レディ・バードの画像・ジャケット写真

レディ・バード / シアーシャ・ローナン

全体の平均評価点:(5点満点)

18

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「レディ・バード」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグがシアーシャ・ローナンを主演に迎え、自身の生まれ故郷カリフォルニア州サクラメントを舞台に撮り上げた思春期ドラマ。静かな地元の町に閉塞感を抱き、都会に憧れる活発で反抗的なヒロインの悩める高校最後の1年を瑞々しいタッチで綴る。2002年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感漂うこの町で窮屈な日々を送るクリスティン。堅苦しいカトリック系高校に通う彼女は、自分のことをレディ・バードと称し、何かと反発しては苛立ちを募らせていた。とくに口うるさい母親とはことあるごとに衝突してしまう。大学進学を巡っても、大都会ニューヨークに行きたい彼女は地元に残ってほしい母親と喧嘩して大騒動に。そんな中、ダニーという好青年のボーイフレンドができるクリスティンだったが…。 JAN:4988102715991

「レディ・バード」 の作品情報

作品情報

製作年:

2017年

製作国:

アメリカ

原題:

LADY BIRD

「レディ・バード」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

天使の処刑人 バイオレット&デイジー

ナイスガイズ!

プリティ・ブライド

ゴッホ 最期の手紙

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全18件

レディーバード、サイコー!俺はもう、離れられない!

投稿日:2020/05/03 レビュアー:ダイアー教授

アメリカ人の女子高生のお話です。
私は日本人の会社員のおっさんで、彼女との共通は皆無です。

興味はありませんでしたが、話題作ということもあり、やっつけ仕事みたいな感じで見始めました。
最初は、思春期真っ盛りのニキビ面の中ブスが、めんどくせーこと言ってんな〜
こいつ、実人生でぜってー絡みたくねーな(汗)と思っていましたが…

座って10分…いや、鑑賞後10分で楽しいと感じ、
大声で笑い、大声で応援して、大声でつっ込みを入れて、大泣きして、
映画を観た後は、レディースマーケット…
いやレディーバード(以下レディバ)が大好きになっていました

“レディーバード”を周囲に強制するイタい、レディバ。源氏名みたいです(笑)
オカンとケンカして車から飛び降りるレディバ(笑)。
腕を骨折してギブスに「オカン、くたばれ」と書きます(笑)
地元のサクラメントを田舎だバカばかりだと、ディスりまくるイタい、レディバ。
女子トイレが混んでるから、男子トイレに行く、おばちゃんみたいなレディバ!
その後の笑劇、いや衝撃の展開(笑)
バイト先のゴミ捨て場で“カレ”を抱きしめる優しいレディバ(泣)
家のことでしょーもない見栄を張るイタい、レディバ(笑)
初体験の相手がティモシー・シャラメ君とはギザ羨ましすだけど、
結果は散々なレディバ(爆笑)

プロムの道中ほんとの友だちを知るレディバ(大泣)

「勤めて働くようになったら、養育費を返してやる!」云々のくだりは、私も反抗期に親に言いましたが、今となっては恥ずかしい限りです…

失笑とズッコケ要素が多いのですが、
お父さんが失業して鬱病になってたり、お兄さんが養子だったり、
それとなくしか描かれないけど、ヘビーな要素が込められています。

最初はウザいと思っていましたが、彼女が大好きになりました。
映画の終わる頃には彼女と別れるのが惜しくなって、彼女に会いに“あの町へ”、行きたいと思いました。

そう…
これは映画=作り話で、レディーバードはシアーシャ・ローナンの超々超一流の演技であったことを忘れてしまうくらいに!

素晴らしい映画です!!!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

母娘に見て欲しいな ネタバレ

投稿日:2019/05/11 レビュアー:Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウチにも娘が2人いて、このレビュー書く2日前に「プロポーズされました」と報告を受けまして笑
いつまでも子供と思ってはいませんが、そういう現実があると、色々と再認識しますね。(次女は昨年に結婚)

もう1人、末っ子の息子(社会人)がいるのですが、「いつまでも子供」という意識は母親の方がウチは強いみたいで、まあ口うるさいですね笑

子供が成長する過程で、母と娘は同性同士の関係にもなる訳で、その中、親子関係も微妙に変化させていく必要がありますが、事はそんなに簡単ではありません。
劇中でも、思春期の高校生ならではの爆発力に母親も主人公自身も翻弄されて、あるあるだなぁと。

思いがバラバラで、壊れてしまった様にみえる関係も、見えないものでしっかり繋がっている家族という絆。
ウザくて厄介で、それでも自己犠牲も厭わない無償の愛がそこにあるからこその絆なんですよね。

ウチの母娘にも見せたい作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

どこがいいのか?

