1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. ホラーのDVDレンタル
  5. ウォーキング・デッド5

ウォーキング・デッド5

ウォーキング・デッド5の画像・ジャケット写真

ウォーキング・デッド5 / アンドリュー・リンカーン

全体の平均評価点:(5点満点)

20

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ウォーキング・デッド5」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

人気アメリカンコミックを原作に実写化した人気サバイバルドラマの第5シーズン第8巻。スカウトのために町を出たダリルとアーロンは、Wの文字が描かれた死体をいくつも発見する。一方、サシャは相変わらず町に馴染めず…。第15話と最終第16話を収録。

「ウォーキング・デッド5」 の作品情報

作品情報

製作年:

2014年

製作国:

アメリカ

原題:

THE WALKING DEAD

「ウォーキング・デッド5」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

サンズ・オブ・アナーキー シーズン6

ウォーキング・デッド2

アンダー・ザ・ドーム シーズン2

スピーシー・オブ・コブラ

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全20件

減量

投稿日:2015/10/02 レビュアー:ビンス

ウォーキング・デッド5 Vol.6のレビューです。
(ネタバレありです)








どこまでも難しい「信じる」ということ
信じられない
増す疑心
過去の失敗が心を閉ざし
警戒心を膨れ上がらせ
衣が重くなっていく
怒りで盾を作り
殺気を握り締め
叩きつける
そうすることで生き延びてきた世界
そうすることで強くなってきた世界
そうすることで守ってきた仲間
強靭になった絆
そこに訪れた機会
それは歩みを止める休息の合図
疑心を脱いで
怒りを置いて
殺気を消して
減量して身軽になる時
本来の自分の重さを取り戻す
忘れてた重さを取り戻す
そこにあるのは弱さか
鍛え上げられた剥き出しか
新たなる試練が始まった。


リーダー議員の息子
しょうもない
エラいさんって大体もれなく
息子をちゃんと育てられていない
イキがる息子
天罰くだるで
下ってほしいぜ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

信念 ネタバレ

投稿日:2015/09/26 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウォーキング・デッド5 Vol.4のレビューです。







信念
ニューワールドオーダー
新しい秩序が生まれてしまった世界で
生き残るために必要なもの
旧世界のルールが通用しない世界で
生き残るために必要なもの
それが備わっていないとき
自らを窮地に陥らせ
仲間を窮地に陥らせ
助けられ
何も出来ない自分を知り
仲間の力を知り
通用するものを欲する
新世界で生きていく信念
新世界で貫く信念
その信念が人を強くし
生き残る術を与えてくれる
それなのに
手にしてた信念の強さ
生きていく強さが
世界を喪わせる
あっという間に
世界を喪わせる

なんという折り返し地点・・・・
喪失感の津波が押し寄せる

支流と本流の合流地点
それはあまりにも哀しい流れとなる

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

それぞれの旅路 ネタバレ

投稿日:2015/09/26 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウォーキング・デッド5 Vol.3のレビューです。







時間を前後して
それぞれの旅路が描かれる3巻
本線をリック御一行とすれば
今回は本線の模様は描かれていません。
エイブラハム御一行と
キャロル&ダリル組
それぞれの紆余曲折を描きながら
少しずつシーズン5の肉付けが行われていきます。

キャロル&ダリル組
第2巻では「?」の多かった二人の現状
どうやって戻ってきた?
なぜ負傷している?
など、二人に関する疑問が明らかになります。
生き残ってきた信頼する仲間という絆以上に
特別な絆で結ばれている二人
意見の不一致がありながらも
お互いに信頼を寄せ
折れるところは折れる関係が
なんともイイです。
だからこそ、ここからのダリルの奮闘に期待。
確実に「ダリル大活躍」が見られるでしょう。

エイブラハム御一行
生き残る方法。
それは人それぞれが選択するもの
武器を手に取り
人ではない者を殺し
人を殺し
生き残る
人に必要とされて生き残る
女性なら「女性としての価値」を武器に
また、生き残らないという選択も存在する。
そんな中
胸クソ悪い顔とヘアースタイルのユージーンが選択していた
生き残りの方法
それが明らかになったとき
このむくれ饅頭!!と思うと同時に
責める事はできないか・・
とも思いました。
あれが彼の生き残る方法であり
それは人を殺して生き残るという方法と
同じカテゴリーにある
すべてが生き残る方法
暗雲たちこめるエイブラハム御一行
3歩進んで2歩下がる
心情的には
3歩進んで道を失う

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ディナー

投稿日:2015/09/20 レビュアー:ビンス

ウォーキング・デッド5 Vol.1のレビューです。







シーズン4からシーズン5へのブリッジが効いてて
早く観たかったシーズン5
のっけからハラハラドキドキのさらに上
バラバラドギドギドギギギンな展開
やはり楽しませてくれます
別れ道からの交わり道
信じていれば繋がりあう絆
許しと許容
怒りと報復
新世界の秩序が形成される中で
徐々にその秩序を己に取り込んでいく人々
その中で見出すもの
信じるもの
その願い、思いを束にして
希望の地を目指す旅路

頼むから誰も死なないでくれよ
生き残ってくれよ
その願いにすがりながらの鑑賞です。

そしてその願いに立ちふさがる狂気
暗い森は喰らい森
壊れた知的生命体が
闇夜で己の不具合に不感になりながら
静かに微笑みます。
っこまで両極端なディナーを見せつけられるとは・・・

