No.186 RANKING

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーの画像・ジャケット写真
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー / クリス・エヴァンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

73

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 の解説・あらすじ・ストーリー

世界最初のヒーロー“キャプテン・アメリカ”の活躍を描いたバトルアクション。極秘実験に志願して驚異の身体能力を得た青年・スティーブが、さまざまな試練に立ち向かい、ナチス科学部門のヒドラ党を率いる支配者、レッド・スカルに戦いを挑む。※一般告知解禁日:2011年12月23日

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 日 英 解 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ117968 2012年02月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
203枚 24人 22人

【Blu-ray】キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV117968 2012年02月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
112枚 12人 17人

関連作品

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全73件

もやしっこドリーム

投稿日:2012/03/16 レビュアー:ビンス

もやしっこの夢です。
Tヤツの袖から出る二の腕がパンパンで、袖と二の腕に隙間が無い。
胸板が服を着ていても、自信過剰ななぐらい自己主張している。
憧れですねぇ。
そんなもやしっこの憧れを叶えちゃったのがこの映画。
もやしっこドリームここにあり。
もやしっこと言っても、この主人公であるスティーブ。
ハートはかなりのマッスルです。
ムキムキです。
だけど悲しいかなもやしっこ。
ハートとボディのバランスが取れてない。
それではアンビシャスも叶わない。
そこに訪れた運命の瞬間。
彼はヒーローになれる体を手に入れる。
でもダセー!!!!!
面白いぐらいダセー!!!
イイです。
とてもイイです。
ヒーローになれる人って、どうもコスプレイヤーの気がありますね。
それともコスプレは人の心を惑わせるのか。
一度袖を通したら、後戻りできないのか・・・
自らユニフォームのデザインをするところなんか笑っちゃった。
落ち着いて考えてみると、「だた盾を投げてるだけのヒーロー」。
でも観れちゃう120分。
それほどダイナミックな攻防があるわけでもない。
なのに観れちゃう120分。
やっぱりそれは「アベンジャーズ」への期待感が胸の中にあるからか?
これで駒が揃いました。
5月が楽しみでしょうがない。

恋を絡めて切なさを演出するあたりがニクイですねぇ。
ヒーローは「愛する一人」を愛せない宿命なのか・・・

一番ビックリだったのは主人公スティーブの「ビフォア、アフター」のCG。
ムッキムキのステイーブが本当のクリス・エバンスらしいんですが、全くわからない・・・
もやしっこの方が「リアル」だって言われたら、スンナリ信じられる。
デ・ニーロ・アプローチとか必要ないじゃん・・・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いやあ、かっこいいね、Chris Evans !!ネタバレ

投稿日:2012/01/06 レビュアー:KEE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


私はマーヴェルのなかでも、やっぱりキャプテンアメリカは大好きなので、楽しみにしてました。

とにかく素敵!Chris Evans 、しつこいけど(笑)

最初は、あれCGなのかな?細くて小さな、でも好青年なんだけど、肉体改造されてChris Evans 本来の姿に。

美しいよね。

このひとなんだか、イマイチ、大きな役があってもブレイクしなかったというか、そんな感じだったけどここにきて本領発揮。

ちょっと落ち着いたいい男になってます。

キャプテンアメリカにはこれくらいのgood lookingでないと無理だね〜。

相手役の Hayley Atwellも素敵ですよ。

上官役なので、かっこいいんだけど、いくらなんでも男性と一緒に戦って(なぜかひとりだけ女性)、ヘルメットもなしってないだろ??って思うけどね。

キャプテンと精鋭たちが活躍しますが、キャプテンは改造されているのでともかく、精鋭たちは普通の人間なのに、一緒に走ってる列車の上を走ったり全く持って人間とはおもえない活躍ぶり。

むしろそちらを評価したい。

Derek Lukeは相変わらずかわいい。

Tommy Lee Jones や Stanley Tucciががっつり脇をかため、やっぱりスターク役は原作に忠実な感じで Dominic Cooper です。

次はアベンジャーズだなあ。

マーヴェルではかならずエンドロールのあとに続きがちょっとあるんだけど、毎回、エンドロールが始まって席をたってしまう人たちがいるのが不思議です。

マーヴェルファンでない女性もかなり目の保養になりますよ!!



このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヒーローは容赦しない

投稿日:2013/01/20 レビュアー:飛べない魔女

単純な私めには、ヒーローものは子供のようにワクワクするんです。
悪をとことんやっつけて
弱気を助け強気を挫く正義の味方は、やっぱり観ていて気持ちがいいです。
ましてや、こんなもやし小僧が、ヒーローに変身しちゃうんですもん。
体は小さくても、気持ちだけは誰よりも強かったロジャーだからこそ
キャプテン・アメリカの気質があったからこそ
実験が成功したのでしょうね。

敵に対してとことん容赦しないところは、今までみてきたヒーローの中で、彼が一番かも。
やはりアメリカの国旗を背負っての活躍は
強いアメリカの象徴なのでしょうか・・
ま、アメコミヒーローもの映画にしのごの文句たれても仕方ないでしょう。
ここは、頭空っぽにして楽しめば宜しいかと・・(^^;

とはいえ、もう一つ言いたい!ヒロインが綺麗でも可愛くもない、そこが残念な感じがしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

善き人であれ

投稿日:2012/10/06 レビュアー:さっちゃん

 娘が劇場で『アベンジャーズ』を観て来て、キャプテン・アメリカが気にいったらしく本作も観たいということで、予約の順位を繰り上げたのであります。
 原作コミックは読んだことがないので、設定がどのように変更されているのかは分かりませんが、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)の心身の造形には現代にも通じるものを感じました。
 時代は1942年、ドイツ将校ヨハン・シュミット(ヒューゴ・ウィービング)率いるドイツ軍の秘密部隊ヒドラがノルウェーに侵攻し、そこに隠されていた北欧神話の主神オーディンの力を宿すコズミック・キューブを奪い去る。
一方、第2次世界大戦に参戦したアメリカでは、貧弱な肉体のために5度目の兵役志願にはねられたスティーブがアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)に拾われて「スーパー・ソルジャー計画」の被検体として博士の開発した血清を投与されていた。そこに血清を狙うヒドラのスパイが侵入し、血清を奪い、博士を殺害する。スティーブはスパイを捕らえるが、スパイは青酸カリで自決してしまう。
 ここでキャプテン・アメリカとして立ったスティーブがにっくきナチをばったばったとなぎ倒すという展開になれば、典型的な能天気ヒーローですが、本作ではそうなりません。リアルに存在するヒーローを描きたかったからでしょう。欲しかったのは軍団であって、たった一人では役に立たんと計画の軍側の責任者であったフィリップス大佐(トミー・リー・ジョーンズ)に見捨てられたスティーブを国務省が国債購入の宣伝に利用します。客寄せパンダと化したキャプテン・アメリカがいかにしてヒーローへと変貌するかは実際にご覧になって下さい。
 いかにキャプテン・アメリカの存在を観客に納得させるかに脚本も美術や衣裳も腐心したかは特典映像でも説明されています。特にキャプテン・アメリカの派手なコスチュームが戦場で浮き上がらないように素材からデザイン、色彩までを検討し、リファインさせたスタッフの努力には脱帽します。また、クリス・エヴァンスの少し憂いを帯びたマスクと悲しみや悩みを表現できる演技力も人間性を持ったヒーローの造形にぴったりだったと思います。だからこそ、彼が最後に下した決断と恋人のペギーと無線越しに交わす二人とも叶うはずのないことをしっている約束の切なさが際立つことになります。多分、キャプテン・アメリカは映画化されたマーベル・コミックスの作品群の中でも哀愁を感じさせるヒーローだと思います。
 さて、主要な舞台が第2次世界大戦ということで、お約束の“趣味の時間”とまいりましょう。まず、アースキン博士の血清を狙ったスパイが持っている拳銃がワルサーP38ですが、よく考えると身元を秘匿しなければならないスパイがドイツ製の拳銃を持っているというのもおかしな話ですが、これは観客にドイツのスパイを分かりやすくするためのアイコンと考えるべきでしょう。警備するアメリカ側がトンプソンを使いますが、フォア・グリップとドラム弾倉がついたギャング映画でよく見かけるタイプです。
 次にヨーロッパ戦線に話が移ってからは、お馴染みのM1ライフル、M1カービン(中に空挺部隊用のM1A1も混じってましたが)、ステン・サブマシンガン、それから時代的に考えるとちょっと疑問ですがトンプソンがミリタリー・タイプですが戦時量産タイプのM1でなくM1928でした。
 対するドイツ側(というよりヒドラ部隊ですが)はシュミットがコズミック・キューブの力を利用したと思しき一種の光線銃を使っております。これは当たると一瞬で人も物も消えてしまうというおっかない物であります。あと、装甲車がオリジナル・デザインの4輪車で、スタイルはsdkfz232あたりをスケールアップした感じです(といってもドイツ軍車両をご存じないと分かりませんよね。アハハ)。それからシュミットが開発した爆撃機ですが、デザインはホルテンの開発した全翼機をベースにしているようでオリジナル・デザインでありながらリアルに仕上がっております。
 本作を含め、マーベル・ヒーローの映画化は今、公開中のアベンジャーズに収斂しているようで、これから他の作品も観ていこうと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アベンジャーズ!!

投稿日:2012/09/16 レビュアー:きよまま

先にアベンジャーズを観てからのキャプテンです!!
あんなに痩せたひ弱ないじめられっ子がキャプテンの原点だったのですね〜!!

ストーリーも衣装もなんだかんだが超〜〜〜アメリカっぽいです。
アメリカ人だけじゃなくて日本人もヒーロー大・大・大好きですけどね(^^)v

トミーも出て渋い演技が素敵でした。
最近はもっぱらCMで拝見してますけどね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全73件

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー