ファースト・マン

ファースト・マンの画像・ジャケット写真
ファースト・マン / ライアン・ゴズリング
全体の平均評価点:
(5点満点)

29

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「ファースト・マン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&ライアン・ゴズリングのコンビが、人類で初めて月に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を映画化した伝記ドラマ。壮大なミッションに立ち向かった男たちの過酷な道のりと、アームストロング船長の知られざる素顔を、圧倒的臨場感の映像とともに描き出す。1961年、空軍でテストパイロットを務めるニール・アームストロングだったが、幼い娘を病で亡くす。寡黙な彼は、悲しみに暮れる妻ジャネットの前でも感情を表に出すことはなかった。しかし悲しみから逃れるべくNASAのジェミニ計画の宇宙飛行士に応募し、みごと採用される。宇宙飛行士たちに課されるいくつもの過酷な訓練をこなしていく中で、エリオットやエドら飛行士仲間との間に確かな絆が結ばれていくニールだったが…。 JAN:4988102765897

「ファースト・マン」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: FIRST MAN

「ファースト・マン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ファースト・マンの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
141分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR4856 2019年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
99枚 3人 5人

【Blu-ray】ファースト・マン(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
141分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1332 2019年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
80枚 4人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全29件

人類の到達点で見たものは、故郷だった。

投稿日:2019/07/27 レビュアー:ひゅう助

人類史上初めて月面に降り立った人物、ニール・アームストロングを描いた伝記映画。

ちなみに「地球は青かった」はガガーリンだよ。ここ!次のテストに出るから、注意して!!


長ったらしくニールが月面に降り立つまでを丁寧に描く。長いよ!正直、そこはどーでもいいよ!

ラスト、ついに月面に降り立つニールたち。

そこで彼が見たものとは。月の美しさ?違う。宇宙の広大さ?地球の青さ?違う。

彼が見たものは、家族。故郷。ホーム。そして亡くなった娘。

どれだけ途方も無いところを目指そうが。危険を顧みず、勝ち取ろうが。

みんな、最後に戻るのは、家族の元。

地球上で最も安心できる場所。

人類にとって大きな一歩を踏み出した男は、その瞬間故郷を夢見た。


という映画でした。

まーでも退屈な映画です。

☆3つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

月に降り立って50年の記念すべき日に

投稿日:2019/07/20 レビュアー:Yohey

ものすごく地味な映画でした。主人公のアームストロング氏は偉業を達成した人なんでしょうが寡黙な方のようなので表情もあまり出ず、黙々と黙々と話が進んでいきます。

そんな人が月に降り立つときに、あの名言をはく。なんてことはありえず、ありゃ始めからシナリオ(陰謀論には賛同しないけどね)があったんだと思いました。まあしゃあないね、国家的プロジェクトだから。降り立ったときに「月に降り立った!!」だけだったら興ざめですもんね。

ちょうど観たのが人類が月面に到着して50年目の日でした。物語では「飛行機が出来てからまだ60年」という言葉がありましたが、月に行ってからの50年はそこまで進化がなかったような気がします。ドローンとかはすごいけど、私が思い描いていた未来は車は飛んでたよなぁ。まあ、あれは今思えば荒唐無稽だけど・・・

ということで娘の死といったものがあったり、最終的には離婚する奥さんとの関係など、もっとドラマ的なシナリオはあったのでしょうが、そういうのはせず、淡々と淡々と終わった作品でした。

悪くはないんだけど面白くはないな、この作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ニール・アームストロングという人

投稿日:2019/07/19 レビュアー:sum7825

アポロ計画と同時代に生きた人には、映画「アポロ13号」よりも、こちらの方がはるかに心にしみる映画だ。ニール・アームストロングという人が、信じられないくらい冷静沈着で、エンジニアリングを最もよく理解した宇宙飛行士であったことを知っていれば、彼の心の葛藤をなぜこういう映画として表現したかが理解できる。ノー天気なオルドリンと、アームストロングの違いをぜひ理解してほしい。アメリカというイケイケどんどんの国において、なんと貴重な人材だったことか。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

長い・・

投稿日:2019/07/05 レビュアー:QWERTY

話はそれなりに面白いけど
とにかく長かった。

アポロ計画以前のジェミニ計画のところから始まり
妻と言い争ったり
途中で仲間が死んでどんより沈む・・
みたいな話が延々と続く。
結果がわかっている話だけに、すんごいスローペースに感じた。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★チェック

投稿日:2020/06/29 レビュアー:★チェック

★チェック

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全29件

ファースト・マン

月額課金で借りる

都度課金で借りる