空白の画像・ジャケット写真

空白 / 古田新太

全体の平均評価点:(5点満点)

21

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

準新作

ジャンル :

「空白」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

準新作

解説・ストーリー

「ヒメアノ〜ル」「愛しのアイリーン」の吉田恵輔監督が古田新太を主演に迎えて贈る衝撃のヒューマン・サスペンス。交通事故で娘を失った父親が、事故の原因となったスーパーの店長を追い詰めるべく、マスコミやSNSを巻き込み激しい憎悪をエスカレートさせていく暴走の顛末を力強い筆致で描き出す。共演は松坂桃李、田畑智子、寺島しのぶ。ある日、スーパーで中学生の花音が店長の青柳に万引きを見咎められ、逃げて車道に飛び出した末、凄惨な事故に巻き込まれて命を落としてしまう。シングルファーザーの添田充は、変わり果てた娘を前に泣き崩れる。日頃、娘の気持ちなど気にもかけてこなかった添田は、せめて彼女の濡れ衣を晴らそうと、青柳を激しく責め立て始めるのだったが…。 JAN:9999207495596

「空白」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

日本

「空白」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

アントキノイノチ

DEATH GAME PARK

間違われちゃった男

視覚探偵 日暮旅人

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全21件

怒りの行方

投稿日:2021/12/23 レビュアー:じゃじゃまる

古田新太、松坂桃李主演「空白」を見ました
共演寺島しのぶ、田畑智子、片岡礼子、趣里です。
 父親の代からのスーパーを継いだ店長青柳。
強権的な父親添田。
ある日添田の娘がスーパーで万引きをし、店長に見つかった娘が店を飛び出し、追いかけられ、道路に飛び出し、車に轢かれてしまう。。

添田は今まで娘に無関心だったが、このことで娘の無実を晴らそうと青柳を追い詰めようとモンスター化していくが。。

これ、何年か前に、本屋で万引きした少年を追いかけ、少年が線路をくぐり、電車にはねられて死んでしまって、「やりすぎだ」「万引きは本屋の死活問題だから追いかけるのはしょうがない」と賛否両論となり、その本屋は閉店しました。

この事件をモチーフにしているのかな?と思いました

しかし古田新太のモンスター化はすごい。でも暴れ方が足りないというレビューもありました(オイオイ

でもこれってむつかしい問題ですよね。
怒りの持って行きようがない、落としどころがわからない。
現に娘のポケットから万引きした商品が出てきている、父親は「いじめで強要された!」と学校に怒鳴り込み、いじめの調査をさせる。
そこから浮かび上がったのが、「ほとんど記憶に残らない」生徒だったこと。


別れた母親からも「あなたは娘の好きな色を知っている?」と聞かれてぐっとつまる父親。

店長のところにも何度も添田は何度も訪れ、マスコミが面白おかしく報道し、インタビューの切り取りをして店長をさらに追い詰めていく。。

そしてある事件が起こってしまう。。

なかなか見ごたえがありました
ホントに気持ち的に落としどころがわからないのですが、ラストに、一筋の救いの光が見えるところが、見ている私たちも、なんとなく、もやもやが晴れそうなラストでした


しかし、寺島しのぶの、あの、人をイライラさせる演技は最高でしたね



このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

良い映画でした

投稿日:2022/05/24 レビュアー:mn

わりとありそうなお話ですが、丁寧に作りこんであり、役者さんも熱演で最後まで好感の持てる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

評価のみ

投稿日:2022/03/15 レビュアー:redrose

評価のみ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ずっしりと深く重い内容の映画でした。

投稿日:2022/02/13 レビュアー:いち映画ファン

タイトルの「空白」とは何か。ある場面での空白か、関係する登場人物が一生背負っていく心の空白か。
突然ひとり娘を失った父親が心の空白に直面出来ずモンスター化してしまったが、結末では娘と自分の共通点を発見した。ホッとしたのか、さらに心の空白が深くなっていったのだろうか。空に浮かぶイルカの形をした白い3つの雲、この絵をDVDのジャケットにしてもらいたかった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

