ダイヤルM

ダイヤルMの画像・ジャケット写真

ダイヤルM / マイケル・ダグラス

全体の平均評価点:(5点満点)

50

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ダイヤルM」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ヒッチコックの名作「ダイヤルMを廻せ」を「逃亡者」のアンドリュー・デイヴィスがリメイクしたスリラー。実業家スティーブンは破産直前まで追い込まれていた。彼は妻エミリーの財産を狙って彼女の殺害を計画する。彼は彼女の浮気を知り彼女の愛人デビッドに50万ドルで殺人を依頼する。スティーブンは自分の留守中にデビッドを自宅に忍び込ませ、妻を殺害させようとしていた。計画は実行に移されたものの、エミリーは家に押し入った男を逆に殺してしまう。しかしその男はデビッドではなかった。騙されたスティーブンは憤慨しデビッド捜しを始める……。

「ダイヤルM」 の作品情報

作品情報

製作年: 1998年
製作国: アメリカ
原題: A PERFECT MURDER

「ダイヤルM」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

善き人

ヤクザvsマフィア

オーシャン・オブ・ファイヤー

ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全50件

予定変更

投稿日:2011/04/01 レビュアー:はち

回りまわって、凝った演出なんだけど勧善懲悪なんだ。
そこに落ち着くまでが、リメイク版なのでハードル高い
かと思うけど、それもひっくるめてよく描いたと思う。
でもね、やっぱり不倫は良くないよ、奥さん。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

一時も目が離せない

投稿日:2007/02/20 レビュアー:megu

 こういうミステリアスな展開は、ドキドキしながらも気持ちいいですね。マイケルダグラスを初めて見た映画は(30年前かも)悪役だったなぁ〜なんて思い出しながら観ました。悪者のダグラスを応援しちゃうような変な見方をしてしまったのは、私個人の問題!? そうでもないでしょう。 歳をとっても、やはりセクシーですね。。。ダグラスを好きな方もそうでない方も、必見です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

記念すべき300本を飾るに相応しい映画・・・☆4.5

投稿日:2006/02/05 レビュアー:国士無双

 この映画、宣伝にあるような激しいベッドシーンなどとはほとんど無縁な映画でしたが、それ以外の点については私が今までに見たサスペンス系映画と遜色ない映画だったように思えました。

 まず、主人公のスティーブンを始め、一筋縄ではいかない人物ばかりであることが挙げられます。例えば、スティーブンは妻の素行のことについて何でも知っている抜け目のない人物のように見えますが、そうではない点もあること。

 また、妻もただ純粋な恋に生きる女性ではないように見えること。

 これ以上は、ネタバレに近くなりますので詳しくは言えませんが、登場人物はいずれも1つの判断基準で評価できるような人間ではなくこれだけでもこのサスペンスを面白いものにしています。

 その他に注意すべき点は、イントロによるとスティーブン(マイケル・ダグラス)がデビッドを捜索したかのように書かれていますが、すぐにデビッドは見つかっていることでしょう。(その後の対応が面白いのです。)また、イントロにあるように財産目当てで妻を殺そうとしたのかどうかもいまいち不明な点も注意。

 上記以外に特筆すべき点は、やはり「グウィネス・パルトロー」の美貌でしょうか。

 総じて、お勧めできる一本でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 おかげさまでこのレビューで、300本目の投稿を達成しました。有難うございました。また、得票が400票を超えた点と今月の票について30票近く一度に投稿してくださった人がおられたようですので、そちらも併せてこの場を借りてお礼をしたいと思います。有難うございました。今後もよろしくお願いします。(なお、お礼文が遅れて申し訳ございませんでした。)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

オリジナルとリメイク…、それぞれの持ち味♪ ネタバレ

投稿日:2011/06/05 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

*先にオリジナルの『ダイヤルMを廻せ』を見てから、このリメイク版を見ました。
根本的なストーリーは同じでも、登場する人物設定が違ってたりして、これはこれでどうなるのかと最後まで飽きることは無かったです。

