楽園の画像・ジャケット写真

楽園 / 綾野剛
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「楽園」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

「64-ロクヨン-」「友罪」の瀬々敬久監督が吉田修一の短編集『犯罪小説集』を映画化したサスペンス・ドラマ。閉塞した田舎町を舞台に、12年の時を経て同じY字路で起こった2つの事件によって人生を大きく狂わされた3人の男女の過酷な運命を描く。主演は綾野剛、杉咲花、佐藤浩市。田園が広がるとある地方都市。ある日、地域の顔役である藤木五郎の孫娘・愛華がY字路でこつ然と姿を消す事件が起きる。必死の捜索もむなしく、愛華が発見されることはなかった。それから12年後、愛華の親友でY字路で別れる直前まで一緒だった湯川紡は、いまだに罪悪感を拭えずにいた。彼女はひょんなことから地元の青年・中村豪士と知り合い、心を通わせていくが…。 JAN:4907953215900

「楽園」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

日本

「楽園」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

鬼平外伝 正月四日の客

清須会議

男はつらいよ 寅次郎心の旅路 【第41作】

月に祈るピエロ

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全25件

見ていて苦しくなりました

投稿日:2021/02/21 レビュアー:スヌーピー

暗い話で見ていて辛くなりました。二つの犯罪の話だけど一つは最初犯人が分からないのにあんな事件が起こってかわいそうとか思ったけどラストのシーンでグレーぽくてそしたら正直気持ちが分からなくなりました
もう一つの事件は村の人達のために頑張っていたのにあんなことになって気の毒だけどでも人殺しは犯罪だから見ていて複雑でした。小さな集落だからこそありえる事件だなと思うと何とも言えない気持ちになりました。集落だからその人たちとうまくいかなくなるとつまはじきになって孤立してしまう。悲しいというか寂しい気持ちになりました。
紡ちゃんは一番気の毒というかかわいそうでした。私も同じ経験したらずっと自分を責め続けて苦しくなるだろうなと思うと見ていて辛かったです。

それにしても出演者さんたちの演技がすごくリアルでお芝居してる感じがしなくてすごいなと思いました。どの人達もすごい演技力でした

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

希望のない楽園

投稿日:2020/04/24 レビュアー:飛べない魔女

全く前知識なしで見ました。

映画の内容は他のレビューアーさんたちが多くを語ってらっしゃるので
省きます。
見終わった後の私の言葉は
『なんだこれ?胸クソが悪い映画だな』

タイトルの『楽園』とは裏腹の
閉鎖的な限界集落で起こる二つの事件は
追い詰められた人間の絶望しかない悲惨なもの。
実際に起きた事件をモチーフにしているにしても
映画としては暗く重く希望もない、光もない、愛もない
そんな作品でした。
現実はともかく、せめて映画の中では一筋の光が欲しかった。
人はもっと優しいはず。。。

こんな時に見る映画じゃなかった、ということでしょう。
重たい気持ちに追い打ちをかけてしまいました(;^_^A
佐藤浩一さんの迫真の演技と
綾野剛くんの渾身の演技だけが
際立った作品です。

結論、好きじゃない。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2020/08/23 レビュアー:konko

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

閉鎖と排他と闇

投稿日:2020/06/30 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 限界集落で起こった失踪事件。
 そこを発端とする村八分。

 誰かを排除することでしか存在できない。
 そこにまともな人が入るとたちまち狂って壊されてしまう。

 まともだった人たちの哀れな物語。
 そこはまさに楽園(ディストピア)。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

後味悪い...暗から明へ変われるか? ネタバレ

投稿日:2020/05/17 レビュアー:karren

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 田舎の集落で起こった2度の誘拐事件を通して、人の闇を浮き彫りにする。
 そこで暮らす人々は、独自のルールを固く守り続けている。それを破ろうものなら、相手かまわず容赦なく叩きのめす。そして何の確証もないのに悪だと決めつけると、とことん追い詰める。
 傷心の紡(杉咲花)は東京へ、リサイクル品を売るアジア系のタケシ(綾野剛)は失踪事件の犯人とされ、自我を失った彼は焼身自殺をする。また、Uターン組のゼンジロウは養蜂をしているものの、ちょっとした手違いで村八分にあう。
 そしてそんな閉塞した村社会を壊そうと、ゼンジロウは愛犬や亡き妻を想い殺人を、紡は立て看板を引っこ抜き、「それでも私は全てを抱えて生きていくんだ」と強く誓う。 
 果たして紡や死んでいったタケシ、ゼンジロウにとって、夢見た楽園に少しでも近づけたなら、救いだろうと思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全25件

