マイケル・コリンズ

マイケル・コリンズの画像・ジャケット写真

マイケル・コリンズ / リーアム・ニーソン

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

ジャンル :

「マイケル・コリンズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

1916年、アイルランド革命軍は武装蜂起するも、英国軍の前に敗北した。指導者デ・ヴァレラと共に、コリンズとボーランドも逮捕される。やがて釈放されたコリンズとボーランドは、再び独立運動へと身を投じるのだが……。アイルランド独立のために戦った実在の男たちの物語を、アイルランド出身のN・ジョーダンがメガホンを取って映画化した大力作。<BR><BR>※こちらのタイトルは両面Discでございます。

「マイケル・コリンズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 1996年
製作国: アメリカ
原題: MICHAEL COLLINS
受賞記録: 1996年 ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞
1996年 LA批評家協会賞 撮影賞

「マイケル・コリンズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ひかりのまち

STAKEOUT(張り込み)

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン6

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全35件

マイケル.コリンズ

投稿日:2006/09/15 レビュアー:garcia

長編だが、なかなか見ごたえのある作品です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

実際は2時間ちょっとの映画です。

投稿日:2006/04/10 レビュアー:なおみ


表示には、収録時間185分となっていたので
『3時間強か〜、気合入れて観よ!』
と思っていましたが、実際は2時間ちょっとの本編でした。
(以前も収録時間が実際と違った表示になっていた事、ありました。)

そして驚いた事に、1時間40分位でいきなり『SIDE A FIN』
みたいな表示が出たので、恐る恐る裏面を再生してみたら、残り20分程度の本編が・・・。

【ストーリーについて】
イギリスからの独立を願って、マイケル・コリンズが親友と共に戦い、笑い、泣いて、それでも終わらない争いに疲れ
『もう引退したい・・・』
と何度も呟くシーンが印象的でした。
また、カリスマ性を持ったコリンズに、密かに嫉妬していたデ・ヴァレラ(イギリスからの独立後に大統領となる人)。
デ・ヴァレラがコリンズに”イギリスへの使者”として行かせた真意は何だったのか。

映画の最後に出てくるデ・ヴァレラ大統領の言葉を観て、複雑な心境を感じました。

それにしても、イギリスが侵出して占領統治下に置いた数多くの国々で、このような独立闘争(戦争)が繰り返されたのでしょうね。
日本も加害者だな〜っと、改めて感じました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

主義主張の違いで、とんでもないことに。

投稿日:2004/11/11 レビュアー:オッチャンズ55

現在も、アイルランドで内戦が続いていますが、その歴史がよく分かりました。革命当初は意見を同じくしていた無二の親友やリーダーと、条約承認の主義主張が違うだけで敵対し、殺し合うとは、政治とは何と非情なのでしょう。また、列強の弱い者いじめに対しても遺憾を覚えます。コリンズも、英国との戦争を避けるために、あえて昔の同士達に攻撃を加えますが、この映画は、その板挟みの心中をよく表現していたと思います。日本に生まれて良かったね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

テロリズム=悪

投稿日:2003/10/09 レビュアー:レビュアー名未設定

「テロリズム=悪」という図式が定着している中、この作品の主人公コリンズはテロの指導者である。
この作品自体は、テロを称賛していることはまったく無いとは思うのだが、今観ると題材が微妙ではある。

条約締結までは見ていてスリリングだったが、その後の内戦は気の抜けた感じがしたが、現在に至るまで北アイルランド問題として残っているので重要な部分ではあると思う。

しかし、実際はこの作品のように単純な問題ではなく、宗教的な問題など絡み合っているが、あえてそこには触れずに、コリンズを中心に単純に仕上げた作りは、見易さに繋がっている。

そこそこ楽しめる作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

スネイプ先生の方がキャラがたっている

投稿日:2015/08/14 レビュアー:Yohey

これ、リーアム・ニーソン兄貴の映画なんだけど、対抗軸として出ているアラン・リックマンの方が独立運動の闘士としてのキャラがたっていて存在感があるんです。まぁ、めっちゃ自己的なやつで描かれているから、ちょっとどうかな、って思ってしまう部分もあるのですが、実際もこんなんだったのかな。

で、主役のマイケル・コリンズ。すごい人だとは思うんだけど、中身だけ見たらテロリストの親玉ですね。今だったらどうなんだろう。カダフィ大佐あたりがテロやり尽くしたあげくに「いや、もう武力闘争なんかしちゃダメだぜ。」とか言うてたみたいなもんなんだろうかと思います。政治的な部分って情勢がそのときどきによって違うからなんとも言えないですけどね。

最後、終わって「31歳で亡くなった」となったとき「ちょっと、役としては無理があるんちゃう、この渋さ。」とか思ったんだけど、どうでしょう??

