ウルトラQの画像・ジャケット写真

ウルトラQ / 佐原健二

全体の平均評価点:(5点満点)

65

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ウルトラQ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

1966年からTBS系列で放映された、円谷プロのウルトラシリーズ第1弾。セリフの一語一句や不鮮明な映像をクリアに再現してDVD化する第7巻。第25話「悪魔ッ子」第26話「燃えろ栄光」第27話「206便消滅す」第28話「あけてくれ!」の4話を収録。

「ウルトラQ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1966年

製作国:

日本

「ウルトラQ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

デスカッパ

ウルトラセブンEVOLUTION〜ダーク・サイド〜

怪奇大作戦

劇場版 ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT

ユーザーレビュー:65件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全65件

サル、でかすぎねぇ!? ネタバレ

投稿日:2005/07/16 レビュアー:ikameshi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 巨大ザル誕生の秘密が旧日本軍の糧秣対策開発品であったり、火星からの贈り物が人間の驕りへの警告であったり、じっくりみると深いテーマを含んでいるのですね。

 面白かったのは第二話。障害をもった五郎青年の存在を描いたことだけでもヨシ。日本のコドモ番組って、こういう確実に存在する裏面的な人々をきりすてていますから。

 第一話で登場する古生物マニアの少年。この声って、サザエさんに昔出ていた三河屋さんの声に聞こえるんだけどご本人かなあ?

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

俳優陣にも注目

投稿日:2005/06/06 レビュアー:ほのぼの父さん

ウルトラQ・・・そりゃ懐かしいですよ。毎週日曜日の「タケダタケダタケダー」をどれだけ楽しみにしていたか・・。それでもって夜中に怖くてトイレに行けなくなったりしてましたが・・。

大人になってから見ると、意外な人が出ていることがわかります。2巻ではイデ、ハヤタ両隊員が出てました。あ、フジ隊員とタケナカ参謀はレギュラーですよね。別の巻ではイデ隊員が別の役で出てる他、科特隊はほぼ全員顔を見せてます。あとMAT隊長やSGM隊員、マナベ参謀や死神博士なんかも出てました。全巻見る予定の方は、探して見ても面白いですよ。
私はあとVol.1だけ見てません。もう二ヶ月ほど予約リストのてっぺんなのですが・・・所有枚数レベルを上げてください。
お願いしますm(__)m。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

よく覚えてます

投稿日:2009/11/11 レビュアー:赤線上のマリア

当時小学生だった私の記憶でも鮮明に覚えてます。もちろん家庭用ビデオなど無い時代なので、年の離れた兄とチャンネル争いを経て見ていましたね。今の技術水準に慣れてしまうと冗談みたいな特撮なのですが、一生懸命こしらえたという気持ちは伝わります。この当時小学生の方ならば、学校で語り合った日々、光景が甦ってきませんか?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

バルタン星人登場!?

投稿日:2007/08/25 レビュアー:シニソーヤ

 当時は怪獣人気で、いろいろなおもちゃが販売されていて、中でもユニークなのが、カネゴンの貯金箱というのがありました。この後のウルトラマンから駄菓子屋でも怪獣のピンナップ写真が売られていて、白黒のガラモンなどは、着色したカラーピンナップが販売されていました。
 「ガラモンの逆襲」に出てくる蝉人間(宇宙人)ですが、この後のウルトラマンでも頭にチョキの形をつけて、バルタン星人として再利用されます。次々に怪獣を作らなければならなかったので、以前使ったぬいぐるみを再利用していたそうです。
 「カネゴンの繭」を見られた方、この後、岩井俊二監督の「UNDO」(だったと思う)を見るとおもしろいですよ。豊川悦司が山口智子をぐるぐる巻きにして、まるでカネゴンの繭を作ちゃいます。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

今観ても面白い!

