ウィンターズ・ボーン

ウィンターズ・ボーンの画像・ジャケット写真
ウィンターズ・ボーン / ジェニファー・ローレンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

53

  • DVD
ジャンル:

「ウィンターズ・ボーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンダンス映画祭でのグランプリ受賞をはじめ各地の映画祭で評判を呼んだインディーズ系クライム・ヒューマン・ドラマ。残された家族を守るため、行方不明となった父を捜して危険な裏社会へと足を踏み入れていく少女の姿を描く。主演はハリウッド期待の新星、「あの日、欲望の大地で」のジェニファー・ローレンス。監督はこれが長編2作目の新鋭デブラ・グラニック。ミズーリ州の貧しい寒村で病気の母と幼い妹弟と暮らす17歳の少女、リー。とうの昔に家を出ていた父が、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪してしまい、自宅差し押さえの窮地に陥っていた。そこで彼女は、自ら父を裁判所へ出頭させるため、その行方を追って危険な裏社会へと乗り込んでいくが…。

「ウィンターズ・ボーン」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: WINTER’S BONE

「ウィンターズ・ボーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウィンターズ・ボーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 10DRJ20594 2012年04月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全53件

歩く歩く歩く歩くネタバレ

投稿日:2013/03/20 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「世界でひとつのプレイブック」がずいぶんとフザケた脚本で、久しぶりに映画館でムカッ腹立ったのだけど、一緒に観た人が「他の出演作に比べてジェニファー・ローレンスは格段に良かった」と言ってたので、じゃあ他の作品ってどんなかなと観てみることにしました。

 「世界で〜」のジェニファーはむっちむちでとてもダンスを真剣にやってるようには見えんかったが、この作品ではド田舎で健気に家族の面倒をみているボンビー・ガール、自分でリス撃ち殺して皮はいで料理しちゃうぐらいなんで、薄汚いジーンズの太ももがパッツパツっていう逞しさはリアリティあった。こういうのモデル体型の女の子がやっても説得力ないでしょ。お顔は往年のモリー・リングウォルドみたいな雰囲気で、ふくれっ面の下に大人びた知性が隠れている聡明な女子って印象がカブるが、あちらはノー天気な80年代アイドルで役どころも中流家庭の子女、恵まれた環境で甘やかされたティーンエイジャーそのものだったが、こっちは真逆のホワイト・トラッシュ。この貧しさはリーマン・ショックなんか関係なくて綿々と続いている地域特有のもんなんですかねぇ。手持ちカメラの硬質な映像といい内容といい、タルデンヌ兄弟みたいな厳しさと寒々しさ、そしてほんの少しのぬくもりを感じさせるなかなか深い味わいのあるドラマだった。

 前半はとにかく主人公のリー(ジェニファー・ローレンス)が歩く歩く歩く歩く。たった一人で、肩を揺らして、ポケットに手をつっこんで、無表情で。行方不明の父親の消息を尋ねて歩きまわる彼女が話をする人々は、みんな伯父だのイトコだの、或いは彼らの口に上る人物も遠い親戚にあたるとかって、村全体がほとんど親類縁者みたいな濃い共同体なのだ。この舞台設定だけで胸苦しいような閉塞感を覚えた。みんな地元でずっと暮らして同じ村民同士で結婚して子供を産んで、育った子供たちがまた同じように結婚して・・・という繰り返しなんでしょう。もう村全体が大きな一つの家族みたいなもん、リーの父親が忽然と消えてしまったことも、「身内の不祥事」を家庭内で解決して収めてしまったことのようで、今さら騒ぎ立てるなと皆、リーを疎ましく思っている。そう、中盤まで彼女は本当に孤独だ。

