No.27 RANKING

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエルの画像・ジャケット写真
リチャード・ジュエル / サム・ロックウェル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リチャード・ジュエル」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠クリント・イーストウッド監督が、1996年のアトランタ五輪で大会期間中に起きた爆弾テロをめぐる実話を映画化したサスペンス・ドラマ。警備員として多くの命を救ったヒーローから一転、容疑者とされた男リチャード・ジュエルの過酷な運命を描く。主演はポール・ウォルター・ハウザー、共演にサム・ロックウェル、キャシー・ベイツ。1996年、アトランタ。高齢の母と2人暮らしの不器用で実直な男リチャード・ジュエル。警備員をしていた彼は、多くの人でにぎわうイベント会場で不審なリュックを発見し、中身の爆発物に気づいたことで大惨事を未然に防いだ。マスコミはこぞって彼を英雄として報道するも、捜査に当たるFBIは次第に第一発見者のリチャードに疑いの目を向け始めるが…。 JAN:4548967439656

「リチャード・ジュエル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: RICHARD JEWELL

「リチャード・ジュエル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リチャード・ジュエルの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764282 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
355枚 53人 76人

【Blu-ray】リチャード・ジュエル(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764281 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
137枚 151人 157人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全25件

こういう作品を抜き取る監督、凄いなって思うネタバレ

投稿日:2020/07/27 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

クリント・イーストウッド監督はいつも期待を裏切らない
実話にこだわる意味も感じられます
この作品も凄く良かったです

公園のベンチに仕掛けられた爆弾を発見し大勢の命を救ったヒーロー
そんな彼が3日後には、爆弾事件の容疑者にされてしまいます

それは彼の人生を壊してしまうほどの不幸
さらに追い打ちをかけるのは、メディアの過剰報道
一瞬にして、一般人の生活が狂わされてしまうのです
早々の犯人逮捕の必要からFBIも確認不足で強引な捜査が進んでいきます
そんな地獄へ落とされてしまうのは母思いの優しい警備員リチャード・ジュエル
警察官に憧れを持つ、正義感が強い彼
自分が正しいと思ってとった行動によってこんな目に遭ってしまうなんて人間不信もいいところです

リチャードとは昔の職場で出会い、スニッカーズつながり
彼にとって、唯一頼れる弁護士でした
サム・ロックウェルが演じていて、適役の好演でした
彼がリチャードにかける応援の言葉に何度となく感動させられます

そして、きっとこの映画の名シーンになるであろうキャシー・ベイツ演じる母親の
会見でのシーンは涙を誘います
ラストにも感動だったし、いい映画でした。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

腹立たしくもなるけど、観て良かったと思えた。すごく。

投稿日:2020/07/17 レビュアー:ihcadomotagagie

期待していたサスペンス要素はなかった。
内容的に重くなると思ったけど、
リチャード(主人公)のキャラが緩和してくれました。

法やそれに関わる人は「頭の良い人しかなれない」
という安易な思い込みが吹っ飛びました。

所詮は人間のやりくりなので
冤罪っていつの時代もこれからも
存在するんだろなー。怖い。
そして、メディアじゃなく
メディアにのっかる人間も怖い。

観て良かったと思える一番の理由は、
中立に物事を考える事がいかに難しく大事か
って思考に刺激を与えてくれたから。
かな。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

3

投稿日:2020/07/06 レビュアー:aa

見応えがあった

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

行き過ぎた正義の話

投稿日:2020/06/29 レビュアー:Yohey

サム・ロックウェル、いい役者だなぁ。ヒーローには絶対になれない男だけど、こういう人は要るんだよ、っていう役には外せないですね。今回も、善なのか悪なのか、有能なのかそうでないのか、よく分からない役をやっておりますが、人としての芯の部分がぶれない役をきっちりと演じております。

警備員が爆破事件の被害を抑えるために奮闘したのに、結果として容疑者に仕立て上げられ、社会から糾弾を受けるという話でして、似たような事件は日本でもあり、ひどい話だなと思う反面、リアルタイムだったら、絶対、自分も疑っただろうなと思ってしまいます。それはマスコミや警察が悪いというよりも、人間はどこかにおもしろおかしく感じたい部分があって、そういう目でなんでも見てしまうんですね。

今回の主人公は見た目がヒーローっぽくなく、容疑者と言われてしまえばそうかも知れないと思ってしまう。そうなると、正義の名のもとに、でっちあげもあるし、また何も知らぬ他人が、人を貶めまくることも発生してしまう。

この物語の面白いところは、主人公もまた「行き過ぎた正義」の実行者だったところ。自らの行き過ぎた正義の行動によって、周りから危険人物と思われ、そして周りの行き過ぎた正義から糾弾を受ける、という図式。人というのは面白いものです。

題材としては地味な部類で、主人公の風貌もあってか共感をえにくい話ではありましたが、イーストウッドらしい、人の本質の部分が出ていて良かったです。お母さんのキャシー・ベイツもらしくて良かったなぁ。主人公はどんぴしゃなんだろうけど、やっぱり共感できなかった。それこそが狙いなんだろうな、うまい作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

久々の米国映画感動モノ

投稿日:2020/06/27 レビュアー:カナル

さすがクリント・イーストウッド様の作品です。民主主義、個人主義のアメリカでさえ、というかアメリカでこそ、と言えるかも、の濡れ衣ストーリー。興行的にはパッとしなかったらしいですが、濡れ衣事、マスコミの暴走の怖さ、弁護士の正義感、プロフェッショナルとしての根性、etc. 勉強になる要素がいっぱいで、主人公が苦しみながら人間的強さや真の自信を身につけていく過程には心が動きます。主役のポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、さすがの演技。オリヴィア・ワイルドもいい感じでした。脚本も英語の勉強になります。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全25件

リチャード・ジュエル