楽園

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

見ていて苦しくなりました

投稿日

2021/02/21

レビュアー

スヌーピー

暗い話で見ていて辛くなりました。二つの犯罪の話だけど一つは最初犯人が分からないのにあんな事件が起こってかわいそうとか思ったけどラストのシーンでグレーぽくてそしたら正直気持ちが分からなくなりました
もう一つの事件は村の人達のために頑張っていたのにあんなことになって気の毒だけどでも人殺しは犯罪だから見ていて複雑でした。小さな集落だからこそありえる事件だなと思うと何とも言えない気持ちになりました。集落だからその人たちとうまくいかなくなるとつまはじきになって孤立してしまう。悲しいというか寂しい気持ちになりました。
紡ちゃんは一番気の毒というかかわいそうでした。私も同じ経験したらずっと自分を責め続けて苦しくなるだろうなと思うと見ていて辛かったです。

それにしても出演者さんたちの演技がすごくリアルでお芝居してる感じがしなくてすごいなと思いました。どの人達もすごい演技力でした

希望のない楽園

投稿日

2020/04/24

レビュアー

飛べない魔女

全く前知識なしで見ました。

映画の内容は他のレビューアーさんたちが多くを語ってらっしゃるので
省きます。
見終わった後の私の言葉は
『なんだこれ?胸クソが悪い映画だな』

タイトルの『楽園』とは裏腹の
閉鎖的な限界集落で起こる二つの事件は
追い詰められた人間の絶望しかない悲惨なもの。
実際に起きた事件をモチーフにしているにしても
映画としては暗く重く希望もない、光もない、愛もない
そんな作品でした。
現実はともかく、せめて映画の中では一筋の光が欲しかった。
人はもっと優しいはず。。。

こんな時に見る映画じゃなかった、ということでしょう。
重たい気持ちに追い打ちをかけてしまいました(;^_^A
佐藤浩一さんの迫真の演技と
綾野剛くんの渾身の演技だけが
際立った作品です。

結論、好きじゃない。

投稿日

2020/08/23

レビュアー

konko

閉鎖と排他と闇

投稿日

2020/06/30

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 限界集落で起こった失踪事件。
 そこを発端とする村八分。

 誰かを排除することでしか存在できない。
 そこにまともな人が入るとたちまち狂って壊されてしまう。

 まともだった人たちの哀れな物語。
 そこはまさに楽園(ディストピア)。

後味悪い...暗から明へ変われるか?

投稿日

2020/05/17

レビュアー

karren

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 田舎の集落で起こった2度の誘拐事件を通して、人の闇を浮き彫りにする。
 そこで暮らす人々は、独自のルールを固く守り続けている。それを破ろうものなら、相手かまわず容赦なく叩きのめす。そして何の確証もないのに悪だと決めつけると、とことん追い詰める。
 傷心の紡(杉咲花)は東京へ、リサイクル品を売るアジア系のタケシ(綾野剛)は失踪事件の犯人とされ、自我を失った彼は焼身自殺をする。また、Uターン組のゼンジロウは養蜂をしているものの、ちょっとした手違いで村八分にあう。
 そしてそんな閉塞した村社会を壊そうと、ゼンジロウは愛犬や亡き妻を想い殺人を、紡は立て看板を引っこ抜き、「それでも私は全てを抱えて生きていくんだ」と強く誓う。 
 果たして紡や死んでいったタケシ、ゼンジロウにとって、夢見た楽園に少しでも近づけたなら、救いだろうと思う。

11〜 15件 / 全25件