黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ 名画の帰還の画像・ジャケット写真
黄金のアデーレ 名画の帰還 / ヘレン・ミレン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

20

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「黄金のアデーレ 名画の帰還」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「黄金のアデーレ 名画の帰還」 の作品情報

製作年: 2015年
原題: WOMAN IN GOLD

「黄金のアデーレ 名画の帰還」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

黄金のアデーレ 名画の帰還の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP12198 2016年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
76枚 3人 5人

【Blu-ray】黄金のアデーレ 名画の帰還(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPBP12199 2016年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
40枚 4人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全20件

埋もれた歴史

投稿日:2017/07/24 レビュアー:じゃじゃまる

「ミケランジェロプロジェクト」の映画で、ヒトラーが美術品を略奪していたことを知りました。

割とわかりやすく、ユダヤ人として迫害されたつらい思い出を絡めながら、奪われた名画「黄金のアデーレ」を裁判で取り返す映画でした。
美術品返還のための裁判って、いろんな手順が必要なんだなーと勉強になりました。

主人公のマリアは、絵とともに自分の誇りも取り戻し、新人弁護士も弁護士としても人間としても成長していく話でした。
見終わって後味のいい映画でした

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オーストリアのモナリザ

投稿日:2017/05/29 レビュアー:こうさま

戦時中ナチスが略奪した美術品の奪回については「ミケランジェロ・プロジェクト」等の作品で描かれているが本作は戦後オーストリアの美術品返還法に基づいてオーストリア政府との長きにわたる裁判の結果、アメリカ在住の老女が自分の叔母の肖像画で「オーストリアのモナリザ」と評される国宝級の絵画を取り戻すという題材でなかなか興味深い。
この女性マリア・アルトマンは母国オーストリアの裕福な家庭で暮らしていたがナチスのオーストリア侵攻でユダヤ人迫害が強まり父母と全てを捨てて国を脱出し現在は米国LAで小さなブテイックを営んでいる。
オーストリア美術品返還法を知り、今はオーストリア美術館に展示されている叔母の肖像画「黄金のアデーレ」を取り戻すべく行動を起こす。
新米弁護士のランディーと共にオーストリアに乗り込むがそこは彼女の思いでの場所でもああり二度と戻りたくなかった場所でもある。
このあたりは彼女の回想シーンが効果的に挿入されており当時のオーストリアの状況を知ることができるようになっている。
紆余曲折を経て続けられる裁判、マリアは諦めの心境だが憑かれたように奔走する若いランディー、その彼の熱意に誘われるように再度母国の土ょ踏むマリア、裁判での最後のスピーチが胸をうつ。
地味ながらなかなか興味深い作品である。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ナチのユダヤ人迫害の歴史がよみがえる、しかも残酷な場面なしに

投稿日:2016/11/23 レビュアー:チキンハート

感想・総評:ナチに迫害されたユダヤ人家族の物語。何でも法廷で争おうとするアメリカに今までは違和感があったが、これを見てその利点の一つがわかった気がする。ただ、時代の変化に応じて迅速に法を変えようとはしない日本には無理な話

対象年齢:子供〜大人(子供にはちょっと難しいかもしれないが。残酷場面なし。H場面なし)

食事中に見られるか:大丈夫

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見ていてせつなかったです

投稿日:2016/08/16 レビュアー:スヌーピー

アデーレの肖像画の返還要求の話とともにマリアの過去の話も出てきて見ていてせつなくなりました。
自分の故郷を思い出すのが本当に辛いのがすごく伝わってきました。
弁護士さんがすごく熱心で良かったなと思いました。
オーストリア政府がすごく冷たくてかなしくなりました。
他にもたくさんの絵がナチスによって奪われて持ち主に戻ってないと知って悲しくなりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

裁判モノ?

投稿日:2016/08/14 レビュアー:すなふきん

予告編から予想した内容と違って、
どちらかと言えば裁判モノの印象。
映像や調度品はステキでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全20件

黄金のアデーレ 名画の帰還