ベイビー・ドライバー

ベイビー・ドライバーの画像・ジャケット写真

ベイビー・ドライバー / アンセル・エルゴート
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

34

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

旧作

ジャンル :

「ベイビー・ドライバー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

旧作

解説・ストーリー

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のエドガー・ライト監督が、ギャングに雇われ、“逃がし屋”として働く天才ドライバーの青年ベイビーの活躍を描く痛快クライム・カー・アクション。主演はアンセル・エルゴート、共演にケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス。天才的なドライビング・テクニックを買われ、ギャングのボス、ドクの下で“逃がし屋”として働く青年ベイビー。幼い頃の事故で両親を亡くし、自身もその後遺症で耳鳴りに悩まされている。そのためiPodが手放せず、常にお気に入りのプレイリストを聴き続けていた。そんなある日、ベイビーはウェイトレスのデボラと出会い、恋に落ちる。そして彼女のために、この世界から足を洗おうと決意するベイビーだったが…。 JAN:4547462115256

「ベイビー・ドライバー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2017年

製作国:

アメリカ

原題:

BABY DRIVER

「ベイビー・ドライバー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アルビノ・アリゲーター

ブラザーサンタ

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 3

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団

ユーザーレビュー:34件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全34件

音楽とシンクロするスピード

投稿日:2019/06/11 レビュアー:こうさま

甘いマスクをした若者ベイビー、凄腕の「逃がし屋」なのである。
冒頭からいきなり強烈なカーチェイス、音楽とドライビングテクニックがシンクロするように疾走する車、ドライビングテクニックだけで警察の追撃をかわして見事に逃げ切ってしまう。
最近はCG技術の向上もあって空を飛んだり、大ジャンプしたりというカーアクションがよく登場するが、やはり車は地面を走らなきゃ。
ベイビーは純粋な若者、ボスに脅され借金の返済のために逃がし屋をやっているだけで犯罪そのものには全く関わらない。
そんな彼がデボラと恋に落ち、彼の世界観が大きく変わる、自ら自分の置かれている状況を打破しようと全力で突っ走る。
デホラと二人で疾走するラストシーン、このまま永遠に走り続けて破滅への道へ突き進むのか、、、、。
アクションと音楽ときれいなラブストーリーが融合しテンポよく進む展開はなかなかよい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

映画の中に引き込まれる!

投稿日:2018/01/23 レビュアー:ひゅう助

面白かったです。

予告編のノリノリ爽快感。それを本編で味わうことは叶わなかったが、それでも息つく暇もない展開とテンポの良さ、そして妙なプライドをもったキャラで十二分に楽しめました。


主人公は音楽が手放せない。ボスは妙に義理堅い。悪党たちもそれぞれ凝った考えの持ち主で、面白い面々だ。

キャラ作りは相変わらず素晴らしいエドガー・ライト監督。

ストーリーは、終盤ちょっとガチャついたけど、それでも面白かった。

映画の中に入らせる「引き」がいいね。

あと、リリー・ジェームズが抜群に可愛かった。

☆5つ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

見やすいアクションもの

投稿日:2018/11/29 レビュアー:bell

 他のアクションものと比べても、しっくりと見やすい。主人公ベイビー(アンセル・エルゴート)の幼少の事情や、父ジョセフ(CJ・ジョーンズ)との関係など、情が湧いてくるところもあり、主人公に親しみを抱かせる。そうした善と悪の二面性を見せているところが、アクションだけでない、人間ドラマごときを感じさせる。
 そして彼女デボラ(リリー・ジェームズ)との関係は、最後どうなったのか思い出せない。アクション目当てで借りたので、どの辺はどうでも良いのだが、見せると感じさせるの両方を狙ったのが、そのどちらもが中途半端になった感じ。今ひとつ毒気のようなものが欲しいかな。どうみても銃弾は主人公に当たっているはずなのだけどね。★★★☆

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ふつーに面白くていい映画 ネタバレ

投稿日:2018/06/05 レビュアー:ダイアー教授

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ツタヤさんのあらすじに沿ってレビューします。

「映像と音楽がシンクロする」
斬新って前評判でしたが、その部分はイマイチくんでした…
ベイビーが聴いている曲が好きな人はハマるのでしょうが、
EDMやMax Martin Produceに毒されている私の耳にはひと昔前のダサい曲としか聞こえませんでした。

楽曲に自分の名前を見つけようって言っても、
昭和生まれの私は長渕とかハマショーの歌に出てくるくらいなので、
キュンキュンしませんしね…

音楽の好みでだいぶ評価が分かれるのではないでしょうか?

