No.96 RANKING

ジョジョ・ラビット

ジョジョ・ラビットの画像・ジャケット写真
ジョジョ・ラビット / ローマン・グリフィン・デイビス
全体の平均評価点:
(5点満点)

18

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ジョジョ・ラビット」 の解説・あらすじ・ストーリー

「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督が第二次世界大戦下のドイツを舞台に贈る感動のヒューマン・ブラック・コメディ。ヒトラーに憧れる10歳の愛国少年が、自宅にユダヤ人少女が匿われていることを知ってしまい、少女との思いがけない秘密の交流を通して真実に目覚めていく姿をユーモラスに描き出す。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス、共演にトーマシン・マッケンジー。スカーレット・ヨハンソン、サム・ロックウェル。第二次世界大戦下のドイツ。母のロージーと2人暮らしの10歳の少年ジョジョは、憧れのヒトラーユーゲントの合宿に参加する。想像上の友だちであるアドルフの叱咤激励を受けながら、クレンツェンドルフ大尉の厳しい訓練を懸命にこなしていくジョジョだったが…。 JAN:4959241777621

「ジョジョ・ラビット」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: JOJO RABBIT

「ジョジョ・ラビット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ジョジョ・ラビットの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDR7014 2020年06月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
294枚 31人 40人

【Blu-ray】ジョジョ・ラビット(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR7014 2020年06月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
118枚 28人 47人

関連作品

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全18件

ワイティティ監督について

投稿日:2020/07/18 レビュアー:恋次郎

ワイティティ監督はこの作品で今年のオスカー脚色賞を受賞しました。脚本、監督とヒトラーおじさんを演じてます。
監督作品はバンパイアシェアハウスのような異色作からマイティソー バトル・ロワイアルといったイベントヒット作も手掛けてます。
今後の予定ではスターウォーズの新作があるようです。
その前に比較的自由にできたのが本作でしょう。
ぶら下がっている母親の靴ひもを結ぶ姿に胸が締め付けられます。
いい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今まで見た事のない

投稿日:2020/07/03 レビュアー:ももさん

他の方のレビュー以外なんの情報なく鑑賞しましたが…
第二次世界大戦末期のナチス統制下のドイツを舞台にした作品
映像とアングルも素晴らしいのでその世界感に引き込まれ
最後まで一気に見入ってしまいました!!
今までにない設定と観点から戦争をを描いた素晴らしい作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

戦争中の話だという実感がなかなかわかなかった

投稿日:2020/07/02 レビュアー:チキンハート

感想・総評:ナチスによるユダヤ人の迫害はよく扱われているテーマだけど、こんなに悲惨さを感じさせない作品は初めて

対象年齢:中学生以上(多少残酷な場面あり。H場面なし)

食事中に見られるか:無理という程ではない

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

評価しにくいファンタジー

投稿日:2020/06/27 レビュアー:icy

ナチとユダヤ人を題材に取る必要はなかったと思う。この映画が描いているのは完全にファンタジーの世界であり、考えようによっては少年の頭の中の(つまり現実とはあまり関係のない)物語。しかし、事がナチなのでディテールで(と言うか大事で)粗が見えると突っ込みたくもなる。粗が目立つ割に画面のメッセージ性は強い。基本的にキャラを正面から見据えたカメラワーク。各登場人物が真っ直ぐこちらを見ながらメッセージを放つ。
差別や戦争や全体主義の醜悪さを独特のコメディタッチで茶化し、ファンタジーを通してリベラリズムを礼賛するが、10歳の子供の成長と歩調を合わせるにしてももう少し説得力を持つプロットにすべきだったと思う。どうせなら、トランプやネタニヤフを茶化せばよかった。そうすれば自ずと緊張感が増しただろう。別に直接トランプだと言わなくてもいい。そのカリカチュアが分かれば十分。残念な話だが、このファンタジーの主題は極めて現代的だ。それを表現するのに敢えて現代を選ばない理由が分からん。
ヨハンソンとロックウェルはさすがの上手さだったけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

反戦と差別をコミカルに素敵な作品に仕上げてる

投稿日:2020/06/10 レビュアー:ラストシアター

第2次世界大戦下のドイツが舞台

ドイツ軍・ナチが非情で冷酷

戦争の愚かさ、悲惨さ

ユダヤ人の悲劇など

10歳の少年ジョジョが見る世界

重いテーマをポップにファンタジーにした

コミカルな作品

空想のヒトラーとジョジョのやりとりが面白い

平和と希望が見えるラストのダンスが素敵だ

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全18件

ジョジョ・ラビット