疾風ロンドの画像・ジャケット写真

疾風ロンド / 阿部寛
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

21

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

旧作

ジャンル :

「疾風ロンド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

東野圭吾原作のサスペンスコメディを阿部寛主演で映画化。違法生物兵器・K-55が盗まれ、秘密裏にその捜索を命じられた研究員・栗林。手掛かりのない中、犯人死亡の知らせを受けた栗林は、遺品の中からK-55が隠された場所を特定するが…。

「疾風ロンド」 の作品情報

作品情報

製作年:

2016年

製作国:

日本

「疾風ロンド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

奇跡

罪の余白

必殺仕事人2014

姑獲鳥の夏

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全21件

脚本がダメダメ

投稿日:2018/03/11 レビュアー:118

つまらない、単調な展開。スリリングなドキドキ感もなし、かといって情に迫るものもなし。いつまでもレンタルできないので、どんな傑作かと思ったら、どんだ駄作でした。せっかくのキャストがもったいないの一言。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

コメディの隠し味にサスペンスを添えて

投稿日:2017/11/05 レビュアー:ビンス

東野さん原作のサスペンスコメディ
実写化されたこの作品は
サスペンスコメディとtいうよりは
サスペンスコメディコメディ
コメディ・サス・コメディ
コメディの隠し味にサスペンスを添えて
のように
コメディ色が強すぎるほどに押し出されたものになっています。
ハっとする驚きもなく
原作では読み進めることで知る新たな事実も
映画の構成上最初から提示されていて
全ての設定や材料が出揃った状態で
物語は進んでいきます。
原作もとてもわかりやすく
読みやすいのが特徴でしたが
実写化されたこの作品も非常に観易いですね。
それが作品のクオリティを
ある程度のところで止めてしまっている原因でもありますが
観易いにこしたことはありません。
コメディ色が強くなってる原因は
コメディに強い阿部さんやムロさんを起用しているからでしょう。
期待を裏切らないパフォーマンスを披露しています。
阿部さんvsムロさんのロッジバトルは
ムロさんの魅力が爆発する独壇場です。
さらに、柄本さんも全くもってコメディ以外の何物でもない演技で押し通します(笑)
あとは大島優子さんに関ジャニのジョニーこと大倉くんと
個人的には意外性のあるキャスティングが楽しめました。

ただ、阿部さんが主役ですが
その阿部さんの活躍を期待してみると
かなりの肩透かしをくらうので要注意です。
基本、阿部さんは何もしません。
何もできません(笑)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

期待した割に白けるばかりでつまらなかった

投稿日:2019/08/23 レビュアー:D.IKUSHIMA

スキー場のどこかに隠された新型病原菌を
わずかな手がかりから探す話。

序盤はなかなかの盛り上がりを見せるが、
無駄に多すぎる登場人物とまとまりのない要素で
どんどんつまらない流れになっていく。

早々に主人公が探索活動から退き、
なぜか関わりの薄い2人が出しゃばる謎の展開。
息子はデートに夢中だし、
喫茶店の娘のエピソードも活きてこない。

シリアスな設定なのに真剣味に欠ける演出が多く、
ミステリーとしてもコメディとしても中途半端な内容。
期待した割に白けるばかりでつまらなかった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

面白かったです

投稿日:2018/04/03 レビュアー:スヌーピー

原作を読んでいたのでどんな感じになっているか楽しみでした。原作そのままで良かったです。
上手にまとめてあるなと思いました。主人公の阿部寛さんの演技良かったです。

雪山のスキーやスノーボードのシーン良かったです。あんなに滑れたら楽しいだろうなと思いました。
かっこよかったです。息子役の濱田龍臣くんがすごく大人になっていて驚きました。イケメンだなと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

