イノセント・ガーデン

イノセント・ガーデンの画像・ジャケット写真
イノセント・ガーデン / ミア・ワシコウスカ
全体の平均評価点:
(5点満点)

32

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「イノセント・ガーデン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌクの記念すべきハリウッド・デビュー作となるミステリー・サスペンス。18歳になったヒロインの前に消息不明だった叔父が突如現われたことをきっかけに、彼女の周りで不可解な事件が次々と発生していくさまをスタイリッシュな映像美でスリリングに描き出す。主演はミア・ワシコウスカ。18歳の誕生日に不審な事故で最愛の父を亡くしたインディア・ストーカー。決して心を通わせたことのない母エヴィと2人きりになってしまったインディアだったが、葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが姿を現わし、そのままインディアたちと一緒に暮らし始める。そしていつしか、知的でエレガントなチャーリーの魅力に心奪われゆくインディアだったが…。

「イノセント・ガーデン」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: STOKER

「イノセント・ガーデン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イノセント・ガーデンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 4人 3人

【Blu-ray】イノセント・ガーデン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全32件

エロさと恐ろしさ。ミアの透明感と真逆を行く映画。

投稿日:2013/11/03 レビュアー:みむさん

パクチャヌクは前回見た「渇き」がちょっと
自分には合わなかったんで半信半疑だったんですが、
これは面白かったです。

しかも、脚本がドラマ「プリズン・ブレイク」で主演だったウェントワース・ミラー。

父を亡くした母と娘のところに
ある日突然叔父だと名乗る男がやってくる。

娘インディアと叔父チャーリーが
なにやら怪しげな雰囲気。
チャーリーのねっとりした視線がとにかく
いやらしさ全開。

そしてインディアを演じるミアを
舐めるように映す映像。

なんか、エロいんですよね、この感じ。

このインディアとチャーリーに何かある!
と思いながら見ていたが、
そういう話だったか・・・・

亡くなった父がインディアに狩りを教えていた理由、
チャーリーが突然帰ってきた理由、
チャーリーが執拗にインディアに迫る理由

なるほどね・・・・。

ミアの魅力である透明感が
このエロさと恐ろしさを増幅させるとは予想外だった。

その本来のミアの魅力とは真逆の雰囲気が
見事にマッチしていてビックリした。

ニコールキッドマンが母役で出ていたけれど
ミアの魅力が凄すぎますねこれは。

パクチャヌクってことで、
一筋縄ではいかない映画だろうとは思っていたけど
やはりそうでした。

なかなか見応えありな映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

イノセント・ガーデンネタバレ

投稿日:2015/05/05 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 冒頭、車から一人の女が降りてきて、草むらの中へ進む。真っ赤に染まった花のカットが挿入され、進んでいく女にかぶさりのタイトルクレジット。この印象的なクレジットだけで傑作の予感をさせてくれる素晴らしいツカミでした。
 更にクレジットは進み、少女が木の幹におかれた誕生日プレゼントの箱を開けると一本の鍵が入っていて。バースデーケーキがテーブルにあり、ケーキを真上からとらえてからの叫び声で、メインタイトルどーん。
 最高でした。

 主人公の少女の父親の葬儀から始まる。交通事故で亡くなり、姿を今までくらましてた叔父さんがやってくる。
 主人公は感覚が鋭くて耳がめちゃくちゃいい。スーパースパイみたいに遠くの話し声なども聞こえてきちゃう能力の持ち主。
 謎の叔父さんは主人公と上手くいっていない母親といい感じになり、叔父さんの事を知っているような家政婦さんや大叔母さんが主人公に何か話があるようなそぶりをみせると翌日には姿を消してしまう。

 ストーリーは叔父さんが突然やってきて主人公の身の回りに異変が起こるというサイコサスペンス。この話自体は目新しい物でもなく、更に真相がわかるクライマックスもそんなに目を見張るものではなかったです。
 が、何と言っても冒頭から最後まで独特の映像と不気味な雰囲気が最高でした。

