マッドマックスの画像・ジャケット写真

マッドマックス / メル・ギブソン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

58

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

ジャンル :

「マッドマックス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

近未来、暴走族と戦いを繰り広げる警官たち。友人に続いて妻と息子を殺されたマックスは遂に暴走族への復讐に出る。舞台がオーストラリアの原野だからこそ成し得たカーチェイス・シーンの凄さで、一躍豪映画界を世界に知らしめた傑作アクション。 JAN:4548967195606

「マッドマックス」 の作品情報

作品情報

製作年:

1979年

原題:

MAD MAX

「マッドマックス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ポカホンタス

燃えつきるまで

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

ハッピー フィート

ユーザーレビュー:58件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全58件

一種の革命でした ネタバレ

投稿日:2008/11/21 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

当時小学生だった私には、オーストラリアといえばカンガルーとコアラの認識しかなく、アフリカと類似のイメージを持っていた
そして、この作品が公開された。

このころはまだR指定が無い時代、話題と共に子供達も多く鑑賞しただろう、そしてインターセプターの尻に付いてくる腕に、悪夢さえ見た子供や大人達もいたのではないだろうか?
それほど衝撃的で、暴力をどストレートに表現した、ある意味スプラッターの開祖にも思える

職場の若者にマッドマックスの話をふると「えっ?何ですかそれ」と返されたことがある、時の流れを感じながら、今だに消えない衝撃を与えたこの作品は、やはり名作である

ストーリーは単純で、同僚の死を捜査する警察官が、真相に近づいたが為に家族を殺され、復讐劇が幕を開けるという内容だ
しかし、画面と出てくるキャラクターの強烈さで、そんなものはエンドロールまで忘れている、これほどパワーで圧倒する作品はあまり記憶にない

男なら一部を除き、確実に楽しめるはずなので
おすすめではなく、絶対借りていただきたい。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

シンプル イズ ベスト

投稿日:2005/02/28 レビュアー:spider

何もない原野に延々と続くアスファルトの道、不安を増幅させる空の色。この映画の風景は心に焼き付いて離れません。

ストーリーもシンプル、映像もシンプル、そんなに金はかかってないのでしょう。ラストの復讐劇もある意味淡々と描かれていますが、逆にそれがマックスの怒りと苦悩の深さをあらわしていて心を揺さぶります。

家族を殺された彼が、苦しんだ末に復讐を決意し、インターセプターに乗り込んで走り出すシーン、屈指の名場面です。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

期待が外れてしまった

投稿日:2011/12/16 レビュアー:ロンリー火真西

改造車が爆音鳴らして走り回り、悪者は悪者のビジュアルで悪者らしいことをやり、警官は善人ではみ出し者だが裏がない
そこはよかったです

もっと単純に族狩りをやって改造車のカーチェイスにでっけぇマグナムやショットガンを打ちまくるってのを期待していたんですが、マックスが休暇に入ってからが退屈でした
ガンアクションがなかったのが期待外れの一番の要因です

まぁ勝手にガンアクションを期待してしまったのが間違いで、そういう期待をしなければ面白いと思います

とにかく改造車でのカーアクションはよかったです

メルギブが若すぎてメルギブとわからないくらです〜

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ヒーロー

投稿日:2008/03/16 レビュアー:だっさん

 この映画は何年ぶりに観たでしょうか。たぶん3回ぐらい観てると思いますが、最後に観てから十年以上は経ってると思います。元々、私は、この映画をリアルタイムで観たくちです。当時もバイオレンスシーンが話題になりましたが、法ではどうにも出来ない悪に対しての、映画ができる一つの回答がこれでした。必殺仕置き人にも通じると思います。このような暴力を肯定する訳では有りませんが、そういう行為を行ったマックスの気持ち、友人、妻、子を失った悲しみが、よく出ていたと思います。単なるバイオレンスだけの映画であれば、世界中でヒットして、ジョージ・ミラーとメル・ギブソンを有名にしたりしません。世界中の人達が共感する何かが、根底にあったからだと思います。

 約30年前です。メル・ギブソンが若い。最初の方は、青春映画のスターの様です。さわやかでカッコいい。その彼が、ああいう風に変わる、それもこの映画で監督が狙ったところではないでしょうか。だから、彼をキャスティングしたんだと思います。

