No.124 RANKING

アオラレ

アオラレの画像・ジャケット写真

アオラレ / ラッセル・クロウ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

26

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「アオラレ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ラッセル・クロウがささいな運転マナーに腹を立て、ヒロインをどこまでも追い詰めていく狂気のあおり運転男を怪演するノンストップ・サスペンス・アクション。共演はカレン・ピストリアス、ガブリエル・ベイトマン。監督はデリック・ボルテ。美容師のレイチェルは息子のカイルを乗せて学校へ向かう途中、渋滞に捕まり苛立ちを募らせる。ちょうどその時、信号が青に変わっても前の車が動き出さず、思わず強めにクラクションを鳴らしてしまう。すると男は車を横付けし、クラクションの鳴らし方に文句をつけ謝罪を要求。しかし不運続きでイライラMAXのレイチェルは猛然と言い返してそのまま車を走らせる。その後カイルを学校に送り届けたレイチェルは、さっきの男がなおも後を尾けてきていることに気づくのだったが…。 JAN:4988111856371

「アオラレ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
原題: UNHINGED

「アオラレ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

消されたヘッドライン

ビューティフル・マインド

バーチュオシティ

3時10分、決断のとき

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全26件

単純だけど面白くて怖い映画だった。

投稿日:2021/10/07 レビュアー:ihcadomotagagie

めちゃめちゃシンプルなアクションスリラー。
ゆえに面白かった。怖かった。

ながら運転などの現代の車社会への警鐘、
人類キレやすくなってる問題などのテーマも忍ばせてるけど、
アメリカがこれを作ったってのに深みがある。

低予算だけど十分エンタメしてました。
この監督さんまだ数本しか映画作ってないけど優秀だなと思った。

役作りなのかラッセル君がえらいぽっちゃりしてて驚いたけど
やっぱりこの人はサイコ役がハマるなー。
キャスティング大正解。

原題はunhinged
(精神的に)不安定な、気の動転した、動揺した、錯乱した
アオラレはニュアンスぜんぜん違うけど、まぁ珍しく上手くはまった邦題だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

シンプルに面白い

投稿日:2021/11/15 レビュアー:みやびん

あんまり期待はしてなかったが、予想以上に面白かった。
昔の映画みたいにシンプルで、ひねりやドンデン返しなどの小細工無しでもここまで面白く作られた作品は最近では珍しい。
現代版「激突」みたいな感じだが、スマホを巧みに使ったやり取りや市街地や家族が絡んでくる事で一層内容が濃くなっていて見どころ十分。
結構派手な内容だが、死ぬ覚悟の出来ている人間のヤケクソ感がとてもリアルで、全てに絶望した人間が殺しという目標に固執する感情がとてもよく理解出来た。
さすがは大御所ラッセルクロウ、見た目の怖さもあるが、殺意がにじみ出る演技によってリアリティが更に高まっている。
そう、この映画は日常で起こってもおかしくないシチュエーション、リアルな演技、リアルな心理描写によって作り物と疑う余地も与えず、他人事とは思えない現実味を生み出す事で見ている人を虜にするのだ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

最後にスカッとしました。

投稿日:2021/10/07 レビュアー:MILES

映画と分かっていても、展開にイライラして観ていましたが、最後にスカッとしました。
ラッセル・クロウさんお疲れさまでした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

運転は余裕をもって

投稿日:2021/11/17 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 怖い怖い怖い。
 ここまで狂気な人間はもうどうしようもない。少しでも関わったら最後。

 急いでいたのもあり、青信号でも進まない車にクラクションを鳴らしたのが運の尽き。
 そのドライバーはとんでもない狂人だった。

 ぼーっとしていたのが悪いのだが、クラクションが強いと難癖をつけ謝罪を要求。この理不尽な要求を断られて逆上。

 通報した見知らぬ人を轢き殺し、知人の弁護士を殺し、弟の彼女を殺し、弟を瀕死の状態にし、息子の命を狙う……。

 こんな奴に狙われたら恐怖しかない。

 終始ハラハラさせられる。こいつは目が離せない。


 狂気の煽り運転ドライバーとの結末は刺激的。


 これが完全にフィクションだといいんだけど、実際にいそうだもんな。ストレスとか色々で狂った人多いから。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ラッセル・クロウの狂気の目

投稿日:2021/10/30 レビュアー:Yohey

でだし・・・なんじゃこのモッフモフのいかにも肥満の白人男性は!!と思ったらラッセル・クロウでした。今こんなんになっているのか?それともこの役だから??のっけから展開が激しく、そして映し出されるラッセル・クロウの狂気の目。す、すげぇ・・・いっている・・・怖い・・・