人間の本音の一端を上手く見せている。

投稿日:2022/02/08 レビュアー:CCR

「犬猿」「BLUE」で一般庶民の生活を面白い視点で描いて注目している吉田恵輔監督の新作は今回、ユーモアは一切無しの正攻法の直球で勝負してきた。古田新太、松坂桃李、寺島しのぶのキャラが本当、どこにでもいる人間のタイプを時にオーバーに造形していて好き嫌いは別にして凄い親近感がある。特に映画では初めてまともに観た古田新太の芝居の役の濃さは凄い。監督自身が古田の役が、自分が、ああいうタイプなんだとコメントしている。古田という役者は自分のイメージでは自分の劇団も持っているし、何か豪快で普段から後輩役者なんかとつるんで飲み屋で大声で賑やかに演技論かなんかぶちかましている印象があったのだが、キネ旬で彼のインタビューを読んでちょっと驚いた。「“破天荒な俳優”と思われているみたいだけど全然 “破天荒” じゃないんですよ。オイラはひとりで飲むのが好きで人を連れ歩かない。「いつもの店にいるから来たい人は来て。」というタイプです。酔っ払って騒ぐ事も無く、最後まで自分のトーンでしゃべっています。芝居の後、共演者たちと飲むのは稽古や本番中に話せないダメ出しや褒め出しをするためだったりするんですよ。」 何十年もこの国は政府の無能さにより平均賃金が全然上がらなず、そこは韓国にも抜かれたこの国の凋落がもたらす、正に今現在の一般の普通の庶民が持っている「空白」感がこの作品の背景にあってそこに最後に僅かな光を当てたラストを監督のこの作品に込めた願いと取りたい。先日、毎年恒例のキネマ旬報の昨年度の年間ベストテン特別号が発売されたが、まぁ予想通り「ドライブ・マイ・カー」が評論家、読者両方で第1位になった。これで濱口竜介は完全に日本の映画監督のトップグループに名乗りを上げたと思う。意外だったのが自分はまだ未見なので何とも云えないが、この勢いで西島秀俊が主演男優賞を獲るかと思ったのだが、投票集計表を見ると思った程伸びていなかった。(相手役の三浦透子は助演女優賞を獲った。) 代わって「すばらしき世界」の役所広司がこれで3回目を獲得した。この作品は彼の以前出た「うなぎ」で、罪を犯した人間の蘇生を描いたのを今回又、別の新たな観点から描いて決して悪くは無いのだが、自分は滅多に映画に出ない、ましてや今回、久々に主役を演じた古田に獲らせてあげたかった。(得票数を見ると役所11票、古田は第2位で9票、わずか2人の差だった。惜しい。作品自体は評論家7位、読者4位と健闘した。只、監督吉田のもう1本、「BLUE」が惜しくも11位だった。10位が「花束みたいな恋をした」なので真上がこの相手だったのがついてなかった。) 他には作品の評価・ランキング自体はそんなに高くなかった「虎狼の血LEVEL2」だが、やはり一人際立って目立った鈴木亮平が助演男優賞を獲ったのは納得だ。彼がいたお陰でこの作品は救われている。全くノーマークだった石井裕也の「茜色に焼かれる」の評価が凄く高くて尾野真千子が主演女優賞を獲ったのも驚きだった。これから観るのが楽しみだ。もっといくかと思った瀧内公美の「由宇子の天秤」が余り伸びなかったのもちょっと意外だった。原一男が久し振りに存在感を発揮した「水俣曼荼羅」がランクインしたのも良かった。彼はヘタな劇映画撮るより得意のドキュメンタリーで勝負した方がいい。他には世間的には話題にはなったがランキング的には全く振るわなかった「騙し絵の牙」「燃えよ剣」「キャラクター」「キネマの神様」皆、批評家採点では惨敗である。洋画は「ノマドランド」の圧勝だったが、異色の復讐劇「プロミシング・ヤング・ウーマン」が大健闘、やはり入ってきた「ファーザー」は想定内だが、アカデミーで話題をさらった「ミナリ」が読者ではランクインしたが批評家では思いの他振るわなかったのが意外である。「パラサイト」とは違ったな。ジョニー・デップが「ミナマタ」で久々に近年の商業娯楽色の強い作品から離れて彼のキャリア前半の頃の様な地味だが内容の濃い作品で今回ランキングに入ったのも嬉しい。余談だが新聞に神保町の岩波ホールが7月に閉館するという淋しいニュースを読んだ。アート系シアターの元祖であり、自分にとって強烈に印象に残っているのが当時の愛読誌「ぴあ」と共に、このテの作品の最初の大ヒット「家族の肖像」である。バート・ランカスターという役者がベテランハリウッド俳優でありながら本作の様なビスコンティや、ベルドリッチの「1900年」にも出、且つアメリカン・ニューシネマの傑作、フランク・ペリーの「泳ぐひと」にも出た。自分は彼とカーク・ダグラスについては既存のハリウッド俳優達と異なる活動には常に一目置いていた。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全21件