駄作に仕上げあがって

投稿日:2018/03/18 レビュアー:papaiya

吉田照幸監督って、どんなやつかと思ったら「あまちゃん」の演出やってるんだ。
コメディー要素が必要ない。
阿部寛を使ってるのに、なんかイマイチが拭えない。柄本明のキャラが立ちすぎ、ムロツヨシのポジションが・・・
原作のイメージと違いすぎるよ。
この映画が「雪煙チェイス」に繋がるんだって、原作のイメージが湧いたくらいだな。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全21件

疾風ロンド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

脚本がダメダメ

投稿日

2018/03/11

レビュアー

118

つまらない、単調な展開。スリリングなドキドキ感もなし、かといって情に迫るものもなし。いつまでもレンタルできないので、どんな傑作かと思ったら、どんだ駄作でした。せっかくのキャストがもったいないの一言。

コメディの隠し味にサスペンスを添えて

投稿日

2017/11/05

レビュアー

ビンス

東野さん原作のサスペンスコメディ
実写化されたこの作品は
サスペンスコメディとtいうよりは
サスペンスコメディコメディ
コメディ・サス・コメディ
コメディの隠し味にサスペンスを添えて
のように
コメディ色が強すぎるほどに押し出されたものになっています。
ハっとする驚きもなく
原作では読み進めることで知る新たな事実も
映画の構成上最初から提示されていて
全ての設定や材料が出揃った状態で
物語は進んでいきます。
原作もとてもわかりやすく
読みやすいのが特徴でしたが
実写化されたこの作品も非常に観易いですね。
それが作品のクオリティを
ある程度のところで止めてしまっている原因でもありますが
観易いにこしたことはありません。
コメディ色が強くなってる原因は
コメディに強い阿部さんやムロさんを起用しているからでしょう。
期待を裏切らないパフォーマンスを披露しています。
阿部さんvsムロさんのロッジバトルは
ムロさんの魅力が爆発する独壇場です。
さらに、柄本さんも全くもってコメディ以外の何物でもない演技で押し通します(笑)
あとは大島優子さんに関ジャニのジョニーこと大倉くんと
個人的には意外性のあるキャスティングが楽しめました。

ただ、阿部さんが主役ですが
その阿部さんの活躍を期待してみると
かなりの肩透かしをくらうので要注意です。
基本、阿部さんは何もしません。
何もできません(笑)

期待した割に白けるばかりでつまらなかった

投稿日

2019/08/23

レビュアー

D.IKUSHIMA

スキー場のどこかに隠された新型病原菌を
わずかな手がかりから探す話。

序盤はなかなかの盛り上がりを見せるが、
無駄に多すぎる登場人物とまとまりのない要素で
どんどんつまらない流れになっていく。

早々に主人公が探索活動から退き、
なぜか関わりの薄い2人が出しゃばる謎の展開。
息子はデートに夢中だし、
喫茶店の娘のエピソードも活きてこない。

シリアスな設定なのに真剣味に欠ける演出が多く、
ミステリーとしてもコメディとしても中途半端な内容。
期待した割に白けるばかりでつまらなかった。

面白かったです

投稿日

2018/04/03

レビュアー

スヌーピー

原作を読んでいたのでどんな感じになっているか楽しみでした。原作そのままで良かったです。
上手にまとめてあるなと思いました。主人公の阿部寛さんの演技良かったです。

雪山のスキーやスノーボードのシーン良かったです。あんなに滑れたら楽しいだろうなと思いました。
かっこよかったです。息子役の濱田龍臣くんがすごく大人になっていて驚きました。イケメンだなと思いました。

駄作に仕上げあがって

投稿日

2018/03/18

レビュアー

papaiya

吉田照幸監督って、どんなやつかと思ったら「あまちゃん」の演出やってるんだ。
コメディー要素が必要ない。
阿部寛を使ってるのに、なんかイマイチが拭えない。柄本明のキャラが立ちすぎ、ムロツヨシのポジションが・・・
原作のイメージと違いすぎるよ。
この映画が「雪煙チェイス」に繋がるんだって、原作のイメージが湧いたくらいだな。

11〜 15件 / 全21件