プリズナーズ

プリズナーズの画像・ジャケット写真

プリズナーズ / ヒュー・ジャックマン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「プリズナーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールを主演に迎えて贈る緊迫のクライム・サスペンス。アメリカの田舎町を舞台に、何者かに掠われた6歳の少女の捜索を巡って、警察への捜査に不満を募らせ、自ら我が子を見つけ出そうと暴走していく父親の姿をスリリングに描き出していく。感謝祭の日、工務店を営むケラーの6歳になる愛娘が、隣人の娘と一緒に忽然と姿を消してしまう。警察は現場近くで目撃された怪しげなRV車を手がかりに、乗っていた青年アレックスを逮捕する。しかしアレックスは10歳程度の知能しかなく、まともな証言も得られないまま釈放の期限を迎えてしまう。一向に進展を見せない捜査に、指揮を執るロキ刑事への不満を募らせるケラーだったが…。 JAN:4988013059580

「プリズナーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: PRISONERS

「プリズナーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜

ワールド・トレード・センター

キング 罪の王

21グラム

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全51件

ひとつ以外を切り捨てさせる蠢き

投稿日:2017/06/01 レビュアー:ビンス

ドゥニ・ヴィルヌーヴ
好きな監督です。
この監督の作品は
どんな題材でも
常に同じような感覚を与えます。
どの作品も必ず心に重石を残していく
しかも決してポジティブな気持ちにはならないのに
中毒性もある
そういう、好きになったら抜け出せなくなる
そんな気持ちにさせる監督です。
今回の作品では
娘が行方不明になるという事態を通して
鈍痛・条件反射的恐怖
そんなものが無音で蠢き
静かに輪を縮めるように
全方位から迫ってくるのです。
この感覚
ひとつずつ
人間であるための「何か」が失われていく
失って
失って
娘の命
それ以外を切り捨てさせる
娘の命以外の何が傷ついても
己が切り刻まれようとも
ひとつだけを取り戻そうとする
その「人」から乖離していく主人公と
温度差で体の器官が麻痺してしまいそうな物語の顛末が
どうしようもない無常の風を吹かせます。

渾身のヒュー・ジャックマンでした。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品と
ジェイクは相性がいいですね。
それにしてもここ数年のジェイクは
脂の乗り切った最盛期ではないでしょうか
どんな役でもちゃんと自分の中に落とし込んで
違和感なくこれ以上ない形でアウトプットできてると思います。

それにしても容疑者に挙がる人物を演じた二人は
まるで本当にいる「そんな人」の如くにホンモノ感があり
イライラしたりキモいと思いつつ
尊敬するほど凄かったです。

真実というのは、本当に容赦がない
全てが明らかになるその時
言葉を失うしかありません。
そしてラストに訪れたのは希望なのか
希望の灯火が消える瞬間なのか

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

面白かった

投稿日:2014/10/25 レビュアー:静かなる海

本当はレンタルするつもりは無かったんですが・・・
レビューを見てレンタルしました。

なるほど〜
面白かった♪

少し強引な部分もあったと思いますが、かなり見ごたえのある展開。
久しぶりに読み切れない作品でした。

俳優陣の熱演も光った映画です。

子供を思う親の愛が思い込みによりストーリーをより複雑にしていきます。
少々展開の中であれっていう部分もありますが、それは置いておいて・・・
それが無ければもっと良かった。

面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

面白いけど…長すぎない?

投稿日:2016/04/02 レビュアー:ダイアー教授

面白いです!

友人から勧められて、予告を観て、めちゃくちゃ面白そうだったので、
借りて観ました。

期待通りの面白さでしたが、
物語の時間経過の割には、映画の尺が長くて、
前半部の記憶を喪失した状態でクライマックスを迎えてしまいました…
※特製ドリンクを飲んだら、こんな感じになるのでしょうか?

気合入れて観た方がいいですよ!

