ブリングリングの画像・ジャケット写真

ブリングリング / エマ・ワトソン

全体の平均評価点:(5点満点)

18

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ブリングリング」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で贈る、少女たちが実際に起こした窃盗事件を映画化。ロサンゼルス郊外の高級住宅地を舞台に、セレブの生活に憧れる5人の少女たちの無謀な冒険を描く。監督は『SOMEWHERE』のソフィア・コッポラ。※一般告知解禁日:あり

「ブリングリング」 の作品情報

作品情報

製作年:

2013年

製作国:

アメリカ/フランス/イギリス/日本/ドイツ

原題:

The Bling Ring

「ブリングリング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日

ハッピー・デス・デイ

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全18件

若いって素晴らしい。怖いもんなしなんだなぁから

投稿日:2016/05/23 レビュアー:ムービードリンク

アメリカ:カルフォルニア州:ロサンゼルス:カラバサス(超セレブな街)。実話

転校生でコンプレックスのある、少しおとなしい青年が主人公。

知り合った女が窃盗上等。次第に主人公も麻痺して、買い物の様に留守の家を物色し、ブランドや宝石、ブランドを盗む!ぬすむ!

ハリウッド女優のスケジュールをチェックして自宅に乗り込む。(ちょっとした買い物の様に)※被害者はパリスヒルトン、リンジーローハンなど

若者窃盗団の行方はいかに!

88D点。明るく楽しくスリリングな犯罪映画?犯罪を良しとはしませんが、実話だから仕方ない(笑)

途中途中事情聴取シーンが入り、各々いい訳しているカットが○

気がついた点。
この映画、虫の声やパトカーの音、飛行機の音、息遣い、足音を巧みに入れて緊張感を高めている気がしました。

ラストの各々いい訳が、また窃盗するだろうと思ってしまいますね。
最後のニッキーの閉め方は素晴らしい○

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

見てて気分が悪くなる映画。でも監督の手腕はさすが。

投稿日:2015/04/11 レビュアー:ひゅう助

高校生の若者たちがセレブの家に侵入し、金品を洗いざらい持っていく。そして事件が発覚したとき、彼らに反省の色はない。

うーん、この映画を見ていい気分になる人はいないだろうね。間違いなく気分が悪くなる。

そしてこの映画を見て得るものはない、と言ってもいい。せいぜい「こんなことしたらいかんよ」ってぐらいか。

でも身近にセレブの家がある人なんて、日本では限られてるしなー。やっぱりこの映画見ても意味ないかも。

えー気分が悪くなる映画ですが、ソフィア・コッポラ監督の手腕は「さすが」と褒めたい。

女優としての才能には恵まれなかったけど、監督としての才能には恵まれてますね。

ソフィア・コッポラ作品に(いい意味でも悪い意味でも)ハズレなしですね。どの作品も印象に残る映画です。

特に全ての作品群に共通するテーマである「孤独」を描くのが上手いよね、この監督は。


というわけで、見たら気分が悪くなる映画ですが、一つの作品として評価すると、☆4つで。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

セレブ狙いの窃盗団のキラキラ映画

投稿日:2014/08/13 レビュアー:さるこ

ソフィア・コッポラ監督が「容疑者はルブタンを履いていた」
という記事を見て興味を持ち、映画を作ったと。

銀座でも新宿伊勢丹でも見たことないようなルブタンの品揃えに
おぉ〜!と唸っちゃったよ。
ヴィトンやシャネル、バレンシアガも!
ハイブランドのキラキラ映像に、私も気分はすっかり窃盗団w
そういう疑似体験ができる撮り方なんでしょうけど、並べ方もお店の
陳列棚のようだし、出てくる豪邸も素敵すぎて、キラキラを煽ってきます。

盗みの背景が軽いっw
芸能人がくるようなクラブに通い、ゴシップ誌やファッションが好きっていう
よくいるティーン。
私もセレブの真似がしたいし、自慢したい!そんな感じ。
憧れの芸能人の住所やその日の動向をチェックして突撃!そんな安直さ。
アメリカのSNSとかゴシップサイト怖いな〜、個人情報ダダ漏れじゃん。
つーかパリス・ヒルトンは警備会社と契約してないのかよ。。

犯行を淡々と描き、少年少女が反省したり成長したりする話ではないんで、
清々しいほど彼女たちは何も変わらず。
最後のエマ・ワトソンがそのトドメだったな。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

セキュリティをしっかりしなさい。

投稿日:2016/11/03 レビュアー:Kavi

こいつら本当に微塵も反省してないらしい。
むしろゆうめいになったことで、セレブ気分だったみたい。
こういう最もバカをしやすい若い時代を
鮮やかに映すの、コッポラはうまいと思うわ。

映像からも微塵も反省がみえないもの。
逆に、爽快。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

まあまあ

投稿日:2015/10/18 レビュアー:jun

アメリカで実際に起こった事件を題材にしたこの作品。
ハリウッドセレブの自宅に、高校生が金品を窃盗するために忍び込みます。

そのとき、出てくるオシャレな金品の数々がすごかったです。
ヴィトン、シャネル、セルジオロッシ、ルブタン、ディオール、サンローラン、バレンシアガ…などなど。
これでもかというほど女性だったら誰しもが欲しかったようなブランドが所せましと置いてあるシーンは心奪われると思います。
そういうシーンだけでも観ていてワクワクしました。
こういった華やかなシーンの撮影は、実際の元パリス・ヒルトン宅で行われたりしたそうで、パリスも協力したそうです。
2億円近い窃盗被害を受けてるのに、懐が深すぎます。笑

レイチェル・ビンソン、パリス・ヒルトンやミランダ・カーなど、実際のハリウッドセレブもカメオ出演しているのも必見。

観終わったあとに何かある映画ではありませんでしたが、観ていて気分転換にはなりました。
ただ、映画というよりはドキュメンタリーといった感じで、終わり方もあんまりに登場人物の変化が描かれているわけでもないので、実在の犯罪を基にしていると割り切って、ドキュメンタリーだと思って観た方が楽しめるかと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全18件

ブリングリング

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:18件

若いって素晴らしい。怖いもんなしなんだなぁから

投稿日

2016/05/23

レビュアー

ムービードリンク

アメリカ:カルフォルニア州:ロサンゼルス:カラバサス(超セレブな街)。実話

転校生でコンプレックスのある、少しおとなしい青年が主人公。

知り合った女が窃盗上等。次第に主人公も麻痺して、買い物の様に留守の家を物色し、ブランドや宝石、ブランドを盗む!ぬすむ!

