サマーウォーズ

サマーウォーズの画像・ジャケット写真

サマーウォーズ / 神木隆之介
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

243

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「サマーウォーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「時をかける少女」の細田守監督が気弱な理系少年の思いも寄らぬひと夏の大冒険を描くSF青春アドベンチャー。ひょんなことから片田舎の大家族と夏休みを過ごすハメになった17歳の少年が、仮想空間に端を発した世界崩壊の危機に立ち向かう姿を家族の絆を軸に迫力のアクション満載で描き出す。天才的な数学の能力を持つ内気な高校2年生、小磯健二。彼は憧れの先輩、夏希から夏休みのアルバイトを頼まれ、彼女の田舎を訪れる。そこに待っていたのは、夏希の親戚家族の個性溢れる面々。この日は、夏希の曾祖母、栄の90歳の誕生日。その祝いの席で、夏希のフィアンセのフリをする、というバイトの中身を初めて知り困惑する健二だったが…。

「サマーウォーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「サマーウォーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

おにいちゃんのハナビ

境遇

東京無印女子物語

怪談新耳袋 百物語

ユーザーレビュー:243件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全243件

バーチャル空間VS在来工法

投稿日:2010/11/27 レビュアー:はらぺこ

つまり何が言いたいかと言うと、バーチャルな空間で繋がっている世界よりも、生身の人間の繋がりの方が強いぞ、と。
世界中がネット上の仮想空間で活動している近未来の世界と、いかにも在来工法で建築された民家に暮らす田舎の大家族。
このコントラストがなかなか新鮮で面白かったです。

しかしまぁ、ヒロインが気の強そうな活発な細身美少女、で、片や小心者で奥手なオタク少年。
いかにもその手の人の好きそうな設定ですね。

まずまず楽しめましたが、偏見を持って発言する所の「アニメだな」って感じで、趣味で観る域を脱していない印象の作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

愛はカツ!

投稿日:2010/05/12 レビュアー:飛べない魔女

私たちの生活は便利になったもんだ。
居ながらにしてお買いものは出来るし、なんでも手に入る。
疑問があればすぐに解決、ネット検索でちょちょいのちょいだ。
電気・ガス・水道のライフラインだってコンピューター制御、電車だって車だってオートマチック、コンピューターが支配する。
そう考えると、現代社会はすべてコンピューターが動かしているわけだ。
でもそれを作ったのは人間なわけだから、人間って凄いな〜。。。などど感心している場合ではないぞ!という警鐘のお話し。
マシーンに依存しすぎると、ひとつ歯車が狂っただけで、大変な大混乱になるんだっていうことを改めて痛感させてくれるお話し。
アニメーションが凄く綺麗。
田舎の素朴な人々の会話も小気味よく、楽しめた。

それにしても凄い人気だね。これ!



このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

見ごたえはあるが・・・

投稿日:2010/03/09 レビュアー:んばば

見ごたえはある
終わったあとの満足感も
すっきりした感じも
高揚感もあるんだけど

しかし

絶賛するほどかと問われると
かなり否定したくなる
各シーンは個別ではいいのだけど
全体的に考えるとなんで?と思ってしまうストーリー
シナリオはクソだと思う

声優もへたくそ過ぎ
その為かキャラが立ってない
脇役の方がまだ印象に残る・・・
人物描写も中途半端
最後だけいい所持っていくんだなぁ


良作ではあるかな
声優だけは本職使ってほしかった
できれは脚本もチェンジで・・・

中学生女子脳で見れば絶賛かもね

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

電脳世界への警告と、人の力<つながり> ネタバレ

投稿日:2010/03/06 レビュアー:春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なんでもコンピュータネットワークに頼った世界。
ひとつのネットワークに全ての機能を持たせてしまう恐ろしさを感じました…。
便利なのは確かですが、それに全てを頼ってしまうとたった、一つの綻びから全てが破壊されてしまう可能性は私も感じていました。
だって…職場でも、今はノートや鉛筆は使いませんもの!
もちろん、この物語のようにハッキングAIが…なんてことはないんでしょうけどね。

この映画のワンシーン。
人のつながりが、励ましが状況を打開したところはなんか感動しました。
原作でもいいなとおもったんですけど…映像で見るとホントに実感しました!
2回戦、3回戦は、電脳世界で戦う形でしたけど、バックヤードに人の力や結束があったり、花札で形勢逆転なんてオツじゃないですか!
そして、最後のみんなが協力を申し出るシーン感動モノです!
久々に映像で感動して涙してしまいました。(恥)

作者が投げかけるテーマは、人のつながり、家族、最後に諦めないこと…というところでしょうか?
青臭いと言われると否定はできませんけど、私はこういうのが大好きです!