で、見終わって…。

オリジナルでは、終始、犯行を企てた夫目線で見ていたので、いつバレるかとハラハラしたのに対し、
このリメイクでは、ハラハラはしなかった(夫目線で描かれていなかった?)。

でも、オリジナルでは、淡々とストーリーが展開されていたのに対し、
リメイクでは、物語に起伏(?)があった気がした(終盤に盛り上がっただけやけど…)。

要するに、オリジナルもリメイクも、それぞれに持ち味が違ったので、どちらにも楽しめました♪

欲を言えば、オリジナルとリメイクのそれぞれの長所を足したのが見たかったかも?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ままごと

投稿日:2011/04/01 レビュアー:ビンス

ヒッチコックの「ダイヤルMを廻せ」のリメイク。
リメイクという劣化品。
オリジナルも大絶賛するほど好きじゃないけど。
サクサクっと観て。
できればテレビ放送されたものを。
そしたら忘れよう。
キレイに忘れよう。
そんな作品です。
忘れようと意識しなくても。
きっと忘れてしまうでしょう。
ダメすぎると、それはそれで記憶に残るもんだけど。
ものすごくダメダメでもないので、そっち方面の記憶にも残りません。
ある意味観やすい作品だと思います。

浮気者と言えばマイケル・ダグラス。
「浮気もの」にはマイケル・ダグラス。
女が絡んだサスペンスやスリラーにはマイケル・ダグラス。
そんな「浮気=マイケル・ダグラス」なイメージのある彼が。
浮気される側ってのが、ちょっと面白い。
こういう映画にマイケルが居ると、妙にしっくりきて落ち着きますね(笑)

三者三様にツメが甘く。
それが絡み合って展開する物語。
どうしようもない人たちの物語。
こんなしょーもない人たちは、完全犯罪に手を出しちゃダメよってお話です。
代償の大きすぎる「ままごと」。
そんな感じです。
ダイヤルMの「M」は「ままごと」のM。
それぞれが主導権を握ってると思ってるので、それが滑稽。
最終的にはスペイン語話せたらオーケーだった?
なんてことも思ったりします。

それにしてもあんなか弱そうなグウィネスに殺されてしまうプロってどうなのよ・・・
何故あないにてこずる・・・・・
もたつくトーシロー。
そして、もたつく展開。

グウィネスのエレガントな美貌が楽しめる。
気だるそうな瞳。
そこからの笑顔。
凄く美人とも思わないんですが、色気があります。
高そうな衣装が似合う女性。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全50件

ダイヤルM

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:50件

予定変更

投稿日

2011/04/01

レビュアー

はち

回りまわって、凝った演出なんだけど勧善懲悪なんだ。
そこに落ち着くまでが、リメイク版なのでハードル高い
かと思うけど、それもひっくるめてよく描いたと思う。
でもね、やっぱり不倫は良くないよ、奥さん。

一時も目が離せない

投稿日

2007/02/20

レビュアー

megu

 こういうミステリアスな展開は、ドキドキしながらも気持ちいいですね。マイケルダグラスを初めて見た映画は(30年前かも)悪役だったなぁ〜なんて思い出しながら観ました。悪者のダグラスを応援しちゃうような変な見方をしてしまったのは、私個人の問題!? そうでもないでしょう。 歳をとっても、やはりセクシーですね。。。ダグラスを好きな方もそうでない方も、必見です。

記念すべき300本を飾るに相応しい映画・・・☆4.5

投稿日

2006/02/05

レビュアー

国士無双

 この映画、宣伝にあるような激しいベッドシーンなどとはほとんど無縁な映画でしたが、それ以外の点については私が今までに見たサスペンス系映画と遜色ない映画だったように思えました。

 まず、主人公のスティーブンを始め、一筋縄ではいかない人物ばかりであることが挙げられます。例えば、スティーブンは妻の素行のことについて何でも知っている抜け目のない人物のように見えますが、そうではない点もあること。

