No.161 RANKING

るろうに剣心 伝説の最期編

るろうに剣心 伝説の最期編の画像・ジャケット写真

るろうに剣心 伝説の最期編 / 佐藤健
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

54

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「るろうに剣心 伝説の最期編」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

和月伸宏の人気コミックスを佐藤健主演で実写映画化し大ヒットした「るろうに剣心」の続編にして完結編を、前後編2部作で描くアクション・エンターテイメント超大作の後編。日本転覆を目論む志々雄の野望を阻止せんと最後の戦いに臨む剣心の運命を描く。監督は引き続き「龍馬伝」「プラチナデータ」の大友啓史。日本征服を狙い強大な武装集団を作りあげた志々雄を討ち取るべく京都へ向かった剣心だったが、志々雄一派の圧倒的な力の前に苦戦を強いられる。やがて志々雄が甲鉄艦・煉獄で東京へと攻め入ろうとする中、このままでは志々雄を倒すことは出来ないと悟った剣心は、再会した師匠・比古清十郎に奥義の伝授を懇願するが…。<BR> JAN:4548967138528

「るろうに剣心 伝説の最期編」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「るろうに剣心 伝説の最期編」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 大友啓史
原作: 和月伸宏
撮影: 石坂拓郎
音楽: 佐藤直紀

関連作品

関連作品

1980(イチキューハチマル)

運慶と快慶 乱世が生んだ美の革命

ひとつ屋根の下2

はつ恋

ユーザーレビュー:54件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全54件

ダメこれ

投稿日:2015/02/01 レビュアー:リアナ

時間がないから全員まとめて出してみました感が痛すぎる。
原作無視するなら完全オリジナルにしといて欲しかった。
奥義がちゃんと観れたトコだけ良かった。
大分残念。ありえないシーンだらけ。原作ファンの方は見ないほうが良いかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

るろうに剣心 伝説の最期編 ネタバレ

投稿日:2014/12/24 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 明治政府を相手に国取りを開始したシシオ一派と剣心の戦いの話。

 アクションシーンのバリエーションが素晴らしくて、カメラワークも派手で、役者さんを追いかけて一緒に高いところから飛び降りたり、どうやって動いてるんだろう? と思ってしまう映像も迫力満点でした。
 前半の師匠との修行からの殺陣、伊勢谷さんとの殺陣、クライマックスの合戦。どれもが最高でした。
 特にシシオとの主人公チーム4対1の殺陣なんて、画面に5人の男たちが同時に動くので情報量ハンパなくて、1回だけ見ただけではわからないです。「健クンどう動いてるんだろう? 藤原さんどう動いてるんだろう? 伊勢谷さんどう動いてるんだろう? エグっちゃん、どう動いてるんだろう? 青木さん、どう動いてるんだろう?」と最低5回は見て、一時停止やスローで見たくなりました。
 しかもそれがド派手でカッコよくて、絶対的に勝てそうにないカタキ役にボロボロになりながら戦う主人公チーム、熱いです。よくよく考えれば、主人公たち卑怯かな? とも思わなくはないですが。。

 アクションが最高にカッコいい反面、ストーリーが原作読んでないのとわからないのか何してるのかわからない部分も気になりました。
 シシオたちは「国取り開始だ!」と映画の冒頭で宣言して、新政府に戦いを挑むのかと思いきや、特に何もしないという。ただ待ちになる。新政府側も欧米列強に内乱がばれたらマズいってんで、かつての人斬りの主人公にシシオ暗殺を依頼しますが、簡単にシシオの条件をのんで主人公を全国指名手配するという。伊藤博文に至っては、敵味方全員を海の藻屑にしようとしているのに「侍に敬礼!」とやってるのも一体何だったんだろう?