<余談>
なよなよダノ君がウルバリンにボコボコにされちゃう…
お芝居とはいえ、とても可哀そうでした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

少し怖かったです

投稿日:2015/02/06 レビュアー:スヌーピー

153分は長いかなと見る前は思ったけど、見たら引き込まれ長いと感じなくなりました。拉致された父親役のヒュージャックマンの演技は本当に娘がさらわれたんじゃないかっていうぐらいリアルで少し怖かったです。
娘が心配で犯人だと疑って拉致する姿には驚きました。顔の原型がなくなるぐらい殴られてかわいそうでした。でも、実際に自分の子供がもし誘拐されたら人って理性をなくしてこうなってしまうのかなと考えてしまいました。でも、友人の彼は否定的にケラーを見てたからやはり目茶苦茶に思えました。

サスペンスなのでずっと犯人は誰なんだろう、途中から本当に分からなくて狂気になった父親がもしかして誘拐したのかなとまで思ったから違って良かったです。全然わからなくて分かった時は驚き怖かったです。全部つながっていたんですね。アレックスも被害者でかわいそうでした。ラストの終わり方もすっきりしなくて何とも言えない気持ちになりました。やはりやりすぎたお父さんはこういう結末になるのかなと思いました。気持ちは分からなくはないけどやはりやりすぎなんだなと思いました。刑事さんかっこよかったです。怖い部分もあったけど謎解きはおもしろかったです

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

秋の夜長に観るミステリー

投稿日:2014/10/13 レビュアー:ひろぼう

重苦しい映画が好きな人にはお勧めします。私はこの雰囲気が大好きなので楽しめました。
宗教色が強いとの意見が散見されますが、“良き人”の例えとして使っているだけなので、宗教的な知識は必要ありません。命を救うことを名目に人はどこまで悪に染まるか、それは許されることなのかが問い掛けられています。
難を言えば、犯人つながるヒントの見つけ方がやや都合の良い展開となっていることと、尺が若干長いことでしょうか。でも伏線としてのばらまき方と回収がしっかりできているのでミステリーとして許容範囲で、尺が長いのも重苦しい雰囲気がどんどん助長されるのに役立っているようです。
映像も良い感じです。暗いシーンをしっかりと綺麗に撮っています。ディティールも凝っていて容疑者宅の異様な雰囲気をしっかり作り上げることに成功しています。
終盤に思いがけない展開になりますが、これもある人に許しを与えるためなのでしょう、目には目をということでしょうか。希望を感じさせるラストもいい感じです。
役者はジェイク・ギレンホールがいい味出してます。登場シーンで役に立たなそうな印象を与えるのですが、その後の活躍で意外性を見せて実は切れ者だということが分かる奥の深さが良い。ヒューはいかにもって感じで(笑)、ああやっちゃったよって感じ(笑)で、見た目そのままのアメリカ・オヤジを熱演。脇を締めるのが女性陣で皆様お上手です。
秋の夜長に観る、上出来なミステリーとしてお勧めします。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全51件

プリズナーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

ひとつ以外を切り捨てさせる蠢き

投稿日

2017/06/01

レビュアー

ビンス

ドゥニ・ヴィルヌーヴ
好きな監督です。
この監督の作品は
どんな題材でも
常に同じような感覚を与えます。
どの作品も必ず心に重石を残していく
しかも決してポジティブな気持ちにはならないのに
中毒性もある
そういう、好きになったら抜け出せなくなる
そんな気持ちにさせる監督です。
今回の作品では
娘が行方不明になるという事態を通して
鈍痛・条件反射的恐怖
そんなものが無音で蠢き
静かに輪を縮めるように
全方位から迫ってくるのです。
この感覚
ひとつずつ
人間であるための「何か」が失われていく
失って
失って
娘の命
それ以外を切り捨てさせる
娘の命以外の何が傷ついても
己が切り刻まれようとも
ひとつだけを取り戻そうとする
その「人」から乖離していく主人公と
温度差で体の器官が麻痺してしまいそうな物語の顛末が
どうしようもない無常の風を吹かせます。

渾身のヒュー・ジャックマンでした。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品と
ジェイクは相性がいいですね。
それにしてもここ数年のジェイクは
脂の乗り切った最盛期ではないでしょうか
どんな役でもちゃんと自分の中に落とし込んで
違和感なくこれ以上ない形でアウトプットできてると思います。

