バクマン。の画像・ジャケット写真

バクマン。 / 佐藤健
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

29

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「バクマン。」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

『モテキ』の大根仁監督が人気コミックを映画化。高い絵の才能を持つ真城最高(サイコー)。巧みな物語を書く高木秋人(シュージン)。クラスメートの亜豆美保(アズキ)への恋心をきっかけにふたりはコンビを組み、週刊少年ジャンプの頂点を目指す。※一般告知解禁日:1月22日

「バクマン。」 の作品情報

作品情報

製作年:

2015年

製作国:

日本

「バクマン。」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

恋はつづくよどこまでも

ホテルサンライズHND(羽田) 〜最後のステイ〜

赤鼻のセンセイ

DENKI GROOVE THE MOVIE? ‐石野卓球とピエール瀧‐

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全29件

平成版「まんが道」

投稿日:2016/04/09 レビュアー:CLIMBER

 子供の頃から漫画は「サンデー」派。
(次点で「マガジン」「チャンピオン」「キング」と続く)

「ジャンプ」至上主義にはモノ申したいこといっぱいなんだけど、原作漫画は楽しく読んでおりました、単行本で。
(現在のジャンプ本誌を手に取ることがあっても、読める(頭に入ってくる)のは両さんだけという有り様(*_*; これが脳の硬直化ということか? うぅーんん( ゚Д゚)........ )

それほど原作に思い入れがないからかもしれないけど、この作品、とても楽しく観ることができました。削る箇所、強調する箇所、凄くバランス取れてて旨くまとめてたと思います。

「友情、努力、勝利!」 熱い!!!
この言葉がクサいなどと思う人間はハナから観る資格なし。

リリー・フランキーと宮藤官九郎がとても良かったです。
そして小松菜奈、この作品でも魔性の少女っぷりを発揮してました。
そしてエンディング・ロールが素晴らしい。漫画に対して熱い思いを持ってるひとなら、感じるものがあると思います。


(あと、つっこむだけ野暮だとは思いますが、プロの漫画家が作画であんなに顔や手を汚しますか? そんな手で触ったら原稿汚れるでしょ? 映画的ウソもほどほどにしないと、白けるよ(-。-)y...... )

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

音楽との融合

投稿日:2016/03/26 レビュアー:かりん

アニメでちらっと見たときにはあまり面白く感じなかったのですが、キャスティングと音楽が気になって見てみました。
ストーリーはあまり大きな盛り上がりはないものの、青春だなぁと昔懐かしく思わせる内容で、それなりに面白かったです。どの役者さんもキャラがピタッとはまっていたというか、いい感じに演じられていたと思います。
何より、サカナクションの音楽がスピード感のある映像とすごく合ってた!
そしてエンドクレジット、スタッフの皆さんの、この作品に対する愛が伝わってきて感動してしまいました。この映画を見ていて唯一涙を流したのがエンドクレジットでした(笑)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

漫画の描き方の見せ方がいい

投稿日:2016/02/08 レビュアー:PUPPY

週刊漫画で連載することの大変さがよくわかります。

編集者に理解され、励まされ、指導されながら、
編集者が漫画家を育てていくというのは
今も同じなんですね。

二人の高校生が若手漫画家の中で台頭していくというストーリーですが、
クラスメイトとの恋愛の挿入はイマイチでした。

漫画を描くシーンは、実際には地味なのですが、
テンポ良く迫力のある見せ方で、楽しめました。

エンディングはよーく見て欲しいです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

熱中できることは素晴らしい

投稿日:2020/06/19 レビュアー:ひろ

熱くてとてもよかった。漫画業界の厳しさを知らされましたが、青春映画としてとても面白かった。
エンドロール洒落てて凝ってます。最後は「ずっと待ってる」、いや先に行ってもずっと待っててもらいたいです。


このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

微笑ましい

投稿日:2018/02/25 レビュアー:才谷屋

現実とはかけ離れているであろう
ほのぼのした映画
悪くはなかったよ

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全29件

バクマン。

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:29件

平成版「まんが道」

投稿日

2016/04/09

レビュアー

CLIMBER

 子供の頃から漫画は「サンデー」派。
(次点で「マガジン」「チャンピオン」「キング」と続く)

「ジャンプ」至上主義にはモノ申したいこといっぱいなんだけど、原作漫画は楽しく読んでおりました、単行本で。
(現在のジャンプ本誌を手に取ることがあっても、読める(頭に入ってくる)のは両さんだけという有り様(*_*; これが脳の硬直化ということか? うぅーんん( ゚Д゚)........ )

それほど原作に思い入れがないからかもしれないけど、この作品、とても楽しく観ることができました。削る箇所、強調する箇所、凄くバランス取れてて旨くまとめてたと思います。

「友情、努力、勝利!」 熱い!!!
この言葉がクサいなどと思う人間はハナから観る資格なし。

リリー・フランキーと宮藤官九郎がとても良かったです。
そして小松菜奈、この作品でも魔性の少女っぷりを発揮してました。
そしてエンディング・ロールが素晴らしい。漫画に対して熱い思いを持ってるひとなら、感じるものがあると思います。


(あと、つっこむだけ野暮だとは思いますが、プロの漫画家が作画であんなに顔や手を汚しますか? そんな手で触ったら原稿汚れるでしょ? 映画的ウソもほどほどにしないと、白けるよ(-。-)y...... )

音楽との融合

投稿日

2016/03/26

レビュアー

かりん

アニメでちらっと見たときにはあまり面白く感じなかったのですが、キャスティングと音楽が気になって見てみました。
ストーリーはあまり大きな盛り上がりはないものの、青春だなぁと昔懐かしく思わせる内容で、それなりに面白かったです。どの役者さんもキャラがピタッとはまっていたというか、いい感じに演じられていたと思います。
何より、サカナクションの音楽がスピード感のある映像とすごく合ってた!
そしてエンドクレジット、スタッフの皆さんの、この作品に対する愛が伝わってきて感動してしまいました。この映画を見ていて唯一涙を流したのがエンドクレジットでした(笑)

漫画の描き方の見せ方がいい

投稿日

2016/02/08

レビュアー

PUPPY

週刊漫画で連載することの大変さがよくわかります。

編集者に理解され、励まされ、指導されながら、
編集者が漫画家を育てていくというのは
今も同じなんですね。

二人の高校生が若手漫画家の中で台頭していくというストーリーですが、
クラスメイトとの恋愛の挿入はイマイチでした。

漫画を描くシーンは、実際には地味なのですが、
テンポ良く迫力のある見せ方で、楽しめました。

エンディングはよーく見て欲しいです。

熱中できることは素晴らしい

投稿日

2020/06/19

レビュアー

ひろ

熱くてとてもよかった。漫画業界の厳しさを知らされましたが、青春映画としてとても面白かった。
エンドロール洒落てて凝ってます。最後は「ずっと待ってる」、いや先に行ってもずっと待っててもらいたいです。


微笑ましい

投稿日

2018/02/25

レビュアー

才谷屋

現実とはかけ離れているであろう
ほのぼのした映画
悪くはなかったよ

11〜 15件 / 全29件