ゲーセンの雑音。カラオケも騒音。飲み屋は喧騒。

居心地の悪さ。人がいるのに孤独感。人ごみの中の疎外感。

この映画に使われているサントラが”メランコリック・ノイジー・サウンド系”で、BGMもそういった心を上手く表す選曲だったと思う。「東京を音楽にするとこうなるんだ。」とも言えるソフィアのセンスには好評価与えましょう。

なんてったって、スカーレットト・ヨハンソン。下着姿は目の保養。雨の渋谷も絵になった。ビル・マーレイとの退屈からエスケープ・デートはローマならぬ『東京の休日』。そっかぁ、これって実はデートMOVIEだったんだ。最後は俺も抱きしめたくなっちまったい!

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

日本をばかにするなよう。

投稿日:2008/05/07 レビュアー:takako

最近、実はこのホテルに係わり合いを持った。
よく知りたいと思ったので見てみた。

なんだ、これ?

自己の喪失映画を作るなら、何も日本のこの真中でやらなくてもいいんじゃない?
日本に来たくないなら来なければいい。
他の国だってアメリカとはずいぶん違うでしょ。
日本がアメリカ人にへこへこしないから?アメリカ人と対等に立とうとしているから?
こういう自己探求の映画は他の国で作ってくれればいいのに。

やな感じ。

と、正直思った。
あの高級ホテルで立場が守られていて、そしてちやほやされて、
さらに何が欲しい?
外国というちょっと特殊な環境、そこでちやほやされたがる人々に
自国で成功している人はいない。
これが私の持論です。

「日本を理解しようとする人々に、日本人をこうだと定義したがる人がいる。私はそういう学者さんたちを不憫に思ってならない。なぜなら私たちにきっぱりとした定義は当てはまらないし、すべてが移ろいゆく季節のようにあいまいな境界線を保持しつづける文化なのだから。だれにも私たちを定義できない。それが日本人というものだ。」

とどこかの本で読んだ。私もそうだと思う。韓国や中国と比べれば、似ているところもあるかもしれない。西洋の服を着て、この東京にいると擬似西洋を体感しているようだけれど、それでも私たちはアメリカやヨーロッパとは比べようがない。なぜなら私は日本人なのだから。

こういう人たちには早々に帰国してもらいたい。でなければ、マシューのように間違った日本人像がどんどん広まってしまうではないか。

そして正面玄関でタクシーをまわしている役者さん、

下手くそすぎます!!!!


でもホテリエ裏方的に言うと、こういう内部事情的映画はじゃんじゃん作って欲しい。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

孤独と孤独の交差

投稿日:2007/12/03 レビュアー:ビンス

この映画は特になにも起こりません。ただ東京での外人二人の孤独の物語です。
ただただ渇いてる。人は結局一人で孤独だということがイヤというほど伝わる。惹かれあう二人も本質的には一人だということが・・・。俳優が日本でCMの撮影するシーンがスキ。もう通訳がデタラメ!日本人のいうことを全然その通り訳さない!ハリウッド俳優に気をつかって簡潔に柔らかくしか伝えないから、結局NG連発になるし俳優にしたらいいことナシ。ストレスたまるし、言ってること解らないし。こっちの言ってることもうまく伝わらないし、でもギャラはイイし、自分は最近落ちぶれてるしで悲しく切なくまさに孤独ってシーンね。
ほんと日本人って差し障りないとこをスイスイ泳ぐ人種なのだねぇ。特技だね。
気分があがることはナイと思います。
スカーレット・ヨハンソンは相変わらずカワイイけど。
この情報化社会で理解できる情報もなく異国の地で一人だったら、結構キツイんじゃないか、溢れる情報に慣れてしまった人間はある意味弱くなってる気がするね。自分たちで自分にある力を封印してる感じかなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

日本てこんな感じ?

投稿日:2006/03/30 レビュアー:おうち大好き

つまらない。
私の理解不足なんでしょうね。
最初は普通に観ていましたが、途中で早送りしてしまいました。
エレベーターの中の留袖の女性、左あわせに着付けされていました。そんな事が気になるぐらい映画に集中出来なかった。

それとビル・マーレーを見ているとどうしてもゴーストバスターズを思い出してしまう。
「早くあの白い服に着替えてゴーストを退治しに行って〜〜」

マシューもいつもは面白いのに、この映画では、ただのうっとうしい勘違い日本人に映っていた。

もう早く返却してしまおーと

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

背景や物質ではなく『気持ち』が効果的に描かれた映画だと思う。ネタバレ

投稿日:2007/09/14 レビュアー:花ちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何か大きな理由があるかないかに関わらず長年人間やってればとても辛かったり、孤独だったりすること、、、あります。多分一緒に暮らしている人にも、仲の良い友人にも気づいてもらえないこと、、、、あります。思わず一人泣いてしまうよね。人に知られて気遣われるのが憂えてしまうほど元気が萎えていることもあるでしょう。辛い時期を越えてまた日常に戻ったときに、やっと人に話せて解かってもらえることもあれば自分で解決済みにしてしまうこともあるでしょう。でもそのときの自分の孤独感はいつまでも忘れられず心に残っている。そんなパーソナルな孤独を描いた映画だと受け取りました。

その舞台がたまたま異国の地、東京であった。とてもフレンドリーだったり礼儀正しい日本人だけど、何考えてるのかわからない、もしかしたら何も考えてないんじゃないかみたいな人間たちで、寂しい二人にとっては周囲の雑音のよう。色々場面が変わり、日本人以外にはものめずらしく面白いでしょうが、そんな背景的、物質的なものではなく、また、口に出して寂しいといわなくてもそんな『気持ち』を効果的に描いた映画だと思います。窓の淵に座る姿なんてね。そう勝手に共感して納得したので私にとって好きな作品になりました。

年増のコールガールがリップマイストッキング!(でしたっけ?)には声をだして笑ってしまいましたが、まんざら冗談ではないとエイちゃんさんのレビューで教わり勉強になりましたです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる