ザ・ロックの画像・ジャケット写真

ザ・ロック / ショーン・コネリー

全体の平均評価点:(5点満点)

139

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ザ・ロック」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

脱出不可能な天然の要塞アルカトラズ島を舞台にしたアクション超大作。VXガス搭載のミサイルを盗み、アルカトラズ島に立て籠もったハメル准将とその部下たちは、観光客81人とサンフランシスコ全土を人質に取り1億ドルの身代金を要求。FBI科学兵器処理班のグッドスピードは、アンダーソン隊長率いる特殊部隊と共に作戦参加を命じられた。彼らを島の内部に案内するのは、かつてアルカトラズ刑務所(通称ロック)から、唯一人脱獄したことのある元英国諜報部員メイソンだった……。

「ザ・ロック」 の作品情報

作品情報

製作年:

1996年

製作国:

アメリカ

原題:

THE ROCK

「ザ・ロック」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ヘヴィメタル・クロニクル 預言者の惑星 〜SF・ミステリー篇〜

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

ザ・マニアック

スティーブン・キングのザ・スタンド

ユーザーレビュー:139件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全139件

最高のアクション娯楽作品です。

投稿日:2007/07/29 レビュアー:エコエコアザラク

この作品を見てニコラス・ケイジのファンになりました。
ショーン・コネリー、マイケル・ビーン、エド・ハリスもとても良かったです。アクション映画でこんなに感動したのは初めてです。
なぜでしょう?考えました。きっとそれぞれのキャラと役がイメージ通りだったからかもしれません。

己の信念、そして米政府の不条理な思惑により戦場で散っていった部下達のため、あえて犯罪に手を染めるエド・ハリス
現役軍人として、信念と義務を貫いたマイケル・ビーン
したたかだが、家族想いの元・凄腕エージェント、ショーン・コネリー<007そのまんまかも??>
臆病者で頼りないけど正義感と人情あふれるニコラス・ケイジ
この四人の名俳優の共演で、見ごたえのある作品になっていると思います。
映画は、娯楽作品です。ハラハラ・ドキドキしながらシナリオ展開を堪能するエンターテイメントです。その名にふさわしい映画です。批評するのは簡単ですが、制作するのにはたくさんの労力や制作費で大変だったと思います。
私は、大好きです。こういう映画。見ていてスカッとそしてラストはジーンとします。ニコラスとコネリーの友情も良かったかな。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

ショーンコネリーは最高。 ネタバレ

投稿日:2007/05/29 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ショーンコネリー大好きなんですけど、その中でもこの作品は別格。
今観てもなお、新鮮で面白い。
ショーンコネリーが出ている作品は男臭さが満載で、ロマンを感じます。本当に。

この作品ではアルカトラズを脱出したことのある唯一の人間として登場しますが
最初から彼の世界にどっぷり。派手なアクションをするわけでもなくセリフが多い
わけでもない。なのに、めちゃめちゃ格好いいんですよ。
更にこの作品の面白さを増しているのがニコラス・ケイジ。
FBI職員ながら科学兵器処理班であるためこの作戦に巻き込まれますが、
戦闘能力はかなり低めのキャラ。これがなぜかニコラス・ケイジにぴったりで。
脚本的にいうと、主人公といってもいいぐらいのニコラス・ケイジの役ですが
出過ぎることもなく絶妙な関わり方です。

エンディングも見事。そうこなくちゃ!!
最近のCG使いまくりでいまいち面白くないアクション系映画に飽きたかたには
絶対のお勧めです!

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

ほんとうに討つべきヤツは現場にいない(会議室にもいない) ネタバレ

投稿日:2010/03/19 レビュアー:蒼生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


すごかったー。2回観てしまいました。

テロリスト側のリーダー、ハメル准将の決起理由は、
国が部下たちを見殺しにした上に、その死を不当に無視していることなんですよね。
そんな正義感と優しさが動機なのに、こんなやり方を本気で選ぶとは思えない。
だってこれじゃ、また似たような立場の兵士や罪のない民間人が死ぬだけで、
肝心の、彼が憎むほんとうの相手は少し困る程度でしょう。

きっとハメルも、ほんとうに人質を傷つけたり、
サンフランシスコを攻撃したりする気なんてなかったのでしょうね。
国はそんなことも見抜けないのか。
金目当てだけで来てる仲間はともかく、
昔からのつきあいらしき部下にも見抜けてなかったようだから無理か。

スタンリーたちと一緒に侵入してきた兵士たちのことも
彼は撃つ気はなかったのだと思います。
銃撃戦が始まってから、何度も「撃つな」と叫んでるし。
元々死ぬ覚悟で、少しでも思い知らせてやりたかっただけのような
そんな気がします。
彼がその意志を果たすことなく最期を遂げるであろうことは
予測できてしまうのですが、
「せめて一矢」心のどこかで彼のことも応援してしまいます。

ショーン・コネリー、渋くてカッコよかったです。
役もいいけど、適役だと思いました。
今まで見たことなかったので、
(名前は聞いたことありますが。超有名な俳優なのに、
 私って逆の意味ですごい)
このよさが若い頃からなのか、年取ってからなのかわからないけど。

アクションシーンも楽しめたし、人物設定がいちいちいいので、
ストーリーの細かいところまで楽しめる作品だと思います。
だから、スタンリーとメイスンの別れの場面もいいです。

ハメルの遺志は、この後スタンリーがあのマイクロフィルムを使って
密かに継いでいったり、しないか。
彼はハメルに思い入れはないだろうし、そんなに大胆なタイプでもなさそうだし。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

完成度抜群のアクション映画

投稿日:2005/01/10 レビュアー:ケチケチ

ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ、エド・ハリスと、三者三様のヒーローぶりをたっぷり発揮しています。三人の人間設定は各々魅力満点ですし、それぞれの見せ場もしっかり用意されていて楽しめます。

脚本も上手いです。アクション映画のストーリーは、ちょっとした出来ことで登場人物が都合良く行動を方向転換してしまうものですが、この脚本はそこにもしっかり捻りを加えてます。じっくり考えてしまうと、多少設定に無理があるところもありますが、展開の上では効果抜群ですし、見ている間はアクションと展開に気を取られていますから、アクション映画としてはOKという割り切りなんだと思います。

前半は登場人物の魅力で引っ張り、後半に掛けては真っ正面からアクションによって映画のテンポを作ってますから、アクション映画の王道を行く作品といえると思います。タイプの違うそれぞれのアクションの質も高いです。とりわけ前半のカーチェイスは最高ですね。

何度見ても楽しむことのできる、数少ないアクション映画。5段階評価は、5。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

2時間あっという間に見れちゃう!!

投稿日:2010/01/11 レビュアー:MM3

本作、「コンエアー」「フェイスオフ」とこの頃のニコラス主演作品はハズレなし。

コレも何度か見てるんですが、毎回とにかく見入っちゃうんです。
アクションだけとか銃撃爆撃だけとかじゃなく、
メリハリあり、スピードあり。
その上、人物設定もイイんです。

脱獄犯にしぶしぶ協力を申し込み釈放するあたりの葛藤と、
それをいいことにまた何かしでかすんじゃないか?というドキドキ。

海軍エリート指揮官(エドハリス)の恨みと、テロ実行に躊躇する人間らしさ。

その辺が見モノです。

アルカトラズは実際見に行ったことはないが、
昔監獄で今観光地っていうので、
フランスのモンサンミッシェルも思い出す。
なんともいえない独特の雰囲気も似てる。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全139件

ザ・ロック

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:139件

最高のアクション娯楽作品です。

投稿日

2007/07/29

レビュアー

エコエコアザラク

この作品を見てニコラス・ケイジのファンになりました。
ショーン・コネリー、マイケル・ビーン、エド・ハリスもとても良かったです。アクション映画でこんなに感動したのは初めてです。
なぜでしょう?考えました。きっとそれぞれのキャラと役がイメージ通りだったからかもしれません。

己の信念、そして米政府の不条理な思惑により戦場で散っていった部下達のため、あえて犯罪に手を染めるエド・ハリス
現役軍人として、信念と義務を貫いたマイケル・ビーン
したたかだが、家族想いの元・凄腕エージェント、ショーン・コネリー<007そのまんまかも??>
臆病者で頼りないけど正義感と人情あふれるニコラス・ケイジ
この四人の名俳優の共演で、見ごたえのある作品になっていると思います。
映画は、娯楽作品です。ハラハラ・ドキドキしながらシナリオ展開を堪能するエンターテイメントです。その名にふさわしい映画です。批評するのは簡単ですが、制作するのにはたくさんの労力や制作費で大変だったと思います。
私は、大好きです。こういう映画。見ていてスカッとそしてラストはジーンとします。ニコラスとコネリーの友情も良かったかな。

ショーンコネリーは最高。

投稿日

2007/05/29

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ショーンコネリー大好きなんですけど、その中でもこの作品は別格。
今観てもなお、新鮮で面白い。
ショーンコネリーが出ている作品は男臭さが満載で、ロマンを感じます。本当に。

この作品ではアルカトラズを脱出したことのある唯一の人間として登場しますが
最初から彼の世界にどっぷり。派手なアクションをするわけでもなくセリフが多い
わけでもない。なのに、めちゃめちゃ格好いいんですよ。
更にこの作品の面白さを増しているのがニコラス・ケイジ。
FBI職員ながら科学兵器処理班であるためこの作戦に巻き込まれますが、
戦闘能力はかなり低めのキャラ。これがなぜかニコラス・ケイジにぴったりで。
脚本的にいうと、主人公といってもいいぐらいのニコラス・ケイジの役ですが
出過ぎることもなく絶妙な関わり方です。

エンディングも見事。そうこなくちゃ!!
最近のCG使いまくりでいまいち面白くないアクション系映画に飽きたかたには
絶対のお勧めです!