 カタキ役たちの描かれ方も不足していて、シシオの部下たちなんかすごい格好して画面の後ろに立っている人たちが、何の説明もなく主人公の前に立ちふさがって簡単に退場していくので盛り上がりに欠けました。
 ただでさえ必要のない感じの青木さん演じるサノスケという男にお坊さんが挑んできますが、彼は一体誰だったのか? コメディタッチにしちゃってるのもいかがなものなんだろう? 江口さん演じる元新選組の男に海岸で挑んでくる目隠し男は一体誰だったのか?
 ただ全員を描いてたら【ハリー・ポッター】シリーズくらいの大作にしないといけないので、シシオとの戦いの一点突破でしょうがないのかな? とも思いました。 
 登場人物全員が「生きるとは? 死ぬとは? 強いとは? 弱いとは?」みたいなことをずっと喋るのも気になりました。ヒロインの薫どのとの再会もあっけなかったりして盛り上がりそうだけど描かれないのが残念でした。

 とはいえ、シリーズ恒例のクライマックス前で佐藤直紀さんのメインテーマどーん! からのアクションスタートは最高に上がるし、エンタメ大作として面白くて盛り上がる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

やばいやばい

投稿日:2015/06/07 レビュアー:BJ

かっこよすぎる
とにかく藤原竜也の演技力には
いつも関心します
迫力もあり楽しめるので
是非見て頂きたいです

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

奥義習得

投稿日:2015/06/02 レビュアー:こうさま

評価79点(100点満点)
「京都大火編」から続くシリーズ完結編でスピード、パワー共にアップした剣心の活躍がなかなかすごい。
海中の転落した薫を救うために飛び込んだ剣心だったが、意識不明のまま海辺へうちあげられるところから。
なんと師匠比古清十郎に助けられたのだった。志々雄の手下にさえかなわなかった自分は果たして志々雄の政府転覆の野望を阻止できるのだろうかと自問自答する剣心。
それには師匠から剣の奥義を習得しなければならない、師匠との真剣な打ち合いが続く。
一方甲鉄艦で東京に迫った志々雄一派に対して後手々の明治政府は劣勢、たったあれだけの武装集団で日本が手に入るとは思えないが伊藤博文はかなり困っている。
維新政府の設立に陰で手を汚した剣心を今度は極悪非道の悪者に仕立て上げる、「これが政治」というものなのだと豪語する伊藤博文、そして最後の戦いが開始される。
前作に比べて剣心のパワーとスピードが明らかにアップしている殺陣のシーンは迫力もありなかなか素晴らしい。本作の最大の見せ場であるから当然と言えば当然なんだが
種々の戦闘シーンは見ていても飽きない。
藤原竜也扮するところの志々雄、包帯で覆われ顔は見えないが見事な存在感を出している。
戦い済んで傷ついて、剣心これからどう生きる。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

いつも同じ

投稿日:2015/04/23 レビュアー:みどり

藤原竜也っていつも同じ演技、オーバーなセリフ回し。この人の演技って、なぜか評価が高いけど…。蜷川幸雄に育てられるとみんな同じになってしまう。映画なのに舞台ばりの演技人。それが気になって映画に集中出来ない(~_~;)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全54件

るろうに剣心 伝説の最期編

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:54件

ダメこれ

投稿日

2015/02/01

レビュアー

リアナ

時間がないから全員まとめて出してみました感が痛すぎる。
原作無視するなら完全オリジナルにしといて欲しかった。
奥義がちゃんと観れたトコだけ良かった。
大分残念。ありえないシーンだらけ。原作ファンの方は見ないほうが良いかもしれません。

るろうに剣心 伝説の最期編

投稿日

2014/12/24

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 明治政府を相手に国取りを開始したシシオ一派と剣心の戦いの話。

 アクションシーンのバリエーションが素晴らしくて、カメラワークも派手で、役者さんを追いかけて一緒に高いところから飛び降りたり、どうやって動いてるんだろう? と思ってしまう映像も迫力満点でした。
 前半の師匠との修行からの殺陣、伊勢谷さんとの殺陣、クライマックスの合戦。どれもが最高でした。
 特にシシオとの主人公チーム4対1の殺陣なんて、画面に5人の男たちが同時に動くので情報量ハンパなくて、1回だけ見ただけではわからないです。「健クンどう動いてるんだろう? 藤原さんどう動いてるんだろう? 伊勢谷さんどう動いてるんだろう? エグっちゃん、どう動いてるんだろう? 青木さん、どう動いてるんだろう?」と最低5回は見て、一時停止やスローで見たくなりました。
 しかもそれがド派手でカッコよくて、絶対的に勝てそうにないカタキ役にボロボロになりながら戦う主人公チーム、熱いです。よくよく考えれば、主人公たち卑怯かな? とも思わなくはないですが。。