「爽快クライムアクション。天才的なドライビングセンスを買われたベイビーは、組織で“逃がし屋”として働いていた。」
この部分はかなり良かったと思います!
カーアクションシーンはこれが特撮であることを忘れるくらいリアルで、
アイデアが斬新です。
自宅でTVを前に車を何度もよけて、何度か人身事故に合った気分です。


「しかし、彼は恋人・デボラの存在を嗅ぎ付けられ、組織を抜ける決意をする。」
この部分はかなり良かったと思います!
が、フェイクニュースを指摘せねばなりません…
デボラは恋人ではありません、まだ!
婚前交渉前…
MTだと半クラ状態、ATだと徐行の状態でしょうか。

デボラのために組織を抜けるため、ベイビーの取る行動と、それが招く結果は、
非常にハラハラしました。

なぜなら、ベイビーとデボラ…2人は結ばれて欲しい、
ジェイミー・フォックスは死んで欲しい(某Le Q鉱山で過労死を希望します)、
クソビッチと連れのイタリア野郎(?)は2人のことを理解して逃がして欲しい(お前らさ、ボニーとクライド、パンプキンとハニーバニー気取りだろ?)、
と思ったからです。

こんな風に感情移入させるなんて、物語としては
いい出来ではないでしょうか?

私はふつーに面白くていい映画だと思います。

以下、ネタバレ含む所見です。

車から降りて、パクられ、ムショに入って、
彼の名前が初めて明らかになります…

マイルズなんだ〜

裁判では彼がほんとはいい奴だと証言され、
懲役25年のセンテンスが5年で仮釈、
デボラが迎えにきます!!!

ベイビーにとって車はママンのお腹の中で、
音楽はママンの鼓動…

車から出て、ベイビーは生を受けたのではないでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

カーアクションだけでなくストーリーも悪くない

投稿日:2018/03/03 レビュアー:チキンハート

感想・総評:よくあるような、後のことは知らないよ、的なエンディングではないところがいい

対象年齢:子供〜大人(多少残酷な場面あり。H場面はなく、キスシーン程度)

食事中に見られるか:無理ではなさそう

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全34件

ベイビー・ドライバー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:34件

音楽とシンクロするスピード

投稿日

2019/06/11

レビュアー

こうさま

甘いマスクをした若者ベイビー、凄腕の「逃がし屋」なのである。
冒頭からいきなり強烈なカーチェイス、音楽とドライビングテクニックがシンクロするように疾走する車、ドライビングテクニックだけで警察の追撃をかわして見事に逃げ切ってしまう。
最近はCG技術の向上もあって空を飛んだり、大ジャンプしたりというカーアクションがよく登場するが、やはり車は地面を走らなきゃ。
ベイビーは純粋な若者、ボスに脅され借金の返済のために逃がし屋をやっているだけで犯罪そのものには全く関わらない。
そんな彼がデボラと恋に落ち、彼の世界観が大きく変わる、自ら自分の置かれている状況を打破しようと全力で突っ走る。
デホラと二人で疾走するラストシーン、このまま永遠に走り続けて破滅への道へ突き進むのか、、、、。
アクションと音楽ときれいなラブストーリーが融合しテンポよく進む展開はなかなかよい。

映画の中に引き込まれる!