投稿日:2006/03/06 レビュアー:MYUU

再放送され、何回も観た作品です。
30分弱の話が4本、でも内容は濃いですね。
この時間の中に劇場映画が濃縮されています。だから緊張感があり目の離せない作品となってます。
また、各々の話の終わり方もいいですね。・・・?、〜〜ではないでしょうか、で終わり視聴者の無限の結末を与えます。だから余韻が残ります。
話の辻褄がおかしかったり、映像がチャチかったりしますが、それでも、映画人の気迫がドド〜ンと伝わってくる素晴らしい作品です。今観ても本当に面白いです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全65件

ウルトラQ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:65件

サル、でかすぎねぇ!?

投稿日

2005/07/16

レビュアー

ikameshi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 巨大ザル誕生の秘密が旧日本軍の糧秣対策開発品であったり、火星からの贈り物が人間の驕りへの警告であったり、じっくりみると深いテーマを含んでいるのですね。

 面白かったのは第二話。障害をもった五郎青年の存在を描いたことだけでもヨシ。日本のコドモ番組って、こういう確実に存在する裏面的な人々をきりすてていますから。

 第一話で登場する古生物マニアの少年。この声って、サザエさんに昔出ていた三河屋さんの声に聞こえるんだけどご本人かなあ?

俳優陣にも注目

投稿日

2005/06/06

レビュアー

ほのぼの父さん

ウルトラQ・・・そりゃ懐かしいですよ。毎週日曜日の「タケダタケダタケダー」をどれだけ楽しみにしていたか・・。それでもって夜中に怖くてトイレに行けなくなったりしてましたが・・。

大人になってから見ると、意外な人が出ていることがわかります。2巻ではイデ、ハヤタ両隊員が出てました。あ、フジ隊員とタケナカ参謀はレギュラーですよね。別の巻ではイデ隊員が別の役で出てる他、科特隊はほぼ全員顔を見せてます。あとMAT隊長やSGM隊員、マナベ参謀や死神博士なんかも出てました。全巻見る予定の方は、探して見ても面白いですよ。
私はあとVol.1だけ見てません。もう二ヶ月ほど予約リストのてっぺんなのですが・・・所有枚数レベルを上げてください。
お願いしますm(__)m。

よく覚えてます

投稿日

2009/11/11

レビュアー

赤線上のマリア

当時小学生だった私の記憶でも鮮明に覚えてます。もちろん家庭用ビデオなど無い時代なので、年の離れた兄とチャンネル争いを経て見ていましたね。今の技術水準に慣れてしまうと冗談みたいな特撮なのですが、一生懸命こしらえたという気持ちは伝わります。この当時小学生の方ならば、学校で語り合った日々、光景が甦ってきませんか?

バルタン星人登場!?

投稿日

2007/08/25

レビュアー

シニソーヤ

 当時は怪獣人気で、いろいろなおもちゃが販売されていて、中でもユニークなのが、カネゴンの貯金箱というのがありました。この後のウルトラマンから駄菓子屋でも怪獣のピンナップ写真が売られていて、白黒のガラモンなどは、着色したカラーピンナップが販売されていました。
 「ガラモンの逆襲」に出てくる蝉人間(宇宙人)ですが、この後のウルトラマンでも頭にチョキの形をつけて、バルタン星人として再利用されます。次々に怪獣を作らなければならなかったので、以前使ったぬいぐるみを再利用していたそうです。
 「カネゴンの繭」を見られた方、この後、岩井俊二監督の「UNDO」(だったと思う)を見るとおもしろいですよ。豊川悦司が山口智子をぐるぐる巻きにして、まるでカネゴンの繭を作ちゃいます。

今観ても面白い!

投稿日

2006/03/06

レビュアー

MYUU

再放送され、何回も観た作品です。
30分弱の話が4本、でも内容は濃いですね。
この時間の中に劇場映画が濃縮されています。だから緊張感があり目の離せない作品となってます。
また、各々の話の終わり方もいいですね。・・・?、〜〜ではないでしょうか、で終わり視聴者の無限の結末を与えます。だから余韻が残ります。
話の辻褄がおかしかったり、映像がチャチかったりしますが、それでも、映画人の気迫がドド〜ンと伝わってくる素晴らしい作品です。今観ても本当に面白いです。

16〜 20件 / 全65件