 結構おもしろいカットが有ったり、ハイウエイを走るシーンの疾走感など、おもしろく撮られています。今となっては古い作品ですが、まだ観たことの無い方は、一度観てみても損はしないと思います。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

遠まわしなレビューですが・・・

投稿日:2006/02/02 レビュアー:ぶわつ

か〜、やっぱそうでしたか。かぐたばじゃなくダコタのノロイだったんすかぁ。これはもしやとは思ってたんですけど・・・何にせよ、変わったことせんことですね。
 ところで、オレは映画の日、会社休んで雨の中行ってきました(車で)。代休たまってたんで。本当は2本くらい観たかったんですけど、時間の都合で結局1本だけ。おまけに、嫁さん子供らが「おみやげよろしく〜」言うもんだからケーキ買ってかえって、何や、普通の日に映画行くより高ついたやんけ〜と、なかなか本題に辿りつきません!で、この日に何を観たかというとスミス夫妻。ジェイソン・ボーン・シリーズのダグ・リーマンだけに、アクション満載で、軽く痴話ゲンカしながらのカーチェイスなども見所ではありました。
 で、このカーチェイス。最近は、撮影技術の進歩でかなり手の込んだカーチェイスが、いろんな映画で観ることができるのですが、確かに複雑で迫力もそれなりにあるのに、いまいち恐怖感は伝わってこないと思いませんか?
 その点、この『マッドマックス』(お〜、我ながら見事な、いや強引な話のつなぎ方)、当然、現在のような撮影技術などない時代。やってることといえば、一直線の道路に猛スピードで車やバイクを走らせ、ノーブレーキでぶつけるような単純なアクション。なのに、これが怖い。まるで、エグイ交通事故を目の当たりにするような感覚で、何回観ても思わず身をすくめてしまう。
 事実、何名かのスタントマンが撮影時に死亡したという、やってみないとどうなるかわからない命懸けのカーチェイスが、よくある凡庸な筋立てのストーリーなどものともせず、本作を強烈な印象の残る映画に押し上げています。ついでに、本作ではお世辞にも華があるとは思えなかったメル・ギブソンまでスターダムに押し上げてしまったんですから、たいしたもんです。

 一見激しく見えても、あくまで設計図通りの(これが、本来であるとは思うんですが)カーチェイスに飽きた時に、本作を観るとなかなか刺激的だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全58件

マッドマックス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:58件

一種の革命でした

投稿日

2008/11/21

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

当時小学生だった私には、オーストラリアといえばカンガルーとコアラの認識しかなく、アフリカと類似のイメージを持っていた
そして、この作品が公開された。

このころはまだR指定が無い時代、話題と共に子供達も多く鑑賞しただろう、そしてインターセプターの尻に付いてくる腕に、悪夢さえ見た子供や大人達もいたのではないだろうか?
それほど衝撃的で、暴力をどストレートに表現した、ある意味スプラッターの開祖にも思える

職場の若者にマッドマックスの話をふると「えっ?何ですかそれ」と返されたことがある、時の流れを感じながら、今だに消えない衝撃を与えたこの作品は、やはり名作である

ストーリーは単純で、同僚の死を捜査する警察官が、真相に近づいたが為に家族を殺され、復讐劇が幕を開けるという内容だ
しかし、画面と出てくるキャラクターの強烈さで、そんなものはエンドロールまで忘れている、これほどパワーで圧倒する作品はあまり記憶にない

男なら一部を除き、確実に楽しめるはずなので
おすすめではなく、絶対借りていただきたい。

シンプル イズ ベスト

投稿日

2005/02/28

レビュアー

spider

何もない原野に延々と続くアスファルトの道、不安を増幅させる空の色。この映画の風景は心に焼き付いて離れません。

ストーリーもシンプル、映像もシンプル、そんなに金はかかってないのでしょう。ラストの復讐劇もある意味淡々と描かれていますが、逆にそれがマックスの怒りと苦悩の深さをあらわしていて心を揺さぶります。