 アクションが最高にカッコいい反面、ストーリーが原作読んでないのとわからないのか何してるのかわからない部分も気になりました。
 シシオたちは「国取り開始だ!」と映画の冒頭で宣言して、新政府に戦いを挑むのかと思いきや、特に何もしないという。ただ待ちになる。新政府側も欧米列強に内乱がばれたらマズいってんで、かつての人斬りの主人公にシシオ暗殺を依頼しますが、簡単にシシオの条件をのんで主人公を全国指名手配するという。伊藤博文に至っては、敵味方全員を海の藻屑にしようとしているのに「侍に敬礼!」とやってるのも一体何だったんだろう?

 カタキ役たちの描かれ方も不足していて、シシオの部下たちなんかすごい格好して画面の後ろに立っている人たちが、何の説明もなく主人公の前に立ちふさがって簡単に退場していくので盛り上がりに欠けました。
 ただでさえ必要のない感じの青木さん演じるサノスケという男にお坊さんが挑んできますが、彼は一体誰だったのか? コメディタッチにしちゃってるのもいかがなものなんだろう? 江口さん演じる元新選組の男に海岸で挑んでくる目隠し男は一体誰だったのか?
 ただ全員を描いてたら【ハリー・ポッター】シリーズくらいの大作にしないといけないので、シシオとの戦いの一点突破でしょうがないのかな? とも思いました。 
 登場人物全員が「生きるとは? 死ぬとは? 強いとは? 弱いとは?」みたいなことをずっと喋るのも気になりました。ヒロインの薫どのとの再会もあっけなかったりして盛り上がりそうだけど描かれないのが残念でした。

 とはいえ、シリーズ恒例のクライマックス前で佐藤直紀さんのメインテーマどーん! からのアクションスタートは最高に上がるし、エンタメ大作として面白くて盛り上がる映画でした。

やばいやばい

投稿日

2015/06/07

レビュアー

BJ

かっこよすぎる
とにかく藤原竜也の演技力には
いつも関心します
迫力もあり楽しめるので
是非見て頂きたいです

奥義習得

投稿日

2015/06/02

レビュアー

こうさま

評価79点(100点満点)
「京都大火編」から続くシリーズ完結編でスピード、パワー共にアップした剣心の活躍がなかなかすごい。
海中の転落した薫を救うために飛び込んだ剣心だったが、意識不明のまま海辺へうちあげられるところから。
なんと師匠比古清十郎に助けられたのだった。志々雄の手下にさえかなわなかった自分は果たして志々雄の政府転覆の野望を阻止できるのだろうかと自問自答する剣心。
それには師匠から剣の奥義を習得しなければならない、師匠との真剣な打ち合いが続く。
一方甲鉄艦で東京に迫った志々雄一派に対して後手々の明治政府は劣勢、たったあれだけの武装集団で日本が手に入るとは思えないが伊藤博文はかなり困っている。
維新政府の設立に陰で手を汚した剣心を今度は極悪非道の悪者に仕立て上げる、「これが政治」というものなのだと豪語する伊藤博文、そして最後の戦いが開始される。
前作に比べて剣心のパワーとスピードが明らかにアップしている殺陣のシーンは迫力もありなかなか素晴らしい。本作の最大の見せ場であるから当然と言えば当然なんだが
種々の戦闘シーンは見ていても飽きない。
藤原竜也扮するところの志々雄、包帯で覆われ顔は見えないが見事な存在感を出している。
戦い済んで傷ついて、剣心これからどう生きる。

いつも同じ

投稿日

2015/04/23

レビュアー

みどり

藤原竜也っていつも同じ演技、オーバーなセリフ回し。この人の演技って、なぜか評価が高いけど…。蜷川幸雄に育てられるとみんな同じになってしまう。映画なのに舞台ばりの演技人。それが気になって映画に集中出来ない(~_~;)

11〜 15件 / 全54件

同シリーズ作品を借りる