ガッチャマン

ガッチャマンの画像・ジャケット写真
ガッチャマン / 松坂桃李
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

59

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ガッチャマン」 の解説・あらすじ・ストーリー

タツノコプロ制作の往年の大人気TVアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」を、大胆にアレンジしたリアルな世界観で実写映画化したSFアクション。出演は5人のガッチャマンに松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平、共演に中村獅童、岸谷五朗。監督は「カイジ 人生逆転ゲーム」の佐藤東弥。21世紀初め、人類は謎の侵略者“ギャラクター”の襲撃に遭い、地球の半分を制圧されてしまう。人類の最後の望みは、不思議な“石”の力を引き出す“適合者”として、ISO(国際科学技術庁)の南部博士によって幼い頃から究極の兵器になるべく鍛えられてきた5人の若者“ガッチャマン”に託された。人類の存亡を懸け、ギャラクターとの戦いに臨むガッチャマンだったが…。

「ガッチャマン」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「ガッチャマン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ガッチャマンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV24164R 2014年03月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
51枚 2人 1人

【Blu-ray】ガッチャマン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
2:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR24163R 2014年03月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
28枚 3人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:59件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全59件

タツノコプロって日テレの子会社になったんだね〜

投稿日:2014/03/15 レビュアー:ダークブラウン

う〜ん・・・評判通り

どんなに言い訳しようとも確固たるオリジナルと比較して当たり前。

「ガッチャマンとして観なきゃ・・・」作る意味なし。
「特撮映画として観れば・・・」作る意味なし。

せめて、今風なコスチュームは良いとして色分けをもっと明確にしてほしかった。

暗闇で黒っぽいのばかりじやね〜

本当に忍者じゃないんだから、蛍光色なりで各キャラクター色を強調しても悪くはなかったかも。

役者さんは今の日本での若手として特に文句のないところですが・・・

南部博士。。

岸谷五朗はきらいじゃないですが、この役は顔のでかさがめだってコントみたい。

顔でかいと言えば〜ベルク・カッツェのマスクもでかいウサ耳でバランス悪いのが目立つ。

日テレ子会社になったからバンバンリメークさせられるとしても話題先行に終わるのは無しでお願いしたいです。


関係ないですが、ドイツ語習った時に”Berg katze ”て「山猫なんだ!」とひそかに喜んだのを思い出します。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダメダメネタバレ

投稿日:2014/03/14 レビュアー:ムラタ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ゴッドフェニックスやキャラクターの名前を変えれば、盗作とも言われないレベル。設定を変えるのは、悪くないがひどすぎる。
CGやアクションはそれなりに楽しめたが、ガッチャマンではない映画としてみても、脚本が全然ダメ。拳銃が効かないという相手に対して
人を動員して対抗するか?設定自体もダメダメ映画。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

惜しい

投稿日:2014/03/08 レビュアー:ウォルター

意気込みは買うけど 結果がついてきてない
まず スーツ 暗い場面では誰が誰やら アクションにしても レクチャ
ーは受けてるんだろうけど ぎこちない 躍動感やパワーが皆無
剛力さんは可愛いんだろうけど ミスキャスト オリジナルのヒロインにすればよかったのに

ギャラクターにスケール感無し 世界を蹂躙するくらいの兵力があるはずなのに
テレビの戦隊物以下の規模にしか感じられない 結果的にヒーロー戦隊物に思い入れの無い ただの業者納入映画になってしまいました
アメコミ映画のコピーを作れとはいわないけど
見てて おおっ!と思えるような映画してほしかった

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人間ドラマでカッコつけようとしてしまった…

投稿日:2014/08/10 レビュアー:ムービーたろう

実写版「ヤッターマン」のように、娯楽作に徹すれば、もう少し広範に評価も
得られたことと思います。
本作では、ガッチャマンスーツを着ていない、普段着姿のメンバーの活躍の
時間が長く、中途半端な人間ドラマを見せようとした結果、出演役者の
ファンでない人には、退屈な作品になってしまったように思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何ひとつととしてガッチャマンでは無い…

投稿日:2014/05/04 レビュアー:テレビマン

何ひとつととしてガッチャマンでは無い…
元ネタが皆無に等しい映画を作る意味って何なのか?
旧作を知っている人が懐古的な感情を持ち込むことが許されないのなら、
はなから完全オリジナルとして作ればいい!

では、旧作への思い入れを差し引いて、1個の作品としてみた場合どうか?
それでも良作と呼ぶには程遠い。

冒頭のアクションシーンは、ドラマとは関係がないから観ていられる。
が、ドラマ部分が浅すぎる。登場人物に感情移入できないのだ。

ケン・ジョー・カッツェの3人の葛藤がメイン展開となるのだが、
予想外の展開を演出し過ぎなのか? 感情の変化が急すぎる。
何がきっかけで、その心境にいたったのか?
描き切れているとは言えない。

まぁ、その辺は観客が感じ取ってよ! 的な構成でツライ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全59件

ガッチャマン