空白

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

怒りの行方

投稿日

2021/12/23

レビュアー

じゃじゃまる

古田新太、松坂桃李主演「空白」を見ました
共演寺島しのぶ、田畑智子、片岡礼子、趣里です。
 父親の代からのスーパーを継いだ店長青柳。
強権的な父親添田。
ある日添田の娘がスーパーで万引きをし、店長に見つかった娘が店を飛び出し、追いかけられ、道路に飛び出し、車に轢かれてしまう。。

添田は今まで娘に無関心だったが、このことで娘の無実を晴らそうと青柳を追い詰めようとモンスター化していくが。。

これ、何年か前に、本屋で万引きした少年を追いかけ、少年が線路をくぐり、電車にはねられて死んでしまって、「やりすぎだ」「万引きは本屋の死活問題だから追いかけるのはしょうがない」と賛否両論となり、その本屋は閉店しました。

この事件をモチーフにしているのかな?と思いました

しかし古田新太のモンスター化はすごい。でも暴れ方が足りないというレビューもありました(オイオイ

でもこれってむつかしい問題ですよね。
怒りの持って行きようがない、落としどころがわからない。
現に娘のポケットから万引きした商品が出てきている、父親は「いじめで強要された!」と学校に怒鳴り込み、いじめの調査をさせる。
そこから浮かび上がったのが、「ほとんど記憶に残らない」生徒だったこと。


別れた母親からも「あなたは娘の好きな色を知っている?」と聞かれてぐっとつまる父親。

店長のところにも何度も添田は何度も訪れ、マスコミが面白おかしく報道し、インタビューの切り取りをして店長をさらに追い詰めていく。。

そしてある事件が起こってしまう。。

なかなか見ごたえがありました
ホントに気持ち的に落としどころがわからないのですが、ラストに、一筋の救いの光が見えるところが、見ている私たちも、なんとなく、もやもやが晴れそうなラストでした


しかし、寺島しのぶの、あの、人をイライラさせる演技は最高でしたね



良い映画でした

投稿日

2022/05/24

レビュアー

mn

わりとありそうなお話ですが、丁寧に作りこんであり、役者さんも熱演で最後まで好感の持てる映画でした。

評価のみ

投稿日

2022/03/15

レビュアー

redrose

評価のみ

ずっしりと深く重い内容の映画でした。

投稿日

2022/02/13

レビュアー

いち映画ファン

タイトルの「空白」とは何か。ある場面での空白か、関係する登場人物が一生背負っていく心の空白か。
突然ひとり娘を失った父親が心の空白に直面出来ずモンスター化してしまったが、結末では娘と自分の共通点を発見した。ホッとしたのか、さらに心の空白が深くなっていったのだろうか。空に浮かぶイルカの形をした白い3つの雲、この絵をDVDのジャケットにしてもらいたかった。

