No.9 RANKING

ANNA/アナ

ANNA/アナの画像・ジャケット写真

ANNA/アナ / サッシャ・ルス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

21

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ANNA/アナ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「レオン」のリュック・ベッソン監督がロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルスを主演に抜擢して贈るノンストップ・ヒロイン・アクション。米ソ冷戦末期を舞台に、ソ連のKGBによって最強の殺し屋に仕立て上げられた女スパイが、KGBとCIAの熾烈な攻防の渦中で繰り広げる過酷なミッションの行方をスリリングに描く。共演はルーク・エヴァンス、キリアン・マーフィ、ヘレン・ミレン。1990年、モスクワ。露店でマトリョーシカ人形を売っていた大学生のアナは、パリのモデル事務所にスカウトされるや瞬く間にトップモデルとなり、事務所の共同経営者オレグと付き合い始める。そしてある時、オレグが武器商人という裏の顔を打ち明けると、アナは躊躇なく彼を撃ち殺す。彼女の正体はKGBによって造り上げられた殺し屋だったのだが…。 JAN:4988013882669

「ANNA/アナ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: フランス/アメリカ
原題: ANNA

「ANNA/アナ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ポイズン あるスキャンダルの秘密

ミスター・アーサー

ガール・オン・ザ・トレイン

カリギュラ

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全21件

戦うスーパーヒロインに日頃のストレスも解消

投稿日:2021/04/05 レビュアー:シネコンボーイ

「ニキータ」(90)「レオン」(94)のリュック・ベッソン監督最新作「ANNA(アナ)」。
1990年、モスクワ。ソ連情報機関KGBの殺し屋アナ(サッシャ・ルス)が、次々と国家の邪魔者を消していくが、CIA(アメリカ合衆国中央情報局)の罠にはめられ、二重スパイの取引を迫られる。
時間が逆戻りする展開(脚本もリュック・ベッソン)が随所にあり、裏話を見ているような構成で新鮮味がある。東西冷戦下の同業者であるソ連のKGBとアメリカのCIAの描き方もリアリティがあって面白い。
アナ役のサッシャ・ルスはロシアの一流モデルから映画界入りした美女、スタイル抜群で演技も上手い。
ヒロインのアナが、いくつもの顔を使い分けて任務を遂行する。銃器を撃ちまくる華麗なファイティングシーンも凄い。
ショーン・コネリーが「007ロシアより愛をこめて」(63)で愛用したサイレンサー装着のワルサーPPKも登場。
KGBは1954年からソ連崩壊の1991年まで存在したソビエト社会主義共和国連邦の情報機関・秘密警察。
リュック・ベッソン監督十八番の戦うスーパーヒロイン・アクション健在と粋なラストシーンに日頃のストレスも解消。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

3

投稿日:2021/03/19 レビュアー:aa

良かった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

面白かった

投稿日:2021/03/04 レビュアー:那須野

美しい女性がスパイに仕立て上げられて不運な人生を歩むストーリーかと思っていたら、どんでん返しがあります。よく練られたストーリーですしアクションシーンも見事です。主人公のANAが美しいのも鑑賞の価値ありです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

何も言うことなし・・完璧。

投稿日:2021/03/02 レビュアー:ライム

良くできている。ダラダラ書くつもりはない。
観たら分かる。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

秀逸でした

投稿日:2021/02/26 レビュアー:ドジタツ

スタイルは抜群だけど、さほど美人ではないのがリアリティがあっていい。ただし、あまりに強すぎて漫画チックになっているのはやや残念。
ストーリー展開も「ほう」と唸らされる。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全21件

ANNA/アナ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

戦うスーパーヒロインに日頃のストレスも解消

投稿日

2021/04/05

レビュアー

シネコンボーイ

「ニキータ」(90)「レオン」(94)のリュック・ベッソン監督最新作「ANNA(アナ)」。
1990年、モスクワ。ソ連情報機関KGBの殺し屋アナ(サッシャ・ルス)が、次々と国家の邪魔者を消していくが、CIA(アメリカ合衆国中央情報局)の罠にはめられ、二重スパイの取引を迫られる。
時間が逆戻りする展開(脚本もリュック・ベッソン)が随所にあり、裏話を見ているような構成で新鮮味がある。東西冷戦下の同業者であるソ連のKGBとアメリカのCIAの描き方もリアリティがあって面白い。
アナ役のサッシャ・ルスはロシアの一流モデルから映画界入りした美女、スタイル抜群で演技も上手い。
ヒロインのアナが、いくつもの顔を使い分けて任務を遂行する。銃器を撃ちまくる華麗なファイティングシーンも凄い。
ショーン・コネリーが「007ロシアより愛をこめて」(63)で愛用したサイレンサー装着のワルサーPPKも登場。
KGBは1954年からソ連崩壊の1991年まで存在したソビエト社会主義共和国連邦の情報機関・秘密警察。
リュック・ベッソン監督十八番の戦うスーパーヒロイン・アクション健在と粋なラストシーンに日頃のストレスも解消。

3

投稿日

2021/03/19

レビュアー

aa

良かった。

面白かった

投稿日

2021/03/04

レビュアー

那須野

美しい女性がスパイに仕立て上げられて不運な人生を歩むストーリーかと思っていたら、どんでん返しがあります。よく練られたストーリーですしアクションシーンも見事です。主人公のANAが美しいのも鑑賞の価値ありです。

何も言うことなし・・完璧。

投稿日

2021/03/02

レビュアー

ライム

良くできている。ダラダラ書くつもりはない。
観たら分かる。

秀逸でした

投稿日

2021/02/26

レビュアー

ドジタツ

スタイルは抜群だけど、さほど美人ではないのがリアリティがあっていい。ただし、あまりに強すぎて漫画チックになっているのはやや残念。
ストーリー展開も「ほう」と唸らされる。

11〜 15件 / 全21件