7月4日に生まれての画像・ジャケット写真

7月4日に生まれて / トム・クルーズ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

31

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

旧作

ジャンル :

「7月4日に生まれて」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

幾度となく題材に上げられているベトナム後遺症問題を、ロン・コヴィックの実話小説を基に]・ストーンがT・クルーズ主演で描いた問題作。1946年。7月4日のアメリカ独立記念日に生まれ、愛国心溢れベトナム戦争に参加した青年が経験する、挫折と苦悩の日々を描く。

「7月4日に生まれて」 の作品情報

作品情報

製作年:

1989年

製作国:

アメリカ

原題:

BORN ON THE FOURTH OF JULY

「7月4日に生まれて」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

レインマン

ファミリー・ピクチャーズ −家族の絆とは−

スネーク・ダイヴ

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

ユーザーレビュー:31件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全31件

義務とか正義とかヒーローとか誰に対するものなのか・・・

投稿日:2007/03/07 レビュアー:リュウ&トーイ&カイ

人を殺す事はいけないこと。誰でも知っていますよね。しかし戦争となればそれが許される。そして敵をたくさん殺せばヒーローになる。自国の正義があれば相手国の正義がある。しかしおかまいなしに殺しあう。国民は国家のために戦争に行く義務がある。それは本当ですか?正しくても間違っていても戦争に行かなければならないのですか?ある偉い人は、人は「国家と信仰と家族」があれば生きていけると言っていた。信仰一つをとっても戦争の原因になっているのに、それは本当ではありませんよね。自己満足の世界とか独裁の世界ですよね。人は正しい知識を身につけ、自分の思うがままに生きていける、そんな世界でなければいけませんよね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

反戦映画としては最高レベル

投稿日:2006/02/02 レビュアー:トコトコ

これは戦争の意義と戦争帰還者の後遺症とに重点を置いてあり
大人にはかなりグッとくる反戦映画だと思います。
(観ればわかりますが、決して子供には薦められない)
実話が元になっているだけに
どこぞの戦争好きの大統領にしっかり観てもらいたい。
彼の心には届かんでしょうけど。

戦闘シーンの迫力は他の戦争映画には劣りますが
オリバーストーン監督もさすがだし、
トムクルーズもまだ若いのに素晴らしい演技。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

普段アクション物しか見ないが、

投稿日:2005/08/26 レビュアー:wave

たまにはこんな作品を見て、戦争や平和について考えてみるのもいいかも。
ベトナム戦争についてちょっと調べてみよう。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

海兵隊のかっこよさよりも…

投稿日:2004/04/29 レビュアー:イチローカセツ

海兵隊のかっこよさやトムクルーズのかっこよさよりも
物語の主人公の生き様が良かった。
ボクの心にしみる映画です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

この時期だからこそ見ておきたい映画

投稿日:2004/01/04 レビュアー:woofin

愛国心の強さから参加したベトナム戦争から帰国後、この戦争の意義に疑問をもち、ジレンマに揺れるトム。
現地で殺戮された罪のない女子供。下半身付随になった自分。
正義とは何か?愛国心とは何か?
脚本がオリバー・ストーンということで、人間ドラマが熱いです。
時期的に、ちょうどイラク問題と重なり、色々と考えさせられました。
しかし日本って平和だな・・・。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全31件

7月4日に生まれて

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:31件

義務とか正義とかヒーローとか誰に対するものなのか・・・

投稿日

2007/03/07

レビュアー

リュウ&トーイ&カイ

人を殺す事はいけないこと。誰でも知っていますよね。しかし戦争となればそれが許される。そして敵をたくさん殺せばヒーローになる。自国の正義があれば相手国の正義がある。しかしおかまいなしに殺しあう。国民は国家のために戦争に行く義務がある。それは本当ですか?正しくても間違っていても戦争に行かなければならないのですか?ある偉い人は、人は「国家と信仰と家族」があれば生きていけると言っていた。信仰一つをとっても戦争の原因になっているのに、それは本当ではありませんよね。自己満足の世界とか独裁の世界ですよね。人は正しい知識を身につけ、自分の思うがままに生きていける、そんな世界でなければいけませんよね。

反戦映画としては最高レベル

投稿日

2006/02/02

レビュアー

トコトコ

これは戦争の意義と戦争帰還者の後遺症とに重点を置いてあり
大人にはかなりグッとくる反戦映画だと思います。
(観ればわかりますが、決して子供には薦められない)
実話が元になっているだけに
どこぞの戦争好きの大統領にしっかり観てもらいたい。
彼の心には届かんでしょうけど。

戦闘シーンの迫力は他の戦争映画には劣りますが
オリバーストーン監督もさすがだし、
トムクルーズもまだ若いのに素晴らしい演技。

普段アクション物しか見ないが、

投稿日

2005/08/26

レビュアー

wave

たまにはこんな作品を見て、戦争や平和について考えてみるのもいいかも。
ベトナム戦争についてちょっと調べてみよう。

海兵隊のかっこよさよりも…

投稿日

2004/04/29

レビュアー

イチローカセツ

海兵隊のかっこよさやトムクルーズのかっこよさよりも
物語の主人公の生き様が良かった。
ボクの心にしみる映画です。

この時期だからこそ見ておきたい映画

投稿日

2004/01/04

レビュアー

woofin

愛国心の強さから参加したベトナム戦争から帰国後、この戦争の意義に疑問をもち、ジレンマに揺れるトム。
現地で殺戮された罪のない女子供。下半身付随になった自分。
正義とは何か?愛国心とは何か?
脚本がオリバー・ストーンということで、人間ドラマが熱いです。
時期的に、ちょうどイラク問題と重なり、色々と考えさせられました。
しかし日本って平和だな・・・。

16〜 20件 / 全31件