投稿日

2018/01/23

レビュアー

ひゅう助

面白かったです。

予告編のノリノリ爽快感。それを本編で味わうことは叶わなかったが、それでも息つく暇もない展開とテンポの良さ、そして妙なプライドをもったキャラで十二分に楽しめました。


主人公は音楽が手放せない。ボスは妙に義理堅い。悪党たちもそれぞれ凝った考えの持ち主で、面白い面々だ。

キャラ作りは相変わらず素晴らしいエドガー・ライト監督。

ストーリーは、終盤ちょっとガチャついたけど、それでも面白かった。

映画の中に入らせる「引き」がいいね。

あと、リリー・ジェームズが抜群に可愛かった。

☆5つ。

見やすいアクションもの

投稿日

2018/11/29

レビュアー

bell

 他のアクションものと比べても、しっくりと見やすい。主人公ベイビー(アンセル・エルゴート)の幼少の事情や、父ジョセフ(CJ・ジョーンズ)との関係など、情が湧いてくるところもあり、主人公に親しみを抱かせる。そうした善と悪の二面性を見せているところが、アクションだけでない、人間ドラマごときを感じさせる。
 そして彼女デボラ(リリー・ジェームズ)との関係は、最後どうなったのか思い出せない。アクション目当てで借りたので、どの辺はどうでも良いのだが、見せると感じさせるの両方を狙ったのが、そのどちらもが中途半端になった感じ。今ひとつ毒気のようなものが欲しいかな。どうみても銃弾は主人公に当たっているはずなのだけどね。★★★☆

ふつーに面白くていい映画

投稿日

2018/06/05

レビュアー

ダイアー教授

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ツタヤさんのあらすじに沿ってレビューします。

「映像と音楽がシンクロする」
斬新って前評判でしたが、その部分はイマイチくんでした…
ベイビーが聴いている曲が好きな人はハマるのでしょうが、
EDMやMax Martin Produceに毒されている私の耳にはひと昔前のダサい曲としか聞こえませんでした。

楽曲に自分の名前を見つけようって言っても、
昭和生まれの私は長渕とかハマショーの歌に出てくるくらいなので、
キュンキュンしませんしね…

音楽の好みでだいぶ評価が分かれるのではないでしょうか?

「爽快クライムアクション。天才的なドライビングセンスを買われたベイビーは、組織で“逃がし屋”として働いていた。」
この部分はかなり良かったと思います!
カーアクションシーンはこれが特撮であることを忘れるくらいリアルで、
アイデアが斬新です。
自宅でTVを前に車を何度もよけて、何度か人身事故に合った気分です。


「しかし、彼は恋人・デボラの存在を嗅ぎ付けられ、組織を抜ける決意をする。」
この部分はかなり良かったと思います!
が、フェイクニュースを指摘せねばなりません…
デボラは恋人ではありません、まだ!
婚前交渉前…
MTだと半クラ状態、ATだと徐行の状態でしょうか。

デボラのために組織を抜けるため、ベイビーの取る行動と、それが招く結果は、
非常にハラハラしました。

なぜなら、ベイビーとデボラ…2人は結ばれて欲しい、
ジェイミー・フォックスは死んで欲しい(某Le Q鉱山で過労死を希望します)、
クソビッチと連れのイタリア野郎(?)は2人のことを理解して逃がして欲しい(お前らさ、ボニーとクライド、パンプキンとハニーバニー気取りだろ?)、
と思ったからです。

こんな風に感情移入させるなんて、物語としては
いい出来ではないでしょうか?

私はふつーに面白くていい映画だと思います。

以下、ネタバレ含む所見です。

車から降りて、パクられ、ムショに入って、
彼の名前が初めて明らかになります…

マイルズなんだ〜

裁判では彼がほんとはいい奴だと証言され、
懲役25年のセンテンスが5年で仮釈、
デボラが迎えにきます!!!

ベイビーにとって車はママンのお腹の中で、
音楽はママンの鼓動…

車から出て、ベイビーは生を受けたのではないでしょうか?

カーアクションだけでなくストーリーも悪くない

投稿日

2018/03/03

レビュアー

チキンハート

感想・総評:よくあるような、後のことは知らないよ、的なエンディングではないところがいい

対象年齢:子供〜大人(多少残酷な場面あり。H場面はなく、キスシーン程度)

食事中に見られるか:無理ではなさそう

11〜 15件 / 全34件