ジョジョ・ラビットの画像・ジャケット写真

ジョジョ・ラビット / ローマン・グリフィン・デイビス

全体の平均評価点:(5点満点)

26

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ジョジョ・ラビット」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督が第二次世界大戦下のドイツを舞台に贈る感動のヒューマン・ブラック・コメディ。ヒトラーに憧れる10歳の愛国少年が、自宅にユダヤ人少女が匿われていることを知ってしまい、少女との思いがけない秘密の交流を通して真実に目覚めていく姿をユーモラスに描き出す。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス、共演にトーマシン・マッケンジー。スカーレット・ヨハンソン、サム・ロックウェル。第二次世界大戦下のドイツ。母のロージーと2人暮らしの10歳の少年ジョジョは、憧れのヒトラーユーゲントの合宿に参加する。想像上の友だちであるアドルフの叱咤激励を受けながら、クレンツェンドルフ大尉の厳しい訓練を懸命にこなしていくジョジョだったが…。 JAN:4959241777621

「ジョジョ・ラビット」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

アメリカ

原題:

JOJO RABBIT

「ジョジョ・ラビット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章

ピッチ・パーフェクト2

the office クリスマス・スペシャル

ヘイル,シーザー!

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全26件

今まで見た事のない

投稿日:2020/07/03 レビュアー:ももさん

他の方のレビュー以外なんの情報なく鑑賞しましたが…
第二次世界大戦末期のナチス統制下のドイツを舞台にした作品
映像とアングルも素晴らしいのでその世界感に引き込まれ
最後まで一気に見入ってしまいました!!
今までにない設定と観点から戦争をを描いた素晴らしい作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

以外にも

投稿日:2020/06/27 レビュアー:はなびらもくれん

と、言っては失礼だが
面白かった

とんでもない映画を見たなと
いうのが本当の感想

綺麗ごともなく
残酷で
少しのユーモアもあり
妙に深い

空想の友人ヒトラーは嫌だけど
叱咤激励してくれる友達はぜひ欲しい

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

こういう切り口もあるんだな、と感心 ネタバレ

投稿日:2020/06/21 レビュアー:Yohey

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画の世界でのナチスものは、いかにナチスドイツがひどかったかというのが主となっていて、もうその描き方は飽きたな、と思ってしまうものばっかりなのですが、今回は、違った切り口で描いていて、それがうまく出来ていて面白かった。

愛国少年のジョジョは父親不在。心の友は、なぜかヒトラー総統。総統はあくまでもジョジョが作り出した心の友なので、高尚なことは言わない。10歳レベルの発言と行動をとる。かといって、がっつり出てくるわけでもないので、ここらへんの絶妙なバランスがいいです。ちょっと変わった子の物語ではないんですね。

まぁ、それでもファンタジー映画だなとは思います。ナチスドイツを小馬鹿にした描写が多く、大戦末期の緊張感はあまりありません。一方で、簡単に人が死んでいくさまも描かれており、なかなか見応えもありました。

ただ、惜しむらくは題名。「ジョジョ・ラビット」は出だしにドンと出てきただけで、それで終わり。なんかストーリーを示唆しているものなのかと思ったけど、あまり関係なかったです。

でもまぁ、ジョジョくんはかわいい。陰惨な人生を背負ってしまっていて、この後どうなっていくんだろうかと思うけど、映画だから、このかわいさだけでOKなんです。あくまでもファンタジー映画ですからね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