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全35件

マイケル・コリンズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

マイケル.コリンズ

投稿日

2006/09/15

レビュアー

garcia

長編だが、なかなか見ごたえのある作品です。

実際は2時間ちょっとの映画です。

投稿日

2006/04/10

レビュアー

なおみ


表示には、収録時間185分となっていたので
『3時間強か〜、気合入れて観よ!』
と思っていましたが、実際は2時間ちょっとの本編でした。
(以前も収録時間が実際と違った表示になっていた事、ありました。)

そして驚いた事に、1時間40分位でいきなり『SIDE A FIN』
みたいな表示が出たので、恐る恐る裏面を再生してみたら、残り20分程度の本編が・・・。

【ストーリーについて】
イギリスからの独立を願って、マイケル・コリンズが親友と共に戦い、笑い、泣いて、それでも終わらない争いに疲れ
『もう引退したい・・・』
と何度も呟くシーンが印象的でした。
また、カリスマ性を持ったコリンズに、密かに嫉妬していたデ・ヴァレラ(イギリスからの独立後に大統領となる人)。
デ・ヴァレラがコリンズに”イギリスへの使者”として行かせた真意は何だったのか。

映画の最後に出てくるデ・ヴァレラ大統領の言葉を観て、複雑な心境を感じました。

それにしても、イギリスが侵出して占領統治下に置いた数多くの国々で、このような独立闘争(戦争)が繰り返されたのでしょうね。
日本も加害者だな〜っと、改めて感じました。

主義主張の違いで、とんでもないことに。

投稿日

2004/11/11

レビュアー

オッチャンズ55

現在も、アイルランドで内戦が続いていますが、その歴史がよく分かりました。革命当初は意見を同じくしていた無二の親友やリーダーと、条約承認の主義主張が違うだけで敵対し、殺し合うとは、政治とは何と非情なのでしょう。また、列強の弱い者いじめに対しても遺憾を覚えます。コリンズも、英国との戦争を避けるために、あえて昔の同士達に攻撃を加えますが、この映画は、その板挟みの心中をよく表現していたと思います。日本に生まれて良かったね。

テロリズム=悪

投稿日

2003/10/09

レビュアー

レビュアー名未設定

「テロリズム=悪」という図式が定着している中、この作品の主人公コリンズはテロの指導者である。
この作品自体は、テロを称賛していることはまったく無いとは思うのだが、今観ると題材が微妙ではある。

条約締結までは見ていてスリリングだったが、その後の内戦は気の抜けた感じがしたが、現在に至るまで北アイルランド問題として残っているので重要な部分ではあると思う。

しかし、実際はこの作品のように単純な問題ではなく、宗教的な問題など絡み合っているが、あえてそこには触れずに、コリンズを中心に単純に仕上げた作りは、見易さに繋がっている。

そこそこ楽しめる作品だと思います。

スネイプ先生の方がキャラがたっている

投稿日

2015/08/14

レビュアー

Yohey

これ、リーアム・ニーソン兄貴の映画なんだけど、対抗軸として出ているアラン・リックマンの方が独立運動の闘士としてのキャラがたっていて存在感があるんです。まぁ、めっちゃ自己的なやつで描かれているから、ちょっとどうかな、って思ってしまう部分もあるのですが、実際もこんなんだったのかな。

で、主役のマイケル・コリンズ。すごい人だとは思うんだけど、中身だけ見たらテロリストの親玉ですね。今だったらどうなんだろう。カダフィ大佐あたりがテロやり尽くしたあげくに「いや、もう武力闘争なんかしちゃダメだぜ。」とか言うてたみたいなもんなんだろうかと思います。政治的な部分って情勢がそのときどきによって違うからなんとも言えないですけどね。

最後、終わって「31歳で亡くなった」となったとき「ちょっと、役としては無理があるんちゃう、この渋さ。」とか思ったんだけど、どうでしょう??

16〜 20件 / 全35件