ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の画像・ジャケット写真
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 / キリアン・マーフィー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

14

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 の解説・あらすじ・ストーリー

ショーン・エリス監督が第2次世界大戦中の凄惨な暗殺事件「エンスラポイド作戦」を映画化。第2次大戦中期。イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府は、ナチスNo.3のラインハルト・ハイドリヒの暴走を止めるため、ふたりの軍人を送り込む。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: チェコ/イギリス/フランス
原題: Anthropoid

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE75829 2018年02月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 14件 / 全14件

真っ向勝負型の実話映画。良作でした

投稿日:2018/03/24 レビュアー:オッドジョブ

どちらが正義とか人間の業とか戦争に乗っかって描かれるようなありがちテーマはありません。ただただ、ひたすらに重苦しい空気だけが伝わってきます。でもこれは良作ですね。

完全にチェコ側に立った話(まあ敵もナチスなので)ですし、ストーリーもほとんど映画的ひねりを加えずに進みます。ただ視線一つ表情一つで緊迫させられる演出、美しいプラハの街並み、当時の雰囲気を再現させた細部などもあって全体に見事な仕上がり。

最初と最後に説明的字幕を入れる実話ベースとして真っ向勝負の作りですが、それすら真摯さを感じさせる良い表現に思えてくるくらいです。

言ってもしょうがないんだけど、さすがにこの出来に対してこの邦題はもったいないですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

投稿日:2018/03/11 レビュアー:しょうちゃん

第2次世界大戦の史実を基に、
ナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画“エンスラポイド作戦”を映画化した実録戦争サスペンス。
ナチス占領下のチェコを舞台に、
ハイドリヒ暗殺という過酷な任務に挑む2人の若者の悲壮な決意とその顛末を緊迫感あふれる筆致で描き出す。
本作は、
ナチスに占領されていたチェコを統治していたラインハルト・ハイドリヒを暗殺する作戦を描いたもの。
邦題の「ハイドリヒを撃て!」だけ見ると軽快な感じに思えてきますが、
全くそんな軽さはないくて、
終始、
重苦しい空気の流れる作品でした。
ショーン・エリス監督作品なんですが、
アート系の作品を撮る監督だと思っていたので、
この様な作品を撮るのは意外でした。
本作の「エンスラポイド作戦」は、
ナチスの高官暗殺計画で唯一成功した作戦だったみたいです。
緊迫感あふれる中でも、
所々でプラハの美しい街並みのカットを拝むことができる。
史実の重みを感じる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

英雄は誰か?ネタバレ

投稿日:2018/02/22 レビュアー:taki

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ナチスドイツに屈服していないことを示す亡命政府が指令した暗殺のミッション、実話に基づく映画です。
場所はチェコのプラハ、4年前に行きましたが、とても美しい町でした。

暗殺のターゲットとして狙う高級な司令官が護衛もなしに街にでるほど、弾圧で抵抗が弱くなっていたんでしょうね。
最後に隊員たちも全滅というか自決、悲しいお話でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦題がひどすぎる。内容は暗いけどなかなか良いです。

投稿日:2018/02/15 レビュアー:aac

さすがに原題の”エンスラポイド”は語呂が悪いとはいえ、
この安っぽいタイトルをなぜつけようと思ったのか。
一昔前のB級アクションかと疑うタイトルです。

内容はあらすじにあるように、チェコで起こったエンスラポイド作戦の3度目の映画化です。

全体的に話も暗いし(暗殺作戦だから当然か)、画面も暗めです。
しかし当時のナチスにむちゃくちゃされてたチェコの悲壮感ってこんな感じなのかな
と想像させるのに、画面の暗さが丁度いい演出になっています。

最期の銃撃戦はなかなかの迫力がありますが、せっかくキリアンマーフィーを起用してるのに、
ほとんど活躍しないままなのは、少しもったいない気もします。

史実を知らないと、何をやっているのか分からない史実映画も多数ありますが、
これは知らなくても楽しめるようになっているので、オススメです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 14件 / 全14件

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

月額課金で借りる

都度課金で借りる