96時間/レクイエム

96時間/レクイエムの画像・ジャケット写真
96時間/レクイエム / リーアム・ニーソン
全体の平均評価点:
(5点満点)

39

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「96時間/レクイエム」 の解説・あらすじ・ストーリー

リーアム・ニーソン主演によるサスペンスアクション「96時間」シリーズ第3弾。元CIA工作員・ブライアンは、幸せな暮らしを取り戻そうとした矢先、元妻・レノーアを何者かに殺害される。さらに殺害容疑を掛けられた彼は、事件の黒幕探しに奔走する。※一般告知解禁日:2月25日

「96時間/レクイエム」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: フランス
原題: TAKEN 3/TAK3N

「96時間/レクイエム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

96時間/レクイエムの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR62843 2015年05月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
109枚 2人 2人

【Blu-ray】96時間/レクイエム(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR62843 2015年05月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 2人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:39件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全39件

96時間/レクイエムネタバレ

投稿日:2015/03/11 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 娘命のモンスターペアレントな主人公が殺人の濡れ衣を着せられて逃走しながら娘が危ないと娘の命を狙う悪人を殺そうと頑張る話。

 強すぎるお父さんというキャラクターとスタイリッシュなアクションが魅力だった1作目からしだいに魅力がどんどん味をなくなってしまっていて、今作もストーリーもアクションシーンもこれといって新鮮さはなくなり数あるアクションものと大差ない作品になってしまっていると思いました。

 早すぎるカットの連続で何が起こってるかわからず、どんどんとテンション下がっていきました。特にカーチェイスなんて早すぎて気づいたら始まって気づいたら終わっていました。
 ストーリーのほうも2幕目が始まるまでの日常がちょっと長くて退屈でした。事件が始まってからも、逃亡者となった主人公に主人公を追いかける警察。そして殺し屋や事件の真犯人やらが出てきて。

 事件が起こった瞬間から警察から逃げつつ犯人を追いかけつつという展開ですが、この手の映画では警察がマヌケに見えるという宿命なのか、フォレスト・ウィテカーさんがカッコよく演じてても無理がありました。エピローグで「最初から犯人に気づいてた」とあーだこーだ言い訳していたのが悲しかったです。
 カタキ役の凄さというのも伝わってこなくて、ほとんど出オチのようなスタイルで戦うロシア人。

 事件の真相なんかも全部セリフで説明して、その後にまたアクションの繰り返しなので、あまり惹きつけられる内容ではなかったです。

 主人公の無敵っぷり等の魅力で引っ張る映画だと思いましたが、凄腕の元工作員のスキルはなくなり、何回騙されているんだろう? というところばかり気になってしまう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

理由?そんなのないない。暴れたいだけさ。

投稿日:2015/08/02 レビュアー:ひゅう助

もうすっかりアクション俳優としての地位を確立したリーアム・ニーソン。190cmを超える長身に、起こると怖い顔、ジェイソン・ボーンばりの格闘術と、向かうところ敵はなし。

第1作目でヨーロッパのどっかの誘拐組織を壊滅させ、第2作目でその報復を受けながらも逆襲したブライアン・ミルズ(リーアム)。今度の相手はいったい誰だ!?

あらすじ

次々と巻き込まれることに嫌気がさしたのか、ついに離婚したブライアン(リーアム)夫妻。しかしそれでも友人として関係を保っていた。

そんなある日、ブライアンの部屋で元妻が死体で見つかる。しかも間の悪いことに、警察が到着し、ブライアン逮捕に動き出す。

指名手配となったブライアン。彼は元妻を殺した「やつ」を警察にマークされた中、見つけ出すことができるのか!?


今作では前作、前々作にはなかったカーアクションが見せ場を作る。誇張ではなく、「マトリックス リローデッド」のカーアクションに迫る白熱したアクションでした。

そして今回の敵は元スペツナズ(ロシアの傭兵部隊)の悪漢。・・・かと思いきや、あれれ?どこに行くのこのお話?