家族を殺された彼が、苦しんだ末に復讐を決意し、インターセプターに乗り込んで走り出すシーン、屈指の名場面です。

期待が外れてしまった

投稿日

2011/12/16

レビュアー

ロンリー火真西

改造車が爆音鳴らして走り回り、悪者は悪者のビジュアルで悪者らしいことをやり、警官は善人ではみ出し者だが裏がない
そこはよかったです

もっと単純に族狩りをやって改造車のカーチェイスにでっけぇマグナムやショットガンを打ちまくるってのを期待していたんですが、マックスが休暇に入ってからが退屈でした
ガンアクションがなかったのが期待外れの一番の要因です

まぁ勝手にガンアクションを期待してしまったのが間違いで、そういう期待をしなければ面白いと思います

とにかく改造車でのカーアクションはよかったです

メルギブが若すぎてメルギブとわからないくらです〜

ヒーロー

投稿日

2008/03/16

レビュアー

だっさん

 この映画は何年ぶりに観たでしょうか。たぶん3回ぐらい観てると思いますが、最後に観てから十年以上は経ってると思います。元々、私は、この映画をリアルタイムで観たくちです。当時もバイオレンスシーンが話題になりましたが、法ではどうにも出来ない悪に対しての、映画ができる一つの回答がこれでした。必殺仕置き人にも通じると思います。このような暴力を肯定する訳では有りませんが、そういう行為を行ったマックスの気持ち、友人、妻、子を失った悲しみが、よく出ていたと思います。単なるバイオレンスだけの映画であれば、世界中でヒットして、ジョージ・ミラーとメル・ギブソンを有名にしたりしません。世界中の人達が共感する何かが、根底にあったからだと思います。

 約30年前です。メル・ギブソンが若い。最初の方は、青春映画のスターの様です。さわやかでカッコいい。その彼が、ああいう風に変わる、それもこの映画で監督が狙ったところではないでしょうか。だから、彼をキャスティングしたんだと思います。

 結構おもしろいカットが有ったり、ハイウエイを走るシーンの疾走感など、おもしろく撮られています。今となっては古い作品ですが、まだ観たことの無い方は、一度観てみても損はしないと思います。

遠まわしなレビューですが・・・

投稿日

2006/02/02

レビュアー

ぶわつ

か〜、やっぱそうでしたか。かぐたばじゃなくダコタのノロイだったんすかぁ。これはもしやとは思ってたんですけど・・・何にせよ、変わったことせんことですね。
 ところで、オレは映画の日、会社休んで雨の中行ってきました(車で)。代休たまってたんで。本当は2本くらい観たかったんですけど、時間の都合で結局1本だけ。おまけに、嫁さん子供らが「おみやげよろしく〜」言うもんだからケーキ買ってかえって、何や、普通の日に映画行くより高ついたやんけ〜と、なかなか本題に辿りつきません!で、この日に何を観たかというとスミス夫妻。ジェイソン・ボーン・シリーズのダグ・リーマンだけに、アクション満載で、軽く痴話ゲンカしながらのカーチェイスなども見所ではありました。
 で、このカーチェイス。最近は、撮影技術の進歩でかなり手の込んだカーチェイスが、いろんな映画で観ることができるのですが、確かに複雑で迫力もそれなりにあるのに、いまいち恐怖感は伝わってこないと思いませんか?
 その点、この『マッドマックス』(お〜、我ながら見事な、いや強引な話のつなぎ方)、当然、現在のような撮影技術などない時代。やってることといえば、一直線の道路に猛スピードで車やバイクを走らせ、ノーブレーキでぶつけるような単純なアクション。なのに、これが怖い。まるで、エグイ交通事故を目の当たりにするような感覚で、何回観ても思わず身をすくめてしまう。
 事実、何名かのスタントマンが撮影時に死亡したという、やってみないとどうなるかわからない命懸けのカーチェイスが、よくある凡庸な筋立てのストーリーなどものともせず、本作を強烈な印象の残る映画に押し上げています。ついでに、本作ではお世辞にも華があるとは思えなかったメル・ギブソンまでスターダムに押し上げてしまったんですから、たいしたもんです。

 一見激しく見えても、あくまで設計図通りの(これが、本来であるとは思うんですが)カーチェイスに飽きた時に、本作を観るとなかなか刺激的だと思います。

11〜 15件 / 全58件