 しかし、共同体には固い絆があり、リーに対する仕打ちも言ってみればその絆ゆえなのだが、彼女だってコミュニティの一員であることに変わりはない。そして、救いの手が差し伸べられる。後半は友達が車を貸してくれたり誰かの車に乗せられたりで、彼女はひとりぼっちで歩きまわることがなくなる。ただし、真実を知ることは共同体の罪を共に背負うことでもあるのだ。彼女はいよいよここから出ていくことが出来なくなったと思う。この閉ざされたコミュニティはこの先も彼女とその家族を守ってはくれるだろう。食物を分かち子育てを手助けしてくれる人がいて、生きていくことは出来る。いや、それで悪いことは何もないけれども、戦って戦って行きついたのは元のところかっていうのは、なんだかメビウスの輪のように閉じた環の中に閉じ込められた気がしてしまった。いや、現実っていうのはそういうもんだけどさ。置かれた場所で咲きなさいと。うぅ〜む、自分も来月から失業の身。家の中で咲くのだ。咲き乱れるのだ・・・。(意味不明)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

17歳でかくも過酷な人生を送る少女

投稿日:2012/06/18 レビュアー:飛べない魔女

まず少女リーの母親に憤りを感じた。
自分の夫のせいで精神的におかしくなったのだろうけど、
子供たちはあまりにも幼すぎて、母のがんばりが何としてでも必要なはずなのに
この母親は完全に現実逃避。
必然的に長女であるリーにすべてがのしかかってきたわけだ。
そんな母を責めることもなく、長女として逞しく生きるリーはどこか痛々しい。

それでも、弱い母と幼い弟妹を守るため、リーは捨て身で父の行方を捜す。
それを拒もうとする村の元締め(?)たち。
これ以上嗅ぎまわるなと諭す伯父(父の兄)。
父親が見つからなければ、家を追われ森を取られ、裸同然でこの村から放り出されることになる。
それだけはごめんだ。
リーは必至で戦う。
17歳の少女にはあまりにも過酷な日々だ。
それでも諦めない。
絶対に家を渡すわけにはいかないから。
何としてでも父親を見つけ出さないわけにはいかない。

これが現代のアメリカなんだろうか?
一瞬昔の話なんじゃなかろうか?とも思ったけど、そうではない。
これがアメリカの貧しい村の現状なのかもしれない。
クライマックスでこのタイトルの意味が判った。
非常に重たいドラマではあるけれど、少しだけ希望の見えたラストにほっとした。
そして、カサカサに乾いた心なのかと思いきや、意外にも人々の優しさが残っていることに
見ているこちらの心も救われた。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女子ハードボイルドの傑作

投稿日:2012/02/01 レビュアー:よふかし

 最初は最近ちょっと流行り? のアメリカ下層社会ものな社会派映画かと思っていた。『フローズン・リバー』とかね。
 ところが観始めて分かったのは、これは実によくできた、サスペンスフルなハードボイルド作品だった。しかもハイティーンの女の子が主人公だ。
 これといって産業もないさびれた山奥の村に住む17歳のリーが追うのは、消えた父親の行方。ろくでなしの父親がどうなろうと知ったことではないが、保釈金のカタに家を追い出されては、幼い弟妹とは離れ離れになる。そんなことさせてたまるか。その決意が、揺るがない瞳が、タフなハートが僕の胸を打つ。
 親族・友人を訪ね歩くうちに、次第に明かされる錯綜した人間関係とその闇。
 寒々しい空気の中、汚れたブーツとジーンズで歩き続け、兵ぼくを拒絶するリー。じわじわと存在感を増して物語を芳醇にするティアドロップの存在もまた素晴らしい。
 『ゴーストライター』と並んで昨年もっとも楽しんだ作品。これは誰が何と言おうと(言わないかもしれないが)傑作である。85点。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アイリッシュの「掟」

投稿日:2019/04/17 レビュアー:趣味は洋画

ウィンターズ・ボーン(2010年アメリカ、カラー100分)