 また、妻もただ純粋な恋に生きる女性ではないように見えること。

 これ以上は、ネタバレに近くなりますので詳しくは言えませんが、登場人物はいずれも1つの判断基準で評価できるような人間ではなくこれだけでもこのサスペンスを面白いものにしています。

 その他に注意すべき点は、イントロによるとスティーブン(マイケル・ダグラス)がデビッドを捜索したかのように書かれていますが、すぐにデビッドは見つかっていることでしょう。(その後の対応が面白いのです。)また、イントロにあるように財産目当てで妻を殺そうとしたのかどうかもいまいち不明な点も注意。

 上記以外に特筆すべき点は、やはり「グウィネス・パルトロー」の美貌でしょうか。

 総じて、お勧めできる一本でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 おかげさまでこのレビューで、300本目の投稿を達成しました。有難うございました。また、得票が400票を超えた点と今月の票について30票近く一度に投稿してくださった人がおられたようですので、そちらも併せてこの場を借りてお礼をしたいと思います。有難うございました。今後もよろしくお願いします。(なお、お礼文が遅れて申し訳ございませんでした。)

オリジナルとリメイク…、それぞれの持ち味♪

投稿日

2011/06/05

レビュアー

BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

*先にオリジナルの『ダイヤルMを廻せ』を見てから、このリメイク版を見ました。
根本的なストーリーは同じでも、登場する人物設定が違ってたりして、これはこれでどうなるのかと最後まで飽きることは無かったです。

で、見終わって…。

オリジナルでは、終始、犯行を企てた夫目線で見ていたので、いつバレるかとハラハラしたのに対し、
このリメイクでは、ハラハラはしなかった(夫目線で描かれていなかった?)。

でも、オリジナルでは、淡々とストーリーが展開されていたのに対し、
リメイクでは、物語に起伏(?)があった気がした(終盤に盛り上がっただけやけど…)。

要するに、オリジナルもリメイクも、それぞれに持ち味が違ったので、どちらにも楽しめました♪

欲を言えば、オリジナルとリメイクのそれぞれの長所を足したのが見たかったかも?

ままごと

投稿日

2011/04/01

レビュアー

ビンス

ヒッチコックの「ダイヤルMを廻せ」のリメイク。
リメイクという劣化品。
オリジナルも大絶賛するほど好きじゃないけど。
サクサクっと観て。
できればテレビ放送されたものを。
そしたら忘れよう。
キレイに忘れよう。
そんな作品です。
忘れようと意識しなくても。
きっと忘れてしまうでしょう。
ダメすぎると、それはそれで記憶に残るもんだけど。
ものすごくダメダメでもないので、そっち方面の記憶にも残りません。
ある意味観やすい作品だと思います。

浮気者と言えばマイケル・ダグラス。
「浮気もの」にはマイケル・ダグラス。
女が絡んだサスペンスやスリラーにはマイケル・ダグラス。
そんな「浮気=マイケル・ダグラス」なイメージのある彼が。
浮気される側ってのが、ちょっと面白い。
こういう映画にマイケルが居ると、妙にしっくりきて落ち着きますね(笑)

三者三様にツメが甘く。
それが絡み合って展開する物語。
どうしようもない人たちの物語。
こんなしょーもない人たちは、完全犯罪に手を出しちゃダメよってお話です。
代償の大きすぎる「ままごと」。
そんな感じです。
ダイヤルMの「M」は「ままごと」のM。
それぞれが主導権を握ってると思ってるので、それが滑稽。
最終的にはスペイン語話せたらオーケーだった?
なんてことも思ったりします。

それにしてもあんなか弱そうなグウィネスに殺されてしまうプロってどうなのよ・・・
何故あないにてこずる・・・・・
もたつくトーシロー。
そして、もたつく展開。

グウィネスのエレガントな美貌が楽しめる。
気だるそうな瞳。
そこからの笑顔。
凄く美人とも思わないんですが、色気があります。
高そうな衣装が似合う女性。

11〜 15件 / 全50件