孤狼の血

孤狼の血の画像・ジャケット写真

孤狼の血 / 役所広司
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

45

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「孤狼の血」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

柚月裕子の同名ベストセラーを「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が主演の役所広司をはじめとする豪華キャストの共演で映画化した衝撃作。暴力団同士の抗争が激化する広島のとある地方都市を舞台に、暴力団が絡む事件の解決に乗り出したマル暴刑事が己の信念のみに従って進める法律無視の過激な捜査の行方を壮絶なバイオレンス描写とともに描き出す。昭和63年。広島の地方都市、呉原。そこでは地場の暴力団“尾谷組”と、広島の巨大組織“五十子会”をバックに進出してきた新興組織“加古村組”が一触即発の状態で睨み合っていた。そんな中、呉原東署に赴任した新米刑事の日岡秀一。赴任早々、暴力団絡みの事件が発生し、凄腕ながら黒い噂が絶えないマル暴のベテラン刑事・大上章吾の強引な捜査を目の当たりにするのだったが…。 JAN:4988111854599

「孤狼の血」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「孤狼の血」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

陸王 −ディレクターズカット版−

僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.

パーマネント野ばら

春日局 完全版

ユーザーレビュー:45件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全45件

原作に力負け

投稿日:2020/05/15 レビュアー:MIYAPON

柚月裕子の原作を読んでとても面白かったので、期待して見た分だけ少しがっかり。役所広司の大上はさすがに味があって良かったのだが、肝心の主人公である松坂桃李の新米刑事はヤサ男過ぎて線が細く、魅力に乏しい。原作にはなかった、妙な女の子とのエピソードにもうんざりした。脚本も今一つだが、若き日の菅原文太やクリント・イーストウッドにあったような強烈なアクと危険の臭いが松坂には欠如しており、ヤクザ映画の主役には向いていないのではなかろうか。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

一味違うヤクザ映画

投稿日:2020/01/04 レビュアー:こうさま

暴対法成立前、舞台は広島の架空場所である呉原市、地元のヤクザ組織「尾谷組」と広島から進出してきた大組織五十子会系「加古村組」の対立、そこに絡むマル暴の刑事大上、彼とコンビを組む新人エリート刑事日岡、クラブのママ、刑事、ヤクザ、女たちがそれぞれの正義を貫き生き残りをかけて戦う生き様を描いた作品で一味違うヤクザ映画である。
広島と言えば「仁義なき戦い」を連想してしまうが本作は菅原文太が主演していた「県警対組織暴力」を重ねてしまう。
映像は超過激、この手の作品が苦手の方は全面拒否ということになるだろうが、それは好みの問題ということで。
刑事とはいえ大上の捜査方法は常軌を逸している、「尾谷組」と癒着し、金は平気で受け取り、暴力以上とも言える脅しでヤクザを締め上げるし、必要とあらば美人局をして情報を得る。
そんな大上のやり方に不満と疑問を持ち反発する日岡、大上の行動を克明に記録して広島県警の監察官(警視)に報告し大上の処分を要請するが、何故か警視はなかなか行動を起こさない。
この疑問は終盤で明らかになり、ここにも衝撃の事実が隠されている。
「悪」を倒すために悪にまみれた「善」も必要なのだろう。
突如失踪する大上、そこで日岡は知る。
大上の行動はヤクザ抗争の均衡を保ち、それが市民いわゆるカタギの生活を守っているのだと。
ここが本作のポイントなんだろう。
そして日岡の目線も変わる、大上の失踪を捜査する過程で狂気を発揮するシーンはなかなか印象的である。
懐かしい「東映」を思い出させてくれる作品、題材はともかく一味違うヤクザ映画であることは間違いない。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

出演者が豪華でした

投稿日:2019/10/28 レビュアー:スヌーピー

日本アカデミー賞で賞を取るだけあって出演者さんたちの演技がすごく良かったです。
この頃はやくざの力がすごく強かったんだなと思いました。昭和な感じがすごく伝わってきました。

見ていて怖いところや痛そうな場面も多くてやくざと刑事のぶつかりあいがすごいなと思いました。
役所広司さんの演技力すごかったです。色々な作品に出てるけど本当に毎回すごいなと思います。
松坂桃李さんの最近の演技力すごいと思いました。最初と最後では目の表情もすごい変わっていて気迫を感じました。それにしても豪華な出演者さんで驚きました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

Vシネマなら力作 ネタバレ

投稿日:2018/11/04 レビュアー:ゆうさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

劇場向け作品と考えるなら駄作です。
アウトレイジがヒットしたから慌てて作った感が各所に見られます。
ストーリーは面白いが仕上がりとしてはB級作品です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