ピーター・ウィアー監督の映画で、85年「刑事ジョン・ブック / 目撃者」という名作がありました。メノー派のプロテスタント一派、アーミッシュの人々の暮らしぶりを織り込んだ作品でした。
ペンシルベニア州の片田舎で、文明社会から離れ、厳格な規律に沿って共同体のコミュニティを作っていたのは、本作「ウィンターズ・ボーン」と似通ったところがあるように思います。

本作はミズーリ州・オザーク高原が舞台ですが、「刑事ジョン・ブック...」と同様、現代のアメリカ社会から隔離されたような貧しい寒村です。そこに住む人々は、いわば「アイリッシュ」の一族です。

この「アイリッシュ」の人々には独自の文化や規則が存在し、厳しい「掟」があります。
この映画は、その「掟」抜きにしては語られないような気もします。

ストーリーは多くのレビュアーさんが記されているとおりですが、私は映画を観始めて間もなく登場する保安官に目を留めました。人々の生活を守る保安官が、どうにも胡散臭く、信用ならない風貌と語り口です。(扮しているのはギャレット・ディラハント/中堅俳優に成長しました)
映画の中で明確な説明は無いのですが、この保安官は「アイリッシュ」の長老(ボス)に買収されていたと思います。情報が筒抜けだったとも思えます。

長老の妻で「アイリッシュ」の実質的なナンバー2であるメラブ(デイル・ディッキー)が、実に強面な女性で、迫力さえ感じました。
「掟」を破る者、破ろうとする者には容赦しない。武力行使もいとわないのです。

寒村の厳しさに加え、気性の激しい人々、口を閉ざして語ることをしない人々、そういう輩に対し、17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は一歩も引きません。
強い女性です。
幼い弟、妹のために、今日をどう生きるかを常に考えている。
(行方不明の父親、精神の堕落した母親、この2人のことよりも、まず弟、妹のことを...)

最初はリーに厳く接した伯父のティアドロップ(ジョン・ホークス)は、後半は人が変わったようにリーを見守ります。又、近所に住むソーニャ(シェリー・ワグナー)は、リーの家に親切に食材を届けてくれます。親友のゲイル(ローレン・スウィーツァー)が、夫に内緒で車を用意してくれたりと、リーのことを心底心配してくれている人々がいるのは救いでした。

ジェニファー・ローレンスが20歳のときの作品ですが、やはり演技の上手さは折り紙付きでした。
競演陣の中で、興味深い人を2人みつけました。
1人はシェリル・リー。そうです、米TV「ツイン・ピークス」でローラ・パーマーを演じた人ですね。
(‘世界で最も美しい死体’として絶賛されました)
もう1人は、テイト・テイラー。
2011年「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー 〜」、2016年「ガール・オン・ザ・トレイン」の監督さんです。

この映画は、救いようのない映画ではありません。
厳しい現実の中にあって、一筋の光明が見いだせる結末となっています。
そのあたり、女性監督、デブラ・グラニック女史が、繊細な演出をみせていました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

GONE

投稿日:2014/01/25 レビュアー:ビンス

ボクにはこの作品の面白さがわからない
よってかなりの期待ハズレ作品となってしまいました。
ジェニファー・ローレンスでアカデミー賞にもノミネートと
期待する要素はあっただけに残念です。
面白さという肉が削られてBONE
削られた面白さは塵となってGONE
去っていってしまいました。
骨だけを残して。
似たような作品で「フローズンリバー」がありますね。
雰囲気や色味も似ています。
あちらも決して好きな作品ではなかったけど
それでもこちらよりは面白かったです。
こちらは兎に角退屈でした。
退屈元気で留守がいい
そうは問屋が卸さなかったようです。
ボクの心は
作品中の空よりも曇っていました。
感情移入できないせいもあるんでしょうが
イマイチよくわからなかったです。

インディーズ作品で低予算。
こういう作品が多いんでしょうね。
また、こういう作品しか作れないのかもしれません。
低予算なら人間ドラマで魅せるしかない。
一番お金かからないし。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全53件

ウィンターズ・ボーン

月額課金で借りる

都度課金で借りる