反戦と差別をコミカルに素敵な作品に仕上げてる

投稿日:2020/06/10 レビュアー:ラストシアター

第2次世界大戦下のドイツが舞台

ドイツ軍・ナチが非情で冷酷

戦争の愚かさ、悲惨さ

ユダヤ人の悲劇など

10歳の少年ジョジョが見る世界

重いテーマをポップにファンタジーにした

コミカルな作品

空想のヒトラーとジョジョのやりとりが面白い

平和と希望が見えるラストのダンスが素敵だ

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

映画のリアリティ

投稿日:2021/11/07 レビュアー:ナスターシャ

映画は全てリアリティがないといけないわけではない。
だけどメルヘンにするなら細心の注意が必要ではないでしょうか。メルヘン、ファンタジー、ロマンは本当に細部にぬかりなく演出しないとすぐに没入から覚めてしまうから。
戦時下を舞台にしたファンタジーなら『この世界の片隅に』ブラックジョークなら映画じゃないけど『ザ・シンプソンズ』がおすすめです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全26件

ジョジョ・ラビット

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:26件

今まで見た事のない

投稿日

2020/07/03

レビュアー

ももさん

他の方のレビュー以外なんの情報なく鑑賞しましたが…
第二次世界大戦末期のナチス統制下のドイツを舞台にした作品
映像とアングルも素晴らしいのでその世界感に引き込まれ
最後まで一気に見入ってしまいました!!
今までにない設定と観点から戦争をを描いた素晴らしい作品だと思います。

以外にも

投稿日

2020/06/27

レビュアー

はなびらもくれん

と、言っては失礼だが
面白かった

とんでもない映画を見たなと
いうのが本当の感想

綺麗ごともなく
残酷で
少しのユーモアもあり
妙に深い

空想の友人ヒトラーは嫌だけど
叱咤激励してくれる友達はぜひ欲しい

こういう切り口もあるんだな、と感心

投稿日

2020/06/21

レビュアー

Yohey

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画の世界でのナチスものは、いかにナチスドイツがひどかったかというのが主となっていて、もうその描き方は飽きたな、と思ってしまうものばっかりなのですが、今回は、違った切り口で描いていて、それがうまく出来ていて面白かった。

愛国少年のジョジョは父親不在。心の友は、なぜかヒトラー総統。総統はあくまでもジョジョが作り出した心の友なので、高尚なことは言わない。10歳レベルの発言と行動をとる。かといって、がっつり出てくるわけでもないので、ここらへんの絶妙なバランスがいいです。ちょっと変わった子の物語ではないんですね。

まぁ、それでもファンタジー映画だなとは思います。ナチスドイツを小馬鹿にした描写が多く、大戦末期の緊張感はあまりありません。一方で、簡単に人が死んでいくさまも描かれており、なかなか見応えもありました。

ただ、惜しむらくは題名。「ジョジョ・ラビット」は出だしにドンと出てきただけで、それで終わり。なんかストーリーを示唆しているものなのかと思ったけど、あまり関係なかったです。

でもまぁ、ジョジョくんはかわいい。陰惨な人生を背負ってしまっていて、この後どうなっていくんだろうかと思うけど、映画だから、このかわいさだけでOKなんです。あくまでもファンタジー映画ですからね。

反戦と差別をコミカルに素敵な作品に仕上げてる

投稿日

2020/06/10

レビュアー

ラストシアター

第2次世界大戦下のドイツが舞台

ドイツ軍・ナチが非情で冷酷

戦争の愚かさ、悲惨さ

ユダヤ人の悲劇など

10歳の少年ジョジョが見る世界

重いテーマをポップにファンタジーにした

コミカルな作品

空想のヒトラーとジョジョのやりとりが面白い

平和と希望が見えるラストのダンスが素敵だ

映画のリアリティ

投稿日

2021/11/07

レビュアー

ナスターシャ

映画は全てリアリティがないといけないわけではない。
だけどメルヘンにするなら細心の注意が必要ではないでしょうか。メルヘン、ファンタジー、ロマンは本当に細部にぬかりなく演出しないとすぐに没入から覚めてしまうから。
戦時下を舞台にしたファンタジーなら『この世界の片隅に』ブラックジョークなら映画じゃないけど『ザ・シンプソンズ』がおすすめです。

11〜 15件 / 全26件