ハリウッド女優のスケジュールをチェックして自宅に乗り込む。(ちょっとした買い物の様に)※被害者はパリスヒルトン、リンジーローハンなど

若者窃盗団の行方はいかに!

88D点。明るく楽しくスリリングな犯罪映画?犯罪を良しとはしませんが、実話だから仕方ない(笑)

途中途中事情聴取シーンが入り、各々いい訳しているカットが○

気がついた点。
この映画、虫の声やパトカーの音、飛行機の音、息遣い、足音を巧みに入れて緊張感を高めている気がしました。

ラストの各々いい訳が、また窃盗するだろうと思ってしまいますね。
最後のニッキーの閉め方は素晴らしい○

見てて気分が悪くなる映画。でも監督の手腕はさすが。

投稿日

2015/04/11

レビュアー

ひゅう助

高校生の若者たちがセレブの家に侵入し、金品を洗いざらい持っていく。そして事件が発覚したとき、彼らに反省の色はない。

うーん、この映画を見ていい気分になる人はいないだろうね。間違いなく気分が悪くなる。

そしてこの映画を見て得るものはない、と言ってもいい。せいぜい「こんなことしたらいかんよ」ってぐらいか。

でも身近にセレブの家がある人なんて、日本では限られてるしなー。やっぱりこの映画見ても意味ないかも。

えー気分が悪くなる映画ですが、ソフィア・コッポラ監督の手腕は「さすが」と褒めたい。

女優としての才能には恵まれなかったけど、監督としての才能には恵まれてますね。

ソフィア・コッポラ作品に(いい意味でも悪い意味でも)ハズレなしですね。どの作品も印象に残る映画です。

特に全ての作品群に共通するテーマである「孤独」を描くのが上手いよね、この監督は。


というわけで、見たら気分が悪くなる映画ですが、一つの作品として評価すると、☆4つで。

セレブ狙いの窃盗団のキラキラ映画

投稿日

2014/08/13

レビュアー

さるこ

ソフィア・コッポラ監督が「容疑者はルブタンを履いていた」
という記事を見て興味を持ち、映画を作ったと。

銀座でも新宿伊勢丹でも見たことないようなルブタンの品揃えに
おぉ〜!と唸っちゃったよ。
ヴィトンやシャネル、バレンシアガも!
ハイブランドのキラキラ映像に、私も気分はすっかり窃盗団w
そういう疑似体験ができる撮り方なんでしょうけど、並べ方もお店の
陳列棚のようだし、出てくる豪邸も素敵すぎて、キラキラを煽ってきます。

盗みの背景が軽いっw
芸能人がくるようなクラブに通い、ゴシップ誌やファッションが好きっていう
よくいるティーン。
私もセレブの真似がしたいし、自慢したい!そんな感じ。
憧れの芸能人の住所やその日の動向をチェックして突撃!そんな安直さ。
アメリカのSNSとかゴシップサイト怖いな〜、個人情報ダダ漏れじゃん。
つーかパリス・ヒルトンは警備会社と契約してないのかよ。。

犯行を淡々と描き、少年少女が反省したり成長したりする話ではないんで、
清々しいほど彼女たちは何も変わらず。
最後のエマ・ワトソンがそのトドメだったな。

セキュリティをしっかりしなさい。

投稿日

2016/11/03

レビュアー

Kavi

こいつら本当に微塵も反省してないらしい。
むしろゆうめいになったことで、セレブ気分だったみたい。
こういう最もバカをしやすい若い時代を
鮮やかに映すの、コッポラはうまいと思うわ。

映像からも微塵も反省がみえないもの。
逆に、爽快。

まあまあ

投稿日

2015/10/18

レビュアー

jun

アメリカで実際に起こった事件を題材にしたこの作品。
ハリウッドセレブの自宅に、高校生が金品を窃盗するために忍び込みます。

そのとき、出てくるオシャレな金品の数々がすごかったです。
ヴィトン、シャネル、セルジオロッシ、ルブタン、ディオール、サンローラン、バレンシアガ…などなど。
これでもかというほど女性だったら誰しもが欲しかったようなブランドが所せましと置いてあるシーンは心奪われると思います。
そういうシーンだけでも観ていてワクワクしました。
こういった華やかなシーンの撮影は、実際の元パリス・ヒルトン宅で行われたりしたそうで、パリスも協力したそうです。
2億円近い窃盗被害を受けてるのに、懐が深すぎます。笑

レイチェル・ビンソン、パリス・ヒルトンやミランダ・カーなど、実際のハリウッドセレブもカメオ出演しているのも必見。

観終わったあとに何かある映画ではありませんでしたが、観ていて気分転換にはなりました。
ただ、映画というよりはドキュメンタリーといった感じで、終わり方もあんまりに登場人物の変化が描かれているわけでもないので、実在の犯罪を基にしていると割り切って、ドキュメンタリーだと思って観た方が楽しめるかと思いました。

11〜 15件 / 全18件