1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. ヴァージン・スーサイズ

ヴァージン・スーサイズ

ヴァージン・スーサイズの画像・ジャケット写真

ヴァージン・スーサイズ / ハンナ・ホール

全体の平均評価点:(5点満点)

113

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ヴァージン・スーサイズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

美しくてかわいく、それでいてどこか謎めいたところのあるリズボン家の5人姉妹。ヘビトンボが、美しい郊外の街を覆いつくす6月、そんな5人姉妹の末妹セシリアが聖母マリアの写真を胸に抱きながら、剃刀で腕を切った。一命はとりとめたものの、彼女は数日後、自宅で開かれたパーティーの最中、窓から身を投げて命を落とす。繊細でかつ危うさを秘めた思春期の少女達の揺れ動く心情を、巨匠・F・コッポラの娘にしてこれが監督デビュー作のソフィア・コッポラが瑞々しいタッチで描いたドラマ。

「ヴァージン・スーサイズ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

アメリカ

原題:

THE VIRGIN SUICIDES

「ヴァージン・スーサイズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

デッド・ヒート・コネクション

カジノ

ゴッドファーザー PART III

マイ・デンジャラスビューティー

ユーザーレビュー:113件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全113件

うわ・・・なんだろ、コレ・・・・。ガーリーだけどドギツイ。

投稿日:2013/11/08 レビュアー:MM3

ソフィアコッポラ苦手意識克服しようと思ったけど
やっぱり私は今のところ見たものでは相性が合わないというか
どうも、自分には向かないっぽい。

このガールズムービー的なテイストながら
猛毒のようなキツさを放つ感じは意外と好きなんだけど
なにせ、ストーリーが・・・・
投げっぱなしというか、
そもそも、そこに起承転結がなくひたすら登場人物を追う感じ。

原作は「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」という小説だそうだけど未読。

そのタイトルだけでも気になってしまう内容。

美しい5人姉妹の末っ子ラックスがある日突然自殺未遂。
そこに明確な理由なく「自分を消したかった」ということのみ。

一命はとりとめたものの、
意気投合し、体を許した男の子に
そのすぐ後冷たくされてしまう。

その後とったラックスの行動。

この悲劇のあっけない描き方にまずビックリ。

これだけの大きな山場ではありますが
コッポラさん、そこはさらっと流すのですよね・・・・

そしてその後もガールズムービーの雰囲気のままいくわけですが
もっとスゴイ結末用意してるし・・・・

「Suicide」ってタイトルにつくから
そこそこそういう内容は予想してたけども、
どこか明るい映画をも期待してしまう雰囲気。

そんな中でのショッキングな終盤に唖然でした。

それも、明確な理由なんてわかりません。

親への反抗でしょうか?


それとも、こういう年頃の女の子は
ほんとにつかみどころがなくて
気づかぬうちに悲劇を迎えるかも・・
みたいなことを描いてるのかな・・・?

ショッキングだけど、淡々としすぎて
リアクションに困る映画でした。

ほんと「唖然」という言葉が一番しっくり来ます。

あと、これ今見るとキャストがすごい豪華ですね。

まずお母さんが、「シリアルママ」のキャスリーン・ターナー

キルスティン・ダンスト、
A・J・クック
ジョシュ・ハートネット
ヘイデン・クリステンセン

そして、ナレーター にジョヴァンニ・リビシ

ジョシュハートネットなんて、かわいいっていうか(笑
そして、キルスティンはこの頃すでに今とあまり変化ないんですね。
これより前は失礼ながらあまりかわいいとは思えなかったんだけど
このあたりから垢抜けてきたのかな〜????

いやー、苦手意識は抜けませんでしたが
印象には残る映画でした。



このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

キルスティンダンスト可愛い!!

投稿日:2008/06/14 レビュアー:もりもり

ってのが最初の感想です。
作品によってこうも顔が違く見えるんですね。
スタイルいいしめちゃくちゃ可愛い。


思春期真っ盛り!の少年たちの視点でストーリーは展開していきます。
彼らにとって、あの美しすぎる少女たちに心奪われていた期間はキラキラと輝いていた。
少女たちにどうにか近づきたい、どうにか話したい、どうにか誘いたい…女心なんて分からない少年たちが興奮しながら少女たちをいつも追いかけている。
特にあんな繊細な美人姉妹の心なんてもんは余計理解しがたいでしょうけど。

そんな風に彼らの毎日はキラキラであふれていた。
それが突然終焉を迎える。
少女たちの自殺という形で。

数年後の少年たちはそれぞれ新たな恋を探し、普通の生活をすごしている。あのキラキラ時代は思い出となり、少しずつ風化していく。

「ロストイントランスレーション」にも同じものを感じましたが、
この「ヴァージンスーサイズ」のほうがよりキラキラしていました。
この不安定な思春期がテーマだからでしょうね。
妄想が先走って、目の前のこと以外見えなくなって、考えるのは男の子(女の子)のことだけ。規律とか親との約束を破ってみたい、悪いことしたい、盗んだバイクで走り出したくなるような(笑)
彼らの世界はとても狭いもの。自分の住んでる町と学校だけ。そんな小さな世界でもこんなにもドキドキできる。もっとも、その小さな世界はかれらにとって「すべて」なんですけど。
少女たちの自殺は少年たちにとってみれば唐突で衝撃的なものだったけど、やっぱり他人の死である。
いずれ、その衝撃も和らぎ、懐かしい思い出話になっていく。