それにしても容疑者に挙がる人物を演じた二人は
まるで本当にいる「そんな人」の如くにホンモノ感があり
イライラしたりキモいと思いつつ
尊敬するほど凄かったです。

真実というのは、本当に容赦がない
全てが明らかになるその時
言葉を失うしかありません。
そしてラストに訪れたのは希望なのか
希望の灯火が消える瞬間なのか

面白かった

投稿日

2014/10/25

レビュアー

静かなる海

本当はレンタルするつもりは無かったんですが・・・
レビューを見てレンタルしました。

なるほど〜
面白かった♪

少し強引な部分もあったと思いますが、かなり見ごたえのある展開。
久しぶりに読み切れない作品でした。

俳優陣の熱演も光った映画です。

子供を思う親の愛が思い込みによりストーリーをより複雑にしていきます。
少々展開の中であれっていう部分もありますが、それは置いておいて・・・
それが無ければもっと良かった。

面白かったです。

面白いけど…長すぎない?

投稿日

2016/04/02

レビュアー

ダイアー教授

面白いです!

友人から勧められて、予告を観て、めちゃくちゃ面白そうだったので、
借りて観ました。

期待通りの面白さでしたが、
物語の時間経過の割には、映画の尺が長くて、
前半部の記憶を喪失した状態でクライマックスを迎えてしまいました…
※特製ドリンクを飲んだら、こんな感じになるのでしょうか?

気合入れて観た方がいいですよ!

<余談>
なよなよダノ君がウルバリンにボコボコにされちゃう…
お芝居とはいえ、とても可哀そうでした。

少し怖かったです

投稿日

2015/02/06

レビュアー

スヌーピー

153分は長いかなと見る前は思ったけど、見たら引き込まれ長いと感じなくなりました。拉致された父親役のヒュージャックマンの演技は本当に娘がさらわれたんじゃないかっていうぐらいリアルで少し怖かったです。
娘が心配で犯人だと疑って拉致する姿には驚きました。顔の原型がなくなるぐらい殴られてかわいそうでした。でも、実際に自分の子供がもし誘拐されたら人って理性をなくしてこうなってしまうのかなと考えてしまいました。でも、友人の彼は否定的にケラーを見てたからやはり目茶苦茶に思えました。

サスペンスなのでずっと犯人は誰なんだろう、途中から本当に分からなくて狂気になった父親がもしかして誘拐したのかなとまで思ったから違って良かったです。全然わからなくて分かった時は驚き怖かったです。全部つながっていたんですね。アレックスも被害者でかわいそうでした。ラストの終わり方もすっきりしなくて何とも言えない気持ちになりました。やはりやりすぎたお父さんはこういう結末になるのかなと思いました。気持ちは分からなくはないけどやはりやりすぎなんだなと思いました。刑事さんかっこよかったです。怖い部分もあったけど謎解きはおもしろかったです

秋の夜長に観るミステリー

投稿日

2014/10/13

レビュアー

ひろぼう

重苦しい映画が好きな人にはお勧めします。私はこの雰囲気が大好きなので楽しめました。
宗教色が強いとの意見が散見されますが、“良き人”の例えとして使っているだけなので、宗教的な知識は必要ありません。命を救うことを名目に人はどこまで悪に染まるか、それは許されることなのかが問い掛けられています。
難を言えば、犯人つながるヒントの見つけ方がやや都合の良い展開となっていることと、尺が若干長いことでしょうか。でも伏線としてのばらまき方と回収がしっかりできているのでミステリーとして許容範囲で、尺が長いのも重苦しい雰囲気がどんどん助長されるのに役立っているようです。
映像も良い感じです。暗いシーンをしっかりと綺麗に撮っています。ディティールも凝っていて容疑者宅の異様な雰囲気をしっかり作り上げることに成功しています。
終盤に思いがけない展開になりますが、これもある人に許しを与えるためなのでしょう、目には目をということでしょうか。希望を感じさせるラストもいい感じです。
役者はジェイク・ギレンホールがいい味出してます。登場シーンで役に立たなそうな印象を与えるのですが、その後の活躍で意外性を見せて実は切れ者だということが分かる奥の深さが良い。ヒューはいかにもって感じで(笑)、ああやっちゃったよって感じ(笑)で、見た目そのままのアメリカ・オヤジを熱演。脇を締めるのが女性陣で皆様お上手です。
秋の夜長に観る、上出来なミステリーとしてお勧めします。

11〜 15件 / 全51件