セッション

セッションの画像・ジャケット写真
セッション / マイルズ・テラー
全体の平均評価点:
(5点満点)

80

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「セッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

「セッション」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: WHIPLASH

「セッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

セッションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語・吹替用字幕 オリジナル英語ドルビーデジタル5.1chサラウンド
日本語吹替ドルビーデジタル5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP11869 2015年09月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
400枚 33人 20人

【Blu-ray】セッション(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語・吹替用 1.オリジナル英語DTS-HDマスターオーディオ5.1ch(96Kアップサンプリング)
2.日本語吹替DTS-HDマスターオーディオ5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPBP11870 2015年09月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
179枚 9人 13人

関連作品

ユーザーレビュー:80件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全80件

某大学のアメフトの監督みたいな

投稿日:2018/06/05 レビュアー:11111111

今話題のアメフト部の監督がジャズやったら
こんなんだろうなという感じでした。
(自分の非は一切認めない。スパルタ的指導。)
正直、ここまでではないけれど自分もこういうタイプの上司に
出会ったことがあるので見ていて単純に不愉快でした。

見せ方はうまいけれど、一体何を伝えたいのかよく分からない。
天才を育てたいといいながら、ただの独善にしか見えなかったです。
ここまで評価されるのが不思議です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悪魔の指導者

投稿日:2018/03/27 レビュアー:カマンベール

2014年作品。監督・脚本デミアン・チャゼル(33歳)

音楽の世界を少しでも齧った者なら、分かると思うが、
芸術の世界は、才能のある者が強者。
弱肉強食の汚い世界だ。
そこが嫌だと思う者は、去るしかない。

この映画「セッション」は、アメリカ最高の音楽学校、シェイファー音楽学校の一年生、19歳のアンドリュー・ニーマンが、専攻のジャズ・ドラマーとして、常勝の学内のバンドの指揮者で指導者のフレッチャーとの、音楽的格闘及び、精神的確執とその破綻そして再生までが描かれる。
この映画で圧倒的なのは指揮者(指導者)のニーマン(J・K・シモンズ)の
人格破綻者のような強烈な個性だ。

私が音大でピアノの指導を受けた教授もお世辞にも人格者と言える人ではなかった。
差別は当たり前。前の上級生に一時間指導して、待たされた私は10分のレッスン。そんなことは当たり前、文句なんて付けようものなら、破門だ。
ピアノの腕が下手だと叱られるならまだしも、親の財力で差をつけられるのは我慢ならなかった。
ニーマンも父親の仕事や母親が家を出たことで、難癖をつけられていたが、心を傷つけるのは意外と効果的なのである。
音楽の練習の現場でフレッチャーのようなパワハラ指導者が幅を利かせてるのはよくあることだ。
芸術の世界である音楽も、スポーツマンシップの歌われるスポーツ界も
似たようなものである。
屈辱はいわゆる「負けじ魂」に火を付けるのだ。

ラストのニーマンの演奏に思わず込み上げるものがあった。
しかし、虐待を受けた被害者は虐待の加害者になりやすいとの
統計がある。
ニーマンは大丈夫だろうか?
それにしても、フレッチャーはイかれてる。
嘘をつく、人格を否定する、傷つける。
フレッチャーのような人間はたとえ指導者として優れていても、葬り去られるべきだと思った。

しかし映画「セッション」は地味な題材を料理して、人間の向上心や野心そして心の闇に迫る、最高のヒューマン・ドラマだった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゆとり?何、それ!

投稿日:2016/07/17 レビュアー:オテラ

ゆとり教育の対極を貫くアメリカの音楽学校の話。
「のだめ」で言えばハリセンを超越する追い込み型の教師が
舞台に立ったら自分しか信じることはできないということを
えげつなく叩き込む話なんでしょう。

ゆとり世代には無理でしょう。プロっていうのは甘いもんじゃないぞ、
そんなことを教える映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

信じられないほどのゴミ

投稿日:2016/06/12 レビュアー:James

ドラムの演奏がまったく感心しないし、学校の先生ごときがとっかえひっかえドラマーを代えるなど、何をとち狂っているんだ?そんなに凄いもんじゃないぞ、そこは。
仮に名門校出身の素晴らしいドラマーがいたとして、みんながみんなそこを出なくちゃいけない訳じゃないし、人々が演奏で心を打たれるのはそんなくだらない調教の成果ではない。
実にくだらない映画で吐き気がする。見ないことをお勧めする。というか、何がそれほどむかつくのか、一度見てもらいたい。(どっちやねん!)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何じゃこりゃ

投稿日:2016/03/23 レビュアー:サン

教師の罵声が品ない。こんなんで最高の音楽が育つわけない。恐怖感で向上心を持たせるなんて芸術家のすることではない。主人公も人間的に成長したのか疑問。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全80件

セッション