少年たちの視点から描いていた理由はこれですね。
美人姉妹視点で描かれてしまえば、自殺を遂げた時点ですべて終わり。
でも問題は姉妹の自殺ではなくって、(少年たちの)長い人生の道のりの一瞬の輝き。その後にも先にも彼らの人生は続くんです。自殺はその「美しすぎるキラキラの終わり」を表しています。



この感覚はこの年代特有のもの。
私もこんなキラキラ体験したかったなぁ。。。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

生きる

投稿日:2008/05/31 レビュアー:ビンス

極上のムージックをバックに少女たちがバッタバッタと自殺していきます。少女ではないし女性でもない僕は頑張ってみたものの、少女たちの気持ちを理解することができませんでした。基本、自殺なノーグッドなのでたとえ美しかろうが儚げだろうが受け入れられません。
悲しさを抑えて勤めて美しく明るくソフィア監督は描いてたけど。
これはやはり女性向けであり、映画の主人公と同年代の人むけであり、一度でも同じ気分を味わった事がある人むけなんでしょう。
何で死ぬの?エンドマークついたらもうどうにもならないのに。
僕の中では一貫してそう思って生きてきたのでこの映画を観た当時しかり、昨今の自殺者のニュースを見るといつも疑問でしょうがありません。この映画の少女たちや同じ問題を抱える人たちには僭越ながらクレイジーケンバンドのアルバム「SOUL電波」に収録されている「生きる」をオススメします。「生きる」・・イイネ!


ソフィア監督は「雰囲気の達人」であり「選曲の達人」でもあると思います。この映画も雰囲気は非常にステキです。選曲なんか「女性ならソフィア」「男性ならタランティーノ」です、僕の中で。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョシュのヅラが・・・・・ ネタバレ

投稿日:2007/06/18 レビュアー:Loge

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

じょじょじょ、ジョシュ、皆の憧れなんですよね?
若い者の考える事はよくわかりませんが、そのオカッパちゃんは一体!?

少女の危うさ、痛いまでの透明感、を堪能する以前に、ジョシュのステキすぎるヅラにノックアウト必至でしょうか。ううう
(こんな文ですいません)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

気味悪い!

投稿日:2006/08/08 レビュアー:ジャスミンティー

よくわかりません!気味悪い!
キルスティン・ダンストが出てるので借りたけど…
つまらなかったし…
結構、有名人がたくさん出てました。
得したと感じたのはそれぐらい!
借らなきゃよかった感が残りました。
最後は悲劇?かな。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全113件

ヴァージン・スーサイズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:113件

うわ・・・なんだろ、コレ・・・・。ガーリーだけどドギツイ。

投稿日

2013/11/08

レビュアー

MM3

ソフィアコッポラ苦手意識克服しようと思ったけど
やっぱり私は今のところ見たものでは相性が合わないというか
どうも、自分には向かないっぽい。

このガールズムービー的なテイストながら
猛毒のようなキツさを放つ感じは意外と好きなんだけど
なにせ、ストーリーが・・・・
投げっぱなしというか、
そもそも、そこに起承転結がなくひたすら登場人物を追う感じ。

原作は「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」という小説だそうだけど未読。

そのタイトルだけでも気になってしまう内容。

美しい5人姉妹の末っ子ラックスがある日突然自殺未遂。
そこに明確な理由なく「自分を消したかった」ということのみ。

一命はとりとめたものの、
意気投合し、体を許した男の子に
そのすぐ後冷たくされてしまう。

その後とったラックスの行動。

この悲劇のあっけない描き方にまずビックリ。

これだけの大きな山場ではありますが
コッポラさん、そこはさらっと流すのですよね・・・・

そしてその後もガールズムービーの雰囲気のままいくわけですが
もっとスゴイ結末用意してるし・・・・

「Suicide」ってタイトルにつくから
そこそこそういう内容は予想してたけども、
どこか明るい映画をも期待してしまう雰囲気。

そんな中でのショッキングな終盤に唖然でした。

それも、明確な理由なんてわかりません。

親への反抗でしょうか?


それとも、こういう年頃の女の子は
ほんとにつかみどころがなくて
気づかぬうちに悲劇を迎えるかも・・
みたいなことを描いてるのかな・・・?