すぐにストレスがたまり、そして個々の許容量も少なくなってしまった現代の狂気を描いております。狂気のラッセル・クロウに狙われたのは、あまり主人公としては感情移入しにくい女性。寝坊して、家族からの信頼も無くし、顧客も失い・・・でも「自分は悪くはないの。」って思ってしまう、これまた現代的な感じの方です。ですんで、がんばって!!と思ってしまうようなことはない。なかなか面白い設定。

映画自体はよくわからん男に狙われるというありふれた題材であり、ただただ狙ってくるだけという展開自体はそう大したことはない。でも、流れはよく出来ておりまして、嫌な気分を保ちながら観れる、そんな作品でした。なんだろ、この感覚。こういう映画ってなかなかないよなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全26件

アオラレ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:26件

単純だけど面白くて怖い映画だった。

投稿日

2021/10/07

レビュアー

ihcadomotagagie

めちゃめちゃシンプルなアクションスリラー。
ゆえに面白かった。怖かった。

ながら運転などの現代の車社会への警鐘、
人類キレやすくなってる問題などのテーマも忍ばせてるけど、
アメリカがこれを作ったってのに深みがある。

低予算だけど十分エンタメしてました。
この監督さんまだ数本しか映画作ってないけど優秀だなと思った。

役作りなのかラッセル君がえらいぽっちゃりしてて驚いたけど
やっぱりこの人はサイコ役がハマるなー。
キャスティング大正解。

原題はunhinged
(精神的に)不安定な、気の動転した、動揺した、錯乱した
アオラレはニュアンスぜんぜん違うけど、まぁ珍しく上手くはまった邦題だと思いました。

シンプルに面白い

投稿日

2021/11/15

レビュアー

みやびん

あんまり期待はしてなかったが、予想以上に面白かった。
昔の映画みたいにシンプルで、ひねりやドンデン返しなどの小細工無しでもここまで面白く作られた作品は最近では珍しい。
現代版「激突」みたいな感じだが、スマホを巧みに使ったやり取りや市街地や家族が絡んでくる事で一層内容が濃くなっていて見どころ十分。
結構派手な内容だが、死ぬ覚悟の出来ている人間のヤケクソ感がとてもリアルで、全てに絶望した人間が殺しという目標に固執する感情がとてもよく理解出来た。
さすがは大御所ラッセルクロウ、見た目の怖さもあるが、殺意がにじみ出る演技によってリアリティが更に高まっている。
そう、この映画は日常で起こってもおかしくないシチュエーション、リアルな演技、リアルな心理描写によって作り物と疑う余地も与えず、他人事とは思えない現実味を生み出す事で見ている人を虜にするのだ。

最後にスカッとしました。

投稿日

2021/10/07

レビュアー

MILES

映画と分かっていても、展開にイライラして観ていましたが、最後にスカッとしました。
ラッセル・クロウさんお疲れさまでした。

運転は余裕をもって

投稿日

2021/11/17

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 怖い怖い怖い。
 ここまで狂気な人間はもうどうしようもない。少しでも関わったら最後。

 急いでいたのもあり、青信号でも進まない車にクラクションを鳴らしたのが運の尽き。
 そのドライバーはとんでもない狂人だった。

 ぼーっとしていたのが悪いのだが、クラクションが強いと難癖をつけ謝罪を要求。この理不尽な要求を断られて逆上。

 通報した見知らぬ人を轢き殺し、知人の弁護士を殺し、弟の彼女を殺し、弟を瀕死の状態にし、息子の命を狙う……。

 こんな奴に狙われたら恐怖しかない。

 終始ハラハラさせられる。こいつは目が離せない。


 狂気の煽り運転ドライバーとの結末は刺激的。


 これが完全にフィクションだといいんだけど、実際にいそうだもんな。ストレスとか色々で狂った人多いから。

ラッセル・クロウの狂気の目

投稿日

2021/10/30

レビュアー

Yohey

でだし・・・なんじゃこのモッフモフのいかにも肥満の白人男性は!!と思ったらラッセル・クロウでした。今こんなんになっているのか?それともこの役だから??のっけから展開が激しく、そして映し出されるラッセル・クロウの狂気の目。す、すげぇ・・・いっている・・・怖い・・・

すぐにストレスがたまり、そして個々の許容量も少なくなってしまった現代の狂気を描いております。狂気のラッセル・クロウに狙われたのは、あまり主人公としては感情移入しにくい女性。寝坊して、家族からの信頼も無くし、顧客も失い・・・でも「自分は悪くはないの。」って思ってしまう、これまた現代的な感じの方です。ですんで、がんばって!!と思ってしまうようなことはない。なかなか面白い設定。

映画自体はよくわからん男に狙われるというありふれた題材であり、ただただ狙ってくるだけという展開自体はそう大したことはない。でも、流れはよく出来ておりまして、嫌な気分を保ちながら観れる、そんな作品でした。なんだろ、この感覚。こういう映画ってなかなかないよなぁ。

11〜 15件 / 全26件