そうなのだ。今回の敵は「誰かわからない」のが最大の売りだったが、フタを開けてみれば「おいおい、お前かよ!」ってレベルのチープさ。

一応、警察にも追われるブライアン、という構図で緊張感が保たれているが、ほとんど不死身のブライアンなのであまりそれも効果なし。

共演のフォレスト・ウィテカーも「あ、あんたもいたね」レベルのどうでもいい役柄。この無駄遣いは高くつくぜ、監督さんよ。


もうリュック・ベッソンもこのシリーズをさっさと終わらせたかったんだろうね。超適当な脚本にそれが如実に表れている。


まあ色々けなしましたが、カーアクションだけは見る価値ありです。ほんとここだけはよかった。

☆2つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シリーズ全部観ているので義務感

投稿日:2015/07/26 レビュアー:才谷屋

怪しいな?って思うことがそのままストレートに怪しかった(笑
前作で50点今回も50点
好きな俳優だからこそ
娘の孫を助けるなんて続編
やらないでほしいな
どうせ観ちゃうけどね(苦笑

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

タイトルからして駄目だわ。

投稿日:2015/06/30 レビュアー:きーちゃん

 もう3作目になりますが、ちょっとネタ切れの様相を呈しているとでもいいましょうか、脚本、リュック・ベッソン&ロバート・マーク・ケイメン。身内のそれも離婚した元妻の夫、スチュアート(ダグレイ・スコット)が実はとんでもない悪人だったという設定は、脚本としては意外性、サスペンス的要素はあるとしても、本作ではそれ程にも感じられない描写となっていて、ややがっかりしました。パンツ一丁男のマランコフ(サム・スプルエル)もあまり冴えませんでしたし、全体的にトーンダウンしているのは否めません。ドッツラー刑事役のフォレスト・ウィテカーに期待が走りますが、一辺倒の演技と物静かな行動が物足りなさを誘います。シリーズ中、この3作目が一番つまらなかったです。手に汗出ません。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

徐々に駄作に・・・

投稿日:2015/06/24 レビュアー:dai

まず前回の2作を観た人は100人中100人はかなり物足りない作品だったと思うだろう、これは冗談ではない。
まず1作目の「96時間」は観る前段階での評価が引く「所詮B級映画だろ」と舐めてかかったため「想像していた以上におもしれー!」という観客が多かったのが事実だ。

そして2作目の「96時間リベンジ」この作品になると前回の期待値があるので、その期待値を超える作品を制作しなければいけないのだが・・・
結果はそれ程上手くはいかず終わってしまっての・・・

それからの「96時間レクイエム」である。
今回の作品には悪い所が数多くあり「あれ?なんかB級感ハンパねーな」と思わせられた。
その例を出すと・・・

1・警察や敵とのカーチェイスが今回もあるのだが、そのカーチェイスのカメラワークが雑で分かりにくい。
「これ今どうなってんの?どこ走ってんの?今どっちの車からの視点?」など観にくさが目立つ。

2・さらにカーチェイス後に車から脱出するシーンでは「はぁ?今どっから脱出した?肝心な所みせろよ!」と肝心な脱出シーンが全てない。

3・ 1作目2作目の無敵感がなくなってしまっている。
このシリーズの醍醐味でもあるブライアンの戦闘シーンですが前作の2作と比べるとかなり減っていますし、戦闘シーンでもめちゃめちゃ強いという
わけでもなく「普通の元警官が頑張ってるわ・・・」ぐらいの感じでしたね。

4・ストーリーが雑でよりB級感がより強くでてしまっている。
例を言うと警官がレストランに誘拐犯が映った監視カメラを調べるわけだが・・・一人の警官が「なんだ何も映ってないな〜」と、
そして罰の警官が「いや!ちょっと待て!なんか映ってるぞ!」・・・「はぁ?!雑か!もうちょっとちゃんと調べろよ!そんな雑な調べ方の奴いるか?!」と突っ込みたくなるくらいの酷いシーンがありました。

このように他にも多くの雑な部分があり見るに堪えない作品となってしまっていました。
ただ1作目と2作目を観ていない人にとっては「まぁB級だし、制作はフランスだしこんなもんか」と思う方は多いと思います。
今作もまた続編が作れるような匂いは残してありましたがやはり2作目で終結しとくのがベストだったと思います。
はっきり言いますが今作は完全なる駄作です。駄作以外の何物でもありません。



このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全39件

96時間/レクイエム