ボーダーライン

ボーダーラインの画像・ジャケット写真

ボーダーライン / エミリー・ブラント
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

40

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ボーダーライン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

エミリー・ブラント主演のサスペンスアクション。巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊に派遣されたFBI捜査官・ケイト。彼女は謎のコロンビア人と共に、国境付近を拠点とする麻薬組織を撲滅させる極秘任務に就くことになり…。※R15+

「ボーダーライン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: SICARIO

「ボーダーライン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

プラネット・テラー

複製された男

レジェンド・オブ・トゥモロー <ファースト・シーズン>

ブレアウィッチ 2

ユーザーレビュー:40件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全40件

合法あるいは非合法

投稿日:2017/08/26 レビュアー:こうさま

メキシコ麻薬カルテル撲滅に組織された特殊部隊の活躍をFBIから派遣された女性捜査官ケイト・メイサーを軸に描いているクライムサスペンスでなかなか迫力のある作品。
原題は「殺し屋」という意らしいが邦題のボーダーラインは国境と合法、非合法のスレスレにある捜査方法を表現しているのだろう。
スパイやこの手の作品にはCIA,FBI,麻薬取締局が入り乱れて複雑になっている場合が多いが、本作は国防総省も加わった特殊部隊が編制されているようで正体不明の謎のコロンビア人も登場する。
捜査方法は実に手荒い、アジトに踏み込む場合は完全武装の戦闘態勢、ちよっと油断すればマシンガンでハチの巣にされる。
こんな極限状態では合法、非合法のラインもどこにあるかわからない。
真面目な捜査官であるケイトにとっては非合法な捜査にがまんできずに抗議したくなるのだろうが、国家機関は目的達成のためには非合法も辞さないし、いろんな人間も利用する。
それが自国民の不幸を減らすためなら仕方がないというのがスタンスなんだろう。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

残念!

投稿日:2017/01/16 レビュアー:ライオン

見事なキャスティング
ストーリーもわるくない。
でも、デルトロさんの
アカデミーの作品には、ほど遠いい。
もちろん、二人の存在感は最高。
これがミニシアター系なら星5つ。
またいつか観ようかなな1本です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

麻薬を利用しての殺人と復讐 ネタバレ

投稿日:2016/12/14 レビュアー:mumu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 2時間くらいの作品だけど何とも…麻薬を利用しての殺人と復讐って感じだった。
緊張感は何だか凄くあるけどカメラワークのおかげ。
ベニチオ・デル・トロの演技が凄く渋くて色々な雰囲気をだしていると思った。
こう言うことは現実でも結構ありそうだから、ドキュメンタリーにも一瞬見えた。

まぁボーダーラインって人それぞれ違うけどラストは、あんなの嫌だったな。
でもやっぱりあれだ、国境地帯の話だが善悪のボーダーってかけたのかな?
まぁ出来れば原題のままの方が良かったかも。
Sicarioはシカリオはスペイン語で殺し屋や暗殺者って意味だけど、そのままの方が分かり易い。
うちは最初あっちのボーダーの事かと思ったわ(境界性人格障害もボーダーラインと言う)。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

閲覧注意な奴らとの闘い

投稿日:2016/11/27 レビュアー:ダイアー教授

悪名高いメキシコ麻薬カルテル…

その“天真爛漫な”残酷さは容易にネットで
吊るされた人や、切られた人、剥がれた人や溶かされた人等…
「閲覧注意」なものを見られます!

そんな奴らと闘う人たちの映画です!
ふつーの人はすぐに買収されてしまうでしょう

イカれてないと闘えません!
イカれた価値観、イカれた道徳感、イカれた正義感…そしてイカれた復讐心!
この映画はイカれた連中の話です。

っていうのを前にふつーの人=主人公が“僕ら目線”で戸惑い、葛藤し、乗り越えて成長いくってのが、
映画のセオリーですが…

『ボーダーライン』はセオリーな映画ではありません。
非常にユニークな映画です。

ただ、とても面白いし、後味が悪く(これも面白さのひとつ)だけど、
メキシコ麻薬戦争に一層の興味を持つようになる、素晴らしい映画だと思います!