渋い映画

投稿日:2018/11/03 レビュアー:ヒイロフィッシュ

広島の馴染みのある風景が出ていました。
面白かったですが、何か単線でつながっていないような。
実話ベースの映画で日本で一番悪い奴らの方がしっかりと作られていました。
それに比べると、やくざ映画というより、有名役者がたくさんいてアイドルチックに見えてしまいました。
でも、久しぶりに面子で生きるという感じの映画だったと思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全45件

孤狼の血

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:45件

原作に力負け

投稿日

2020/05/15

レビュアー

MIYAPON

柚月裕子の原作を読んでとても面白かったので、期待して見た分だけ少しがっかり。役所広司の大上はさすがに味があって良かったのだが、肝心の主人公である松坂桃李の新米刑事はヤサ男過ぎて線が細く、魅力に乏しい。原作にはなかった、妙な女の子とのエピソードにもうんざりした。脚本も今一つだが、若き日の菅原文太やクリント・イーストウッドにあったような強烈なアクと危険の臭いが松坂には欠如しており、ヤクザ映画の主役には向いていないのではなかろうか。

一味違うヤクザ映画

投稿日

2020/01/04

レビュアー

こうさま

暴対法成立前、舞台は広島の架空場所である呉原市、地元のヤクザ組織「尾谷組」と広島から進出してきた大組織五十子会系「加古村組」の対立、そこに絡むマル暴の刑事大上、彼とコンビを組む新人エリート刑事日岡、クラブのママ、刑事、ヤクザ、女たちがそれぞれの正義を貫き生き残りをかけて戦う生き様を描いた作品で一味違うヤクザ映画である。
広島と言えば「仁義なき戦い」を連想してしまうが本作は菅原文太が主演していた「県警対組織暴力」を重ねてしまう。
映像は超過激、この手の作品が苦手の方は全面拒否ということになるだろうが、それは好みの問題ということで。
刑事とはいえ大上の捜査方法は常軌を逸している、「尾谷組」と癒着し、金は平気で受け取り、暴力以上とも言える脅しでヤクザを締め上げるし、必要とあらば美人局をして情報を得る。
そんな大上のやり方に不満と疑問を持ち反発する日岡、大上の行動を克明に記録して広島県警の監察官(警視)に報告し大上の処分を要請するが、何故か警視はなかなか行動を起こさない。
この疑問は終盤で明らかになり、ここにも衝撃の事実が隠されている。
「悪」を倒すために悪にまみれた「善」も必要なのだろう。
突如失踪する大上、そこで日岡は知る。
大上の行動はヤクザ抗争の均衡を保ち、それが市民いわゆるカタギの生活を守っているのだと。
ここが本作のポイントなんだろう。
そして日岡の目線も変わる、大上の失踪を捜査する過程で狂気を発揮するシーンはなかなか印象的である。
懐かしい「東映」を思い出させてくれる作品、題材はともかく一味違うヤクザ映画であることは間違いない。

出演者が豪華でした

投稿日

2019/10/28

レビュアー

スヌーピー

日本アカデミー賞で賞を取るだけあって出演者さんたちの演技がすごく良かったです。
この頃はやくざの力がすごく強かったんだなと思いました。昭和な感じがすごく伝わってきました。

見ていて怖いところや痛そうな場面も多くてやくざと刑事のぶつかりあいがすごいなと思いました。
役所広司さんの演技力すごかったです。色々な作品に出てるけど本当に毎回すごいなと思います。
松坂桃李さんの最近の演技力すごいと思いました。最初と最後では目の表情もすごい変わっていて気迫を感じました。それにしても豪華な出演者さんで驚きました。

Vシネマなら力作

投稿日

2018/11/04

レビュアー

ゆうさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

劇場向け作品と考えるなら駄作です。
アウトレイジがヒットしたから慌てて作った感が各所に見られます。
ストーリーは面白いが仕上がりとしてはB級作品です。

渋い映画

投稿日

2018/11/03

レビュアー

ヒイロフィッシュ

広島の馴染みのある風景が出ていました。
面白かったですが、何か単線でつながっていないような。
実話ベースの映画で日本で一番悪い奴らの方がしっかりと作られていました。
それに比べると、やくざ映画というより、有名役者がたくさんいてアイドルチックに見えてしまいました。
でも、久しぶりに面子で生きるという感じの映画だったと思います。

11〜 15件 / 全45件