ほんとうに討つべきヤツは現場にいない(会議室にもいない)

投稿日

2010/03/19

レビュアー

蒼生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


すごかったー。2回観てしまいました。

テロリスト側のリーダー、ハメル准将の決起理由は、
国が部下たちを見殺しにした上に、その死を不当に無視していることなんですよね。
そんな正義感と優しさが動機なのに、こんなやり方を本気で選ぶとは思えない。
だってこれじゃ、また似たような立場の兵士や罪のない民間人が死ぬだけで、
肝心の、彼が憎むほんとうの相手は少し困る程度でしょう。

きっとハメルも、ほんとうに人質を傷つけたり、
サンフランシスコを攻撃したりする気なんてなかったのでしょうね。
国はそんなことも見抜けないのか。
金目当てだけで来てる仲間はともかく、
昔からのつきあいらしき部下にも見抜けてなかったようだから無理か。

スタンリーたちと一緒に侵入してきた兵士たちのことも
彼は撃つ気はなかったのだと思います。
銃撃戦が始まってから、何度も「撃つな」と叫んでるし。
元々死ぬ覚悟で、少しでも思い知らせてやりたかっただけのような
そんな気がします。
彼がその意志を果たすことなく最期を遂げるであろうことは
予測できてしまうのですが、
「せめて一矢」心のどこかで彼のことも応援してしまいます。

ショーン・コネリー、渋くてカッコよかったです。
役もいいけど、適役だと思いました。
今まで見たことなかったので、
(名前は聞いたことありますが。超有名な俳優なのに、
 私って逆の意味ですごい)
このよさが若い頃からなのか、年取ってからなのかわからないけど。

アクションシーンも楽しめたし、人物設定がいちいちいいので、
ストーリーの細かいところまで楽しめる作品だと思います。
だから、スタンリーとメイスンの別れの場面もいいです。

ハメルの遺志は、この後スタンリーがあのマイクロフィルムを使って
密かに継いでいったり、しないか。
彼はハメルに思い入れはないだろうし、そんなに大胆なタイプでもなさそうだし。

完成度抜群のアクション映画

投稿日

2005/01/10

レビュアー

ケチケチ

ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ、エド・ハリスと、三者三様のヒーローぶりをたっぷり発揮しています。三人の人間設定は各々魅力満点ですし、それぞれの見せ場もしっかり用意されていて楽しめます。

脚本も上手いです。アクション映画のストーリーは、ちょっとした出来ことで登場人物が都合良く行動を方向転換してしまうものですが、この脚本はそこにもしっかり捻りを加えてます。じっくり考えてしまうと、多少設定に無理があるところもありますが、展開の上では効果抜群ですし、見ている間はアクションと展開に気を取られていますから、アクション映画としてはOKという割り切りなんだと思います。

前半は登場人物の魅力で引っ張り、後半に掛けては真っ正面からアクションによって映画のテンポを作ってますから、アクション映画の王道を行く作品といえると思います。タイプの違うそれぞれのアクションの質も高いです。とりわけ前半のカーチェイスは最高ですね。

何度見ても楽しむことのできる、数少ないアクション映画。5段階評価は、5。

2時間あっという間に見れちゃう!!

投稿日

2010/01/11

レビュアー

MM3

本作、「コンエアー」「フェイスオフ」とこの頃のニコラス主演作品はハズレなし。

コレも何度か見てるんですが、毎回とにかく見入っちゃうんです。
アクションだけとか銃撃爆撃だけとかじゃなく、
メリハリあり、スピードあり。
その上、人物設定もイイんです。

脱獄犯にしぶしぶ協力を申し込み釈放するあたりの葛藤と、
それをいいことにまた何かしでかすんじゃないか?というドキドキ。

海軍エリート指揮官(エドハリス)の恨みと、テロ実行に躊躇する人間らしさ。

その辺が見モノです。

アルカトラズは実際見に行ったことはないが、
昔監獄で今観光地っていうので、
フランスのモンサンミッシェルも思い出す。
なんともいえない独特の雰囲気も似てる。

11〜 15件 / 全139件