ネタバレ無しで言えるのはここまでです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

デル・トロの一人舞台

投稿日:2016/10/15 レビュアー:Yohey

今のっている役者の一人、エミリー・ブラントの作品ということでしたが、彼女は主役というよりも振り回され役でして、なんかもったいない。もっと色々できただろうに・・・ですんで、彼女が主役だと思って観ていくと、映画全体はいい展開だったのですが「あれ、なんか違う・・・」と違和感あって終わりました。

結局のところデルトロの一人舞台。彼の復讐劇がただ描かれただけでした。緊迫感があってすごいなと思ったんですが そんなに深い主題もなく、バンバン撃って終わり・・・

変な余韻が最後ありましたが、あれ、描く必要があったのかなあ。そこまで途中、人の部分描いてなかったやん・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全40件

ボーダーライン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:40件

合法あるいは非合法

投稿日

2017/08/26

レビュアー

こうさま

メキシコ麻薬カルテル撲滅に組織された特殊部隊の活躍をFBIから派遣された女性捜査官ケイト・メイサーを軸に描いているクライムサスペンスでなかなか迫力のある作品。
原題は「殺し屋」という意らしいが邦題のボーダーラインは国境と合法、非合法のスレスレにある捜査方法を表現しているのだろう。
スパイやこの手の作品にはCIA,FBI,麻薬取締局が入り乱れて複雑になっている場合が多いが、本作は国防総省も加わった特殊部隊が編制されているようで正体不明の謎のコロンビア人も登場する。
捜査方法は実に手荒い、アジトに踏み込む場合は完全武装の戦闘態勢、ちよっと油断すればマシンガンでハチの巣にされる。
こんな極限状態では合法、非合法のラインもどこにあるかわからない。
真面目な捜査官であるケイトにとっては非合法な捜査にがまんできずに抗議したくなるのだろうが、国家機関は目的達成のためには非合法も辞さないし、いろんな人間も利用する。
それが自国民の不幸を減らすためなら仕方がないというのがスタンスなんだろう。

残念!

投稿日

2017/01/16

レビュアー

ライオン

見事なキャスティング
ストーリーもわるくない。
でも、デルトロさんの
アカデミーの作品には、ほど遠いい。
もちろん、二人の存在感は最高。
これがミニシアター系なら星5つ。
またいつか観ようかなな1本です。

麻薬を利用しての殺人と復讐

投稿日

2016/12/14

レビュアー

mumu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 2時間くらいの作品だけど何とも…麻薬を利用しての殺人と復讐って感じだった。
緊張感は何だか凄くあるけどカメラワークのおかげ。
ベニチオ・デル・トロの演技が凄く渋くて色々な雰囲気をだしていると思った。
こう言うことは現実でも結構ありそうだから、ドキュメンタリーにも一瞬見えた。

まぁボーダーラインって人それぞれ違うけどラストは、あんなの嫌だったな。
でもやっぱりあれだ、国境地帯の話だが善悪のボーダーってかけたのかな?
まぁ出来れば原題のままの方が良かったかも。
Sicarioはシカリオはスペイン語で殺し屋や暗殺者って意味だけど、そのままの方が分かり易い。
うちは最初あっちのボーダーの事かと思ったわ(境界性人格障害もボーダーラインと言う)。

閲覧注意な奴らとの闘い

投稿日

2016/11/27

レビュアー

ダイアー教授

悪名高いメキシコ麻薬カルテル…

その“天真爛漫な”残酷さは容易にネットで
吊るされた人や、切られた人、剥がれた人や溶かされた人等…
「閲覧注意」なものを見られます!

そんな奴らと闘う人たちの映画です!
ふつーの人はすぐに買収されてしまうでしょう

イカれてないと闘えません!
イカれた価値観、イカれた道徳感、イカれた正義感…そしてイカれた復讐心!
この映画はイカれた連中の話です。

っていうのを前にふつーの人=主人公が“僕ら目線”で戸惑い、葛藤し、乗り越えて成長いくってのが、
映画のセオリーですが…

『ボーダーライン』はセオリーな映画ではありません。
非常にユニークな映画です。

ただ、とても面白いし、後味が悪く(これも面白さのひとつ)だけど、
メキシコ麻薬戦争に一層の興味を持つようになる、素晴らしい映画だと思います!

ネタバレ無しで言えるのはここまでです。

デル・トロの一人舞台

投稿日

2016/10/15

レビュアー

Yohey

今のっている役者の一人、エミリー・ブラントの作品ということでしたが、彼女は主役というよりも振り回され役でして、なんかもったいない。もっと色々できただろうに・・・ですんで、彼女が主役だと思って観ていくと、映画全体はいい展開だったのですが「あれ、なんか違う・・・」と違和感あって終わりました。

結局のところデルトロの一人舞台。彼の復讐劇がただ描かれただけでした。緊迫感があってすごいなと思ったんですが そんなに深い主題もなく、バンバン撃って終わり・・・

変な余韻が最後ありましたが、あれ、描く必要があったのかなあ。そこまで途中、人の部分描いてなかったやん・・・

11〜 15件 / 全40件

同シリーズ作品を借りる