重力ピエロ

重力ピエロの画像・ジャケット写真

重力ピエロ / 加瀬亮

全体の平均評価点:(5点満点)

154

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「重力ピエロ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件の謎を追う兄弟が、やがて家族にまつわる哀しい過去と向き合っていくさまを家族の愛を軸に描く。泉水と春は、優しい父と今は亡き美しい母の愛情に包まれて育った仲の良い兄弟。兄の泉水は遺伝子の研究をする大学院生。一方、街中で落書き消しの仕事をしている弟の春。彼らが暮らす仙台市内は、頻発する連続放火事件に揺れていた。あるとき春は、放火現場の近くに必ず謎のグラフィティアートが描かれていることに気づく。事件との繋がりを直感した春は、泉水を誘って夜の街で張り込みを開始するが…。

「重力ピエロ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「重力ピエロ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

東京オアシス

でたらめヒーロー

恋愛小説

セーラー服と機関銃 −卒業−

ユーザーレビュー:154件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

151〜154件 / 全154件

う〜ん ネタばれ

投稿日:2009/11/02 レビュアー:ロク

原作読んでないんですけど、予告編見た時と随分印象が違う映画だと思いました。お母さんがレイプされるシーン、変な意味じゃなくリアルな方がよかったんじゃないかな〜足バタバタなんてびっくりした。今不景気だし無名の女優さんにチャンスをあげてもよかったんじゃないかな〜あのシーンが昔の深作映画みたいだったら後のシーン.せりふ.まさに最強の家族だよ!時代にあわないのかな〜せっかくの素材なのにもったいない気がする

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

非常に良い

投稿日:2009/10/26 レビュアー:ダダン

伊坂幸太郎の物語は本で読むと最高なのに、今まで映画は全くと言っていい程面白くなかったのであまり期待はしていませんでした。

しかし今回の重力ピエロは原作の雰囲気に近く、これまで映画化された中では一番良い出来だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ツルツルと

投稿日:2009/10/23 レビュアー:M

後半は涙が出てなんだか止まらなかった。なんでだろう...。忘れられない映画がまたできました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ボンヘファーへのオマージュ?

投稿日:2009/09/28 レビュアー:もずく

原作は読んでいないので、分からないのですが、映画を観た限り、ボンヘファーへのオマージュを感じました。どんな困難なときにも、介入してこない神って、彼が言っていたような記憶があります。また彼はガンジーを尊敬しつつも、かつその限界も感じ、牧師でありながら、ヒトラー暗殺計画に参画し、失敗して、処刑されました。合掌。
映画に戻ると、家族が引越しした、緑に包まれた家の表札の一つにChapelって書かれていたように思ったのですが、ちがったっけ?
また、その家で、お父さんが「最強の家族」というような事を言っていましたね、「死ぬ事には全く不安がない」とも言っていましたね。
また、重力に抗して「最強の家族」が浮かび上がるというイメージから聖体礼儀を連想しました。これって教会論?
あるシーンでは隅っこに、教会の尖塔の十字架が入っていたり、また、最後に蜂蜜を飲んで、「甘い〜」って、これって詩篇19編に近い表現がありますね。
このような見方をすると、日本でこんな映画が作られたなんて、驚きです!
突っ込み所は有るのですが、十分見る価値のある映画だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

151〜154件 / 全154件

重力ピエロ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:154件

う〜ん ネタばれ

投稿日

2009/11/02

レビュアー

ロク

原作読んでないんですけど、予告編見た時と随分印象が違う映画だと思いました。お母さんがレイプされるシーン、変な意味じゃなくリアルな方がよかったんじゃないかな〜足バタバタなんてびっくりした。今不景気だし無名の女優さんにチャンスをあげてもよかったんじゃないかな〜あのシーンが昔の深作映画みたいだったら後のシーン.せりふ.まさに最強の家族だよ!時代にあわないのかな〜せっかくの素材なのにもったいない気がする

非常に良い

投稿日

2009/10/26

レビュアー

ダダン

伊坂幸太郎の物語は本で読むと最高なのに、今まで映画は全くと言っていい程面白くなかったのであまり期待はしていませんでした。

しかし今回の重力ピエロは原作の雰囲気に近く、これまで映画化された中では一番良い出来だと思います。

ツルツルと

投稿日

2009/10/23

レビュアー

M

後半は涙が出てなんだか止まらなかった。なんでだろう...。忘れられない映画がまたできました。

ボンヘファーへのオマージュ?

投稿日

2009/09/28

レビュアー

もずく

原作は読んでいないので、分からないのですが、映画を観た限り、ボンヘファーへのオマージュを感じました。どんな困難なときにも、介入してこない神って、彼が言っていたような記憶があります。また彼はガンジーを尊敬しつつも、かつその限界も感じ、牧師でありながら、ヒトラー暗殺計画に参画し、失敗して、処刑されました。合掌。
映画に戻ると、家族が引越しした、緑に包まれた家の表札の一つにChapelって書かれていたように思ったのですが、ちがったっけ?
また、その家で、お父さんが「最強の家族」というような事を言っていましたね、「死ぬ事には全く不安がない」とも言っていましたね。
また、重力に抗して「最強の家族」が浮かび上がるというイメージから聖体礼儀を連想しました。これって教会論?
あるシーンでは隅っこに、教会の尖塔の十字架が入っていたり、また、最後に蜂蜜を飲んで、「甘い〜」って、これって詩篇19編に近い表現がありますね。
このような見方をすると、日本でこんな映画が作られたなんて、驚きです!
突っ込み所は有るのですが、十分見る価値のある映画だと思います。

151〜154件 / 全154件