 ピアノが弾けないといってた叔父さんが主人公の隣に座って連弾したりするところで恍惚な表情になっていったり、主人公の太もものなかに入っていく蜘蛛。などエロティックなシーンも多く。
 更に主人公がある現場を目の前で目撃した後にそれを思いながらのオナニーシーンなんかもあったり。主人公を演じる女性の表情の変化なんかも素晴らしかったです。
 それは、ずっとプレゼントでもらっていたスニーカーから叔父さんからもらうハイヒール。主人公が、立ち上がるということでそこから明らかに主人公の表情が変わったのがわかるのが凄いです。成長した瞬間。

 印象的な映像やカメラワークも雰囲気を最高に出していて素晴らしかったです。主人公が男の子と夜の公園で語らうシーンやグイーンと被写体によっていったり、ドアップがインパクト強かったです。かと思いきや俯瞰を多用したりと。

 時代背景が1950年代くらいかな? と思ってたら主人公が1994年生まれだと知り現代だったんだと戸惑ったり。叔父さんに影響を受けて変化した主人公のその後が気になる終わり方で不完全燃焼を感じてしまったり、殺人が結構ずさんなんではないのかと思ったりもしなくもないですが。とても面白い映画でよかったです。 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

かなり凄い作品!

投稿日:2014/04/17 レビュアー:ともこさん

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督作品と聞いてある意味納得。
でもストーリー(脚本)も良かったと思う。とんでもない話なのに、映像が美しいし品がある。

ミア・ワシコウスカとキッドマンの美の交錯、そしてチャーリー役のマシュー・グッドも
美しくて怖い。美しくて魅力的なすごいインパクトのある作品で、一度見終わって
すぐまた再生してしまった。

ある意味ミア・ワシコウスカの女優としてのComing of Age的作品。大女優になる予感。楽しみです。
しかめつらでも美しい女優ってやっぱきれい。

He used to say, sometimes you need to do something bad to stop you from doing something worse.

ミア・ワシコウスカが淡々と言うと、格言に聞こえてくる・・

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

怒りにも似たいらつきだけ。

投稿日:2014/03/02 レビュアー:rizucherry00

ほんとに、ニコール・キッドマンが出ていなければ、15分で見るのやめました。
意味なく口にふくみを持たせた笑い顔で、気持ちわるいおじさんと、せりふのあまりない理解しがたい行動をする娘、その間で何かを隠してふるまう母。
そんな構図のなか、人が殺されていくけど、いらいらだけがつのりながら見ました。最後の10分で話が終わり、そうなんだとやっと我慢してここまでみて、気持ち悪いまま終わらなくてよかったという感じです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映像100点 ミアの美しさ

投稿日:2014/01/11 レビュアー:ちゅく

インディア(ミア・ワシコウスカ)が、ママ(ニコール・キッドマン)の髪をくしけずると、一本一本の毛の先が、草むらに徐々に、変わっていく……そこは狩場。──ぞくぞくさせられる場面でした。
オープニングからして、凝っている。インディアが左に歩くと、役者の文字「Mia Wasikowska」が、「a k s w …」の順に消えていったり、
風で「はためく」スカートの奥に、「Matthew Goode」(叔父役)の文字が出てきたり……。庭(ガーデン)に大きな丸石がいくつもあり、テニスコートに黄色なテニスボールがばら撒かれる。
ミアの18歳の誕生日の日、謎の死をとげた父、その葬儀の日、突然、現れた叔父(父の弟)
映像にたぶらかされつつ、あとで、その凝った映像が物語の伏線であったと分かります。
冒頭の「ママのブラウスを着て、パパのバンドを締めて、靴は叔父さんのプレゼント。」という独白や、赤い花の意味が、最後に分かります。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全32件

イノセント・ガーデン