溺れるナイフ

溺れるナイフの画像・ジャケット写真
溺れるナイフ / 小松菜奈
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

19

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「溺れるナイフ」 の解説・あらすじ・ストーリー

人気漫画家ジョージ朝倉の傑作少女マンガを小松菜奈と菅田将暉の主演で実写映画化した青春ラブストーリー。海辺の田舎町を舞台に、東京から転校してきた人気モデルのヒロインと自由で傲慢な地元の少年との激しく危うい恋と青春の衝動を描く。共演は重岡大毅、上白石萌音。監督は「おとぎ話みたい」「5つ数えれば君の夢」の山戸結希。東京でモデルとしても活躍していた美少女・望月夏芽は、海辺の小さな田舎町・浮雲町に越してきた。刺激的な毎日から一転、退屈な日常に満たされない思いを募らせる彼女はある日、地元の名家・長谷川家の跡取り息子で、傍若無人ながらカリスマ的な輝きを放つ少年コウと出会い、心惹かれていく。コウもまた、夏芽の美しさに特別なものを感じ、やがて2人は付き合い始めるのだったが…。 JAN:4532612126510

「溺れるナイフ」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「溺れるナイフ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

溺れるナイフの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
111分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP12747 2017年04月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
46枚 4人 3人

【Blu-ray】溺れるナイフ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
111分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPBP12748 2017年04月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 1人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:19件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全19件

和歌山県ロケ。

投稿日:2019/09/29 レビュアー:ミッキー

和歌山県ロケと聞いていたので旧作になてみました。
旅館の後を継ぐ為に引っ越しして来た両親と供にやって来た中学3年生夏芽。
神主の一族であるコウと運命的な出会いをする。
芸能活動をしていた事からストーカーの被害にあい2人の関係は変わる。
都会の少女とヤンチャな少年。田舎の少女と純朴な青年。
青春しています〜って感じ。

原作を知らないのですが、ラスト・・・夏芽の本心が出て少し怖さを感じた。


このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

運命の出会い

投稿日:2018/07/26 レビュアー:こうさま

勿論原作のコミックは読んでいないので映画を観ただけのコメントということになっるのだが、原作者曰くナイフは「十代の自意識」「破裂寸前の十代の心」ということらしい。
都会から田舎の浮雲町に越してきた夏芽、東京ではグラビアアイドルをしていたみたい、そんな彼女が村の神主の一族であるコウと運命的な出会いをする。
金髪をなびかせかなり型破りでひねくれ者のコウにいきなりビビーときたのかどうかはよくわからないが夏芽が想いを寄せるようになったのは確か、でもその心の動きはあまり伝わってこずに既成事実になってしまつてストーリーは展開してゆく。
なんとも不器用でもどかしいところが十代の恋というものなんだろう。
夏祭りの夜、夏芽を襲う不幸な事件、夏芽を助けられなかったコウは遠ざかってゆく。
芸能界への未練も捨てきれない夏芽、揺れ動く気持ち、それでもコウへの想いは捨てきれない。
ここで登場するのが同級生の大友、「友達でええよ」と言いながらも夏芽をなんとかしようという意欲は満々、チトキモイ。
有名カメラマンも登場するがとってつけたような存在で必然性も感じない。
一言で言うとかなり薄ぺらい内容の恋愛作品、原作はどうだかしらないがラストもあれでいいのだろうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作を読み、期待しすぎたかも

投稿日:2017/09/22 レビュアー:ムーミン

原作にはまりました、年甲斐もなく。
こうちゃんがどんな感じで描かれているのか見たく
映画見てみました。

まず他の人も描かれているように、音楽と映像があっていない。
気分ぶち壊しです。
小松奈菜さんのビジュアルはあっていますが、こうちゃんとの
演技の絡みが・・・・合わない。
間、もおかしな映画でした。
菅田将暉さんはよかったですが、演技の上手な人とやったらもっとこの映画はよかったんじゃないでしょうか。反対に菅田将暉さんの良さが潰された感じでした。
監督のせいなのか、もっとシリアスに、繊細に描いて欲しかったな。
非常に残念な映画です(涙)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

粗もあるが登場人物のそれぞれの青春が美しいネタバレ

投稿日:2017/05/25 レビュアー:しゅん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作は知らない。映画は映画として観るようにしている。
起伏のあるストーリーを纏めるのは難しかったと察するが、海や青空や火祭りなどの映像はきれいだった。
少年・少女たちの成長と苦悩の日々が田舎の海辺の町での風景に溶け込んでいた。
音楽の挟み方や選曲、カメラマンや危険な少女のおっかけなどのキャンスティングには疑問が残る。
主役の菜奈ちゃんはそれなりに美しく悲しげに撮られていた。田舎町では浮いた感じも良く出てた。
ただ菅田くんは演技がうまいだけに、脚本の限界で彼の心情が出し切れてなかったのが悔やまれる。
何といっても大友役の重岡くんがすばらしかった。長回しのカメラの前で時々台詞を噛むリアルさを含んで、大好きなのにそれ以上何も出来ない少年のデリケートな心情が自然な演技で見事に表現されていた。
バッティングセンターやカラオケシーンは名場面として記憶に残るだろう。「おら東京さいぐだ」という日本最初のラップのヒット曲をフルコーラスで恋の別れを決心するシーンは泣かせる。
女の子は青春の日々を思い出として生きていけるが、男の子は手に触れられるものしか実感できないのかも。



このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんだこれ。

投稿日:2017/05/20 レビュアー:スナッキー

くっそ!レビュー見てからレンタルすりゃよかった!
原作ファンにはオススメできない一本だったとは・・・ぐぬぬゥ・・・

いや、こういう時に使う便利な言葉があったはず。
そう、
「こわいものみたさ」
デスネ。

演技がうまいとかへたとか、監督や演出がうまいとかへたとか、
すごくよくわかった。ある意味勉強になった。
あんまりすぎて、思わず久しぶりにレビューしたぐらいだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全19件

溺れるナイフ