ショッキングだけど、淡々としすぎて
リアクションに困る映画でした。

ほんと「唖然」という言葉が一番しっくり来ます。

あと、これ今見るとキャストがすごい豪華ですね。

まずお母さんが、「シリアルママ」のキャスリーン・ターナー

キルスティン・ダンスト、
A・J・クック
ジョシュ・ハートネット
ヘイデン・クリステンセン

そして、ナレーター にジョヴァンニ・リビシ

ジョシュハートネットなんて、かわいいっていうか(笑
そして、キルスティンはこの頃すでに今とあまり変化ないんですね。
これより前は失礼ながらあまりかわいいとは思えなかったんだけど
このあたりから垢抜けてきたのかな〜????

いやー、苦手意識は抜けませんでしたが
印象には残る映画でした。



キルスティンダンスト可愛い!!

投稿日

2008/06/14

レビュアー

もりもり

ってのが最初の感想です。
作品によってこうも顔が違く見えるんですね。
スタイルいいしめちゃくちゃ可愛い。


思春期真っ盛り!の少年たちの視点でストーリーは展開していきます。
彼らにとって、あの美しすぎる少女たちに心奪われていた期間はキラキラと輝いていた。
少女たちにどうにか近づきたい、どうにか話したい、どうにか誘いたい…女心なんて分からない少年たちが興奮しながら少女たちをいつも追いかけている。
特にあんな繊細な美人姉妹の心なんてもんは余計理解しがたいでしょうけど。

そんな風に彼らの毎日はキラキラであふれていた。
それが突然終焉を迎える。
少女たちの自殺という形で。

数年後の少年たちはそれぞれ新たな恋を探し、普通の生活をすごしている。あのキラキラ時代は思い出となり、少しずつ風化していく。

「ロストイントランスレーション」にも同じものを感じましたが、
この「ヴァージンスーサイズ」のほうがよりキラキラしていました。
この不安定な思春期がテーマだからでしょうね。
妄想が先走って、目の前のこと以外見えなくなって、考えるのは男の子(女の子)のことだけ。規律とか親との約束を破ってみたい、悪いことしたい、盗んだバイクで走り出したくなるような(笑)
彼らの世界はとても狭いもの。自分の住んでる町と学校だけ。そんな小さな世界でもこんなにもドキドキできる。もっとも、その小さな世界はかれらにとって「すべて」なんですけど。
少女たちの自殺は少年たちにとってみれば唐突で衝撃的なものだったけど、やっぱり他人の死である。
いずれ、その衝撃も和らぎ、懐かしい思い出話になっていく。

少年たちの視点から描いていた理由はこれですね。
美人姉妹視点で描かれてしまえば、自殺を遂げた時点ですべて終わり。
でも問題は姉妹の自殺ではなくって、(少年たちの)長い人生の道のりの一瞬の輝き。その後にも先にも彼らの人生は続くんです。自殺はその「美しすぎるキラキラの終わり」を表しています。



この感覚はこの年代特有のもの。
私もこんなキラキラ体験したかったなぁ。。。

生きる

投稿日

2008/05/31

レビュアー

ビンス

極上のムージックをバックに少女たちがバッタバッタと自殺していきます。少女ではないし女性でもない僕は頑張ってみたものの、少女たちの気持ちを理解することができませんでした。基本、自殺なノーグッドなのでたとえ美しかろうが儚げだろうが受け入れられません。
悲しさを抑えて勤めて美しく明るくソフィア監督は描いてたけど。
これはやはり女性向けであり、映画の主人公と同年代の人むけであり、一度でも同じ気分を味わった事がある人むけなんでしょう。
何で死ぬの?エンドマークついたらもうどうにもならないのに。
僕の中では一貫してそう思って生きてきたのでこの映画を観た当時しかり、昨今の自殺者のニュースを見るといつも疑問でしょうがありません。この映画の少女たちや同じ問題を抱える人たちには僭越ながらクレイジーケンバンドのアルバム「SOUL電波」に収録されている「生きる」をオススメします。「生きる」・・イイネ!


ソフィア監督は「雰囲気の達人」であり「選曲の達人」でもあると思います。この映画も雰囲気は非常にステキです。選曲なんか「女性ならソフィア」「男性ならタランティーノ」です、僕の中で。

ジョシュのヅラが・・・・・

投稿日

2007/06/18

レビュアー

Loge

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

じょじょじょ、ジョシュ、皆の憧れなんですよね?
若い者の考える事はよくわかりませんが、そのオカッパちゃんは一体!?

少女の危うさ、痛いまでの透明感、を堪能する以前に、ジョシュのステキすぎるヅラにノックアウト必至でしょうか。ううう
(こんな文ですいません)

気味悪い!

投稿日

2006/08/08

レビュアー

ジャスミンティー

よくわかりません!気味悪い!
キルスティン・ダンストが出てるので借りたけど…
つまらなかったし…
結構、有名人がたくさん出てました。
得したと感じたのはそれぐらい!
借らなきゃよかった感が残りました。
最後は悲劇?かな。

16〜 20件 / 全113件