人間の本音の一端を上手く見せている。

投稿日

2022/02/08

レビュアー

CCR

「犬猿」「BLUE」で一般庶民の生活を面白い視点で描いて注目している吉田恵輔監督の新作は今回、ユーモアは一切無しの正攻法の直球で勝負してきた。古田新太、松坂桃李、寺島しのぶのキャラが本当、どこにでもいる人間のタイプを時にオーバーに造形していて好き嫌いは別にして凄い親近感がある。特に映画では初めてまともに観た古田新太の芝居の役の濃さは凄い。監督自身が古田の役が、自分が、ああいうタイプなんだとコメントしている。古田という役者は自分のイメージでは自分の劇団も持っているし、何か豪快で普段から後輩役者なんかとつるんで飲み屋で大声で賑やかに演技論かなんかぶちかましている印象があったのだが、キネ旬で彼のインタビューを読んでちょっと驚いた。「“破天荒な俳優”と思われているみたいだけど全然 “破天荒” じゃないんですよ。オイラはひとりで飲むのが好きで人を連れ歩かない。「いつもの店にいるから来たい人は来て。」というタイプです。酔っ払って騒ぐ事も無く、最後まで自分のトーンでしゃべっています。芝居の後、共演者たちと飲むのは稽古や本番中に話せないダメ出しや褒め出しをするためだったりするんですよ。」 何十年もこの国は政府の無能さにより平均賃金が全然上がらなず、そこは韓国にも抜かれたこの国の凋落がもたらす、正に今現在の一般の普通の庶民が持っている「空白」感がこの作品の背景にあってそこに最後に僅かな光を当てたラストを監督のこの作品に込めた願いと取りたい。先日、毎年恒例のキネマ旬報の昨年度の年間ベストテン特別号が発売されたが、まぁ予想通り「ドライブ・マイ・カー」が評論家、読者両方で第1位になった。これで濱口竜介は完全に日本の映画監督のトップグループに名乗りを上げたと思う。意外だったのが自分はまだ未見なので何とも云えないが、この勢いで西島秀俊が主演男優賞を獲るかと思ったのだが、投票集計表を見ると思った程伸びていなかった。(相手役の三浦透子は助演女優賞を獲った。) 代わって「すばらしき世界」の役所広司がこれで3回目を獲得した。この作品は彼の以前出た「うなぎ」で、罪を犯した人間の蘇生を描いたのを今回又、別の新たな観点から描いて決して悪くは無いのだが、自分は滅多に映画に出ない、ましてや今回、久々に主役を演じた古田に獲らせてあげたかった。(得票数を見ると役所11票、古田は第2位で9票、わずか2人の差だった。惜しい。作品自体は評論家7位、読者4位と健闘した。只、監督吉田のもう1本、「BLUE」が惜しくも11位だった。10位が「花束みたいな恋をした」なので真上がこの相手だったのがついてなかった。) 他には作品の評価・ランキング自体はそんなに高くなかった「虎狼の血LEVEL2」だが、やはり一人際立って目立った鈴木亮平が助演男優賞を獲ったのは納得だ。彼がいたお陰でこの作品は救われている。全くノーマークだった石井裕也の「茜色に焼かれる」の評価が凄く高くて尾野真千子が主演女優賞を獲ったのも驚きだった。これから観るのが楽しみだ。もっといくかと思った瀧内公美の「由宇子の天秤」が余り伸びなかったのもちょっと意外だった。原一男が久し振りに存在感を発揮した「水俣曼荼羅」がランクインしたのも良かった。彼はヘタな劇映画撮るより得意のドキュメンタリーで勝負した方がいい。他には世間的には話題にはなったがランキング的には全く振るわなかった「騙し絵の牙」「燃えよ剣」「キャラクター」「キネマの神様」皆、批評家採点では惨敗である。洋画は「ノマドランド」の圧勝だったが、異色の復讐劇「プロミシング・ヤング・ウーマン」が大健闘、やはり入ってきた「ファーザー」は想定内だが、アカデミーで話題をさらった「ミナリ」が読者ではランクインしたが批評家では思いの他振るわなかったのが意外である。「パラサイト」とは違ったな。ジョニー・デップが「ミナマタ」で久々に近年の商業娯楽色の強い作品から離れて彼のキャリア前半の頃の様な地味だが内容の濃い作品で今回ランキングに入ったのも嬉しい。余談だが新聞に神保町の岩波ホールが7月に閉館するという淋しいニュースを読んだ。アート系シアターの元祖であり、自分にとって強烈に印象に残っているのが当時の愛読誌「ぴあ」と共に、このテの作品の最初の大ヒット「家族の肖像」である。バート・ランカスターという役者がベテランハリウッド俳優でありながら本作の様なビスコンティや、ベルドリッチの「1900年」にも出、且つアメリカン・ニューシネマの傑作、フランク・ペリーの「泳ぐひと」にも出た。自分は彼とカーク・ダグラスについては既存のハリウッド俳優達と異なる活動には常に一目置いていた。

11〜 15件 / 全21件