投稿日:2018/11/25 レビュアー:ぴか

どこが良いのかわかりません。淡々としすぎ。
少女版のアメリカングラフィティという人もいる様ですが、アメグラの価値の半分は
音楽ですから比べられません。
ただ、アメリカのカトリック系?の敬虔な人たちの暮らしの一端がわかります。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

点数のみ

投稿日:2020/01/27 レビュアー:Goose

星2.5

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

高校最後の一年間の少女の迷いや強さを見れて良かったです

投稿日:2019/11/04 レビュアー:スヌーピー

自分の高校最後の年はこんな素敵なことはなかったので青春してるなと思って少し羨ましく思いました。
母親は厳しいけどすごく愛情を感じるし、父親の優しさや愛情も素敵な親子だなと思いました。
親友のシェリーとの友情もすごく素敵で良かったです。途中喧嘩もしたけど素敵だなと思いました。
高校生の頃って一番異性に興味を持つ時だから主人公の気持ちもすごく良く分かるし失敗することも分かります。色々共感するところがあって時間的にも良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全18件

レディ・バード

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:18件

レディーバード、サイコー!俺はもう、離れられない!

投稿日

2020/05/03

レビュアー

ダイアー教授

アメリカ人の女子高生のお話です。
私は日本人の会社員のおっさんで、彼女との共通は皆無です。

興味はありませんでしたが、話題作ということもあり、やっつけ仕事みたいな感じで見始めました。
最初は、思春期真っ盛りのニキビ面の中ブスが、めんどくせーこと言ってんな〜
こいつ、実人生でぜってー絡みたくねーな(汗)と思っていましたが…

座って10分…いや、鑑賞後10分で楽しいと感じ、
大声で笑い、大声で応援して、大声でつっ込みを入れて、大泣きして、
映画を観た後は、レディースマーケット…
いやレディーバード(以下レディバ)が大好きになっていました

“レディーバード”を周囲に強制するイタい、レディバ。源氏名みたいです(笑)
オカンとケンカして車から飛び降りるレディバ(笑)。
腕を骨折してギブスに「オカン、くたばれ」と書きます(笑)
地元のサクラメントを田舎だバカばかりだと、ディスりまくるイタい、レディバ。
女子トイレが混んでるから、男子トイレに行く、おばちゃんみたいなレディバ!
その後の笑劇、いや衝撃の展開(笑)
バイト先のゴミ捨て場で“カレ”を抱きしめる優しいレディバ(泣)
家のことでしょーもない見栄を張るイタい、レディバ(笑)
初体験の相手がティモシー・シャラメ君とはギザ羨ましすだけど、
結果は散々なレディバ(爆笑)

プロムの道中ほんとの友だちを知るレディバ(大泣)

「勤めて働くようになったら、養育費を返してやる!」云々のくだりは、私も反抗期に親に言いましたが、今となっては恥ずかしい限りです…

失笑とズッコケ要素が多いのですが、
お父さんが失業して鬱病になってたり、お兄さんが養子だったり、
それとなくしか描かれないけど、ヘビーな要素が込められています。

最初はウザいと思っていましたが、彼女が大好きになりました。
映画の終わる頃には彼女と別れるのが惜しくなって、彼女に会いに“あの町へ”、行きたいと思いました。

そう…
これは映画=作り話で、レディーバードはシアーシャ・ローナンの超々超一流の演技であったことを忘れてしまうくらいに!

素晴らしい映画です!!!

母娘に見て欲しいな

投稿日

2019/05/11

レビュアー

Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウチにも娘が2人いて、このレビュー書く2日前に「プロポーズされました」と報告を受けまして笑
いつまでも子供と思ってはいませんが、そういう現実があると、色々と再認識しますね。(次女は昨年に結婚)

もう1人、末っ子の息子(社会人)がいるのですが、「いつまでも子供」という意識は母親の方がウチは強いみたいで、まあ口うるさいですね笑

子供が成長する過程で、母と娘は同性同士の関係にもなる訳で、その中、親子関係も微妙に変化させていく必要がありますが、事はそんなに簡単ではありません。
劇中でも、思春期の高校生ならではの爆発力に母親も主人公自身も翻弄されて、あるあるだなぁと。

思いがバラバラで、壊れてしまった様にみえる関係も、見えないものでしっかり繋がっている家族という絆。
ウザくて厄介で、それでも自己犠牲も厭わない無償の愛がそこにあるからこその絆なんですよね。

ウチの母娘にも見せたい作品でした。

どこがいいのか?

投稿日

2018/11/25

レビュアー

ぴか

どこが良いのかわかりません。淡々としすぎ。
少女版のアメリカングラフィティという人もいる様ですが、アメグラの価値の半分は
音楽ですから比べられません。
ただ、アメリカのカトリック系?の敬虔な人たちの暮らしの一端がわかります。

点数のみ

投稿日

2020/01/27

レビュアー

Goose

星2.5

高校最後の一年間の少女の迷いや強さを見れて良かったです

投稿日

2019/11/04

レビュアー

スヌーピー

自分の高校最後の年はこんな素敵なことはなかったので青春してるなと思って少し羨ましく思いました。
母親は厳しいけどすごく愛情を感じるし、父親の優しさや愛情も素敵な親子だなと思いました。
親友のシェリーとの友情もすごく素敵で良かったです。途中喧嘩もしたけど素敵だなと思いました。
高校生の頃って一番異性に興味を持つ時だから主人公の気持ちもすごく良く分かるし失敗することも分かります。色々共感するところがあって時間的にも良かったです。

11〜 15件 / 全18件