終わり方もGOODです。
健二と夏希のその後が見たいと思う気持ちもあるのですが、なまじ続編ができちゃうとガッカリしちゃいそうですね。
それだけインパクトのある事件でしたから、これ以上の事件は考えにくいし、以下の事件だとシラけそうです。

映像も綺麗でした!さすがマッドハウス!!
そして、神木隆之介くんや、桜庭ななみちゃんの声優振りもなかなか!
うーん、高校生の役ってのは、やっぱり本職(高校生)の方がハマるもんなんですかね。
しかし、佳主馬の役が、谷村美月さんとは…
幅が広いなぁ彼女は…主役でも脇役でも、映画でもTVでも彼女の名前や顔を良く見ます。
三人とも、ちょっと気になる感じもあったことはあったのですが…私としては合格です!

原作同様、大満足の作品でした!

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ごらん…パレードが行くよ、僕らも踊ろう^^ ネタバレ

投稿日:2010/03/23 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

当初「多国籍ネタ」で始まるので海外販売を意識した「またか」のアーティスティックな作品かと思いました。
しかし、話が転がり始めると全ての不安は払拭されて巨大な社会との連携を仮想現実の中で再確認する少年の心にリンクして「ドキドキワクワク」している自分に気付いて驚きます。
最近は珍しくなった家族〜親戚〜隣組〜村〜町〜街〜地方自治体〜国家〜世界〜地球〜宇宙の近接感をアニメと言う自由意識が映える世界でクッキリと描き切っている秀作です。
社会と言うか認識出来る御近所さんは全て年長者…御先祖が存在し、彼らが守り愛しんだからこそ現在の国の大地に安寧とした文化が築かれているのです。
まるで全ての事柄は自分から発した様に社会を甘く認識する若造が増殖する昨今、「いや、それはどうだろう?」と柔和なアニメと言う素材でジックリコトコト煮込む様に深く噛み砕いて語り掛けてくれます。
近年「無駄に実写」と言う作品も多く存在しますが日本の御家芸に近い2Dアニメの自由奔放なイマジネーションの広がりを今更ながら感じてしまいました。
人が繋がるのは相手を想うからだ!。
このテーマは、こそばゆいながらコミュニティに必要な最低にして最大の条件だと言う事を家族を通して明快朗々と見せてくれます。
スッキリと後味良く「少年の日に観たアニメ」の楽しさを思い出したい方にはお奨めです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全243件

サマーウォーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:243件

バーチャル空間VS在来工法

投稿日

2010/11/27

レビュアー

はらぺこ

つまり何が言いたいかと言うと、バーチャルな空間で繋がっている世界よりも、生身の人間の繋がりの方が強いぞ、と。
世界中がネット上の仮想空間で活動している近未来の世界と、いかにも在来工法で建築された民家に暮らす田舎の大家族。
このコントラストがなかなか新鮮で面白かったです。

しかしまぁ、ヒロインが気の強そうな活発な細身美少女、で、片や小心者で奥手なオタク少年。
いかにもその手の人の好きそうな設定ですね。

まずまず楽しめましたが、偏見を持って発言する所の「アニメだな」って感じで、趣味で観る域を脱していない印象の作品でした。

愛はカツ!

投稿日

2010/05/12

レビュアー

飛べない魔女

私たちの生活は便利になったもんだ。
居ながらにしてお買いものは出来るし、なんでも手に入る。
疑問があればすぐに解決、ネット検索でちょちょいのちょいだ。
電気・ガス・水道のライフラインだってコンピューター制御、電車だって車だってオートマチック、コンピューターが支配する。
そう考えると、現代社会はすべてコンピューターが動かしているわけだ。
でもそれを作ったのは人間なわけだから、人間って凄いな〜。。。などど感心している場合ではないぞ!という警鐘のお話し。
マシーンに依存しすぎると、ひとつ歯車が狂っただけで、大変な大混乱になるんだっていうことを改めて痛感させてくれるお話し。
アニメーションが凄く綺麗。
田舎の素朴な人々の会話も小気味よく、楽しめた。

それにしても凄い人気だね。これ!