ふやけゾンビがキモい・・・・

刀よ、戻って来い。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

なんか

投稿日:2021/01/16 レビュアー:クロやん

シーズン4あたりから、回想シーンや個人の思想的な部分が多くなった。製作費が減ったのや監督が代わったりで方向性が変わったのかな。

終着駅でのエピソードにはもう少し回数を使っても良かったかな。
人が落ちていく精神崩壊がテーマになっるようだ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全20件

ウォーキング・デッド5

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:20件

減量

投稿日

2015/10/02

レビュアー

ビンス

ウォーキング・デッド5 Vol.6のレビューです。
(ネタバレありです)








どこまでも難しい「信じる」ということ
信じられない
増す疑心
過去の失敗が心を閉ざし
警戒心を膨れ上がらせ
衣が重くなっていく
怒りで盾を作り
殺気を握り締め
叩きつける
そうすることで生き延びてきた世界
そうすることで強くなってきた世界
そうすることで守ってきた仲間
強靭になった絆
そこに訪れた機会
それは歩みを止める休息の合図
疑心を脱いで
怒りを置いて
殺気を消して
減量して身軽になる時
本来の自分の重さを取り戻す
忘れてた重さを取り戻す
そこにあるのは弱さか
鍛え上げられた剥き出しか
新たなる試練が始まった。


リーダー議員の息子
しょうもない
エラいさんって大体もれなく
息子をちゃんと育てられていない
イキがる息子
天罰くだるで
下ってほしいぜ

信念

投稿日

2015/09/26

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウォーキング・デッド5 Vol.4のレビューです。







信念
ニューワールドオーダー
新しい秩序が生まれてしまった世界で
生き残るために必要なもの
旧世界のルールが通用しない世界で
生き残るために必要なもの
それが備わっていないとき
自らを窮地に陥らせ
仲間を窮地に陥らせ
助けられ
何も出来ない自分を知り
仲間の力を知り
通用するものを欲する
新世界で生きていく信念
新世界で貫く信念
その信念が人を強くし
生き残る術を与えてくれる
それなのに
手にしてた信念の強さ
生きていく強さが
世界を喪わせる
あっという間に
世界を喪わせる

なんという折り返し地点・・・・
喪失感の津波が押し寄せる

支流と本流の合流地点
それはあまりにも哀しい流れとなる

それぞれの旅路

投稿日

2015/09/26

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウォーキング・デッド5 Vol.3のレビューです。







時間を前後して
それぞれの旅路が描かれる3巻
本線をリック御一行とすれば
今回は本線の模様は描かれていません。
エイブラハム御一行と
キャロル&ダリル組
それぞれの紆余曲折を描きながら
少しずつシーズン5の肉付けが行われていきます。

キャロル&ダリル組
第2巻では「?」の多かった二人の現状
どうやって戻ってきた?
なぜ負傷している?
など、二人に関する疑問が明らかになります。
生き残ってきた信頼する仲間という絆以上に
特別な絆で結ばれている二人
意見の不一致がありながらも
お互いに信頼を寄せ
折れるところは折れる関係が
なんともイイです。
だからこそ、ここからのダリルの奮闘に期待。
確実に「ダリル大活躍」が見られるでしょう。

エイブラハム御一行
生き残る方法。
それは人それぞれが選択するもの
武器を手に取り
人ではない者を殺し
人を殺し
生き残る
人に必要とされて生き残る
女性なら「女性としての価値」を武器に
また、生き残らないという選択も存在する。
そんな中
胸クソ悪い顔とヘアースタイルのユージーンが選択していた
生き残りの方法
それが明らかになったとき
このむくれ饅頭!!と思うと同時に
責める事はできないか・・
とも思いました。
あれが彼の生き残る方法であり
それは人を殺して生き残るという方法と
同じカテゴリーにある
すべてが生き残る方法
暗雲たちこめるエイブラハム御一行
3歩進んで2歩下がる
心情的には
3歩進んで道を失う

ディナー

投稿日

2015/09/20

レビュアー

ビンス

ウォーキング・デッド5 Vol.1のレビューです。







シーズン4からシーズン5へのブリッジが効いてて
早く観たかったシーズン5
のっけからハラハラドキドキのさらに上
バラバラドギドギドギギギンな展開
やはり楽しませてくれます
別れ道からの交わり道
信じていれば繋がりあう絆
許しと許容
怒りと報復
新世界の秩序が形成される中で
徐々にその秩序を己に取り込んでいく人々
その中で見出すもの
信じるもの
その願い、思いを束にして
希望の地を目指す旅路

頼むから誰も死なないでくれよ
生き残ってくれよ
その願いにすがりながらの鑑賞です。

そしてその願いに立ちふさがる狂気
暗い森は喰らい森
壊れた知的生命体が
闇夜で己の不具合に不感になりながら
静かに微笑みます。
っこまで両極端なディナーを見せつけられるとは・・・

ふやけゾンビがキモい・・・・

刀よ、戻って来い。

なんか

投稿日

2021/01/16

レビュアー

クロやん

シーズン4あたりから、回想シーンや個人の思想的な部分が多くなった。製作費が減ったのや監督が代わったりで方向性が変わったのかな。

終着駅でのエピソードにはもう少し回数を使っても良かったかな。
人が落ちていく精神崩壊がテーマになっるようだ。

11〜 15件 / 全20件