見ごたえはあるが・・・

投稿日

2010/03/09

レビュアー

んばば

見ごたえはある
終わったあとの満足感も
すっきりした感じも
高揚感もあるんだけど

しかし

絶賛するほどかと問われると
かなり否定したくなる
各シーンは個別ではいいのだけど
全体的に考えるとなんで?と思ってしまうストーリー
シナリオはクソだと思う

声優もへたくそ過ぎ
その為かキャラが立ってない
脇役の方がまだ印象に残る・・・
人物描写も中途半端
最後だけいい所持っていくんだなぁ


良作ではあるかな
声優だけは本職使ってほしかった
できれは脚本もチェンジで・・・

中学生女子脳で見れば絶賛かもね

電脳世界への警告と、人の力<つながり>

投稿日

2010/03/06

レビュアー

春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なんでもコンピュータネットワークに頼った世界。
ひとつのネットワークに全ての機能を持たせてしまう恐ろしさを感じました…。
便利なのは確かですが、それに全てを頼ってしまうとたった、一つの綻びから全てが破壊されてしまう可能性は私も感じていました。
だって…職場でも、今はノートや鉛筆は使いませんもの!
もちろん、この物語のようにハッキングAIが…なんてことはないんでしょうけどね。

この映画のワンシーン。
人のつながりが、励ましが状況を打開したところはなんか感動しました。
原作でもいいなとおもったんですけど…映像で見るとホントに実感しました!
2回戦、3回戦は、電脳世界で戦う形でしたけど、バックヤードに人の力や結束があったり、花札で形勢逆転なんてオツじゃないですか!
そして、最後のみんなが協力を申し出るシーン感動モノです!
久々に映像で感動して涙してしまいました。(恥)

作者が投げかけるテーマは、人のつながり、家族、最後に諦めないこと…というところでしょうか?
青臭いと言われると否定はできませんけど、私はこういうのが大好きです!

終わり方もGOODです。
健二と夏希のその後が見たいと思う気持ちもあるのですが、なまじ続編ができちゃうとガッカリしちゃいそうですね。
それだけインパクトのある事件でしたから、これ以上の事件は考えにくいし、以下の事件だとシラけそうです。

映像も綺麗でした!さすがマッドハウス!!
そして、神木隆之介くんや、桜庭ななみちゃんの声優振りもなかなか!
うーん、高校生の役ってのは、やっぱり本職(高校生)の方がハマるもんなんですかね。
しかし、佳主馬の役が、谷村美月さんとは…
幅が広いなぁ彼女は…主役でも脇役でも、映画でもTVでも彼女の名前や顔を良く見ます。
三人とも、ちょっと気になる感じもあったことはあったのですが…私としては合格です!

原作同様、大満足の作品でした!

ごらん…パレードが行くよ、僕らも踊ろう^^

投稿日

2010/03/23

レビュアー

アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

当初「多国籍ネタ」で始まるので海外販売を意識した「またか」のアーティスティックな作品かと思いました。
しかし、話が転がり始めると全ての不安は払拭されて巨大な社会との連携を仮想現実の中で再確認する少年の心にリンクして「ドキドキワクワク」している自分に気付いて驚きます。
最近は珍しくなった家族〜親戚〜隣組〜村〜町〜街〜地方自治体〜国家〜世界〜地球〜宇宙の近接感をアニメと言う自由意識が映える世界でクッキリと描き切っている秀作です。
社会と言うか認識出来る御近所さんは全て年長者…御先祖が存在し、彼らが守り愛しんだからこそ現在の国の大地に安寧とした文化が築かれているのです。
まるで全ての事柄は自分から発した様に社会を甘く認識する若造が増殖する昨今、「いや、それはどうだろう?」と柔和なアニメと言う素材でジックリコトコト煮込む様に深く噛み砕いて語り掛けてくれます。
近年「無駄に実写」と言う作品も多く存在しますが日本の御家芸に近い2Dアニメの自由奔放なイマジネーションの広がりを今更ながら感じてしまいました。
人が繋がるのは相手を想うからだ!。
このテーマは、こそばゆいながらコミュニティに必要な最低にして最大の条件だと言う事を家族を通して明快朗々と見せてくれます。
スッキリと後味良く「少年の日に観たアニメ」の楽しさを思い出したい方にはお奨めです。

11〜 15件 / 全243件